ビラに競り負けたエバートン、来季CL出場遠のく痛恨の勝ち点逸…《プレミアリーグ》

2021.05.02 06:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第34節、エバートンvsアストン・ビラが1日にグディソン・パークで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で勝利した。

前節、アーセナルとの接戦をモノにしてリーグ6戦ぶりの白星を手にした8位のエバートン(勝ち点52)。11位のアストン・ビラ(勝ち点45)を相手に連勝を狙った一戦では、アーセナル戦と全く同じスタメンを採用。ただ、ウォームアップ中にふくらはぎを痛めたハメス・ロドリゲスがプレー不可能となり、直前にイウォビが急遽スタメンに入った。

ハメス不在によってエバートンは最前線にキャルバート=ルーウィン、2列目に右からイウォビ、シグルドソン、リシャルリソンを配した[4-2-3-1]でスタート。試合は立ち上がりからオープンな展開を見せた。

まずは13分、最終ラインでボールを持っていたDFホルゲイトにプレッシャーをかけたワトキンスがボールを奪い切り、慌てて飛び出してシュートコースを消しにきたGKピックフォードのポジションを見極めてゴール左隅へシュートを流し込んだ。

痛恨のミスから先に失点したエバートンだが、すぐさま試合を振り出しに戻す。19分、右CKの場面でディーニュがファーに浮き球で入れたボールを競り勝ったキャルバート=ルーウィンが強烈なヘディングシュートで決め切った。

さらに、畳みかけるホームチームは23分にもディーニュの左サイドからのアーリークロスに反応したキャルバート=ルーウィンがダイビングヘッドでゴールを狙うが、これはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれる。

すると、前半半ばから終盤にかけてはアウェイのビラが主導権を握り返す。切り替えの鈍さ、2セントラルMFの脇が空くエバートンの守備に対して古巣対戦のバークリーを起点として攻撃が機能。32分にはゴール前の混戦からエル・ガジがクロスバー直撃のシュートを放てば、37分にも中央で浮いたバークリーが左ポスト直撃のミドルシュートを放つなど、勝ち越しゴールまであと一歩という鋭い攻撃を幾度も見せた。

ビラペースも1-1のイーブンで折り返した試合は、ハーフタイムにきっちり修正を施したエバートンが優勢に試合を運ぶ。前半に比べて守備が改善されたホームチームは左サイドのリシャルリソンに良い形で縦パスが入る回数が増え、ブラジル代表FWの打開力で際どい場面を作り出す。

後半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着状態に陥ったが、先にゴールをこじ開けたのは、またしてもアウェイチームだった。80分、ペナルティアーク付近で右サイドのトラオレから斜めのパスを受けたエル・ガジが流れるようなフィニッシュワークから見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺した。

逆転でのトップ4フィニッシュに向けて勝ち点逸は許されないエバートンは、ここから前がかってゴールを目指す。だが、85分にボックス手前でキングが放った右足のミドルシュートはわずかに枠の左に外れ、絶好の同点機を逸した。

結局、エル・ガジのファインゴールが決勝点となった白熱の一戦に敗れたエバートンは、1試合未消化ながらも4位チェルシーとの勝ち点差が9ポイントに広がった。

関連ニュース
thumb

アシュリー・ヤング、10年ぶりにアストン・ビラへ復帰!

アストン・ビラは17日、インテルから元イングランド代表MFアシュリー・ヤング(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 1995年にワトフォードのアカデミーに入団したヤングは、2003年にトップチームに昇格。その後、アストン・ビラやマンチェスター・ユナイテッドでのプレーを経て、2020年1月にインテルに移籍。 インテルでは公式戦55試合に出場し4ゴール8アシストを記録。昨夏に1年延長オプションが行使され、今季も公式戦34試合の出場で1得点4アシストの数字を収め、チームの11季ぶりとなるスクデット獲得に貢献していた。 2年間を過ごしたイタリアを離れ、10年ぶりにアストン・ビラへ帰還したヤングは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「戻ってこられて素晴らしい気分だ。まるで離れていなかったかのような気がするよ」 「練習場に戻ってきて懐かしい顔ぶれにも会った。練習場の設備の充実ぶりを見て、このクラブがどれほど成長したのかを感じられて嬉しかったね」 「私がいた時代からクラブがどれだけ進化してきたのかがわかるね。もう仕事に取り掛かる準備ができているよ」 2021.06.18 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがスミス・ロウへの39億円オファーを拒否、アストン・ビラが狙う

アーセナルは、U-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウ(20)に対するアストン・ビラからのオファーを拒否したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 アーセナルのアカデミー出身のスミス・ロウは、順調にキャリアを重ねると、RBライプツィヒやハダースフィールドへのレンタル移籍を経験。今シーズンからファーストチームに昇格していた。 シーズン序盤はプレミアリーグで出場機会を得ることがなく、カップ戦要員となっていた中、昨年末にプレミアリーグで出場機会を得ると、今年に入ってからはレギュラーポジションを確保。アーセナルの攻撃を牽引するまでに成長していた。 アーセナルとの契約は2023年6月30日までとなっているが、すでに契約延長に動いている状況。ミケル・アルテタ監督をはじめ、クラブの将来を担う存在として大きな評価を得ている。 そのスミス・ロウに触手を伸ばしているのがアストン・ビラ。2500万ポンド(約38億6700万円)のオファーを出したとのことだ。 当然アーセナルは売却する意思などなく、スミス・ロウがアストン・ビラに行く可能性はほとんどない状況。また、アーセナルはノリッジのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを今夏のターゲットにしていたが、アストン・ビラに3300万ポンド(約51億円)で獲得されており、なおさらスミス・ロウを渡す理由はなくなった。 なお、アーセナルはブライトン&ホーヴ・アルビオンのDFベン・ホワイト(23)、シェフィールド・ユナイテッドのGKアーロン・ラムズデール(23)と、イングランド代表としてユーロ2020に参加している2人の補強を目指しているとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】ユース時代のスミス・ロウの輝き</span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKM0M3N002ZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アシュリー・ヤングに古巣アストン・ビラが関心か

元イングランド代表MFアシュリー・ヤング(35)に、古巣のアストン・ビラが関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 昨年1月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍したヤング。その半年でセリエA18試合に出場し4ゴール4アシストの成績を残すと、同年5月に契約を1年延長した。 今季はチャンピオンズリーグではその経験を活かしてグループステージの5試合に出場したものの、優勝したセリエAでは昨季ほどのインパクトを残せず、今月末で契約満了を迎えようとしている。 そんなヤングには、プロデビューを果たしたワトフォードやバーンリーといったプレミアリーグからの関心が伝えられているが、そこに新たに加わったのがアストン・ビラだ。 同クラブはヤングが2007年1月から2011年夏まで過ごしたクラブで、公式戦通算190試合の出場で37ゴール59アシストをマーク。そこからマンチェスター・ユナイテッド移籍に繋がるほどの成長を促したクラブで、キャリアの最後に選んだとしてもおかしくはない。 一方で、現在バーンリーを率いるショーン・ダイク監督は、ヤングがワトフォードでプロデビューした頃のキャプテンで、今でも大きな敬意を持っているという同選手が恩返しにと助力する可能性も考えられている。 来月には36歳の誕生日を迎えるヤング。果たしてその去就は…。 2021.06.16 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがジャカ交渉難航受け、ビラのブラジル代表MFに関心!

ローマがアストン・ビラに所属するブラジル代表MFドウグラス・ルイス(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『BirminghamLive』が報じている。 来シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督が指揮するローマは、今夏の移籍市場でアーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)の獲得に動いている。 すでに個人間での合意を漕ぎつけたローマは、アーセナルに対して1290万ポンド(約20億円)の公式オファーを掲示。だが、最低1700万ポンド(約26億3000万円)を求めるアーセナルはこのオファーを拒絶した模様だ。 そのため、ローマはアーセナルとの交渉を継続していく一方、獲得に失敗した場合に備えて新たな候補としてドウグラス・ルイスをリストアップしているようだ。 母国のヴァスコ・ダ・ガマでプロキャリアをスタートした23歳のボランチは、2017年夏にマンチェスター・シティに完全移籍。すぐさま提携クラブのジローナに武者修行に出されると、2シーズンに渡って準主力としてプレー。だが、シティ復帰はならず、2019年にビラへ完全移籍した。 すると、ビラでは中盤のアンカーや2セントラルMFの一角として、持ち味の豊富な運動量と球際の強さ、的確なボール捌きを武器に、中盤の絶対的な主力に君臨。その活躍が認められてブラジル代表にも定期的に招集されている。 現時点ではあくまでジャカのプランBと言えるが、現在のローマ中盤の陣容を考えると、その伸びしろを含めジャカよりも適した人材かもしれない。 2021.06.16 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

GKロメロら退団のユナイテッド、GKヒートンの復帰決定的に! 今週にもメディカルチェック&サイン

マンチェスター・ユナイテッドの新たなGK獲得が秒読みのようだ。 その新たなGKとは元イングランド代表GKトム・ヒートン(35)だ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで明かしたところによると、ヒートンは今週にもユナイテッドのメディカルチェックを受け、1年延長オプションが付いた2023年6月までの契約にサインする見込み。7月の公式発表が予想されるという。 ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアとイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンを擁するが、先日に元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロとポルトガル人GKジョエル・ペレイラがそれぞれ契約満了で退団。今季が契約最終年のイングランド人GKリー・グラントとは延長交渉中だが、もう1枠を埋めるべくヒートンに白羽の矢を立てた模様だ。 3キャップのイングランド代表歴を持つヒートンは2002年に練習生としてユナイテッドのアカデミーに加わり、2005年にトップチーム昇格を果たしたが、出番に恵まれず、度重なるレンタルを経験。2010年のカーディフ移籍を機にユナイテッドを退団すると、ブリストル・シティ、バーンリーを経て、2019年夏からアストン・ビラに活躍の場を移した。 だが、昨季途中に負ったヒザの前十字じん帯損傷でしばらく戦線から遠ざかると、今季はアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスの加入でベンチを温める日々が続き、出番なしで終戦。アストン・ビラとの契約も今月いっぱいで満了となるなか、以前から古巣ユナイテッドとの交渉が取り沙汰されている状況だった。 2021.06.15 12:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly