シティの2季ぶり7度目の優勝決定! レスターが先発10人変更のユナイテッドに15戦ぶりの黒星与える!《プレミアリーグ》

2021.05.12 04:04 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが11日にオールド・トラフォードで行われ、アウェイのレスターが1-2で勝利した。現在2位のユナイテッド(勝ち点70)は前節、アストン・ビラとのアウェイゲームを3-1の逆転勝利。今シーズンの4位以内を確定し来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に成功した。ただ、首位のマンチェスター・シティが前節のチェルシー戦で不覚を取り自力優勝のチャンスをフイにしたため、今回のレスター戦では再び宿敵の優勝が懸かる一戦となることに。

さらに、一部サポーターの過激な抗議活動によって開催延期となった第34節のリバプール戦の代替日程が13日に組み込まれたことで、ビラ戦から5日間でリーグ戦3試合をこなす殺人的な超過密日程を強いられた。

これを受け、戦前に大幅なターンオーバーの可能性を予告していたスールシャール監督は、グリーンウッドを除く先発10人を変更。GKにデ・ヘア、4バックはブランドン・ウィリアムズ、バイリー、トゥアンゼベ、テレス。中盤はマティッチとファン・デ・ベークの2センターに、2列目はトップ下にマタ、両ウイングにいずれもプレミアデビューのティーンエイジャー、アマド・ディアロとエランガ。最前線にグリーンウッドが入った。

一方、一時はトップ4フィニッシュを確実視されていたレスター(勝ち点63)だが、終盤戦において取りこぼしが目立ち始めると、前節はニューカッスルに2-4の惨敗を喫し、1月末以来となる4位転落となった。今週末にチェルシーとのFAカップ決勝を控える中、“ビッグ6”とのリーグ3連戦の初陣に向けてはリカルド・ペレイラとマディソンに代えて、トーマスとアジョセ・ペレスを起用した以外、同じメンバーを継続した。

強い雨が降りしきる中でスタートした上位対越は比較的早い時間帯から動く。この試合、直近の[3-4-1-2]から変則的な[4-4-2]の布陣で臨んだレスターが立ち位置の変化で相手を翻弄し、押し込む入りを見せる。

そして、10分には右サイドで数的優位を作り出し、イヘアナチョの落としを受けたオルブライトンが入れ替わりの動きで右サイドのスペースに飛び出したティーレマンスが絶妙なクロスを供給。これにファーサイドで反応したトーマスが左足インサイドを使った見事なダイレクトボレーをゴール右上隅に突き刺し、待望のプレミアリーグ初ゴールとした。

急造の布陣で臨んだ中でいきなり失点を喫する苦しい入りとなったユナイテッドだったが、すぐさま反発力を見せる。15分、自陣中央の低い位置まで下りてボールを受けたマタが相手のハイラインの背後へ絶妙なフィードを供給。これに反応したアマド・ディアロがDFトーマスとの競り合いを制してボックス右でキープ。サポートに入ったグリーンウッドにマイナスのパスを繋ぐと、グリーンウッドは巧みな右への持ち出しでDFソユンクをかわして右足のグラウンダーシュート。DFフォファナの股間を抜けたボールがゴール左隅に決まった。

グリーンウッドの2試合連続ゴールですぐさま試合を振り出しに戻したユナイテッドは、このタイミングで攻守の立ち位置を修正。マイボール時はマティッチを最終ラインに落として気の利くマタとグリーンウッドもボールの循環をスムーズにする立ち位置を取り、序盤の不安定なビルドアップを改善。ただ、より高い位置で突破や抜け出しが期待されたデビュー組の2選手がレスターの守備に潰されてフィニッシュまで持ち込めない。

一方、時間の経過と共に相手守備にアジャストされて攻撃が手詰まりとなったレスター。遅攻では相手のスライドを揺さぶり切れず、カウンターチャンスも2トップがうまくケアされて八方ふさがりの状態に。前半終了間際にはエンディディの仕掛けによって好位置でFKを獲得するが、ティーレマンスのシュートは壁にブロックされた。

互いに1点ずつを奪い合うも膠着状態が目立った前半を経て試合は後半に突入。立ち上がり数分は拮抗した状況が続いたが、時間の経過と共により勝ち点3が必要なアウェイチームが攻勢を強めていく。59分には右サイドでカスターニュ、ティーレマンス、イヘアナチョとパスが繋がり、ボックス右に侵入したイヘアナチョに絶好機もここはGKデ・ヘアが巧みなポジショニングでシュートコースを消してビッグセーブ。

レスターペースが続く中で65分にはレスターが右CKを得たタイミングで両ベンチが動く。レスターはアジョセ・ペレスに代えて切り札のマディソンを、ユナイテッドはグリーンウッドとエランガに代えてラッシュフォードとカバーニを同時投入。すると、この選手交代が試合を動かすことに。

66分、右CKの場面でキッカーのオルブライトンが右足アウトスウィングでファーを狙った正確なボールを入れると、中央でラッシュフォードのマークを完全に振り切ったソユンクが打点の高いヘディングで豪快にゴールネットを揺らし、値千金の今季リーグ戦初ゴールとした。

結果的にセットプレー直前のタイミングでの選手交代が失点を招いたユナイテッドはすぐさま反撃姿勢を見せるが、レスターの勢いを止められない。中盤での不用意なロストが目立ち相手に引っくり返される場面が目立つ。73分にはイヘアナチョの右クロスをヴァーディが頭で折り返したところにドフリーのティーレマンスに飛び込まれるが、これは相手のシュートミスに救われた。

ホームでシティの優勝決定は許されないユナイテッドは78分、アマド・ディアロを下げて切り札のブルーノ・フェルナンデスを投入。これに対してレスターはヴァーディを下げて守備的MFのチョードリーをピッチに送り出し、逃げ切り態勢に入った。

試合終盤にかけては3人の主力投入で前がかるユナイテッドが攻勢を仕掛けていく。84分にはボックス左でマタが折り返したボールにカバーニが飛び込むが、これはわずかに合わず。さらに、こぼれ球に反応したB・フェルナンデスが右足を振り抜くが、当たり損ねのシュートは枠の右に外れた。

その後も決死の猛攻を見せたホームチームだったが、来季CL出場に向けて気迫の守備を見せるアウェイチームを前に最後までゴールをこじ開けることができず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

この結果、ユナイテッドのリーグ戦15試合ぶりの敗戦により、シティの2シーズンぶり7度目のプレミアリーグ優勝が決定。また、苦手オールド・トラフォードで久々の勝利を挙げたレスターが暫定3位に浮上し、週末のFAカップ決勝に弾みを付けた。
関連ニュース
thumb

ラッシュフォード、賛否の手術決断時期に「僕以上に自分の身体を知る者なんていない」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが自身のSNSを通じて、手術に対する賛否の声にメッセージを発信した。 新シーズンの開幕でもエースとしての活躍が期待されたラッシュフォードだが、昨季途中から左肩のケガに悩まされており、7月30日にオーレ・グンナー・スールシャール監督を含めたクラブとの協議の末、手術を受けることが決定した。 この手術により、新シーズンの開幕どころか、10月下旬まで離脱を強いられる見込み。ユーロ2020参戦で手術を先延ばしにした決断に厳しい声もあるユナイテッドの背番号「10」だが、そうした意見に反論しつつ、強くなっての復帰も誓った。 「11歳のとき、マンチェスター・ユナイテッドが僕や家族を本当に厳しい状況から救ってくれた。それ以来、いつも恩義を感じている」 「クラブが僕を必要とするとき、僕はそこにいる。幼い頃からいるクラブを助けられるなら、何だってやる。ときに自分の不利益になることもある」 「疲労骨折で試合から遠ざかったりもした。人生の一部ともいうべきチームメイトやスタッフと離れたときも、何かしらの一部であると感じたかった」 「自分が役割を果たせているという実感がほしかったんだ。昨季のために手術を先延ばしにしたのを利己的だ言う人もいるみたいだが、自分を優先してここまで来たわけじゃない」 「そして、23歳の僕が苦労して学んできたことでもある。できるだけ現役を続けるためにも、自分の身体に耳を傾ける必要がある」 「意見はそれぞれだが、自分以上に自分の身体を知る者なんていない。母国を代表してプレーする感情を言語化するのは難しいもの」 「選べるなら、あのような大きな大会に出るのを断る選手なんていないはずだ。幼い頃から夢見た瞬間でもあるのだからね」 「僕はフルシーズンを戦い、ケガとうまく付き合うことができている状態だったから、その後の数週間も大丈夫だと思った」 「ヨーロッパリーグ(EL)後は痛みと付き合いながら順調にトレーニングを重ねて、イングランド代表のキャンプでも良い練習ができてもいた」 「仮にユーロで大きな役割を果たせないのをわかっていたら、出場しただろうか? それは結果論でしかない」 「誰もがっかりさせたくないが、昨季終盤のパフォーマンスを振り返ると、そういうさせているという思いもあった」 「ピッチに入ったら、いつだって100%の力を出す思いだが、肉体面で100%の状態じゃなかったんだ」 「昨季は36ゴールに絡めたが、教訓を得るというのが何よりも大事。人間は生きていく過程で学ぶと言われるが、クラブや代表に対するコミットメントは疑いの余地がないものだ」 「辛い経験だが、肉体的にも精神的にも強くなって、戻ってくる。温かいメッセージをありがとう」 2021.08.01 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

新型コロナ陽性疑いのユナイテッド、トレーニング再開可能に! 追加検査で感染者なし

マンチェスター・ユナイテッドは30日、追加検査で新型コロナウイルス陽性者なしの結果を受けたと報告した。 ユナイテッドは29日に1stチームを対象に定期検査を行ったところ、陽性疑いの症例を少数確認。これにより、対象者はさらなる検査のため、隔離措置が取られ、31日に予定したプレストン・ノースエンドとのプレシーズンマッチ中止も決定した。 だが、そこから29日と30日に行った追加検査で1stチーム内に陽性者なしという結果を確認。プレミアリーグと協議したところ、すべてのプロトコルが正しく守られているとして、すぐにトレーニングを再開させることができるようになったという。 この決定を受けて、31日に予定した試合中止を改めて詫びるとともに、双方がプレー可能な日程を探ると主張している。 今夏の大物獲りで新シーズンの期待が高まるユナイテッド。ユーロ2020開催などの影響でまだ主力が揃っていないという事情もあるが、ここまでダービー・カウンティ、QPR、ブレントフォードとの強化試合に臨み、1勝1分け1敗という結果できている。 2021.07.31 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが新アウェイユニフォームを発表!1990年代初頭彷彿の青と白の組み合わせに

マンチェスター・ユナイテッドとサプライヤーのアディダスは30日、2021-22シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 新キットは、ユナイテッドの歴史の中で最も人気のあるキットのひとつである、1990〜92年に採用されていた「スノーフレーク」ジャージーと呼ばれるキットからインスパイアされており、全体に幾何学的な青いグラフィックが施され、袖口や首周りは白色になっている。 ユナイテッドのユニフォームは1986年から1992年までアディダスがデザイン。その後アンブロとナイキを経て、2015-16シーズンから再びアディダスが担当している。 胸には今季からスポンサーとなったドイツのグローバルテクノロジー企業『TeamViewer』のロゴ、そしてアディダスとクラブのエンブレムがそれぞれ赤色で描かれている。 ショーツはシャツのグラフィックよりも濃い目の青がベース。一方ソックスは白ベースにシャツに似たような模様が青で施され、クラブの愛称でもある“赤い悪魔”の姿がプリントされている。 すでに発表されている新ホームユニフォームは、ジョージ・ベスト、ボビー・チャールトン、デニス・ローらを擁した1960年代のホームキットにインスパイアされたもので、クラブの歴史を振り返るものである一方、アウェイキットは前を向くためのものとなっているとのことだ。 このユニフォームは3月頃にデザインがリークされており、そこから胸スポンサーの変更はあったものの、青いグラフィックが特徴のデザインについては概ねその通りとなった。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】マンチェスター・ユナイテッドの2021-22シーズンアウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No respect for impossible.<br><br>➡ Introducing our brand new 2021/22 <a href="https://twitter.com/adidasfootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@adidasfootball</a> away kit, as narrated by <a href="https://twitter.com/official_jcc?ref_src=twsrc%5Etfw">@Official_JCC</a>. <br><br>Available now: <a href="https://t.co/WnxSFYJQmC">https://t.co/WnxSFYJQmC</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> <a href="https://t.co/hrlpcH6CpX">pic.twitter.com/hrlpcH6CpX</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1421017723396452356?ref_src=twsrc%5Etfw">July 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>The thread behind the threads <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> <a href="https://twitter.com/adidasfootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@adidasfootball</a> <a href="https://t.co/hP7GXjk1i3">pic.twitter.com/hP7GXjk1i3</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1421051612575961091?ref_src=twsrc%5Etfw">July 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.31 06:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍のヴァラン、インスタで“マドリディスタ“へ惜別「この国は僕にとって常に特別な存在だ」

フランス代表DFラファエル・ヴァランが、自身のインスタグラムでレアル・マドリーのファンに別れを告げた。 27日にマドリーからマンチェスター・ユナイテッドへの移籍で合意したヴァラン。2011年7月にRCランスからマドリーに移籍すると、在籍10年間で公式戦360試合出場17ゴール7アシストを記録していた。 ヴァランは、マドリー在籍中にチャンピオンズリーグ(CL)を4度、ラ・リーガを3度、コパ・デル・レイを1度優勝するなど計18個のタイトルを獲得。加えて、フランス代表では2018年のロシア・ワールドカップで優勝を果たすなど、偉大な功績を残していた。 10年在籍したクラブを離れるヴァランは、自身のインスタグラムで関係者や全ての“マドリディスタ“に別れを告げた。 「この数日間は、様々な感情が渦巻いていた。それをみんなに伝えるよ。僕が常に心に留めているクラブ、レアル・マドリーで信じられないほど素晴らしいの10年間を経て、ついにお別れの日がやってきた」 「2011年に移籍してきて以来、僕が夢にも思わなかったことを共に達成してきた。すべての監督、クラブで働いている、そしてこれまで働いていた人々に感謝している」 「また、いつも愛情を持って接してくれた“マドリディスタ“のみんなにも感謝しているよ。みんなの大きな期待は、僕がベストを尽くして、すべての成功のために戦う後押しになったんだ」 「僕は、世界最高の選手たちとドレッシングルームを共にするという栄誉を経験した。忘れられない、数えきれないほどの勝利、特に“ラ・デシマ(10度目のCL優勝)“は忘れられないよ。その瞬間に立ち会えたことは、とても光栄なことだった」 「最後に、すべてのスペイン人、特に僕の2人のこどもが生まれたマドリーの街には感謝しているよ。この国は、僕にとって常に特別な存在だ」 「すべてにおいて信じられない旅だったよ。僕は(マドリーに)すべてを捧げたという気持ち、僕の物語の中で何一つ変わらないという気持ちで去る」 「新たな章が始まる…」 <span class="paragraph-title">【写真】ヴァランがマドリディスタたちにお別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CR8j4edMXXN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CR8j4edMXXN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CR8j4edMXXN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Raphael Varane(@raphaelvarane)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.30 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが悩まされた肩の手術で開幕アウト、ユナイテッドが公式発表

マンチェスター・ユナイテッドは30日、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの離脱を発表した。 クラブは声明を発表。ラッシュフォードが手術を受けるために離脱するとした。 ラッシュフォードは、2020年11月あたりから左肩のケガに悩まされていたものの、そのままプレーを続行。ユーロ2020にも痛みを押して参戦したが、出場した5試合すべてが途中出場で、ゴールやアシストもなく、チームが準優勝という結果を残した大会で不完全燃焼に終わっていた。 離脱させたくないユナイテッドは、ユーロ後の休暇で回復することを願っていたが、ラッシュフォード自身が手術を要望。クラブとの話し合いの結果、手術を行うことが決定した。 「マーカス、監督、クラブのメディカルスタッフ、専門家の間で協議を行った結果、マーカスは肩のケガを解決するためにすぐに手術を受ける」 「彼は今、できるだけ早く戻るためのリハビリに集中することになるだろう」 なお、クラブは全治については言及していないものの、イギリス『BBC』はおよそ3カ月は離脱すると見ているようだ。 2020-21シーズンはプレミアリーグで37試合に出場し11ゴール11アシストを記録。チームの2位フィニッシュに大きく貢献したが、開幕からしばらくは不在となることが決定した。 2021.07.30 21:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly