レアルの来季ユニがリーク、ロゴや袖口は“ラッキーオレンジ”カラーに!

2021.05.08 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーの来シーズンのユニフォームがリークされたようだ。ユニフォーム専門サイトの『Footy Headlines』が伝えた。

アディダスが手掛けているマドリーのユニフォーム。今シーズンのホームユニフォームはサイドにピンクの3本線が入っているだけのかなりシンプルなデザインになっているが、2021-22シーズンのデザインは、よりカラフルになるようだ。

白基調は変わらないが、袖口にはオレンジと青のライン。襟元も同様にオレンジと青で縁取られている。そして、アディダスのロゴもオレンジ色になっており、『Footy Headlines』は正式には“ラッキーオレンジ”と呼ばれるとしている。

また、シャツの背面にはオレンジと青で構成された円形のバッジがついているとのこと。これはマドリーがタイトルを獲得した際にサポーターたちと祝う場所でもあるシベーレス広場から着想を得ているようだ。

『Footy Headlines』によると、ショーツは白色で、このキットは5月に正式に発表される。




1 2
関連ニュース
thumb

去就についてヒントを残すセルヒオ・ラモス「大事なのは家族の存在」

レアル・マドリーを退団したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが17日、メディアに対して去就に関するコメントを発した。『Get Spanish Football News』が伝えている。 16日に退団が発表され、マドリーでの輝かしい16年に終止符を打ったセルヒオ・ラモス。マドリーで全てを勝ち取ってきたカピタンの退団は一時代の終わりを感じさせるが、35歳の行き先は今夏の最注目事項となっている。 候補にはマンチェスターの両クラブにパリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣のセビージャが挙げられている状況だが、現段階では何も考えていないとセルヒオ・ラモスはコメント。鍵は家族の存在にあるようだ。 「今日は将来について話す日ではない。どのチームに行くかもわからないし、それがスペインかどうかも不明だ」 「また他のクラブのことは考えていない。私が市場に出された1月以降、何度か電話を受けたけど、当時はマドリーを離れるなんて微塵も思っていなかった」 「大事なのは、どこにいるかではなく、誰といるかだ。電車に乗るのも飛行機に乗るのも同じだ。私の幸せは家族にかかっており、もちろん彼らに一緒に来てもらいたいと思っている。長くここにいたから辛いことだが、これがサヨナラではない。ラモスは戻ってくる」 2021.06.18 13:58 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当に特別な人」偉大なるカピタン、セルヒオ・ラモスにレアル会長が感謝の言葉

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、今シーズン限りで退団したスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)に向けた別れのメッセージを述べた。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらしていた。 偉大なるキャプテンとして、マドリーの象徴的な存在にもなったセルヒオ・ラモスは17日に退団セレモニー。ペレス会長も出席した。 16年にわたりチームを支え、キャプテンとしてもチームに多大なる貢献をしたセルヒオ・ラモスに対し、ペレス会長が感謝と別れのメッセージを述べた。 「あなたはクラブの歴史の中で、最も素晴らしいキャリアを築いてきました。何年もの間、我々のファンの参考となり、間違いなくレアル・マドリーの偉大なレジェンドの1人になりました」 「このクラブに与えてくれた全てのこと、そして我々のクレストとユニフォームを守り、各試合で魂を見せ、常に最後まで戦ってくれたことに感謝します」 「ここであなたは選手として成長し、このスポーツを愛する全ての人々の尊敬と称賛を得て、スタジアムでも何年もの間、我々の象徴的なキャプテンを務めてきました」 「マドリディスタは、いつもあなたのことを心に抱くでしょう。我々のファンは、レアル・マドリーで言われているように、決してあきらめない選手として、あなたのことを記憶に留めるでしょう」 「3連続を含む4度のチャンピオンズリーグ、4度のクラブ・ワールドカップ、3度のUEFAスーパーカップ、5度のラ・リーガ、2度のコパ・デル・レイ、4度のスペイン・スーパーカップ優勝。レアル・マドリーで達成した全てのことを達成するのは、非常に困難です」 「パートナーでもあるマルセロとともに、22のタイトルという、史上最も多くのタイトルを獲得したマドリーの選手となりました。名誉会長であるパコ・ヘントだけが上回っています」 「世界中にいるこのクラブを愛するマドリディスタにとって、あなたはいつだってデシマ(10度目)の男です。リスボンでの93分のの出来事は、常に象徴です」 「しかし、これらの数字を超えて、あなたは永遠に我々の偉大なキャプテンの1人であり、間違いなく最も愛される選手の1人です」 「あなたが表現してくれたこと、我々のクラブの伝説を作り、レアル・マドリーの名前が世界でさらに称賛されることに貢献したことに感謝します」 「今日は簡単な日ではありません。これまでずっと、あなたは私にとって本当に特別な人でした。それは、あなたと私がレアル・マドリーの近年のサクセスストーリーに苦しみ、戦い、楽しみ、そしてともに過ごしてきたからです」 「何より、どこにいても愛する人と幸せになり、ここがいつもあなたの家になることを知ってほしいと思います。我々はあなたのようなレジェンドが、常にレアル・マドリーの偉大な大使の1人になると確信しています」 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモスが妻や子供とともに、獲得したカップとお別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnOHdicFUzSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.18 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「またいつか」セルヒオ・ラモスが16年在籍のレアル・マドリーに別れ、ファンには「スタジアムでお別れがしたかった」

レアル・マドリーを退団することとなったスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)がクラブへの別れを告げた。 マドリーは16日、セルヒオ・ラモスの今季限りでの退団を正式発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらしていた。 偉大なるキャプテンとして、マドリーの象徴的な存在にもなったセルヒオ・ラモスは17日に退団セレモニー。その後、記者会見に臨んだ。 フロレンティーノ・ペレス会長とともに登場したセルヒオ・ラモス。16年にわたって在籍したクラブへの別れの言葉を述べるとともに、また戻ってくると約束した。 「僕は19歳の時に両親、兄弟と手を繋いでやってきた。僕はただの子供だった。今では妻と4人の子供がおり、素晴らしい家族ができた」 「幸いなことに、とても団結した状態でここにきて、いつでも僕をサポートしてくれる家族の偉大さを感じながら出発することができる」 「このような事態に備えることはできないけど、レアル・マドリーに別れを告げる時が来た。僕に我慢し、僕を尊重してくれたみんなに感謝したいと思う」 「クラブ、愛情を注いでくれた会長、家族のようなスタッフ、監督…何年も経過しているから、感情的になるのは仕方がないことだ」 「また、ここに来てからずっと僕を支えてくれたファンのみんなにも感謝しているし、一緒にスタジアムでお別れがしたかった。レアル・マドリーに感謝する。いつでも僕の心にいる」 「唯一無二の素晴らしいステージが終わろうとしているけど、ここでの経験は決して今後起こり得ないと信じている。遅かれ早かれ僕は戻ってくる。“さようなら”よりも“またいつか”の方が良い」 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモス、レアルで刻んだ数々のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUUg0ZHZydyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「このゴールは絶叫した」レアル退団が決まったセルヒオ・ラモスのCL決勝土壇場ゴールに再脚光

レアル・マドリーは16日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の退団を発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、誰もが認めるカピタンへ成長したセルヒオ・ラモス。公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録し、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらした。 101ゴールという数字からも分かるようにDFらしからぬ決定力と勝負強さを持ち合わせていたセルヒオ・ラモスだが、その中でも最も有名なゴールと言えば2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、アトレティコ・マドリー戦でのゴールではないだろうか。 マドリッドダービーとなった一戦は、アトレティコが1-0とリードして前半を終えたが、疲れの見え始めたアトレティコを前に後半はマドリーが猛攻を仕掛ける。何とか耐えていたアトレティコだが、ラストプレーとなる後半アディショナルタイム、セルヒオ・ラモスが大仕事を果たす。 マドリーが右CKを獲得すると、MFルカ・モドリッチが素晴らしいボールを供給する。そのボールはセルヒオ・ラモスのもとへ飛んでいくと、マークを振り切り完璧に頭で捉える。コントロールされたヘディングシュートは相手GKティボー・クルトワの手をかすめ、ゴール左隅に吸い込まれていった。 この土壇場でのゴールは精神的にタフなアトレティコの面々をも打ち砕く一発に。疲労の色濃いアトレティコ相手にマドリーは延長後半の15分間で3ゴールを奪い4-1で勝利。見事にデシマ (10度目のCL制覇)を達成していた。 セルヒオ・ラモスの退団が発表され、『ESPN』の公式ツイッターも「最高の瞬間の1つ」としてこのゴール動画を紹介。ファンからも「絶対に忘れない」「永遠のカピタン」「このゴールは絶叫した」「今までありがとう」など退団を惜しむ声が多く寄せられた。 マドリーは17日にセルヒオ・ラモスのお別れセレモニーを実施。マドリディスタはそこで偉大なカピタンとお別れになる。 <span class="paragraph-title">【動画】ラモスと言えばこのゴール!CL決勝アディショナルタイムの劇的弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ5MmgwZThEbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

S・ラモスの行き先候補、現状4つ! シティが現段階の最有力

スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の行き先は現状、4つの候補が考え得るようだ。 2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに加わって以降、最終ラインの軸として公式戦通算671試合の出場数を誇り、数々のタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約は依然として延長されず、16日に退団が正式決定した。 そうなれば、気になるのが新天地。17日の会見で明かされるであろう経緯や背景も注目されるが、スペイン『アス』によると、現時点でマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣セビージャが行き先候補に挙がるという。 そのなかで、最有力だというのが今季限りでスペイン代表DFエリック・ガルシアがバルセロナに旅立ち、スペイン代表DFアイメリック・ラポルテにも移籍の噂があるシティだ。S・ラモスの代理人は前々からレアル・マドリー退団時の合意を目指して、シティと接触を図っている模様だ。 次に移籍先と目されるのがシティの宿敵であり、イングランド代表DFハリー・マグワイアの相方を務めるトップレベルのセンターバックを探すユナイテッド。その次はフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長が最優先事項のPSGだが、DFラインの強化も目標であり、候補だという。 そして、最後はほかの3クラブと比較して、可能性こそ低いものの、古巣セビージャ。連れ戻しに多額の資金が必要だけに、実現性の低い話だが、キャリア終盤の移籍であるのを鑑みると、下部組織時代から過ごした地元クラブに戻る選択肢もなくないものとみられているようだ。 なお、S・ラモスはレアル・マドリーから届いた約10%給与カットの単年契約による延長オファーを拒否。獲得を望むクラブは年俸として最低でも1200万ユーロ(約15億9000万円)を支払う必要があるといわれる。 2021.06.17 16:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly