ユベントスが来季のセリエA追放の可能性、伊サッカー協会会長が明言「ルールを尊重しなければならない」

2021.05.11 09:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィナ会長が、ユベントスのセリエA追放の可能性について語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

今回、グラヴィナ会長は記者会見でユベントスに対する対応策を明言。これはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想からの撤退を表明していないことが発端となっている。

UEFAは7日、「ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)」の設立に参加を表明し、その後撤退した9クラブに対する処分を発表。「クラブ・コミットメント宣言」を提出させた上で、今回の件について罰金1500万ユーロ(約20億円)の処分を与え、来シーズンのヨーロッパの大会で受け取る収益の5%を徴収すると発表した。
また、将来的に無許可の大会に参加しようとした場合には1億ユーロ(約132億円)の罰金、「クラブ・コミットメント宣言」に違反した場合は5000万ユーロ(約66億円)の罰金を支払うことも約束させたと発表していた。

しかし、8日に撤退を表明していないレアル・マドリー、バルセロナ、そしてユベントスの3クラブは共同声明を発表。UEFAなどからの圧力を訴え、改めてESL構想が正しいものであるとの主張を行った。

改めて撤退を表明しなかったユベントス。これを受けグラヴィナ会長は、ユベントスのセリエA追放についてコメント。ESL構想から撤退を表明しない場合は、2021-22シーズンのセリエAに参加させないと語った。

「クラブがイタリアのリーグへの参加を受け入れるならば、彼らは国際機関の原則を受け入れるということだ」

「ビアンコネリ(ユベントスの愛称)がルールを尊重しない場合は、国内リーグへの参加を禁じられることは明らかだ」

「今朝、心配しているファンを見かけたが、誰もがルールを尊重しなければならない」

「9つのクラブがESLからの撤退を決定し、3つのクラブがまだ関わっている。しかし、この論争がすぐに終わることを願っている」

関連ニュース
thumb

ラビオが憧れるプレミアリーグ 「今もその思いは変わらない」

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)がプレミアリーグでのプレーを目指しているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 2019年夏からユベントスでプレーするラビオ。今季の開幕前ではマンチェスター・ユナイテッド行きの話が盛んだったが、実母で代理人のヴェロニク氏との個人条件を巡る交渉が進まず、破談した。 そうした夏を経て、ユベントスだけでなく、フランス代表の一員として参戦中のカタール・ワールドカップ(W杯)でも活躍を続けるラビオだが、所属先との契約は今季最終年。動向が注目される。 ユベントスと新たに契約を結ぶ道もあるラビオだが、まだプロ入りする前にマンチェスター・シティのアカデミーに所属した過去もあってか、イングランドでのプレー願望を公にした。 「僕はいつもキャリアのどこかでプレミアリーグでプレーしたいと言ってきた。今もその思いは変わらないよ。プレミアリーグで進化したいんだ。あのリーグ、あのレベルでのプレーは一番の魅力さ。僕のクオリティと合っている。でも、今はプレミアリーグのチームを考えたり、チームも決めてもいない。総じてね」 2022.12.09 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、今季終了後にアッレグリ監督の解任を議論?

ユベントスが、今季終了後にマッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任を議論するようだ。 中断期間前のセリエAを3位で折り返したユベントス。序盤戦は近年まれに見る大不振に陥り、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ敗退という失態を晒してしまうも、10月中旬以降の成績は復調傾向にある。 だが、昨季の11年ぶり無冠に続いてCL早期敗退も味わったアッレグリ監督の去就は気になるところ。イタリア『トゥットスポルト』によると、今季終了後に解任が議論されるという。 現在のユベントスは、様々な不正疑惑によりアンドレア・アニェッリ会長を筆頭とする幹部らが総辞職した影響で、選手やコーチ陣など現場の評価がやや後回しとなっている。 それでも、「若手選手らを中心とした長期的なチーム構築とアッレグリ監督の相性」が以前から議論されており、『トゥットスポルト』は、同監督の来季以降の続投を「不確実だ」と主張している。 2022.12.08 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

アメリカから帰還のポグバ、年明け復帰へトリノでトレーニング

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバが年明けの復帰を目指し、6日にトリノに到着したようだ。 右ヒザを痛め、9月には手術を受けたポグバ。マンチェスター・ユナイテッドから復帰後、公式戦再デビューを飾れていない状況にあるが、15日間のアメリカでの静養を終え、トリノでトレーニングに励むようだ。 ユベントスはリーグ再開後、1月4日にクレモネーゼ戦、7日にウディネーゼ戦、そして13日に大一番のナポリ戦を控える日程となっている。 負傷のため、無念のW杯欠場となったポグバだが、年明け後はユベントスで大暴れとなるか。 2022.12.06 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリの名物会長、大混乱ユーベを擁護も糾弾もせず「疑惑はどこにでも」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、ユベントスに向けられている疑惑について口を開いた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ユベントスは現在、過去の選手契約などに関する虚偽会計や不正なキャピタルゲインの疑いで、トリノ検察やイタリア企業取引委員会らの捜査対象に。それに伴い、アンドレア・アニェッリ会長やパベル・ネドベド副会長ら役員も総辞職しており、クラブ周辺が大混乱に陥っている。 欧州サッカー連盟(UEFA)からも何らかの制裁が下ると言われるなか、イタリアサッカー連盟(FIGC)の催しに登壇したナポリのデ・ラウレンティス会長がこの件について初めて言及。集まった記者らの前で、ユベントスを擁護も糾弾もすることはなかった。 「新たなカルチョポリだって? 何が起きていようと、私が口を出すことではないだろうし、私が誰かを罰するわけでもない」 「サッカー界には必ずどこかに闇がある。だからと言って、セリエAのようなコンペディションを中止すべきだとかは考えたくもない。政治、産業、労働組合、そしてスポーツの世界、どこにだって人為的な疑惑は存在する」 「残念ながら、スポーツ界においてはこの種の(ユベントスのような)動きに対する監視は必要不可欠で、一方では、これらを根絶しようとする大きな意志が生まれるのも困難だろうと思う」 2022.12.05 20:44 Mon
twitterfacebook
thumb

元モロッコ代表DFベナティア、R16スペイン戦控える後輩らにエール 「勝利を確信」

元モロッコ代表DFメディ・ベナティア氏がスペイン代表戦に臨む母国の後輩選手らにエールを送った。 現役時代にバイエルンやユベントス、ローマなどで活躍し、世界でもトップクラスのDFとして知られたベナティア氏。モロッコ代表としては2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した経験を持つ。 現在、母国の後輩たちはカタールW杯でグループFを首位通過し、6日にはベスト8を懸け、決勝トーナメント1回戦で優勝候補の一角であるスペイン代表との対戦に。ベナティア氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でモロッコの勝利を信じていると語っている。 「今回のW杯はすでに多くのサプライズが起こっているね。ここでまたひとつ、新たなサプライズがあるかも、と考えてみないか?」 「我々モロッコ人にとって、スペインは地理的にも近く、スペインとの試合はダービーマッチに通ずる部分がある。もちろん、モロッコの勝利を確信しているが、勝つには少し傲慢さも必要じゃないかな。このような試合では立ち上がりもとても重要だ」 「モロッコ代表は美しく、組織的だ。勝利は可能だよ」 2022.12.05 18:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly