ホッフェンハイムのイスラエル代表FWが残り3試合で帰国、その理由が意外すぎる

2021.05.04 13:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムのイスラエル代表FWモアネス・ダブールが意外な理由で今シーズンを終了していた。ドイツ『ビルト』が報じた。ダブールは、マッカビ・テル・アビブやグラスホッパーズ、ザルツブルク、セビージャでプレー。2020年1月にホッフェンハイムへと加入した。

今シーズンはここまでブンデスリーガで22試合に出場し4ゴールを記録。ヨーロッパリーグでは7試合で6ゴール1アシストを記録していた。


シーズンも残り3試合となったところだが、ダブールは個人的な理由でイスラヘルへと帰国。シーズンを早期に終了することになったとのことだ。

『ビルト』によると、その理由は、妻のビザの問題だったようだ。妻のビザが切れることもあり、娘とともにイスラエルへと帰国しなければならなかったとのこと。ダブールはクラブにそのことを伝え、自身も帰国することを要求すると、クラブに了承を得たようだ。

ダブールは直近の5試合で試合に出場しておらず、ここ4試合はベンチに座り続けている状況。また、ホッフェンハイムも残留争い中ではあるが、自動降格はなくなっており、そのことも相まって帰国の許可を得たようだ。

なお、ダブールは2023年までホッフェンハイムと契約を結んでいる状況。来シーズンに向けてはしっかり合流するのだろうか。
関連ニュース
thumb

ラストプレー弾幻のライプツィヒ、痛恨ドローでバイエルンにプレッシャーかけきれず《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは16日、ブンデスリーガ第29節でホッフェンハイムをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節ブレーメンに4-1と快勝し、首位バイエルンとの勝ち点差を5に縮めた2位ライプツィヒ(勝ち点60)は、負傷していたアンヘリーニョが先発復帰。[3-4-3]で臨み、3トップはフォルスベリ、エンクンク、ダニ・オルモで形成した。 ここ4試合で3敗を喫している12位ホッフェンハイム(勝ち点31)に対し、ライプツィヒが攻勢に出る入りとなったが、自陣で集中した守備を見せるホッフェンハイム相手になかなかシュートに持ち込めない展開を強いられた。 結局、前半に決定機なくゴールレスで迎えた後半、ライプツィヒは2選手を変更。アンヘリーニョとムキエレの両サイドを代えてハイダラとカンプルを投入。右サイドにはアダムスが回り、ハイダラが左サイドに入った。 その後半もライプツィヒが押し込む流れが続き、59分にエンクンクが最初の枠内シュートを放つと、1分後に決定機。ボックス左からフォルスベリが丁寧にクロスを上げると、ファーサイドのアダムスがフリーでヘッド。しかしシュートを枠の右に外してしまった。 その後、ダニ・オルモに代えてセルロートを投入したライプツィヒは65分、ザビッツァーが際どいミドルシュートを浴びせた中、72分にはフォルスベリに代えてY・ポウルセンを投入。 ツインタワーとした中、終盤にかけてもライプツィヒが押し込む展開となると、試合終了間際の追加タイム6分に劇的弾が生まれかける。左CKからY・ポウルセンのヘディングシュートがネットを揺らしたが、VARによりハンドがあったとしてノーゴールに。 幻の決勝ゴールに泣いたライプツィヒは痛恨のドローに終わり、バイエルンにプレッシャーをかけきることができなかった。 2021.04.17 05:32 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルト、試合巧者ぶりを発揮《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは14日、ブンデスリーガ第25節でホッフェンハイムをホームに迎え、2-0で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節フランクフルトに引き分けた9位シュツットガルト(勝ち点33)は、遠藤が開幕から25試合連続スタメンとなった。 11位ホッフェンハイム(勝ち点30)に対し、慎重な入りを見せたシュツットガルトは15分に先制する。ワマンギトゥカが味方とのワンツーでボックス右に侵入してクロスを入れると、カライジッチはシュートをミートしきれなかったが、後方のヌフのオウンゴールを誘った。 先制後、前がかるホッフェンハイムに対し、守勢に回るシュツットガルトは39分にピンチを迎えるも、クラマリッチのヘディングシュートはGKコベルの守備範囲で助かった。 迎えた後半、1点をリードするシュツットガルトがワマンギトゥカのスピードを生かしたカウンターで牽制しつつ時間を進めていく。 59分には遠藤がミドルシュートで牽制した中、64分に突き放す。ワマンギトゥカが右サイドのスペースに抜け出し、ラストパスを受けたカライジッチがシュートを流し込んだ。 84分には遠藤がゴール前に飛び込むチャンスを生み出したシュツットガルトが2-0のまま快勝。ここ5戦を3勝2分けとしている。 2021.03.15 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、オーストリア代表MFバウムガルトナーと2025年まで契約延長

ホッフェンハイムは5日、オーストリア代表MFクリストフ・バウムガルトナー(21)との契約を2025年6月まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 2017年夏に母国のザンクト・ポルテンからホッフェンハイムに加入した攻撃的MFのバウムガルトナーは、2019年5月にトップチームデビュー。昨季より主力に定着し、ブンデスリーガ26試合の出場で7ゴール4アシストを記録していた。 そして今季もここまでブンデスリーガ22試合の出場で4ゴール5アシストを、ヨーロッパリーグでは8試合の出場で3ゴール2アシストを記録し、主力として活躍している。 昨年9月にはオーストリア代表デビューも果たしていた。 2021.03.06 00:45 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のブレーメン、ホッフェンハイムに惨敗《ブンデスリーガ》

ブレーメンは21日、ブンデスリーガ第22節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。ブレーメンのFW大迫勇也は56分から出場している。 前節フライブルク戦を0-0で引き分けた11位ブレーメン(勝ち点23)はフライブルク戦で終盤に出場した大迫が引き続きベンチスタートとなった。 12位ホッフェンハイム(勝ち点23)に対し、ブレーメンは後半開始4分までに3失点を喫してしまう。 そして0-3で迎えた56分、大迫が2トップの後方、トップ下の位置に投入された。しかし、ブレーメンの劣勢は変わらず、大迫はなかなか良い形でボールを受けられない状況が続く。 結局、防戦一方の状況が続いたブレーメンは90分にも失点を重ねて0-4で惨敗。大迫も見せ場なく試合を終えてしまった。 2021.02.22 05:08 Mon
twitterfacebook
thumb

不調ドルトムント、ホッフェンハイムに辛くもドローでCLセビージャ戦へ《ブンデスリーガ》

ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第21節でホッフェンハイムをホームに迎え、2-2で引き分けた。 前節フライブルクに敗れ、ここ4試合で3敗と泥沼の6位ドルトムント(勝ち点32)は、4日後にチャンピオンズリーグのセビージャ戦を控える中、ロイスがベンチスタートとなった以外はベストメンバーで臨んだ。 12位ホッフェンハイム(勝ち点22)に対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にハーランド、2列目に右からブラント、レイナ、サンチョと並べた。 そのドルトムントは10分にチャンス。ハーランドがスルーパスに抜け出してGKと一対一となるも、バウマンにセーブされた。 すると18分には大ピンチ。アカンジがベブの突破を許してシュートに持ち込まれたが、GKヒッツが防いで助かった。さらに24分、今度はフンメルスがベブと入れ替わられる大ピンチを迎えるも、シュートは枠を外れて助かった。 すると直後に先制する。ラファエウ・ゲレイロのスルーパスに抜け出したサンチョがボックス左に侵入。冷静にGKとの一対一を制した。 しかし31分、ルディのスルーパスに抜け出したダブールにシュートを決められ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、オープンな展開で立ち上がった中、ドルトムントは51分に逆転される。ショートコーナーの流れからルディの左クロスをベブに頭で押し込まれた。 58分にはFKの流れから混戦の中、ハーランドが押し込むもデラネイにオフサイドがあってノーゴールに。追うドルトムントは直後に3枚替えを敢行。レイナやブラントらに代えてムココやロイスらを投入した。 しかし、チャンスを作れずにいると76分にピンチ。しかし、ベブのゴール至近距離からのシュートはGKヒッツが好守で凌いだ。 すると81分に追いついた。相手のバックパスをハーランドがカットして独走。GKとの一対一を制した。 しかし、終盤にかけては互いに決め手を欠いて2-2のままタイムアップ。ドルトムントは3戦勝利のないままCLに向かうこととなった。 また、FW大迫勇也が80分から出場したブレーメンはフライブルクをホームに迎え、0-0の引き分けに終わっている。 2021.02.14 01:41 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly