川崎ってただでさえ強いのに「川崎劇場」があるもんな! え!? の巻/倉井史也のJリーグ

2021.05.08 13:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
なんかねぇ、川崎強いじゃないですか。チームとしても強いけど、やっぱり等々力って場所の強さもあると思うんですよ。数々のスポーツチームがいなくなった川崎で強くなったんだから、地力っていうんですかね、なんかそんなこと感じちゃって。そもそも「等々力劇場」って言われるようになったのは、終盤のゴールがやたら多かったわけでしょう? んでもって今みたいにポンポン得点を積み重ねてたら、そりゃ負けることなんてないわけですよ。

だけど、もしかしたら本当は他のチームも終盤にやたら強かったりしてるんだけど、川崎の名前に負けてそれが有名になってないんじゃない? と思って調べてみました。

チーム名 | 1〜15 | 16〜30 | 31〜前 | 46〜60 | 61〜75 | 76〜終
札幌 | 2 | 2 | 5 | 4 | 1 | 3
仙台 | 0 | 2 | 0 | 1 | 2 | 3
鹿島 | 3 | 1 | 3 | 1 | 4 | 3
浦和 | 1 | 0 | 4 | 1 | 3 | 2
柏 | 2 | 2 | 0 | 2 | 4 | 2
FC東京 | 0 | 2 | 3 | 3 | 4 | 5
川崎 | 6 | 5 | 8 | 7 | 7 | 4
横浜FM | 3 | 2 | 3 | 3 | 6 | 6
横浜FC | 0 | 3 | 1 | 2 | 1 | 0
湘南 | 1 | 1 | 1 | 2 | 2 | 3
清水 | 3 | 1 | 0 | 1 | 2 | 3
名古屋 | 1 | 3 | 2 | 5 | 2 | 5
G大阪 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1
C大阪 | 2 | 3 | 2 | 3 | 3 | 6
神戸 | 4 | 3 | 1 | 2 | 2 | 6
広島 | 3 | 4 | 4 | 1 | 2 | 2
徳島 | 2 | 2 | 2 | 1 | 3 | 2
福岡 | 2 | 0 | 1 | 4 | 4 | 5
鳥栖 | 2 | 4 | 3 | 3 | 4 | 3
大分 | 2 | 1 | 2 | 2 | 0 | 1

なんと!! 前半終了間際の強さこそ川崎の独擅場なんですけど、実は終盤に強いのは、横浜FM、C大阪、神戸。むしろ川崎は残り15分の得点がそれまでよりも少ない!! まぁ逃げ切り図ってるんでしょうけど。

で、もう一つ、アディショナルタイムの得点が全得点のうちのどれくらいを占めるか調べてみると、

チーム名 | 得点数 | 前AT | 後AT | 占有率

札幌 | 17 | 2 | 0 | 11.8%
仙台 | 8 | 0 | 1 | 12.5%
鹿島 | 15 | 2 | 0 | 13.3%
浦和 | 11 | 0 | 0 | 0.0%
柏 | 12 | 0 | 0 | 0.0%
FC東京 | 17 | 0 | 1 | 5.9%
川崎 | 37 | 0 | 1 | 2.7%
横浜FM | 23 | 0 | 1 | 4.3%
横浜FC | 7 | 0 | 0 | 0.0%
湘南 | 10 | 0 | 0 | 0.0%
清水 | 10 | 0 | 0 | 0.0%
名古屋 | 18 | 0 | 2 | 11.1%
G大阪 | 2 | 0 | 0 | 0.0%
C大阪 | 19 | 0 | 1 | 5.3%
神戸 | 18 | 0 | 1 | 5.6%
広島 | 16 | 1 | 1 | 12.5%
徳島 | 12 | 0 | 1 | 8.3%
福岡 | 16 | 1 | 1 | 12.5%
鳥栖 | 19 | 0 | 1 | 5.3%
大分 | 8 | 0 | 0 | 0.0%


むむむ!! こちらも意外なことに川崎は思ったよりアディショナルタイムの得点が少ない!! 逆に多いのは鹿島がトップで、2位は仙台、広島、福岡がタイスコア。そうか、だから鹿島がじわりと追い上げてきたわけですよ。

もちろん得点が多いとこの数字って下がる傾向が出てくるんだけど、それでもこの割合が多いチームは試合終盤まで画面見ておかなきゃダメってことです。ってことで今週も楽しく観戦してみましょ!!

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
関連ニュース
thumb

天皇杯の2回戦で負けたチームってリーグ戦が終わったときに……!? の巻/倉井史也のJリーグ

ちょっと待ってくださいよ、まさかこんなとこで負けるなんてどういうこと……って仙台、FC東京、横浜FMのファンなら思ってるでしょ? まさかの天皇杯2回戦敗退って。 こういう早い時期に負けちゃうことって、どう影響があるか心配じゃないですか? もしかしたらこのまま調子が出ないでズルズル後退しちゃうのかって。でももしかしたら、リーグ終盤の勝負所で他のチームは天皇杯を戦っている中、休めることが出来て上位進出しちゃった!! とかも考えられるし。 まず過去の天皇杯でジャイアントキリングされちゃったJ1チームはどこだったか。今回はJ1勢が2回戦からの登場になった2009-10年の第89回大会以降に限って調べてみたんだけど、案の定驚きの結果が!! 2009年2回戦敗退J1チーム:浦和 2010年2回戦敗退J1チーム:仙台 2011年2回戦敗退J1チーム:大宮 2012年2回戦敗退J1チーム:札幌、FC東京、神戸、広島、鳥栖 2013年2回戦敗退J1チーム:名古屋 2014年2回戦敗退J1チーム:仙台、鹿島、神戸 2015年2回戦敗退J1チーム:清水、名古屋 2016年2回戦敗退J1チーム:仙台、甲府、名古屋、福岡 2017年2回戦敗退J1チーム:札幌、仙台、FC東京、甲府 2018年2回戦敗退J1チーム:名古屋、G大阪 2019年2回戦敗退J1チーム:札幌、湘南、松本、名古屋、 じゃあ、それぞれの年の敗退チームは最終的に何位だったか!! 2009年:浦和(6位) 2010年:仙台(14位) 2011年:大宮(13位) 2012年:札幌(18位)、FC東京(10位)、神戸(16位)、広島(1位)、鳥栖(5位) 2013年:名古屋(11位) 2014年:仙台(14位)、鹿島(3位)、神戸(11位) 2015年:清水(17位)、名古屋(9位) 2016年:仙台(12位)、甲府(14位)、名古屋(16位)、福岡(18位) 2017年:札幌(11位)、仙台(12位)、FC東京(13位)、甲府(16位) 2018年:名古屋(15位)、G大阪(9位) 2019年:札幌(10位)、湘南(16位)、松本(17位)、名古屋(13位) ってことで、2回戦で敗退したチームの平均順位は12.1位。中位の下の法って感じで微妙です。ということは、あまり関連性はないってことですよ。よかったね、安心、安心。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.06.13 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シュート決定率が高い選手って誰がいるか見たら畏るべきチームが!? の巻/倉井史也のJリーグ

そりゃ世間の注目はU-24日本代表だとか日本代表だとかに集まってるでしょうよ。だけどその中でもJリーグやってて、しかもいろいろすごいこと、やってくれてる選手いるんで、そりゃ忘れちゃいけないと思うんです。 ちゅうのも、私が大注目している小林悠!! 何がすごいって出たらすぐ得点したり2試合連続で相手のクリアボールがピッタリやってくるっていう「持ってる」感じ!! レアンドロ・ダミアンが絶好調だからそっちに目が行くかもしれないけど、小林がちゃんと点を取ってるからレアンドロ・ダミアンも好調を維持できるように休ませて上げられてるんだよね〜ってことで!! 今週はちょっと違った視点から得点ランキングを見ちゃうぞ!! まず、シュート数に対しての得点率。ただ、全員カウントすると1本シュート打って1得点だけしてる選手が上位に来ちゃうんで、得点ランク20位以内ってことで。現在の所4得点していれば19位タイだから、そこまでで集計してみた結果!! (得点数/シュート数/シュート得点率) 1:キャスパー・ユンカー/浦和(5/10/50.00%) 2:山下敬大/鳥栖(8/18/44.44%) 2:町田浩樹/鹿島(4/9/44.44%) 4:町田也真人/大分(4/11/36.36%) 5:オナイウ阿道/横浜FM(10/29/34.48%) 6:小林悠/川崎(9/29/31.03%) 7:前田大然/横浜FM(9/30/30.00%) 8:大久保嘉人/C大阪(5/17/29.41%) 9:ディエゴ・オリヴェイラ/FC東京(7/24/29.17%) 10:三笘薫/川崎(8/28/28.57%) 10:遠野大弥/川崎(4/14/28.57%) 12:アンデルソン・ロペス/札幌(12/43/27.91%) 13:家長昭博/川崎(7/27/25.93%) 14:稲垣祥/名古屋(5/20/25.00%) 15:レアンドロ・ダミアン/川崎(12/49/24.49%) 16:ブルーノ・メンデス/福岡(4/17/23.53%) 16:長沢駿/大分(4/17/23.53%) 18:荒木遼太郎/鹿島(6/26/23.08%) 18:上田綺世/鹿島(6/26/23.08%) 20:宮代大聖/徳島(5/24/20.83%) なんと!! 悠様より得点率の高い方がいらっしゃる!! そりゃやっぱ!! やっぱですよ。そりゃキャスパー・ユンカー、入ってきますよ。でもって2位が鳥栖の山下敬大って、実は守備だけじゃなくて、こういう選手がいるから今年の鳥栖は強いんですな。 それにしてもやっぱり川崎勢が多いんですけど、畏るべしはこのランクに誰も入ってこない6位の神戸。チーム得点数で言えば6位タイなのに、決定率のランクに誰も入ってこないってことは、それだけみんなでシュート打ってゴール決めてるってことでしょ? こういうチームって崩れにくいんですよね……と今は言っておこうっと。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.06.05 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

じゃあどんな選手が日本代表に選ばれるってワケ!? の巻/倉井史也のJリーグ

昨日ミャンマー戦で今日はJリーグって、なかなかサッカーファンにとっては楽しみ? それとも昨日だけで満腹? まぁ見る視点によって違ってくると思うんです。 今週末のJリーグを終えて代表に合流する選手がいるわけですから、Jのプレーが海外組だけだった代表選手にどんな刺激を与えるか? あるいはレベル差ってあるのか、なんて考えて試合を見てもいいと思うんですよね〜。ともかく、今週末の試合を終えて合流する選手って、今シーズンのこれまでどれくらい出場してて活躍したのか見てみたら、今後代表を目ざす選手の参考になると思うんですけど!! ってことでまとめました!! 小川諒也:FC東京/出場16試合/全16試合/1,361分/0得点 谷口彰悟:川崎/出場17試合/全19試合/1,447分/0得点 山根視来:川崎/出場19試合/全19試合/1,710分/2得点 権田修一:清水/出場16試合/全16試合/1,440分/-得点 中谷進之介:名古屋/出場18試合/全19試合/1,363分/0得点 昌子源:G大阪/出場13試合/全13試合/1,170分/0得点 坂本達裕:C大阪/出場12試合/全17試合/1,053分/3得点 古橋亨梧:神戸/出場16試合/全16試合/1,344分/9得点 佐々木翔:広島/出場12試合/全18試合/969分/1得点 川辺駿:広島/出場17試合/全18試合/1,333分/3得点 ほうほう、こうしてみると期待の選手と森保監督の考えが分かるちゅうもんですな。だってC大阪の坂本達裕は出場試合数が少ないし、広島の佐々木翔はプレー時間が少ないし。そんなデータには出てこない部分を見たってことでしょう? そしてゴールを奪うほうでは神戸の古橋亨梧だけがピックアップされてて、攻撃陣はもう海外組でいいんじゃん? 的になってる? だって10得点の横浜FMオナイウ阿道、8得点の鳥栖所属、山下敬大なんかは呼ばれてないし。古橋がシュート57本で9得点なのに対し、山下はシュート17本で8得点ですよ。まぁシュートをたくさん打てるってのも才能なんでしょうけど。 つまりデータから見ると、まだまだ代表入りを目ざすことができる選手がたくさんいるってことです。そう思って土日も見ようね!! ホントだよ!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.05.29 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

なんと代表選手発表で分かった今年の意外な優勝候補!? の巻/倉井史也のJリーグ

みんな〜、日本海外組代表も日本代表もU-24日本代表も発表されて5月28日から7試合もあるってことで、すっかり国際試合にしか目が行ってないんじゃないかな〜? そんなときの原稿はとても苦労するから、ちゃんと今週末のJリーグも見なきゃだよ〜。 まぁでも代表選手に注目が集まるって健全と言えば健全なわけですから、じゃあそこにどんな意味があるのか探って参りましょう。まず今回、選ばれたJリーガーの方々はこちら!! 【日本代表】 GK 権田修一/清水 DF 佐々木翔/広島 谷口彰悟/川崎 昌子源/G大阪 山根視来/川崎 中谷進之介/名古屋 小川諒也/FC東京 MF 古橋亨梧/神戸 川辺駿/広島 坂本達裕/C大阪 【U-24日本代表】 GK 大迫敬介/広島 沖悠哉/鹿島 谷晃生/湘南 鈴木彩艶/浦和 DF 町田浩樹/鹿島 旗手伶央/川崎 古賀太陽/柏 MF 相馬勇紀/名古屋 三笘薫/川崎F 田中碧/川崎F FW 林大地/鳥栖 前田大然/横浜FM 上田綺世/鹿島 田川亨介/FC東京 で、これをチーム別に並べると 札幌/0人 仙台/0人 鹿島/3人 浦和/1人 柏/1人 FC東京/2人 川崎F/5人 横浜FM/1人 横浜FC/0人 湘南/1人 清水/1人 名古屋/2人 G大阪/1人 C大阪/1人 神戸/1人 広島/3人 徳島/0人 福岡/0人 鳥栖/1人 大分/0人 これを現在の順位表に当てはめると、 順:チーム/点/試/人 1:川崎F/45/17/5 2:名古屋/35/17/2 3:鳥栖/28/15/1 4:横浜FM/27/13/1 5:福岡/25/15/0 6:鹿島/24/14/3 7:神戸/24/14/1 8:浦和/23/14/1 9:C大阪/22/15/1 10:広島/21/16/3 11:FC東京/18/14/2 12:徳島/17/15/0 13:札幌/15/13/0 14:湘南/15/14/1 15:柏/13/14/1 16:清水/12/14/1 17:大分/9/13/0 18:G大阪/7/11/1 19:仙台/7/14/0 20:横浜FC/6/14/0 なな、なんと!! 上位にいながら選手を誰も抜かれないクラブがある!! も、もしかして今年の優勝は悲願の福岡が……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.05.23 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

順位表見てもちょっと分からないって人、集合!? の巻/倉井史也のJリーグ

仙台がメンバー大幅に入れ替えて川崎に引き分けた試合を見たんですよ!! これも仙台2位じゃね? ぐらいの感じで興奮したんですけど、14日の順位表を見てみると、 順:チーム/勝点/試合/勝/分/負/得/失/差 1:川崎/42/16/13/3/0/41/12/29 2:名古屋/32/16/10/2/4/19/12/7 3:横浜FM/27/12/8/3/1/25/8/17 4:鳥栖/27/14/8/3/3/19/5/14 5:神戸/23/13/6/5/2/18/12/6 6:福岡/22/14/6/4/4/17/16/1 7:鹿島/21/13/6/3/4/20/13/7 8:C大阪/21/14/6/3/5/19/15/4 9:広島/21/15/5/6/4/18/16/2 10:浦和/20/13/6/2/5/13/17/-4 11:札幌/15/12/4/3/5/19/18/1 12:湘南/15/13/3/6/4/12/12/0 13:FC東京/15/13/4/3/6/17/24/-7 14:徳島/14/14/4/2/8/13/20/-7 15:柏/13/13/4/1/8/12/15/-3 16:清水/12/13/2/6/5/11/16/-5 17:大分/8/12/2/2/8/8/19/-11 18:G大阪/7/10/1/4/5/3/9/-6 19:仙台/7/13/1/4/8/10/27/-17 20:横浜FC/3/13/0/3/10/8/36/-28 なわけで、まぁそりゃご存じのとおり仙台は降格圏に沈んでるわけですな。だけど、今年も各チームの試合数がいろいろ違ってて、ホントの順位ってどれくらいなのってのがよく分からない。そこで考えてみました!! 1試合あたりの平均勝点で並び替えるとこうなります!! 平順/チーム/勝点/試合/平均 1:川崎/42/16/2.63 2:横浜FM/27/12/2.25 3:名古屋/32/16/2.00 4:鳥栖/27/14/1.93 5:神戸/23/13/1.77 6:鹿島/21/13/1.62 7:福岡/22/14/1.57 8:浦和/20/13/1.54 9:C大阪/21/14/1.50 10:広島/21/15/1.40 11:札幌/15/12/1.25 12:湘南/15/13/1.15 13:FC東京/15/13/1.15 14:徳島/14/14/1.00 15:柏/13/13/1.00 16:清水/12/13/0.92 17:G大阪/7/10/0.70 18:大分/8/12/0.67 19:仙台/7/13/0.54 20:横浜FC/3/13/0.23 おっとじゃあ今の順位表の差は、 チーム/実順/平順/差 川崎/1/1/0 横浜FM/3/2/1 名古屋/2/3/-1 鳥栖/4/4/0 神戸/5/5/0 鹿島/7/6/1 福岡/6/7/-1 浦和/10/8/2 C大阪/8/9/-1 広島/9/10/-1 札幌/11/11/0 湘南/12/12/0 FC東京/13/13/0 徳島/14/14/0 柏/15/15/0 清水/16/16/0 G大阪/18/17/1 大分/17/18/-1 仙台/19/19/0 横浜FC/20/20/0 つまりこの数字がマイナスだと落ちる可能性があるし、プラスだと上昇する可能性があるってことですね。こうしてみると、浦和が実はいい感じなのかも? で、ついでにこの平均勝点で残り試合全部行ったとして、最終的に予想できる勝点は…… 平順/チーム/平均/予想 1:川崎/2.63/100 2:横浜FM/2.25/86 3:名古屋/2.00/76 4:鳥栖/1.93/73 5:神戸/1.77/67 6:鹿島/1.62/61 7:福岡/1.57/60 8:浦和/1.54/58 9:C大阪/1.50/57 10:広島/1.40/53 11:札幌/1.25/48 12:湘南/1.15/44 13:FC東京/1.15/44 14:徳島/1.00/38 15:柏/1.00/38 16:清水/0.92/35 17:G大阪/0.70/27 18:大分/0.67/25 19:仙台/0.54/20 20:横浜FC/0.23/9 なんと、川崎が脅威の勝点100行っちゃう可能性あるってことじゃないですか。でも横浜FMも名古屋も、例年なら優勝してもおかしくない勝点になるんですけど。ついでに言うと、例年は試合数×1が残留ラインって言われてるから、14位の徳島以下は降格要注意ってことです。そしてもし、最終的にこの勝点を上回ったらここから盛り返したってことですよ!! うーん、やっぱり仙台は2位にはなれそうにないのか……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.05.15 13:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly