難所エランド・ロードで散ったスパーズがトップ4絶望のメイソン体制リーグ初黒星…《プレミアリーグ》

2021.05.08 22:26 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第35節、リーズvsトッテナムが8日にエランド・ロードで行われ、ホームのリーズが3-1で勝利した。

前節、最下位のシェフィールド・ユナイテッドを相手にベイルの見事なハットトリックの活躍で4-0の快勝を収めた6位のトッテナム(勝ち点56)。逆転でのトップ4フィニッシュに向けて3連勝を狙う今節は11位のリーズ(勝ち点47)のホームに乗り込んだ。

今季ビッグ6が勝利できていない難所での勝利に向けてメイソン暫定監督はブレイズ戦と全く同じスタメンを採用した。

立ち上がりから人にしっかりと付くリーズの強度の高い守備に手を焼くトッテナムは、開始7分にボックス左に抜け出したバンフォードに際どいシュートを打たれるが、これはGKロリスの好守で凌ぐ。

だが、以降も押し込まれる展開が続くと、13分には左サイド深くに侵攻したハリソンの高速クロスに対してファーで対応にあたったDFレギロンが自軍ゴールに向かう。これはGKロリスが何とかき出すも、こぼれ球をダラスに豪快に蹴り込まれた。

先に失点を喫したトッテナムはここから攻勢を強めていく。すると、25分にはロ・チェルソ、ソン・フンミン、デレ・アリの3選手で中央を突破し、DF2枚を引き付けたデレ・アリからボックス右に走り込むソン・フンミンへ絶妙なスルーパスが通る。これを韓国代表が冷静にゴールへ流し込み、リーグ戦3試合連続ゴールとした。

前半半ば過ぎに1-1のイーブンに戻った試合はここからオープンな展開に。28分にはボックス左で仕掛けたハリソンがファーポストを狙ったコントロールシュートを放つが、これはGKロリスのビッグセーブに遭う。直後の30分にはデレ・アリのスルーパスに抜け出したケインが冷静にゴールネットを揺らすが、逆転ゴールかに思われたこの場面はVARのレビューの結果、微妙なオフサイド判定で認められず。

その後はボールを保持して押し込むリーズ、ロングカウンターでうまく相手を引っくり返すトッテナムと互いの狙う形から惜しい場面を作り合ったが、42分にはより優勢に試合を運んでいたホームチームが一歩前に出た。ハリソンを追い越してボックス左に抜け出したアリオスキの正確なグラウンダークロスを中央からニアに飛び込んだバンフォードが左足ワンタッチで流し込んだ。

1点ビハインドで試合を折り返したトッテナムは、早い時間帯の同点ゴールを目指して攻勢を仕掛けていく。後半開始直後にデレ・アリのラストパスに反応したケインがゴールネットを揺らすが、ここは完全にオフサイド。さらに、カウンターの形からケイン、ソン・フンミンと積極的に足を振っていくが、枠を捉えることができない。

流れを変えたいトッテナムベンチは67分、デレ・アリとベイルを下げてラメラとルーカス・モウラを同時投入。この交代で徐々に動きを見せ始めると、71分にはクロスを匂わせたオーリエの意表を突くミドルシュートが枠を捉えるが、これはGKメリエのビッグセーブに遭う。続く72分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーのケインが直接狙うが、今度はクロスバーに阻まれた。

その後、ロ・チェルソに代えてエンドンベレを最後のカードとして切ったトッテナムだが、なかなか相手の守備を脅かす攻撃を見せることができずにいると、84分には相手のカウンターを受けてボックス左に抜け出したハフィーニャからのプレゼントパスをゴール前のロドリゴに難なく決められて痛恨の3失点目を喫した。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、難所エランド・ロードで完敗のトッテナムはメイソン体制のリーグ戦初黒星を喫すると共に、来季CL出場権獲得が絶望的となった。

関連ニュース
thumb

ロンドンの3クラブが今夏プレシーズントーナメント開催!

ロンドンに本拠地を置くアーセナル、チェルシー、トッテナムの3クラブが今年8月にプレシーズンのトーナメントを開催することを発表した。 2021-22シーズンの開幕前に実施される今回のプレシーズントーナメントは、イギリスを代表するメンタルヘルスを支援する慈善団体『Mind』と提携したもので、今回の試合で得た収益は『Mind』と各クラブの財団に分配され、国内外のコミュニティでメンタルヘルスとウェルビーイングを支援するプロジェクトの資金として充てられる。 イギリスの国家統計局が発表した最新のデータによると、イギリス国内では新型コロナウイルスのパンデミック前に成人の10人に1人だったうつ病の症状経験者がコロナ禍において、5人に1人の割合に大幅に増加しているという。 また、『Mind』が1万6000人を対象に実施した調査では、若者の3人に2人(68%)、成人の5人に3人(60%)が、同期間において精神面の健康状態が悪化したと回答していた。 そういった状況を受け、『Mind』と前述の3クラブは、その巨大なグローバルリーチとプラットフォームを利用して、新型コロナウイルスのパンデミックからの脱却を目指すと共に、メンタルヘルスへの意識を高める目的で今回の新たな試みを行うことになった。 『Mind』の最高経営責任者(CEO)を務めるポール・ファーマー氏は、『The Mind Series』と冠せられた今回のプレシーズントーナメントの開催に関して以下のようなコメントを残している。 「アーセナル、チェルシー、トッテナムの3クラブが協力して、『Mind Series』を通じてMindの活動を支援してくれることを大変嬉しく思います。EFLとのチャリティ・パートナーシップをはじめとする私たちの活動から、フットボールには真の変化をもたらす力があることがわかっています。特にメンタルヘルスに関してはそうです」 「この3つのビッグクラブが提供してくれるプラットフォームによって、サポートが必要なときに頼れる場所があるというメッセージを、何千人もの人々に伝えることができるのです。『Mind Series』は、メンタルヘルスに関する意識を高める素晴らしい方法であるだけでなく、これまで以上に多くの人々がMindの助けを必要としている今、私たちのサービスに不可欠な資金を提供してくれます」 「私たちのファンへのメッセージはシンプルです。“あなたが誰かをサポートしようとするとき、Mindはあなたをサポートするためにここにいます”」 なお、今回の支援に関してはチケット1枚の売り上げの内の5ポンド(約770円)が慈善事業に寄付され、『Mind』は今回のトーナメントの収益の25%を受け取り、各クラブの財団はホーム試合の収益の75%を受け取ることになる。 最後に今回のトーナメントの試合日程は以下の通り。 ◆第1戦 ▽8/1(日) アーセナル vs チェルシー エミレーツ・スタジアム ◆第2戦 ▽8/4(水) チェルシー vs トッテナム スタンフォード・ブリッジ ◆第3戦 ▽8/8(日) トッテナム vs アーセナル トッテナム・ホットスパースタジアム 2021.06.23 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがケイン獲得へ1stオファー! 1億ポンド保証のオファーもスパーズは拒絶へ

マンチェスター・シティがトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)獲得に向けて最初の公式オファーを掲示した模様だ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が主張している。 シティは今シーズン、プレミアリーグとEFLカップの国内2冠達成も、チャンピオンズリーグ(CL)ではチェルシーに敗れて悲願のビッグイヤー獲得を逃した。 そのため、新シーズンのリーグ連覇、CL制覇に向けては、今夏の積極補強が見込まれている。そういった中、アルゼンチンFWセルヒオ・アグエロがバルセロナへ旅立ったセンターフォワードは重要な補強ポイントとなっており、クラブはトップターゲットとして今夏のトッテナム退団希望を明言しているイングランド代表FWをリストアップしている。 ロマーノ氏が今回伝えるところによれば、シティはトッテナムに対して1億ポンド(約153億円)の価値を保証するファーストオファーを掲示したという。 このオファーに関しては1億ポンドを金銭として支払うか、イングランド代表FWラヒーム・スターリング(26)、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(24)、スペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(27)らを移籍金の一部として譲渡することを盛り込んだものだという。 ただ、ロマーノ氏はトッテナムが今回のオファーに応じる可能性はなく、少なくともユーロ2020開催期間中にケインに関する去就が決定する可能性はないとも伝えている。 2021.06.22 00:11 Tue
twitterfacebook
thumb

混沌とするトッテナムの監督人事、クラブOBが名乗り?「間違いなく検討する」

監督人事が難航を極めるトッテナムだが、クラブOBであるユルゲン・クリンスマン氏(56)が名乗り上げたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 昨シーズン途中にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、シーズン終盤はライアン・メイソン監督が暫定的に指揮を執っていたトッテナム。新シーズンに向けては新たな監督を招へいすることで動いていた。 当初は、インテルの指揮官を退任したアントニオ・コンテ監督や、パリ・サンジェルマン(PSG)で指揮を執るマウリシオ・ポチェッティーノ監督、ローマの監督を退任したパウロ・フォンセカ監督らが候補に挙がるも交渉が決裂。フィオレンティーナを電撃退団したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、ファンの抗議もあり、交渉を行わなかった。 監督不在のままとなっているトッテナム。そんな中、クラブOBであるクリンスマン氏が『BBC』にコメント。興味を持っていることを明らかにした。 事の発端はユーロ2020を取材している中で、ギャリー・リネカー氏が尋ねたことにある。トッテナムの監督に興味があるのかと尋ねると「間違いなく検討するだろう。まあ、希望されない場合は無理にとは言わない」と語っており、オファーがあれば考えるとした。 クリンスマン氏は、現役時代はドイツ代表のエースとしても活躍し、トッテナムのほか、シュツットガルトやインテル、バイエルンなどでプレー。引退後はドイツ代表の監督として指導者キャリアをスタート。その後は、バイエルンやアメリカ代表で監督を務め、2019-20シーズンには一時的にヘルタ・ベルリンでも監督を務めていた。 また、クリンスマン氏はモウリーニョ監督が解任された際に、ダニエル・レヴィー会長に連絡した際のやりとりも明かした。 「彼がモウリーニョを解任した後、私は彼に電話した。『ダニエル、今はどうしてる?』と聞いたら、『今やることがたくさんあるから、クラブのことを整理して後で話そう』と言われた」 「それからは色々な違う名前が出てきて、それが無くなっていくのを見た。変わらないよ」 混沌とするトッテナムの監督人事だが、実績あるOBが空いていることは、会長の頭の片隅にあるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻連発!クリンスマン氏がトッテナム時代に決めたスーパーゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCcjJxUzEyOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.19 10:56 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ガットゥーゾ招へいから手を引いたのはファンの抗議が原因だった!

一瞬で白紙に戻ったトッテナムのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の招へい計画は、トッテナムのファンクラブの抗議が影響していたようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 今年4月にジョゼ・モウリーニョ氏(現ローマ監督)を解任して以降、残るシーズンを暫定的にコーチのライアン・メイソン氏に託して戦い抜いたトッテナム。だが、30歳の暫定指揮官の継続は考慮しておらず、来季に向けて経験と実績に長けた監督の招へいに尽力している。 しかし、それがことごとく水の泡に帰している現状だ。今月に入ってアントニオ・コンテ、パウロ・フォンセカと、いずれもセリエAのクラブを退任したばかりの名将との交渉が報じられたが、いずれも金銭面の問題で破談に。そして、直近ではフィオレンティーナの監督をわずか23日で退任したガットゥーゾとの接触が伝えられたが、一晩でその線も消えたと、イギリス『アスレティック』が報道した。 その具体的な理由については述べられていなかったものの、どうやらクラブのサポーター・トラストが関係しているようだ。『BBC』によれば、過去に同性愛やサッカー界における女性の立ち位置について物議を醸したイタリア人指揮官の着任に反対する声が多く、SNSでも「#NoToGattuso」というハッシュタグがトレンド入りした模様。 そして同メディアが伝えるところによると、『トッテナム・ホットスパー・サポーター・トラスト』は「我々はサポーターの思いをクラブに伝えることができる。今回も明確に伝えた。我々はファンやサポーターの、数々の監督候補に対する懸念を認識し、それに対応する」と声明を出していたようだ。 なお、これまでにトッテナムはユリアン・ナーゲルスマンやブレンダン・ロジャーズ、エリク・テン・ハグといったそうそうたる顔ぶれの招へいを試みたが、いずれも実現せず。また、マウリシオ・ポチェッティーノに復帰を説得したものの、パリ・サンジェルマンが阻止したという。 2021.06.18 22:19 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ガットゥーゾ招へいは白紙に…初期段階で交渉ストップ

トッテナムは、ジェンナーロ・ガットゥーゾ氏(43)の指揮官招へいを見送ったようだ。イギリス人ジャーナリストのデイビッド・オーンステイン氏が報じている。 今年4月にジョゼ・モウリーニョ氏(現ローマ監督)を解任して以降、残るシーズンを暫定的にコーチのライアン・メイソン氏に託して戦い抜いたトッテナム。そこからユリアン・ナーゲルスマン監督やマッシミリアーノ・アッレグリ監督、ブレンダン・ロジャーズ監督、エリク・テン・ハグ監督ら錚々たる顔ぶれが候補に浮上したが、先述の2名はそれぞれバイエルンとユベントス行きが決定し、テン・ハグ監督もアヤックスと契約更新。難航を極めている状況だ。 また、マウリシオ・ポチェッティーノ監督をパリ・サンジェルマンから呼び戻そうとする動きや、インテルの指揮を降りたばかりのアントニオ・コンテ氏へのコンタクトも伝えられたが、いずれも実現せず。加えて、ローマ前監督のパウロ・フォンセカ氏についても金銭面での折り合いがつかなかった模様。 そして、最も新しい情報として報じられていたのがガットゥーゾ氏だった。今季限りでナポリの監督を退任した同氏は、先月25日にフィオレンティーナの新指揮官に就任。しかし今月17日、補強方針の不一致から、わずか23日のスピード退任に至っていた。 そしてトッテナムは、新マネージング・ディレクターのファビオ・パラティチ氏とともにフィレンツェへ赴き、ガットゥーゾ氏の代理人であるジョルジュ・メンデス氏と交渉へ入っていた。 ところが早くもその交渉は終わりを迎えたようだ。デイビッド・オーンステイン氏によると、両者は簡単な会談の末、契約を結ばないという結論で合意。トッテナムの新監督探しはもうしばらくかかることになるという。 2021.06.18 16:46 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly