本田圭佑が自ら起点のカウンターからアゼルバイジャン初得点! 8カ国目のゴールに

2021.05.04 11:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表MF本田圭佑がアゼルバイジャンで初ゴールをマークした。

昨年末までボタフォゴでプレーした後、ポルティモネンセ入りがとん挫して、今年3月からネフチ・バクーに活躍の場を移した本田。4月4日に行われたアゼルバイジャン・プレミアリーグ第21節のスムガイト戦に途中出場して新天地デビューを飾り、5試合目の出場で待望の初ゴールを記録した。

3日に行われた第25節のケシュラ戦に先発した本田は1-0の74分、自陣中央でボールを奪取すると、すばやく敵陣左サイドの味方にボールを出してカウンターに。全速力でボックス中央まで駆け上がり、味方からのパスを左足ダイレクトでゴール右に叩き込み、チーム2得点目をマークした。

ネフチ・バクーはその後も1得点を上積み、3-0の快勝を収めて、暫定ながら首位に浮上。なお、過去に日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコ、オーストラリア、ブラジルを渡り歩いた本田にとって、8カ国目のプロリーグでの得点になっている。




1 2
関連ニュース
thumb

本田圭佑が契約満了で退団、ネフチ・バクーが公式発表…7試合2得点で最終節逆転優勝に貢献

ネフチ・バクーは16日、MF本田圭佑(35)との契約満了を発表した。 本田は、日本の名古屋グランパスでキャリアをスタート。その後オランダのVVVフェンロへと移籍しヨーロッパの舞台に挑戦。ロシアのCSKAモスクワでプレーした後、イタリアのミランでプレー。「10」番を背負い大きな注目を集めた。 そのミラン退団後は、メキシコのパチューカへと移籍。その後、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに移籍すると、オランダのフィテッセを経て、ブラジルのボタフォゴへと移籍。5大陸でプレーし、全てでゴールを決める初めての選手となっていた。 今冬の移籍市場でポルティモネンセへの移籍が決定。入団会見まで行った中、なんと選手登録期限に間に合わず契約解除に。その後模索した中で、今年3月からネフチ・バクーに加入していた。本田は日本を含めて8カ国目にアゼルバイジャンを選択していた。 アゼルバイジャン・リーグで8度の優勝を誇るクラブに加入した本田は、リーグ戦7試合に出場し2ゴールを記録。最終節で首位のカラバフを相手に1-0で勝利し、奇跡の逆転優勝をチームにもたらせていた。 ネフチ・バクーは本田の退団を発表し「世界的に有名な日本人の活躍に感謝し、彼の将来のキャリアの成功を祈っています」としている。 <span class="paragraph-title">【動画】本田圭佑、CSKAモスクワ時代の無回転FKにGKもお手上げ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3Mm9iZ1hOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.16 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

最終節の後半AT弾でネフチ・バクーが逆転リーグ優勝、本田圭佑は2014年のCSKA時代以来のリーグ制覇

本田圭佑が所属するネフチ・バクーが、大逆転でのリーグ優勝を決めた。 20日、アゼルバイジャン・プレミアリーグ最終節が行われ、2位のネフチ・バクーは首位のカラバフとの一戦。勝ち点差1の首位攻防戦が最終節という状況となった。 この試合も先発出場した本田は、勝利すれば逆転優勝できるという状況。しかし、首位のカラバフも引き分け以上なら優勝となるだけに、簡単にはやらせない。 試合は0-0のまま終盤へ。ゴールレスドローで終わると思われた中、92分にドラマが待っていた。 サイドチェンジをボックス左で受けたジョセフ・モローズが浮き球で折り返すと、ボックス中央でママドゥ・ムボジがヘディングで落とす。これを、アフメド・アフメドフが蹴り込み値千金のゴール。1-0で勝利したネフチ・バクーが逆転で首位に立ち、2020-21シーズンのリーグ優勝を成し遂げた。 ここ2シーズン2位で終わっていたネフチ・バクーは、2012-13シーズン以来9度目のリーグ優勝を達成した。 また、本田にとってはリーグチャンピオンは2014年のCSKAモスクワ時代以来となる。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ネフチ・バクーが、最終節で奇跡の逆転優勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jvAtRizfXi0";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.05.20 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍後初のフル出場、ネフチ・バクーのMF本田圭佑が軽快プレーもチームはドロー

ネフチ・バクーのMF本田圭佑が移籍後初のフル出場を果たした。 ネフチ・バクーは10日、アゼルバイジャン・プレミアリーグ第22節でカバラと対戦。本田は[5-4-1]のトップ下で出場した。 トップ下として積極的に攻撃のシーンに絡んだ本田はボックス内でキープからヒールパスで味方にシュートチャンスを与えるシーンも。 また、2列目からの飛び出しも積極的に行い、ボックス内でスルーパスを受けてクロスを上げるなど、チャンスメイクに汗を流した。 さらに自らも巧みに相手をかわしてボックス内で右足シュートを放つなど積極的にプレー。しかし、ゴールをなかなか奪えない。 本田は守備面でもチームに貢献。CKから相手がカウンターを発動させたが、しっかりと最後まで追いかけて戻り、ピンチを未然に防いでいた。 結局試合は2-2のドロー。2試合連続で出場した本田だが、ゴールやアシストを記録する日は近そうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】本田圭佑が軽快な動き!カバラ戦プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 2021.04.11 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「新しい挑戦が好き」本田圭佑が全編英語の入団会見! アゼルバイジャン行きの理由や東京五輪への意気込みを語る

ネフチ・バクーへの入団が正式に決定したMF本田圭佑(34)が入団会見を実施。チームの印象などを語った。 本田は昨年末、所属していたボタフォゴを退団。その後、ポルトガルのポルティモネンセへの移籍を目指していた。 移籍期限ギリギリでの契約成立となり、入団会見まで実施していたが、選手登録が間に合わないという想定外の事態となり退団。所属先を探していた。 その本田は、新天地に日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコ、オーストラリア、ブラジルに次ぐ自身8カ国目となるアゼルバイジャンを選択。ネフチ・バクーへの加入が、15日に正式発表された。 日本代表やメルボルン・ビクトリー、ボタフォゴでも背負っていた背番号「4」を背負うことが決定した本田。全編英語で応対した入団会見に臨み、新天地での意気込みを語った。 「ここにいられることを嬉しく思います。今シーズン、チームがチャンピオンになるために全力を尽くします」 「ライバルは強いチームだと思うので、簡単にはいかないと思いますが、僕がここにいるのは、チームがチャンピオンになるために、僕に協力して欲しいと思ったからです」 「僕はチームを助けるために、ここにいることができて幸せです」 ネフチ・バクーは日本ではあまり馴染みのないチーム。近年はライバルのカラバフがヨーロッパの大会に出場し、アゼルバイジャンのクラブとしてのイメージを持たれている。 今シーズンは現時点でアゼルバイジャンリーグの首位に立つネフチ・バクー。チームの印象についても本田がコメントした。 「いくつかの試合を観ましたが、特にディフェンスは良いプレーをしていました。ただ、僕は攻撃的な選手なので、チャンスを作ったり、ゴールを決めるためにいます。攻撃のメンバーの一員になれると思っています」 「また、チームについて知っていることはそれだけではありません。チームは今シーズン、チャンピオンになれるチャンスがあると聞いています」 「最後の試合では、チームメイト、監督、全員が一丸となって戦っていました」 その本田は、ポルティモネンセへの移籍が破談となり、その後ヨーロッパでプレーするチームを探すとコメント。最終的にはヨーロッパに留まる事となった。 アゼルバイジャンを新天地に選んだ理由についても語り、日本に戻らない理由を明かした。 「僕がここに来たのにはいくつか理由があります。正直なところ、他のクラブに行こうと思っていましたが、契約を結ぶことができず、ヨーロッパのクラブでプレーする機会を探していました」 「幸運なことに、この素晴らしいクラブ、ネフチが僕にプレーする機会を与えてくれました」 「誰もが僕に「なぜ日本に戻ってプレーしないのか?」と言いますが、2、3歳若ければ、その準備ができたかもしれないです」 「ご存知のように、全ての日本人が言いますが、日本のリーグでプレーすることは、僕にとってはもう興味深いものではありません」 「それは僕が海外での挑戦や、日本人として誰も経験したことのないような新しいチャレンジがとても好きだからです」 「アゼルバイジャンで日本人としてサッカー選手になったのは、僕が初めてかもしれません」 「この素晴らしいチームで結果を出したいと思っています。常に新しいチャレンジをしてきました。僕がこれまで、多くのミスや失敗をしたからこそ、ここに居られるのかもしれません」 また、ポルトガルに戻るかどうかの質問も投げかけられたが、本田は現時点では否定。ネフチ・バクーで結果を残すと意気込んだ。 「まず、僕がポルトガルに戻るかどうかは、確信はないです。今のところ、今シーズンが上手くいったとしても、ポルトガルに戻ることはないでしょう」 「今シーズン、このチームが上手くいけば、多くのチャンスが僕にも巡ってくるかもしれません。それがサッカーの世界なので、良い結果を残せば、もちろん僕に限らず、ここにいる全ての選手にもどこかに行くチャンスがあるはずです」 「それは素晴らしいことなので、シーズン終了後に実現することを願っています。ただ、今はチームメイトと良い結果を残したいと思っています。考えるのは後であり、今ではないです」 今回が8カ国目となる本田。サッカー選手としても珍しいキャリアを歩んでいるが、プレーしたいという欲求が優った結果のようだ。 「誇りに思っています。僕がサッカーを始めた頃、将来的に8カ国でプレーすることになるとは思っていませんでした。でも、今は正直に言ってもっとプレーしたいと思います」 「将来的には、もっと多くの国でプレーすることになるかもしれないです」 また、東京オリンピックの出場の可能性についても聞かれた本田は「不可能ではない」とコメント。それでも、難しいミッションだとした。 「23歳以上の選手は3人しか選ばれないので、僕にとっては簡単な状況ではないです。選択肢から遠いところにいるでしょう」 「日本代表の監督に、ここで良いプレーをしていることを見せなければなりません。それがミッションであり、再び良いプレーをする必要があります。そして、それは可能だと思います」 2021.03.16 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

背番号は再び「4」、本田圭佑がアゼルバイジャンのネフチ・バクー加入が正式決定!

アゼルバイジャンのネフチ・バクーは15日、MF本田圭佑(34)の加入を発表した。契約はシーズン終了までとなる。 本田は、昨年末にボタフォゴからの退団を示唆。その後、ポルティモネンセへの移籍を発表。移籍期限ギリギリでポルティモネンセへの移籍が決定し、入団会見まで行っていた中、なんと選手登録が間に合わなかったという緊急事態に。そのため、プレーできるチームを探して無所属となっていた。 本田は、日本の名古屋グランパスでキャリアをスタート。その後オランダのVVVフェンロへと移籍しヨーロッパの舞台に挑戦。ロシアのCSKAモスクワでプレーした後、イタリアのミランでプレー。「10」番を背負い大きな注目を集めた。 そのミラン退団後は、メキシコのパチューカへと移籍。その後、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに移籍すると、オランダのフィテッセを経て、ブラジルのボタフォゴへと移籍。5大陸でプレーし、全てでゴールを決める初めての選手となっていた。 その本田は日本を含めて8カ国目にアゼルバイジャンを選択。ネフチ・バクーはアゼルバイジャン・リーグで8度の優勝を誇るクラブ。近年はカラバフの前に後塵を拝していたが、今シーズンは現在勝ち点で並ぶ1位に位置している。 2021.03.15 22:13 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly