【ラ・リーガ第35節プレビュー】今季の行方左右する一節! 6ポイント差の上位4チームが直接対決!

2021.05.07 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週末に行われた第34節ではアトレティコ・マドリー、レアル・マドリー、バルセロナの上位3チームが揃って勝利した一方、4位のセビージャが不覚を取って優勝争いから一歩後退となった。

残り4節となった今季のラ・リーガにおいて今節は、上位4チームが直接対峙する優勝争いの行方を大きく左右する決定的な一節となる。

まずは8日に開催される首位のアトレティコ(勝ち点76)と、3位のバルセロナ(勝ち点74)による首位攻防戦。

前節、降格圏のエルチェとアウェイで対戦したアトレティコは前半にMFマルコス・ジョレンテのゴールで幸先よく先制も追加点を奪えずに試合終盤に突入。すると、試合終了間際にはジョレンテが痛恨のハンドでPKを献上するも、相手キッカーのPK失敗に救われて薄氷の首位キープとなった。

ただ、2ポイント差で2位に位置する宿敵の存在によってバルセロナとのアウェイゲームでは引き分けではなく勝利が求められるところ。負傷者の復帰によってスカッドの厚みは十分もFWスアレス、FWフェリックスの状態が上がり切らず、堅守にも陰りが見える中、総合力、勝負強さが試される一戦となる。

一方、延期分のグラナダ戦でのまさかの敗戦により、3位で今回の大一番を迎えるバルセロナだが、直近のバレンシア戦では敵地で先制を許す厳しい展開の中でFWメッシのドブレーテの活躍などによって、3-2と競り勝ってバウンスバックを果たした。

0-1のスコア以上の完敗となった前回対戦に比べて見違えるような戦いぶりを見せており、近年勝ちから遠ざかる難敵相手にも十分に戦えるはずだが、堅守を基本とする相手に対して先制点を許す展開は最も避けたいところ。したがって、直近のリーグ5試合連続失点中の守備面の改善は必須だ。

その首位攻防戦の翌日にはレアル・マドリー(勝ち点74)と、セビージャ(勝ち点70)による直接対決が行われる。

前節、一部主力を温存した中でオサスナに競り勝ったレアル・マドリーだが、5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではチェルシーに0-2の完敗。ビッグイヤー獲得の夢は潰えることになった。とはいえ、ジダン率いるチームには悲しみに暮れる時間はなく、今季唯一獲得可能なラ・リーガ制覇に向けた大一番に臨む。

前述の2チームとの当該成績で優位に立っているエル・ブランコは、前日の試合でアトレティコが勝利しない限り、自力での首位浮上が可能となる。その一方で、アトレティコが勝利してここで敗れれば、逆転での連覇の可能性はほぼ潰えることになる。休養十分の難敵相手に心身ともにこたえるロンドンでの敗戦からリバウンドメンタリティを示せるか。

対するセビージャはアスレティック・ビルバオ相手の痛恨の敗戦によって1945-46シーズン以来、2度目のプリメーラ制覇から大きく後退。それでも、来シーズンのCL出場権をすでに手にし、上位3チームに比べて重圧は全くないだけに、ポジティブな気持ちで残り4戦全勝を目指したいところだ。

今節の話題は2つの上位対決が独占も日本人にとって気になるのは、MF久保建英を擁する15位のヘタフェ(勝ち点34)と、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する最下位のエイバル(勝ち点26)による残留争い直接対決だ。

ヘタフェは前節、ビジャレアル相手に0-1で競り負けて残留争いを抜け出す連勝とはならず。古巣対決に注目が集まった久保も試合終盤の数分間のプレータイムに限られ、見せ場を作ることができなかった。

対するエイバルは前節、乾と武藤がいずれも途中出場となった中でFWキケ・ガルシアの見事なハットトリックの活躍によってアラベスに快勝し、17戦ぶりの白星を手にした。残り4試合で残留圏内とは5ポイント差と逆転での残留に向けては奇跡が必要と言えるが、低迷するヘタフェ相手に何とか連勝を飾りたい。

同じく熾烈な残留争いに巻き込まれているFW岡崎慎司が在籍する18位のウエスカ(勝ち点30)は、12位のカディス(勝ち点40)と対戦。1ポイント差のアラベスとバジャドリーの結果次第だが、今節勝利できれば降格圏脱出の可能性が高いだけに何とか敵地から勝ち点3を持ち帰りたい。

《ラ・リーガ第35節》
▽5/7(金)
《28:00》
レアル・ソシエダ vs エルチェ

▽5/8(土)
《21:00》
アラベス vs レバンテ
《23:15》
バルセロナ vs アトレティコ・マドリー
《25:30》
カディス vs ウエスカ
《28:00》
アスレティック・ビルバオ vs オサスナ

▽5/9(日)
《21:00》
ヘタフェ vs エイバル
《23:15》
バレンシア vs バジャドリー
《25:30》
ビジャレアル vs セルタ
《28:00》
レアル・マドリー vs セビージャ

▽5/10(月)
《28:00》
ベティス vs グラナダ

関連ニュース
thumb

フリーのジエゴ・コスタ、ベシクタシュ行きが迫る

元スペイン代表FWジエゴ・コスタのベシクタシュ行きが近づいているようだ。トルコ『Fanatik』が報じている。 昨年末に個人的な理由により、アトレティコ・マドリーを電撃退団したジエゴ・コスタ。その後、ブラジルのパウメイラスやサンパウロ、ヨーロッパではマルセイユやベンフィカが新天地候補として挙がっていたが、いずれも交渉がまとまることなく、およそ半年が過ぎた。 だが、ここにきてトルコ行きの可能性が高まっているようだ。『Fanatik』によると、ジエゴ・コスタとベシクタシュは年俸250万ユーロ(約3億3000万円)と署名料150万ユーロ(約2億円)で2年契約を結ぶ見込みとのこと。 両者は2011年夏にも接触していたが、そのプレシーズン中にジエゴ・コスタがヒザ骨折の大ケガを負ったことで交渉が破談した過去があるようだ。 2021.06.16 13:23 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、デ・パウル獲得決定的に! クラブ&個人間合意で近日中に正式発表へ

アトレティコ・マドリーがウディネーゼのアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(27)獲得を決定的なモノとした。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 7シーズンぶりにラ・リーガ優勝を果たしたアトレティコだが、来シーズンに向けてはスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)の退団が濃厚と見られる中盤の補強が急務となっている。 そういった中、以前からディエゴ・シメオネ監督がご執心と言われてきたデ・パウルの確保に成功したようだ。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、2週間前から具体的な交渉を行ってきた両クラブは3500万ユーロ(約46億7000万円)の金額で大筋合意に至ったという。また、すでに選手サイドとも合意を取り付けているため、近日中にメディカルチェックを行い、正式契約を結ぶ予定だ。 現在、コパ・アメリカ2021参戦中するなどアルゼンチン代表の常連であるデ・パウルは、母国ラシン・クラブから2014年夏にバレンシアへ移籍。そのバレンシアでは主力になりきれず、ラシンにレンタルで復帰した後、2016年夏にウディネーゼに完全移籍していた。 そのウディネーゼでは中心選手として活躍し、これまで公式戦184試合に出場して34ゴール36アシストを記録している。攻撃的MFを主戦場に左右のサイドでもプレー可能な攻撃のマルチロールは、ボールのオン・オフに限らず、相手守備を出し抜く狡猾なプレーを得意とし、個での打開、ラストパス、正確且つパワフルなシュートでゴールまで奪える万能型だ。 2021.06.16 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスがモラタのレンタル期間延長を発表! 今季は公式戦20ゴール

ユベントスは15日、アトレティコ・マドリーからレンタル移籍中のスペイン代表FWアルバロ・モラタ(28)のレンタル期間延長を発表した。これにより、モラタは2021-22シーズンもユベントスに残留することになった。 昨夏にアトレティコからのレンタルで6年ぶりにトリノへの帰還を果たしたモラタ。今シーズンは公式戦44試合に出場し20ゴール12アシストを記録するなど、スーペル・コッパ・イタリアーナ、コッパ・イタリアの2つのタイトル獲得に貢献した。 イタリア『トゥットスポルト』によると、1000万ユーロ(約13億3000万円)の有償レンタルで加入していたモラタに関しては今季終了後に4500万ユーロ(約60億円)で買い取れるオプションが付随していたという。 また、今夏に買い取りを見送る場合でも、再び1000万ユーロを支払いレンタル期間を延長し、2022年夏に3500万ユーロ(約46億7000万円)での買い取りが可能となる契約を結んでいた。 当初、新型コロナウイルスの影響による財政問題によってモラタをアトレティコに送り返すプランを持っていたユベントスだったが、マッシミリアーノ・アッレグリ新監督の要望によって、来季の残留が決定した。 2021.06.16 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ守護神オブラクが今季ラ・リーガMVPに選出!

アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(28)が2020-21シーズンのラ・リーガ最優秀選手に選出された。 一時レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャと四つ巴の争いとなった大混戦の今季ラ・リーガを制したアトレティコ。 7年ぶり11度目の優勝では、昨夏バルセロナから電撃加入し、チーム最多の21ゴールを挙げたウルグアイ代表FWルイス・スアレスや、中盤の要として2桁ゴール2桁アシストを記録したスペイン代表MFマルコス・ジョレンテらの活躍が目立ったが、その2選手やピチーチを獲得したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを抑えて、年間MVPに輝いたのはアトレティコの絶対的守護神だった。 オブラクは今シーズンのラ・リーガ全試合にフルタイム出場し、リーグ最少の25失点に抑えて2シーズンぶり5度目のサモラ賞を獲得。18度のクリーンシートはリーグ最多となり、セーブ数は103、セーブ率80%と世界最高のGKの一人としてその能力を遺憾なく発揮した。 2021.06.12 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

J・アルバがバルサのスアレス放出に「ジョークだろ」…驚きを認める

昨夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスを放出して周囲の驚きを誘ったバルセロナだが、一部選手もその決断に当惑したようだ。アメリカのスポーツチャンネル『ESPN』が報じた。 昨夏、今季からバルセロナの指揮を執るロナルド・クーマン監督から構想外を告げられ、移籍を強いられたスアレス。ユベントス行きも囁かれたが、2年契約でアトレティコ・マドリー移籍を決断した。 涙のバルセロナ退団となり、心に傷を負っての移籍だったスアレスだが、アトレティコでも類稀な決定力を遺憾なく発揮。ラ・リーガでチーム最多の21得点を挙げ、7年ぶり11度目の載冠に貢献した。 そんなスアレスからすれば、結果的にリーグも制して、今やベストな移籍だった結論付けられるが、バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバは当時、クラブの決断に戸惑いを感じたという。 スペイン『Cadena Ser』のインタビューで当時を振り返ると、バルセロナ歴代3位の公式戦195ゴールを記録した男を手放すというクラブの決断に「ジョークだろ」と思ったことを告白した。 「彼はバルセロナにかなりのものをもたらしてくれた人物だが、バルセロナは実質的に無意味な形で直接のライバルにアトレティコに手放してしまった」 「そして、彼らは彼とリーグを制した。僕的に気に入らなかったね。僕らの友情はさておき、彼みたいなストライカーを別に見つけるのは難しいものだ」 「すごく良い選手は確かにいるかもしれないが、ルイスが与えてくれたものは…ね」 また、「彼は勝者となり、多くの者たちを黙らせた。バルサでのラストイヤーは簡単じゃなかったなかで、黙らすチャンスが巡ってきたんだ」とバルセロナが失ったものは大きかったと続けた。 「僕から言えるのはルイスがいたバルサの雰囲気も素晴らしかったということ。彼が頑張り屋で、グループにとっても素晴らしいことだった。それは数字が物語っている。彼はバルサ史上3番目のスコアラーだ」 2021.06.11 12:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly