鹿島や大宮を率いた石井正忠監督がタイのサムットプラカーン・シティと契約延長、1年目のシーズンは6位

2021.05.03 14:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
タイ・リーグ1のサムットプラカーン・シティFCは2日、石井正忠監督(54)との契約更新を発表した。契約は2022年5月までとのことだ。

現役時代にNTT関東や、住友金属工業、鹿島アントラーズ、アビスパ福岡でプレーした石井氏は1998年の現役引退後、指導者に転身。古巣鹿島のユースからコーチとして指導者業をスタートさせ、2015年7月にトニーニョ・セレーゾ氏の解任に伴い、トップチーム監督に就任した。

その鹿島監督時代の2015〜2016シーズンにかけてJリーグカップやJ1リーグ、天皇杯のタイトルを獲得したが、2017年5月に成績不振で退任。2017年11月から大宮アルディージャの監督に就任していたが、2018シーズン終了後に退任していた。

石井氏は2020年1月からサムットプラカーン・シティの監督に就任。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大で中断期間がありながらも、14勝5分け11敗の勝ち点47、6位でシーズンを終えていた。

関連ニュース
thumb

シティがカイキに続き逸材MFメティーニョ獲得! フルミネンセが公式発表

マンチェスター・シティがフルミネンセに所属するブラジル人MFメティーニョ(18)を完全移籍で獲得することになった。フルミネンセが15日、 『シティ・フットボール・グループ』への移籍を発表した。 DRコンゴ人の両親の下、1歳でブラジルに移住したメティーニョは、トップチームデビューは果たしていないものの、フルミネンセの下部組織で印象的なパフォーマンスを披露し続け、イギリス『ガーディアン』が選出する“Next Generation 2020”に選出された逸材ボランチだ。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、メティーニョは直接シティに加入せず、『シティ・フットボール・グループ』傘下のクラブにレンタル移籍することになる模様。現時点では来シーズンからリーグ・アンに昇格するトロワが有力候補に挙がっている。 なお、シティとフルミネンセでは今年4月にU-17ブラジル代表FWカイキ(17)の移籍が発表されていた。 <span class="paragraph-title">【画像】シティ加入の逸材ボランチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Fluminense libera volante Metinho pra se apresentar ao seu novo clube. Saiba mais &gt;&gt; <a href="https://t.co/VRnJ02FFAT">https://t.co/VRnJ02FFAT</a><br><br>: Mailson Santana/FFC <a href="https://t.co/Z8Zbfa9NUd">pic.twitter.com/Z8Zbfa9NUd</a></p>&mdash; Fluminense F.C. (@FluminenseFC) <a href="https://twitter.com/FluminenseFC/status/1404784770349940739?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.06.15 23:38 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがデンマークの逸材MFジダン・セルトデミル獲得!

レバークーゼンは15日、デンマークのノアシェランからU-16デンマーク代表MFジダン・セルトデミル(16)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 デンマーク国内で将来を嘱望されるセルトデミルはテクニカルな左利きのセントラルMF。トップチームデビューは果たしていないものの、過去にはアーセナルといったビッグクラブからの関心も伝えられていた。 レバークーゼンのスポーツ・ディレクターを務めるジモン・ロルフェス氏は、新たな逸材の確保に満足感を示している。 「ジダン・セルトデミルは特別な才能を持っている。彼の加入は3年前から目をつけていた我々のスカウティング部門にとって大きな成功だ」 「我々はジダンに大きな可能性を見出しており、彼がプロフットボール界で活躍できると信じている。だからこそ、彼をすぐにトップチームの練習に参加させる。ジダンは早い段階でシニアチームでの経験を積み、その後、じっくりと次のレベルに進むべきだ」 なお、ロルフェス氏の前述のコメント通り、セルトデミルはトップチームのトレーニングに参加しつつ、当面はU-19チームで実戦経験を積むことになるという。 2021.06.15 22:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタがドイツ代表MFセルダー獲得を公式発表! 「説得力のある明確なビジョンを示してくれた」

ヘルタ・ベルリンは15日、シャルケからドイツ代表MFスアト・セルダー(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、移籍金は700万ユーロ(約9億3000万円)+各種インセンティブという破格の安さとなったという。 シャルケのブンデスリーガ2部降格に伴い、ヘルタを新天地に選択した24歳のドイツ代表MFは、ベルリンでの新たな挑戦に意気込みを見せている。 「ヘルタに移籍したいということがすぐにわかった。話し合いの中で、クラブは僕に対して、説得力のある明確なビジョンを示してくれた。僕らがより良いシーズンを過ごせるように自分の役割を果たしたいと思っているよ」 マインツの下部組織出身で2015-16シーズンにトップチームデビューを飾ったセルダーは、2018年夏にシャルケに完全移籍。セントラルMFや中盤の複数ポジションをこなすテクニックとダイナミズムに優れた万能型MFとして、在籍3年間で公式戦83試合11ゴール6アシストの数字を残していた。 2021.06.15 22:32 Tue
twitterfacebook
thumb

トリノがセカンドGKミリンコビッチ=サビッチと契約延長

トリノは15日、セルビア人GKヴァンヤ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(26)の実弟であるヴァンヤは、2017年夏にトリノに加入。しかし、ポジション争いで苦戦を強いられ、SPALとアスコリ、スタンダール・リエージュへの武者修行を経験。 今シーズンはイタリア代表GKサルバトーレ・シリグのバックアップとして公式戦8試合に出場していた。 2021.06.15 22:24 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールが控えGKアドリアンとの契約延長を発表

リバプールは14日、スペイン人GKアドリアン(34)と新たな契約を結んだことを発表した。契約期間は発表されていない。 2019年の夏にウェストハムを退団しフリーでリバプールに加入したベテランGKは、絶対的守護神アリソンのバックアッパーとして2シーズンで公式戦24試合に出場。今季は若手GKクィービーン・ケレハーとバックアッパーの役割を分担したため、公式戦6試合に出場にとどまっていた。 新契約にサインしたアドリアンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「リバプールに残ることができて、とても嬉しいよ。まず第一に、これは2年前に契約して以来僕の努力に対するクラブからのご褒美だと思っている。クラブ、監督、そしてチームに関わるすべての人からの信頼にとても感謝しているよ」 「そして第二に、何よりもリバプールに残れることができて嬉しい。リバプールはとても大きなクラブだけど、同時に家族のようなクラブでもあるんだ。どの選手にとってもここに留まることはとても特別なことで、僕は恵まれているね」 2021.06.15 00:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly