五輪出場なるか! ルビン・カザン齊藤未月がチーム練習に合流、「とても嬉しいです!」と喜びの心境語る

2021.05.08 11:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ルビン・カザンは7日、MF齊藤未月の全体練習復帰とともに、本人のコメントを公開した。
齊藤は今冬に湘南ベルマーレからの期限付き移籍でルビン・カザンに加入。自身にとって初の海外挑戦だが、2月2日にトルコでのトレーニングキャンプ中に足首のじん帯を負傷したと発表され、全治4カ月の見込みも明らかにされた。
しかし、同16日にフィンランドにて手術を受けると、そこから驚異的な回復力を見せ、4月23日にはボールを使ったトレーニング姿を公式ツイッターを通じて公開。今月3日には制限付きながら全体練習にも加わった。
ルビン・カザンは現在、ロシア・プレミアリーグで5位につけており、チャンピオンズリーグ(CL)予選出場圏2位との勝ち点差は「4」。齊藤は練習に合流できたことを「良い気持ち」と述べつつ、復帰までの道のりとチーム状況にコメントしている。
「こんなに長い療養が必要だったのは人生で初めての経験でした。ずっと一人で練習をするのは大変でした。でも、今は全体練習に戻ってきたので、チームメイトと一緒にトレーニングができてとても嬉しいです!」
「医療スタッフや理学療法士、そして手術を行ったフィンランドの専門家のおかげで、予定より早く回復することができました。僕はただ彼らの言うことに耳を傾け、助言に従ってやるべきことをやるだけでした」
「チームは今素晴らしいプレーをしています。CL、あるいはヨーロッパリーグ(EL)といった欧州のカップ戦に出場するチャンスがあります。残りの2試合はとても重要ですが、チームは素晴らしい雰囲気です」
「もちろん、最後の2つのゲームがどのような結果になるのかはわかりませんが、みんなが勝つためにあらゆる努力をします」

関連ニュース
thumb

全治4カ月とされたルビン・カザンMF齊藤未月がスピード復帰、手術から2カ月でトレーニング再開

ルビン・カザンに所属するMF齊藤未月が復帰に近づいているようだ。 湘南ベルマーレから今冬にロシア・プレミアリーグの名門であるルビン・カザンへと移籍した齊藤。リーグ戦再開に向けたトルコでのキャンプに参加していた。 しかし、2月2日に負傷が発表されると、足首のじん帯損傷がわかり、同16日にフィンランドにて手術を受けていたことが発表されていた。 回復まで約4カ月と発表されていた齊藤だったが、2カ月が経過した23日にルビン・カザンが公式ツイッターに1本の動画を投稿。そこでは、精力的に汗を流す齊藤が映し出されていた。 齊藤は細かいステップワークから最後はミニゴールに向けてボールを蹴る動きを見せており、順調に回復している様子。クラブも「すでにフィールドで個別トレーニングをしています。復帰に向けた最終段階です」としており、グループトレーニングで待っていることを伝えた。 <span class="paragraph-title">【動画】早期復帰!? 精力的に汗を流す齊藤未月</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/MitsukiSaito?ref_src=twsrc%5Etfw">@MitsukiSaito</a> уже индивидуально тренируется на поле. Впереди – финальный этап восстановления!<br><br>Ждём в общей группе! <a href="https://t.co/FGJYtTVGf4">pic.twitter.com/FGJYtTVGf4</a></p>&mdash; «Рубин» Казань (@fcrk) <a href="https://twitter.com/fcrk/status/1385564199938576385?ref_src=twsrc%5Etfw">April 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.24 10:55 Sat
twitterfacebook
thumb

欧州挑戦の齊藤未月、復帰まで全治4カ月…ルビン・カザンが足首の手術成功を報告

ルビン・カザンがMF齊藤未月の戦線離脱を発表した。 今冬に湘南ベルマーレからのレンタルでロシア・プレミアリーグの名門であるルビン・カザンの門を叩いた齊藤。リーグ戦再開に向けたトルコでのキャンプに参加した。 しかし、クラブは2日に負傷を発表。5日に足首じん帯の損傷がわかり、レオニード・スルツキー監督からフィンランドでさらに検査を受ける見通しも明らかにされていた。 そして、ルビン・カザンは16日、齊藤がフィンランドにて手術を受け、無事に成功した旨を報告。回復まで全治4カ月を要する見込みだという。 ウィンターブレイク中のロシア・プレミアリーグは今月下旬に再開。9位ルビン・カザンは27日に行われる第20節で3位スパルタク・モスクワとのアウェイ戦に臨む。 2021.02.16 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ルビン・カザン齊藤未月が足首じん帯損傷…スルツキー監督「さらなる検査でフィンランドに」

ルビン・カザンは5日、負傷したMF齊藤未月の検査結果を発表した。 今冬に湘南ベルマーレからのレンタルでロシア・プレミアリーグのルビン・カザンに旅立った齊藤。2月末に再開予定のリーグ戦に向けたトルコでのトレーニングキャンプに参加した。 先月21日にはパルチザン・ベオグラード(セルビア)との練習試合で実戦デビュー。順調な様子だったが、ルビン・カザンが2日に合宿中の負傷を発表。3日にMRI検査を受ける予定だった。 そして、このたび、発表された検査結果は足首のじん帯損傷。レオニード・スルツキー監督は「合宿の合間にフィンランドに飛び、さらに診断してもらわければならない」と話している。 なお、ウィンターブレイク中のロシア・プレミアリーグは2月下旬に再開。9位ルビン・カザンは27日に行われる第20節で3位スパルタク・モスクワとのアウェイ戦に臨む。 2021.02.06 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アイドルは「エンゴロ・カンテ」ロシア挑戦の齊藤未月が移籍の理由や将来の夢を語る「将来はブンデスで」

湘南ベルマーレからルビン・カザンへとレンタル移籍したMF齊藤未月が、ロシアへの移籍の理由や自身の目標について語った。 湘南の下部組織出身の齊藤はU-20日本代表でキャプテンを務めるなど、ピッチ上でのキャプテンシーも発揮。ロシアへ活躍の場を求めたが、トレーニング中に負傷。足首のじん帯を損傷し、2月末までは離脱する見込みとなっている。 英語も堪能な齊藤は、今回の移籍の経緯や将来の夢などについてロシア『BUSINESS Online』のインタビューで応えた。 齊藤は、2018年のロシア・ワールドカップの際に、日本代表がベースキャンプを張っていたカザンにU-19日本代表として遠征。ルビン・カザンの施設に滞在し、トレーニングのサポートなども行なっていた。 齊藤は当時について「僕はカザンに来ただけでなく、ルビンの施設でトレーニングをしました。U-19日本代表の一員としてA代表とのトレーニングマッチに参加しました」と語り、施設を使ったことがあるとコメント。「ルビン・カザンのユースチームとの試合も数回しました。なので、移籍する前からルビンとその施設に少し慣れていました」と、思い出の地であることを明かした。 ロシア・プレミアリーグに挑戦することとなる齊藤だが、印象については「戦術にとても長けているハイレベルなリーグです。僕たちは動きの量、ピッチ上でのスピードなど、多くのことに取り組んでいます。また、ショートパスやミドルパスなどパスにも力を入れている印象です」とリーグのイメージを語り、「日本人選手は、ヨーロッパの大会に出場したいという願望を持ってプレーしています。Jリーグのレベルをヨーロッパで比較すると、ポルトガルやベルギーのリーグでJリーグのチャンピオンが上位を争い、もしかしたらタイトルを争えるかもしれないです」とJリーグのレベルを分析。「条件付きの“ポルト”は、日本で優勝できると思います」と語った。 自身のキャプテンシーについて問われると「メッシやクリスティアーノ(・ロナウド)のようにプレーすることはなく、とても高度なテクニックも持っていません。ただ、エンゴロ・カンテのように、豊富な運動量や守備でのクオリティを生み出すことはできるのが強みです」と自分の特徴を紹介。「彼は僕のアイドルで、僕は彼のようにプレーしたいです。また、常にコミュニケーションを心がけてチームのためにプレーします」とし、チームに力を捧げたいと語った。 また、英語が得意な齊藤は自身の英語力について「日本で英語を話す人はほとんどいません。そういった意味で、ロシアとは少し状況が違います。でも、小さい頃にインターナショナルスクールに入学できたことが幸運でした。そこから英語が話せるようになりました」とコメント。海外でプレーする上では語学力が重要だとし、「今は誰もがヨーロッパの強いクラブに移籍したいと思っています。そういった意味で、語学はとても重要です。英語と話せば、監督と話すなどのコミュニケーションが取れます。とても重要です」とコミュニケーションを取る上でも必要だとした。 移籍の決め手については「移籍する前に監督とは話していません。彼らとは数回電話し、交渉は長くなかったです。すぐに決断しました。僕にとって良いオファーだったので、あまりためらうことはなかったです」とすぐに決断したとのこと。また、レオニード・スルツキー監督が指揮を執っており、CSKAモスクワ時代にMF本田圭佑を指導したことも影響したといい「決断を下す助けになりました。スルツキーはアジアのサッカー選手をよく知っています。チームにはファン・インボム(韓国代表)もいます」と、移籍を決める上で監督の存在は大きかったと語った。 その本田との会話があったかについては「いやいや!彼はレジェンドです。偉大すぎます」と本田との会話はなかったとコメント。それでも「ただ、ロストフの橋本拳人と話しました。あと西村拓真とも話しました」と、ロシアでプレー経験がある選手とは話をしたという。 齊藤にはポルトガルやベルギーのクラブからのオファーもあった中でロシアのルビン・カザンを選択した。その理由については「ロシアリーグのレベルはもっと高くなると思います。スキルを向上させ、サッカー選手として強くなるには、競争力のあるリーグが必要でした。ロシアリーグはその要件により適していたので、選択は論理的でした」と語り、成長できる場としてロシアが適していると判断したようだ。 最後に、この先のキャリアについて問われ「将来はブンデスリーガでプレーしたいです。でも、そこに到達するには、全ての面で成長する必要があります」とコメント。「だからこそ、ルビンは僕にとって素晴らしい選択です。あらゆる側面で成長できます。もちろん、日本代表にも参加したいです」とコメント。ドイツでプレーする夢を持っているとした。 2021.02.04 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ルビン・カザン齊藤未月がトレーニング中に負傷…3日にMRI検査

欧州挑戦を果たしたMF齊藤未月だが、ケガを負ってしまったようだ。 今冬に湘南ベルマーレからのレンタルでロシア・プレミアリーグのルビン・カザンに旅立った齊藤は2月末に再開予定のリーグ戦に向けたトルコでのトレーニングキャンプに参加。先月21日に行われたパルチザン・ベオグラード(セルビア)との練習試合で実戦デビューを果たすなど、ここまで順調にきている様子だったが、ルビン・カザンが2日に合宿中の負傷を発表した。 現時点で負傷箇所については明らかにされていないが、ルビン・カザンがクラブ公式ツイッター(@fcrk)にケガをしてしまった瞬間として、齊藤がドリブルから右足シュートの形に持っていこうとしたところでディフェンスに削られ、転倒する姿の映像を投稿した。なお、齊藤は3日にMRI検査を受けるという。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr">Тот самый момент, в который Мицуки получил повреждение: <a href="https://t.co/LjWjYpqWit">pic.twitter.com/LjWjYpqWit</a></p>&mdash; «Рубин» Казань (@fcrk) <a href="https://twitter.com/fcrk/status/1356567352201121792?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.03 16:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly