アントニオの2ゴールで逆転勝利のウェストハムが3試合ぶりの勝利で5位浮上!《プレミアリーグ》

2021.05.04 06:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは3日、プレミアリーグ第34節でバーンリーと対戦し、2-1で勝利した。2連敗中の6位ウェストハム(勝ち点55)が、前節4試合ぶりの白星を挙げた16位バーンリーのホームに乗り込んだ一戦。

クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ負けられないウェストハムだが、17分にボックス右から仕掛けたウッドをスーチェクが倒してしまいPKを献上。このPKをウッドにゴール左隅に決められた。


先制を許したウェストハムはすぐに反撃。すると21分、右サイド深くでパスを受けたリンガードのバックパスをコウファルがダイレクトクロス。これをゴール左に手前に走りこんだアントニオがヘディングで流し込んだ。

同点弾で勢いづくウェストハムは、29分にもボックス左横でパスを受けたベンラーマがゴールへ向かうクロスを入れると、ゴール前に抜け出したアントニオがワンタッチで流し込み、逆転に成功した。

立て続けにゴールを挙げたウェストハムは、34分にピンチ。ロートンのロングフィードでボックス右から侵入したヴィドラにゴールを脅かされたが、ループシュートはゴール前でドーソンがクリアした。

1点のリードで後半を迎えたウェストハムは、64分にもピンチ。バイタルエリア手前でボールを受けたマクニールがゴール前にロングパスを供給すると、ディオプのクリアボールをボックス中央右のブラウンヒルがボレーシュート。さらにGKファビアンスキが弾いたボールをジェイ・ロドリゲスが詰めたが、これはウェストハムDFが体を投げ出したブロックで防いだ。

その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、ウェストハムは試合終盤にチャンスを迎える。90分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったフォルナルスのスルーパスでボックス右から侵入したリンガードがシュートを放ったが、これは相手GKに当たり、ゴール右に外れた。

結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。3試合ぶりの白星で連敗をストップしたウェストハムが、トッテナムをかわし5位に浮上している。
関連ニュース
thumb

覚醒のリンガードがプレミア月間最優秀選手賞を初受賞! 監督賞ではスティーブ・ブルースが初栄冠

プレミアリーグは14日、4月の月間最優秀選手と最優秀監督を発表した。 最優秀選手には、ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードが選ばれた。1月にマンチェスター・ユナイテッドからローン加入した同選手は、加入直後から印象的なパフォーマンスを披露。リーグ戦においてユナイテッドでは今季一度も出番がなかったが、ウェストハムでは水を得た魚のように躍動中だ。 移籍後初戦のアストン・ビラ戦で2ゴールの鮮烈デビューを果たすと、その後もブレーキをかけることなくゴールに関与。4月の成績は4試合4ゴール1アシストで、ウォルバーハンプトン戦、レスター・シティ戦、ニューカッスル戦で3試合連続ゴールを記録した。レスター戦では2ゴールの活躍だった。 今回が初受賞となるリンガードは、FWメイソン・グリーンウッドやFWケレチ・イヘアナチョ、FWアラン・サン=マクシマンら8名の候補から選出。3カ月連続のノミネートからようやくの受賞に「ノミネートされるだけでも最高に嬉しかったんだけどね」と控えな姿勢を見せながらも、「僕は自分ができる最高のこと、そして世界で最高のことをしたいと思っている」と力強いコメントを残した。 一方、最優秀監督はニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が初受賞。シーズンを通して厳しい戦いを強いられているものの、4月はトッテナム(2-2)やリバプール(1-1)から勝ち点を奪うなど、2勝2分け無敗でポイントを積み上げた。 とりわけ、リバプール戦では92分にサン=マクシマンのゴールがVARで取り消されながらも、ラストプレーとなった96分にMFジョー・ウィロックのゴールで劇的ドローに持ち込んでおり、スティーブ・ブルース監督も「あの最後の5分間は、我々を要約したものだった」とハイライトに挙げている。 この結果、降格圏スレスレだったクラブは残留が確定。プレミアリーグで通算19年、総試合数では465試合にして初受賞となったイングランド人指揮官は、「ずっと前から欲しかった物だ! 私の後ろで精力的に働いてくれたスタッフ、そしてもちろんそれ以上に、挑戦に応えて私に賞を与えてくれた選手たちに感謝しているよ」と喜びを語った。 2021.05.14 21:48 Fri
twitterfacebook
thumb

トップ4遠のく敗戦に落胆のウェストハム指揮官「もっとうまくやる必要がある」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、手痛い敗北を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ウェストハムは9日に行われたプレミアリーグ第35節で、エバートンと対戦。トップ4を狙うためにも勝利が欲しい一戦だったが、先制点を許す展開に。反撃を試みるもエバートンの守備を崩すことは最後までできず、0-1で敗れた。 この結果、ウェストハムは5位こそキープしたものの、4位レスター・シティとの勝ち点差は「5」まで拡大。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が難しい状況となっている。 試合後のインタビューに臨んだモイーズ監督は、ゴールを挙げられなかったことを落胆。一方で、着実な成長を遂げているチームと最後まで歩んでいきたいと意気込んだ。 「我々はアタッキングサードでちょっとした失敗をしてしまい、ゴールを奪うことができなかった。相手はよく守っており、試合のほとんどの時間は3人の大きなセンターバックがいて、我々を苦しめていた」 「1つのミスの代償を支払ってしまった。このレベルでこうしたことがあってはならず、頭を抱えている。我々はより良くならなければならない。簡単ではなくても、もっとうまくやる必要があるんだ」 「これで終わりというわけではない。まだ3試合残っており、これから頑張りたいね。今日のプレーや、自分たちがやろうとしたことは励みになっていると思う。ボールを扱う能力を高め、より良いプレーをしようと努力しており、その兆候は確実に現れている」 「何人かの選手は素晴らしいプレーを見せてくれたが、最終的にはアタッキングサードで十分な力を発揮できず、チャンスをものにできなかった。1週間後から3試合が控えており、準備を整えてチームを再編成したい」 「我々は非常に良くやってきたし、これからもそれを続けなければならない。ただ、今日何も得られなかったのは残念だ。そして、十分なシュート数やゴール周辺でのチャンスを作れなかったことも良くなかった」 2021.05.10 12:34 Mon
twitterfacebook
thumb

キャルバート=ルーウィン2戦連発のエバートンがハマーズ撃破! 2位ユナイテッドの来季CL出場が決定!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、ウェストハムvsエバートンが8日にオリンピック・スタジアムで行われ、アウェイのエバートンが0-1で勝利した。   来シーズンのヨーロッパコンペティション出場を狙う5位のウェストハム(勝ち点58)と、8位のエバートン(勝ち点52)による直接対決。前節、バーンリーに競り勝って連敗をストップしたウェストハムは、今節の敗戦で4位に転落したレスター・シティ(勝ち点63)とのポイント差を縮めるため、難敵相手のホームゲームで連勝を狙った。   ウェストハムが前節と同じメンバーで[4-2-3-1]の攻撃的な布陣を採用したのに対して、エバートンはより守備的な[3-5-2]に布陣を変更して敵地での一戦に臨んだ。   立ち上がりからホームチームがボールを握り、アウェイチームがカウンターで応戦する形の攻防が続く。エバートンが得意のセットプレーで幾度か相手ゴールに迫るも、ウェストハムも身体を張った守備できっちり撥ね返していく。   以降はしばらく膠着状態が続くが、アウェイチームが見事なコンビプレーで先にゴールをこじ開ける。24分、3バックの右に入ったゴッドフリーがハーフウェイライン付近まで持ち上がって最終ラインの背後を狙うキャルバート=ルーウィンへ絶妙なスルーパスを通す。そして、DFドーソンを振り切ったキャルバート=ルーウィンがボックス右から右足のシュートをゴール左隅へ流し込んだ。   キャルバート=ルーウィンの2試合連続ゴールによって先手を奪ったエバートンは畳みかける攻めで追加点を目指す。28分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのシグルドソンが枠の左隅へ飛ばすが、これはGKファビアンスキの好守に遭う。さらに、35分にはリシャルリソンが馬力のある仕掛けでボックス内まで持ち込んで左足を振り抜くが、これもファビアンスキにファインセーブで防がれた。   一方、ビハインドを追うウェストハムはリスクを冒して前に出る。左サイドのベンラーマを起点にボックス付近までスムーズにボールを運ぶが、最後の場面で身体を張るエバートンの守備にことごとくシュートをブロックされる。38分にはボックス手前右でフォルナルスが上げた絶妙なクロスをファーで完全に浮いたベンラーマが頭で合わすが、これを枠に飛ばすことができない。その後、前半終了間際には内転筋を痛めたランシーニがプレー続行不可能となり、ボーエンをスクランブル投入するアクシデントにも見舞われた。   結局、エバートンの1点リードで折り返した試合は、後半もウェストハムが押し込む展開となる。だが、59分には足を痛めたクレスウェルがプレー続行不可能となり、フレデリックスをスクランブル投入。2枚目の交代カードも負傷者のために使うことに。それでも、直後の61分には後半最初の決定機。ボックス右でフォルナルスからパスを受けたコウファルが右足を振り抜くが、これは惜しくも左ポストを叩いた。   後半に入ってなかなかカウンターを繰り出せず、守勢が続くエバートンは、さらにミナが筋肉系のトラブルでプレー続行不可能となり、62分にホルゲイトを投入することに。それでも、コウファルに与えた決定機以降は前半同様のソリッドな守備をみせ、決定機を作らせない。   後半半ばから終盤にかけて互いに交代カードを切っていき、試合の流れに変化を加えようと試みる。その流れの中で84分には直前にリシャルリソンに代わって投入されたばかりのジョシュア・キングに絶好機も、キャルバート=ルーウィンの浮き球のクロスに合せたヘディングシュートは右ポストに阻まれた。   その後、逆転でのトップ4フィニッシュに向けてあとがないウェストハムが得意のパワープレーでゴールをこじ開けにかかるが、最後までエバートンの集中した守備をこじ開けることはできなかった。   この結果、エバートンが来季EL出場権獲得に望みを繋いだ一方、ウェストハムは4位レスターとの勝ち点差5を縮めることができず、厳しい勝ち点逸となった。また、2位マンチェスター・ユナイテッドの4位以内が確定した。 2021.05.10 02:34 Mon
twitterfacebook
thumb

CL権を争うウェストハム、ライスの復帰迫る! 指揮官モイーズが明かす

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスが復帰に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今季のプレミアリーグで上位をかき乱す存在となり、この最終盤まで来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いをも演じるウェストハム。そのチームをリードするのが中盤センターの絶対軸であるライスだ。 今季もリーグ開幕から29試合連続で先発が続くなどフル稼働したが、3月のイングランド代表活動中にヒザを負傷。一部メディアで全治4週間の見込みが指摘され、それ以降の試合で欠場を余儀なくされている。 だが、欧州挑戦権を巡る戦いが佳境に差し掛かるなかで、来週に復帰する見通しがあるという。9日に本拠地で予定するプレミアリーグ第35節でエバートンと戦うなか、デイビッド・モイーズ監督が明かした。 「デクランの復帰は近い。というのも1週間後の話だからだ。芝生の上に戻っており、復帰に近づいている。できる限り早く復帰させたい」 「我々にとって、彼がいないのは疑いようもなく、大きな損失だ。とにかく彼を起用できるよう願っている。時間をかけるつもりもない」 「本当に用心しなければならないがね。我々にとって、彼は非常に大事な存在であり、できるだけ早く復帰させなければならないんだ」 2021.05.08 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、フェルナンジーニョ退団の場合の後釜はライスに!

マンチェスター・シティはブラジル代表MFフェルナンジーニョ(36)が今シーズン限りで退団した場合、ウェストハムのイングランド代表DFデクラン・ライス(22)の獲得に動く構えだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 2013年夏にシャフタール・ドネツクから加入し、今季で在籍9年目を迎えているフェルナンジーニョ。ジョゼップ・グアルディオラ監督就任以降は主力に君臨し、元スペイン代表MFダビド・シルバの退団を受けて、今シーズンからキャプテンを務めている。 スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス加入後は守備的MFのバックアッパーがメインタスクも、36歳のバースデーに開催された4日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのパリ・サンジェルマン戦では攻守両面で健在ぶりを発揮。まだまだ第一線での活躍は十分に可能だ。 ただ、シティとの現行契約は今シーズン限りとなっており、現時点で契約延長の可能性は微妙なところだ。また、先日に同選手の代理人は古巣アトレチコ・パラナエンセへの復帰の可能性を含め、現時点で他クラブからオファーが届いていることを明かしていた。 シティは今シーズン終了後に改めてフェルナンジーニョサイドとの話し合いを設定しているが、同選手の退団に備えた動きをすでに見せているという。 そして、『タイムズ』が伝えるところによれば、有力な後釜候補がウェストハムの主力MFだという。 高いプレー強度と戦術眼を併せ持つライスは、守備的MFに加えてセンターバックでもプレー可能な汎用性を持っており、グアルディオラ監督の志向するスタイルにフィットし易い人材だ。 ウェストハムが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できない場合、今夏にステップアップを図る可能性は高いが、競合するチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドらとの争奪戦を制する必要がある。 2021.05.07 01:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly