11年ぶりの優勝、インテルサポーター3万人がコロナ禍でもドゥオーモ広場に集結

2021.05.03 14:10 Mon
Getty Images
11年ぶりのスクデット獲得にサポーターは黙っていられなかった。
PR
インテルは2日、2位のアタランタがサッスオーロと引き分けたため、11年ぶり19度目のセリエA制覇を達成した。
前回優勝したのはジョゼ・モウリーニョ監督時代。セリエA5連覇を達成した2009-10シーズン以来となった。

ユベントスが9連覇を達成していたセリエAだが、10連覇を目指した今シーズンは開幕からつまづく状況に。ミラン、インテルの両クラブが近年の低迷から復調したこともあり上位を争い続けていた。

この久々の優勝にわいたインテルサポーターは、ミラノのドゥオーモ広場に集結。コロナ禍ではあるものの、久々の優勝に我慢ならなかったようだ。
報道によると集まったファンは3万人程度とのこと。一部のファンは「今日は祝う。明日はコロナについて考える」と語るほど、この日は1年以上にわたって我慢し続けてきた鬱憤を晴らすかのように、発炎筒や花火などで盛大に優勝を祝っていたようだ。

喜びたい気持ちもわからなくはないが、ミラノは昨年特に新型コロナウイルスの感染拡大がひどかった地域の1つであり、油断ならない状況では感染していないことを願うばかりだ。



PR
1 2
関連ニュース

「試合見えてる?」「完全に不審者」カニエ・ウェストがCL観戦も、衝撃の服装にサッカーファン仰天「多分サッカー観戦に一番向いてない」

大物アーティストがチャンピオンズリーグ(CL)の試合を生観戦。観戦時のコーディネートが衝撃だ。 20日、ジュゼッペ・メアッツァでCLラウンド16・1stレグ、インテルvsアトレティコ・マドリーが開催。ホームのインテルが1-0で先勝した。 この一戦を観戦していたのが、ラッパーのイェ。長年カニエ・ウェストの名で活動していたイェだが、2021年8月にロサンゼルスの裁判所に改名を申請。2018年からステージネームとして使用している「Ye(イェ)」に改名していた。 これまでにも度々サッカーを観戦する姿やサッカー関連のアイテムを着用してきていたイェだが、今回の観戦スタイルがサッカーファンの度肝を抜いている。 イェは全身真っ黒のコーディネートで登場。靴や手袋まで黒のこだわりようだ。さらに最も印象的なのはこれまた黒のフェイスマスク。目元以外が完全に黒の生地で覆われている。目元の部分にも黒い生地がついており、肌が全く見えない状態。遠目から見るとそれが人間なのかも分からないような姿だ。 これには、気が付いたサッカーファンも驚きを隠せず。視界の悪そうな格好に「試合見えてる?」、「完全に不審者」、「誰?」、「多分サッカー観戦に一番向いてない格好」と反響が寄せられている。 ただ、このスタイルはイェの鉄板とのこと。数年前からフェイスマスクを頻繁に着用しており、お気に入りのようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】このマスクでもしっかりと試合を見ることができたのだろうか?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">: Who had Yeezy at the Giuseppe Meazza in their 2024 checklist? <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/r7AfDgYQl3">pic.twitter.com/r7AfDgYQl3</a></p>&mdash; Lega Serie A (@SerieA_EN) <a href="https://twitter.com/SerieA_EN/status/1760049501564223842?ref_src=twsrc%5Etfw">February 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.21 16:05 Wed

35歳ムヒタリアンの言葉に滲むCL制覇への覚悟...アトレティコに先勝も「“1-0”にほとんど意味はない」

インテルの元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、さっそくリターンマッチへの意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インテルは20日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグでアトレティコ・マドリーと対戦。伏兵FWマルコ・アルナウトビッチが値千金の決勝点を叩き込み、ホームで1-0と勝ち切った。 先発から72分までプレーした鉄人ムヒタリアンは、これまで数々のビッグクラブで欧州の舞台を経験。ベスト8=準々決勝進出へ一歩前に出た、という感覚は一切ないようだ。 「しっかり守れるチーム(アトレティコ)からゴールを奪えたのは幸いだし、客観的に視れば有利だろうけど、“1-0”にほとんど意味はない。単に『勝ったから良かった』というくらいだ」 ムヒタリアンには、シメオネ・アトレティコから1点を奪えたことへの納得感、1点しか奪えなかったことへの危機感、両方があるようだ。 「“1-0”のスコアは、僕たちが何もなし得ていないことの表れ。マドリードでは0-0のメンタリティからスタートして、やはり勝つためにプレーしないといけない」 「僕らはファイナルに戻りたいんだ」 インテルにとって“昨季超え”は優勝一択。アトレティコとの2ndレグは3月13日に行われる。 2024.02.21 14:15 Wed

CL決勝弾に歓喜のアルナウトビッチ、ファンや同僚のサポートに感謝「必要なエネルギーを与えてくれた」

インテルのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが、チャンピオンズリーグ(CL)での活躍を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 アルナウトビッチは、20日に行われたCLラウンド16・1stレグのアトレティコ・マドリー戦でベンチ入り。負傷のFWマルクス・テュラムに代わって後半開始から投入されると、数度の決定機を活かせずも79分にこぼれ球をきっちり押し込み先制点を記録。チームはこのリードを最後まで守り切り、1stレグは1-0で勝利した。 強敵撃破の立役者となったアルナウトビッチは喜びを露わにしており、チームやファンのサポートに対して感謝を述べている。 「これは間違いなく、自分のキャリアの中でもっとも重要なゴールの一つだと思う。負傷してからは決して簡単な時期ではなかった。復帰するまで時間がかかり、ここ数週間チャンスがありながらゴールを決められなかったんだ。ゴールを決めることこそ、僕がここにいる理由だと思っている」 「今夜は2つのチャンスがあり、ゴールを決める必要がありながらも決められなかった。それでも、ファンや選手たちは誰もが僕への支持を示してくれたよ。それは信じられないほど素晴らしい瞬間で、ゴールを決めるため必要なエネルギーを与えてくれた」 「僕らは素晴らしいグループだ。レギュラーで出場している選手も、ベンチにいる選手も、みんなが同じように感じている。ベンチにいる選手たちは頭を下げず、試合に勝つため必要なことをやっているんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】アルナウトビッチが貴重な決勝ゴールを決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ji_drfdOM9k";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.21 12:20 Wed

「我々はよく戦った」CL初戦黒星もシメオネ監督は慌てず「改善を続けなければならない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)敗北にも前向きな姿勢を示した。『UEFA.com』が伝えている。 アトレティコは20日、敵地でのCLラウンド16・1stレグでインテルと対戦。リーグ戦好調の相手に守勢の展開が続くも、集中力を維持して前半は無失点に。後半は押し返す時間帯を作るなど拮抗するが、79分にミスから失点を許すとその後はチャンスも中々作れず0-1で敗れた。 ベスト8進出のため2ndレグで勝利が必須となる中、シメオネ監督は選手たちを労いつつさらなる改善を求めている。 「我々はよく戦った。インテルのような非常に優れたチームが生み出す攻撃を少しでも阻止するという点において、チームは求めていた通りのプレーだったと思う。最終的に、相手は我々がカウンター攻撃でボールを失う状況を利用して、良いゴールチャンスを作っていた」 「フットボールの素晴らしい点として、準備したいものは準備できるが、結局は人、個々の選手次第になる。良いこともあれば悪いこともあり、今日はロドリゴ(・デ・パウル)とヘイニウドのミスをインテルが利用した」 「私たちは改善し続け、デュエルに勝ち続けなければならない。そして、強度についても上げて走り続けなければならないだろう。そしてそれができれば、きっと良いことがあるはずだ」 2024.02.21 11:05 Wed

ホームでCL先勝のインテル、インザーギ監督は難敵下すも「非常に困難で激しい2ndレグがある」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)勝利も気を引き締めた。クラブ公式サイトが伝えている。 20日、ホームでアトレティコ・マドリーとのCLラウンド16・1stレグに挑んだインテル。徐々に押し込みながらも相手チームの堅い守備に手を焼きハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、79分にFWマルコ・アルナウトビッチが値千金の先制弾を決めると、追加点こそ奪えなかったがそのまま1-0で試合を終えた。 敵地での2ndレグを前にアドバンテージを得たインザーギ監督は選手を称えつつ、まだ何も決まっていないことを強調している。 「選手たちはフィジカルと技術を備えたチーム相手に、並外れたプレーを示したと思う。そして我々が作り上げたものを考えると、1点以上の差を生めたはずでありそれは残念だった。マドリードでは非常に困難で激しい2ndレグがあるだろう」 「アルナウトビッチの活躍には満足しており、アタッカー全員がうまく機能していた。彼らの姿勢には満足だ。今日は良い前半を過ごせたし、後半も最初の10分間を除けばセンセーショナルな展開になった。途中出場した選手たちも素晴らしかったが、まだ最初の段階に過ぎないと理解している」 2024.02.21 10:40 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly