横浜FMが好調同士の一戦を制し、11戦無敗の4連勝! 神戸は9試合ぶり黒星【明治安田J1第13節】

2021.05.09 14:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第13節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が9日に日産スタジアムで行われ、2-0で横浜F・マリノスが勝利した。4位・横浜FM(勝ち点24)と5位・神戸(勝ち点23)による上位対決。前節はFC東京にオナイウ阿道のハットトリックで快勝した横浜FMは、第2節以降の無敗を継続するとともに、直近3連勝を収めた。2試合連続でのクリーンシートと守備陣も安定し始めた中、攻撃もしっかりとハマり3試合連続の3ゴール以上と好調を維持している。

対する神戸も、前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、こちらも3-0と完勝。苦手としていた相手からの勝利で、チームの好調さを感じさせる結果となった。横浜FMは10試合無敗、方や神戸は8戦無敗と、今最も勢いのある2チームによる今節屈指の好カードだ。

互いに前節と同じスタメンを起用した中、ホームチームがボールを保持する形でスタートする。だが、先に決定機を迎えたのはアウェイチームだった。15分、センターサークル付近のサンペールのロングボールに反応した古橋が一気にゴール前へ。相手に囲まれながら何とかシュートに繋げたが、GK高丘のビッグセーブに遭った。

仕切り直したい横浜FMだったが、20分にマルコス・ジュニオールが負傷し、天野をスクランブル投入する事態に。しかし、そんなアクシデントにも揺るがず、31分に前線からプレスをかけてボールを奪うと前田にビッグチャンス。GKも躱してゴールへ流し込みにかかったが、懸命に戻ったDFに寸前でブロックされてしまった。

それでも攻勢続く横浜FMは41分、途中出場の天野のロングボールでティーラトンが左サイドの深い位置まで切り込みマイナス方向へクロス。すると、GK前川が弾き切れなかったボールがフェルマーレンに当たってオウンゴールに。ラッキーな形でトリコロールが先手を取った。

1点ビハインドで残りの45分に臨む神戸は、サンペールと井上を郷家とリンコンに変更。さらに60分には、佐々木と中坂を下げてイニエスタとマシカを投入し、控えていた外国籍選手をすべて送り込む。

直後にそのマシカのクロスから郷家がシュートシーンを迎えるが、ここは横浜FMもしっかり対応し、失点を許さない。そんなホームチームは73分に2度目の交代として、オナイウと前田に代えてレオ・セアラと水沼を入れて、前線をリフレッシュさせる。

後半は両チームともなかなか決定機が迎えられないでいたが、神戸は77分、イニエスタの針の穴を通すような見事なスルーパスを古橋に供給。ボックス左へ侵入したが、シュートは角度が小さくサイドネットを叩いた。

このプレーを機に攻勢に転じたい神戸だったが、80分に痛恨のミスを冒してしまう。相手に攻め込まれる中で、GK前川がアグレッシブな守備から高い位置でボールを奪取。素早く味方にパスを繋げようとしたが、これが水沼に渡ってしまい、一転して大ピンチに。

対して、思わぬ形でチャンスを迎えた横浜FMはショートカウンターを発動し、ボックス手前のレオ・セアラを経由して、エウベルがボックス左からシュート。ここは慌てて戻ってきたGK前川に止められてしまったものの、こぼれ球を天野が押し込んで、決定的な2点目を決めた。

そして、試合はこのままタイムアップ。好調同士の一戦は、横浜FMが11戦無敗の4連勝を収めた一方、神戸は9試合ぶりの黒星となった。

横浜F・マリノス 2-0 ヴィッセル神戸
【横浜FM】
OG(前41)
天野純(後35)
関連ニュース
thumb

神戸期待の新戦力リンコンが12週間離脱…ここまで10試合出場も無得点

ヴィッセル神戸は17日、FWリンコンの負傷を報告した。 リンコンは13日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦の浦和レッズ戦に途中出場。しかし、それから15分後に負傷交代を強いられた。 その影響で16日に行われた天皇杯2回戦の鈴鹿ポイントゲッターズ戦を欠場。神戸市内の病院で検査を受け、左ハムストリング肉離れで全治12週間の見込みだという。 再びの戦線離脱が決まってしまったリンコンはブラジルの世代別代表歴を持つアタッカーで、今オフにフラメンゴから加入。ここまで公式戦10試合に出場している。 いまだ来日初ゴールこそ生まれていないものの、神戸の攻撃陣に新風を吹き込むとして今後の活躍が大きく期待されるリンコン。万全の状態で復帰が待たれるところだ。 2021.06.17 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCが狙うパラグアイ代表MFモッタ、年俸は倍の1億円超もオファー拒否

横浜FCが獲得のオファーを出したと報じられていたフラメンゴに所属するパラグアイ代表MFロベルト・ピリス・ダ・モッタ(26)だが、拒否されたようだ。ブラジル『O dia』が報じた。 現役のパラグアイ代表でもあるモッタは、2019年3月以降2年間は代表招集から外れていたが、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選とコパ・アメリカに向けたパラグアイ代表に招集。15日に行われたボリビア代表との初戦にも出場していた。 モッタに対し、横浜FCはオファー。移籍金が発生するオファーにフラメンゴ側は了承していたが、モッタ側が拒否したと報じられている。 横浜FCはモッタに対して2年半契約を提示。年俸100万ドル(約1億1000万円)を提示しているとのことで、フラメンゴで受け取っている額の2倍になるという。 また、住居や車、勝利給やタイトル給も用意されていたが、モッタはこのオファー断る決断を下したようだ。 最もネックとなったのは日本への移住だ。モッタの家族はこれを魅力的に感じなかったようだ。 さらに、横浜FCの状況も大きな影響を与えた。横浜FCは今シーズンの明治安田生命J1リーグで最下位に位置。なかなかチームの調子が上がらず、J2への降格の危機にある。 また、モッタはパラグアイ代表としてプレーしているコパ・アメリカを受け、より良いチームからオファーが来ると考えているという。 モッタは、母国パラグアイのルビオ・ニューでキャリアをスタートさせると、オリンピアでもプレー。その後、アルゼンチンのサン・ロレンソへと移籍。2018年8月にフラメンゴへ加入した。 2020年9月からはトルコのゲンチレルビルリイへとレンタル移籍。スュペル・リグでは36試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 ボランチを主戦場にセンターバックでもプレーが可能なモッタ。フラメンゴに戻ったばかりだった。 <span class="paragraph-title">【動画】フラメンゴに歓迎を受けるピリス・ダ・モッタ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnSkV4ck9GMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

柏、筑波大MF加藤匠人の来季加入内定を発表 「レイソルに帰ってくることができました」

柏レイソルは17日、筑波大学に在学するMF加藤匠人(22)の来季加入内定を発表した。 加藤は埼玉県出身で、柏の下部組織育ち。身長172cm、体重68kg、右利きのボランチで、今季の筑波大学で副主将を務める。 大学を経由しての古巣復帰となる加藤はクラブを通じて、喜びの思いとともに決意を語った。 「来季から柏レイソルに加入することになりました加藤匠人です。小学5年生から高校3年生までの8年間を過ごした愛着のあるレイソルで、幼い頃からの夢であり目標であったプロサッカー選手として、新たなスタート地点に立てたことを嬉しく思います。これまでお世話になった指導者の方々、共に闘ってきた仲間、友人、そしてどんな時も味方でいて応援し、支えてきてくれた両親、家族に本当に感謝しています」 「筑波大学を経由し、様々な経験や学び、壁を乗り越えて一人の人間として大きな成長を実感して、レイソルに帰ってくることができました。これまで培ってきたものを活かして、日立台のピッチに立ち、皆さんの期待に結果で応えられるように常に全力で取り組み、努力を続けていきます。応援よろしくお願いします」 2021.06.17 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和入団の酒井宏樹、熱狂的な真紅のファンについて「怖かったですよもちろん(笑)」

日本代表DF酒井宏樹が、浦和レッズ加入後初のオンライン記者会見に臨んだ。 浦和レッズ加入が10日に発表となった酒井。2012年7月のハノーファー移籍以降、2016年夏にはマルセイユへステップアップ。リーグ・アンでは145試合に出場し1ゴール10アシストを記録した。 9年の海外挑戦を経て凱旋した酒井は、マルセイユを退団した理由や、浦和レッズでを選択した理由を告白。「ほとんどの人に反対された」が、日本でプレーしたいという堅い意志があったことを明らかにした。 「退団した理由は、これまで4年間、外国人枠として責任を持って、自分も活躍しているという自負も持ってプレーできていましたが、今季に関しては、右サイドバックの序列がただ一番だったという理由だけで試合に出ていたので、自分としては、今までのような絶対的な立場を確保できていませんでした。なので、そろそろ大好きなマルセイユから離れるべきなのかなと思っていました」 「元々、マルセイユにいた時にこのチームをヨーロッパ最後のチームにしたいという思いがあって、2度の契約延長を挟んで5年も長く在籍して、僕も家族も本当に大好きな場所だった中で、新しいステップは日本でと考えていました。日本でも自分に良い意味でプレッシャーや責任感、緊張感をもたらしてくれるクラブを探していました」 「その中ではマルセイユみたいな特別なサポーターが浦和レッズにはいますし、そういった意味では僕に責任感や緊張感を与えてくれる存在だと思うので、オファーをお受けさせていただきました」 また、移籍発表後に、現在召集されているU-24日本代表でGK鈴木彩艶やMF橋岡大樹(現シント=トロイデン)といった浦和に所縁のある選手と話をしたという酒井。最も早く連絡をしたDF西大伍に関しては、共にプレーすることを「本当に楽しみ」と話した。 「発表してから大樹だったり、彩艶から話を聞きました。2人ともレッズが好きですからね。好印象な話を聞けました」 「大伍さんとはタイプが違うので一緒にプレーできるのが楽しみです。大伍さんとは浦和移籍が決まってからかなり早い段階で連絡させていただいて。大伍さんからも楽しみと言ってもらえました。ライバル関係という風になるのかもしれないですけど、同時にピッチに立つ機会も増えると思います」 最後に、日本一熱狂的と言われる浦和サポーターに関しても言及。柏レイソル時代は「怖かった」としながらも、今度はその声援を背にプレーすることが待ちきれないと語った。 「怖かったですよもちろん。マルセイユの時もそうですが、相手からしたら凄く怖いと思うので、そのサポーターたちが味方になるのは凄く心強いです。埼玉スタジアムでも優勝を決めさせていただいて、良い思い出しかないので、早くプレーできることが非常に楽しみです」 2021.06.14 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

天皇杯の2回戦で負けたチームってリーグ戦が終わったときに……!? の巻/倉井史也のJリーグ

ちょっと待ってくださいよ、まさかこんなとこで負けるなんてどういうこと……って仙台、FC東京、横浜FMのファンなら思ってるでしょ? まさかの天皇杯2回戦敗退って。 こういう早い時期に負けちゃうことって、どう影響があるか心配じゃないですか? もしかしたらこのまま調子が出ないでズルズル後退しちゃうのかって。でももしかしたら、リーグ終盤の勝負所で他のチームは天皇杯を戦っている中、休めることが出来て上位進出しちゃった!! とかも考えられるし。 まず過去の天皇杯でジャイアントキリングされちゃったJ1チームはどこだったか。今回はJ1勢が2回戦からの登場になった2009-10年の第89回大会以降に限って調べてみたんだけど、案の定驚きの結果が!! 2009年2回戦敗退J1チーム:浦和 2010年2回戦敗退J1チーム:仙台 2011年2回戦敗退J1チーム:大宮 2012年2回戦敗退J1チーム:札幌、FC東京、神戸、広島、鳥栖 2013年2回戦敗退J1チーム:名古屋 2014年2回戦敗退J1チーム:仙台、鹿島、神戸 2015年2回戦敗退J1チーム:清水、名古屋 2016年2回戦敗退J1チーム:仙台、甲府、名古屋、福岡 2017年2回戦敗退J1チーム:札幌、仙台、FC東京、甲府 2018年2回戦敗退J1チーム:名古屋、G大阪 2019年2回戦敗退J1チーム:札幌、湘南、松本、名古屋、 じゃあ、それぞれの年の敗退チームは最終的に何位だったか!! 2009年:浦和(6位) 2010年:仙台(14位) 2011年:大宮(13位) 2012年:札幌(18位)、FC東京(10位)、神戸(16位)、広島(1位)、鳥栖(5位) 2013年:名古屋(11位) 2014年:仙台(14位)、鹿島(3位)、神戸(11位) 2015年:清水(17位)、名古屋(9位) 2016年:仙台(12位)、甲府(14位)、名古屋(16位)、福岡(18位) 2017年:札幌(11位)、仙台(12位)、FC東京(13位)、甲府(16位) 2018年:名古屋(15位)、G大阪(9位) 2019年:札幌(10位)、湘南(16位)、松本(17位)、名古屋(13位) ってことで、2回戦で敗退したチームの平均順位は12.1位。中位の下の法って感じで微妙です。ということは、あまり関連性はないってことですよ。よかったね、安心、安心。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.06.13 21:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly