バルセロナとアトレティコの首位攻防戦は痛み分けのドロー…2位レアル・マドリーに首位浮上のチャンス《ラ・リーガ》

2021.05.09 01:14 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第35節、バルセロナvsアトレティコ・マドリーが8日にカンプ・ノウで行われ、0-0のドローに終わった。

2シーズンぶりのラ・リーガ制覇を狙うバルセロナ(勝ち点74)は、第33節延期分のグラナダ戦での痛恨の逆転負けで首位浮上の絶好機を逸するが、直近のバレンシア戦を3-2で競り勝ち、2ポイント差の3位でホーム開催の首位攻防戦を迎えた。グラナダ戦での執拗な抗議によって2試合のベンチ入り禁止処分となったクーマン監督は、スタンド観戦となったこの重要な一戦に向けアラウホに代えてミンゲサを起用した以外、同じメンバーを起用した。

一方、2013-14シーズン以来の優勝を目指す首位のアトレティコ(勝ち点76)。前節のエルチェ戦では1点リードの試合終了間際にPKを与える大ピンチを招いたが、相手キッカーのシュートミスによってウノセロの辛勝。何とか首位で今回の大一番を迎えた。翌日にセビージャ戦を控える2位のレアル・マドリー(勝ち点74)の存在によって首位キープに勝ち点3が必須となる一戦ではエルチェ戦から先発2人を変更。ホセ・ヒメネスとコンドグビアに代えてコケ、レマルを起用した。

共に[3-5-2]の布陣を採用したことでマッチアップがハッキリした中、立ち上がりは球際の強度で勝るアトレティコが勢いを持った入りを見せる。開始3分にボックス手前のレマルが最初の枠内シュートを放つと、10分にはボックス手前左の好位置で得たFKを古巣初対戦のスアレスが直接狙うが、これはGKテア・シュテーゲンが難なくキャッチした。

アウェイながらアグレッシブな入りを見せたアトレティコだったが、13分には左ハムストリングを痛めたレマルがプレー続行不可能となり、サウールを緊急投入。これにより、サウールが左のウイングバックに入り、カラスコがレマルの務めていたインテリオールとシャドーの中間の役目を担うことになった。それでも、19分にはエルモソの意表を突いた攻撃参加からの際どい折り返しに飛び込んだコレアがゴールに迫るなど、簡単にホームチームへ主導権を与えない。

一方、バルセロナは守備の局面で高い集中力を見せつつ、両ウイングバックの攻撃参加、インテリオールの飛び出しでチャンスの匂いをさせるものの、最後の局面でアトレティコの堅守に手を焼く。29分にはジョルディ・アルバのフィードに反応したグリーズマンがボックス左からようやく最初の枠内シュートを放つが、この直後には相手との接触プレーで顔面を強く打っていたブスケッツが脳震盪か、鼻の負傷の影響か、プレー続行不可能となり、イライクスを緊急投入。この交代でデ・ヨングがアンカーに一列下がった。

互いに負傷者を1人ずつ出す予想外の展開となった中、前半終盤にかけてはアトレティコが優位に試合を進める。持ち味のポジティブトランジションからカラスコ、マルコス・ジョレンテが相手ウイングバックの背後やアンカー脇のスペースを効果的に突くと、カラスコやジョレンテ、スアレスが続けてGKテア・シュテーゲンを脅かすシュートを放つ。

対して劣勢のバルセロナも41分には相手陣内右サイドから仕掛けたメッシが複数の相手DFを次々にかわしてペナルティアーク付近から会心の左足シュートをゴール右隅に飛ばす。だが、スーペルゴラッソかに思われたこのシュートはGKオブラクが指先で触ってコースを変える圧巻のパラドンで防いだ。

アトレティコ優勢も首位攻防戦に相応しい白熱の攻防が繰り広げられた前半を経て、試合は0-0のまま後半に突入。

その中で先に動いたのはバルセロナ。カラスコとのマッチアップで劣勢を強いられたミンゲサに代えてアラウホを投入した。ハーフタイムに修正を施したホームチームは開始直後にメッシのFKからラングレが際どいヘディングを放つなど、まずまずの入りを見せる。

後半も時間の経過と共に前半同様の膠着状態に陥る。流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めないバルセロナだったが、63分にセットプレーの二次攻撃からピケが惜しいヘディングシュートを放つと、66分にはメッシの直接FK、70分にはジョルディ・アルバのクロスからアラウホがゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。

後半に入ってなかなか攻め手を見いだせないアトレティコは途中投入も精彩を欠いたサウールを諦めて切り札のフェリックス、73分にはコレアに代えてコンドグビアを投入。対するバルセロナも75分にデストとペドリを下げてセルジ・ロベルト、ウスマーヌ・デンベレを同時投入した。

試合終盤にかけてはよりオープンな攻防が続く中、デンベレの投入でやや優位に試合を運ぶバルセロナは85分、人数をかけた攻撃からボックス左ライン際でジョルディ・アルバから絶妙な折り返しが上がるも、ゴール前にフリーで飛び込んだデンベレのヘディングシュートはうまく抑えが利かず、枠の上に外れてしまう。

さらに、試合終了間際の90分にはバルセロナがボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここで名手メッシが左足で直接ゴール左上隅を狙うが、このシュートはわずかに枠の左へ外れた。そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、注目の首位攻防戦は痛み分けのドローに終わった。

この結果、暫定首位をキープしたアトレティコだが、翌日の試合でレアル・マドリーが勝利した場合、首位から陥落することになった。

関連ニュース
thumb

アトレティコ守護神オブラクが今季ラ・リーガMVPに選出!

アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(28)が2020-21シーズンのラ・リーガ最優秀選手に選出された。 一時レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャと四つ巴の争いとなった大混戦の今季ラ・リーガを制したアトレティコ。 7年ぶり11度目の優勝では、昨夏バルセロナから電撃加入し、チーム最多の21ゴールを挙げたウルグアイ代表FWルイス・スアレスや、中盤の要として2桁ゴール2桁アシストを記録したスペイン代表MFマルコス・ジョレンテらの活躍が目立ったが、その2選手やピチーチを獲得したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを抑えて、年間MVPに輝いたのはアトレティコの絶対的守護神だった。 オブラクは今シーズンのラ・リーガ全試合にフルタイム出場し、リーグ最少の25失点に抑えて2シーズンぶり5度目のサモラ賞を獲得。18度のクリーンシートはリーグ最多となり、セーブ数は103、セーブ率80%と世界最高のGKの一人としてその能力を遺憾なく発揮した。 2021.06.12 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

J・アルバがバルサのスアレス放出に「ジョークだろ」…驚きを認める

昨夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスを放出して周囲の驚きを誘ったバルセロナだが、一部選手もその決断に当惑したようだ。アメリカのスポーツチャンネル『ESPN』が報じた。 昨夏、今季からバルセロナの指揮を執るロナルド・クーマン監督から構想外を告げられ、移籍を強いられたスアレス。ユベントス行きも囁かれたが、2年契約でアトレティコ・マドリー移籍を決断した。 涙のバルセロナ退団となり、心に傷を負っての移籍だったスアレスだが、アトレティコでも類稀な決定力を遺憾なく発揮。ラ・リーガでチーム最多の21得点を挙げ、7年ぶり11度目の載冠に貢献した。 そんなスアレスからすれば、結果的にリーグも制して、今やベストな移籍だった結論付けられるが、バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバは当時、クラブの決断に戸惑いを感じたという。 スペイン『Cadena Ser』のインタビューで当時を振り返ると、バルセロナ歴代3位の公式戦195ゴールを記録した男を手放すというクラブの決断に「ジョークだろ」と思ったことを告白した。 「彼はバルセロナにかなりのものをもたらしてくれた人物だが、バルセロナは実質的に無意味な形で直接のライバルにアトレティコに手放してしまった」 「そして、彼らは彼とリーグを制した。僕的に気に入らなかったね。僕らの友情はさておき、彼みたいなストライカーを別に見つけるのは難しいものだ」 「すごく良い選手は確かにいるかもしれないが、ルイスが与えてくれたものは…ね」 また、「彼は勝者となり、多くの者たちを黙らせた。バルサでのラストイヤーは簡単じゃなかったなかで、黙らすチャンスが巡ってきたんだ」とバルセロナが失ったものは大きかったと続けた。 「僕から言えるのはルイスがいたバルサの雰囲気も素晴らしかったということ。彼が頑張り屋で、グループにとっても素晴らしいことだった。それは数字が物語っている。彼はバルサ史上3番目のスコアラーだ」 2021.06.11 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ指揮官シメオネ、2024年まで契約延長へ

アトレティコ・マドリーはディエゴ・シメオネ監督(51)との契約を延長するようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2011年12月の就任以降、チームを2度のラ・リーガ優勝を含む8つのタイトル獲得に導いたシメオネ監督。チームにインテンシティと闘争心をもたらし、かつてはバルセロナ、レアル・マドリーの“2強”と呼ばれていたリーガの勢力図に割って入る強さを見せつけている。 そんなシメオネ監督は現行契約が残り1年と迫るなか、近日中に契約を延長する模様。期間は2024年の6月30日までとなる見込みだ。 また、延長交渉に際して、同監督はフロントにインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得を直訴した模様。来シーズンで就任11年目を迎える長期政権のなかでも戦力強化には余念がないようだ。 2021.06.07 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のトリッピアー、代表の同僚に実現を望む声?

アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(30)が噂されるマンチェスター・ユナイテッド行きを希望しているようだ。 ユナイテッドがイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの“一強”状態にある右サイドバックに厚みや競争をもたらすべく、関心を示しているといわれるトリッピアー。イギリス『ミラー』によると、本人も代表の同僚たちに今夏のユナイテッド行きに前向きな姿勢を示しているという。 そんなトリッピアーは2019年夏にトッテナムからアトレティコに移籍。加入2年目の今季はイングランドサッカー協会(FA)から過去の賭博関与で10週間の出場停止処分が下ったが、最終的に公式戦35試合の出場でラ・リーガ優勝に貢献すると、開幕が迫るユーロ2020の代表入りも果たした。 アトレティコはトリッピアーの引き留めに熱心で、契約も2023年まで。だが、ユナイテッドは1500〜2000万ポンド(約23億2000万〜30億9000万円)の移籍金で獲得できると踏み、新型コロナウイルスの感染拡大によるフットボール界全体の財政逼迫も追い風になると期待している模様だ。 そのユナイテッドは近年、右サイドバックのレギュラーと言えば、ワン=ビサカ一択の状況で、クリスタル・パレスから加入2年目の今季も公式戦54試合に出場とほぼフル稼働。長い脚を生かした対人守備に絶対的な強さを誇るが、攻撃面に改善の余地があり、競争相手も乏しいのが実情だ。 なお、高精度のクロスを武器に攻撃性能が高く評価されるトリッピアーはマンチェスター生まれで、マンチェスター・シティのアカデミー出身。ユナイテッド移籍は故郷凱旋を意味するが、実現するのだろうか。 2021.06.06 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

サウールは今季限りでアトレティコ退団か…バイエルン&チェルシー関心?

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)は今シーズン限りでクラブを離れることを真剣に検討しているようだ。 アトレティコのカンテラ出身のサウールは、ラージョ・バジェカーノでの1年間の武者修行を終えた2014年以降、サイドハーフ、ピボーテを中心にディアゴ・シメオネ率いるチームの絶対的な主力に君臨してきた。 しかし、今シーズンはMFトマ・レマルやMFヤニック・カラスコ、MFエクトル・エレーラとの中盤のポジション争いにおいて苦戦。公式戦41試合に出場したものの、攻守両面で精彩を欠き、チームのラ・リーガ制覇とは裏腹に苦しいシーズンを過ごした。 その不振が影響してか、ユーロ2020に臨むスペイン代表からも落選しており、今夏に新たな環境を求める可能性が伝えられている。 そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、サウールが今シーズン限りでクラブを離れる可能性があると主張。さらに、具体的な交渉は行われていないものの、バイエルンとチェルシーが獲得に関心を示しているという。 また、アトレティコはサウールの後釜としてウディネーゼに所属するアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(27)との交渉を進めているようだ。 なお、アトレティコとサウールの現行契約は2026年まで残っており、獲得には高額の移籍金が必要となる。 2021.06.05 01:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly