イグアイン母、癌のため64歳で死去

2021.04.27 23:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテル・マイアミの元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの母親であるナンシー・ザカリアスさんが26日、64歳で死去した。『フットボール・イタリア』が報じている。

ナンシーさんは4年前から癌を患い、闘病生活を送っていた。その母親の看病のため、ユベントス在籍時の昨年3月には新型コロナウイルスがパンデミックを起こしていた最中でありながら、イグアインはアルゼンチンに帰国する決断を下していた。

現在はアメリカでプレーするイグアインだが、母親の病状悪化を聞いてチームメートである兄のフェデリコと共にアルゼンチンに帰国し、愛する母親の最期を看取ることができたとのことだ。


関連ニュース
thumb

ジョバニ・ドス・サントスがクラブ・アメリカを退団

クラブ・アメリカは16日、元メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(32)が退団したことを発表した。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカ、ビジャレアルといったクラブを渡り歩き、2015年夏にLAギャラクシーへ移籍。同クラブでは在籍4シーズンで公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、契約最終年となった2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。そのままLAギャラクシーを退団。 LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだが、2019年の夏にドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブ・アメリカへと加入。クラブ・アメリカでは在籍2シーズンで公式戦42試合に出場し4ゴール2アシストを記録したが、今季は公式戦18試合の出場にとどまっていた。 なお、クラブ・アメリカはレアル・マドリーのカスティージャからレンタル移籍していたFWセルヒオ・ディアス(23)の退団も併せて発表している。 2021.06.17 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が契約満了で退団、ネフチ・バクーが公式発表…7試合2得点で最終節逆転優勝に貢献

ネフチ・バクーは16日、MF本田圭佑(35)との契約満了を発表した。 本田は、日本の名古屋グランパスでキャリアをスタート。その後オランダのVVVフェンロへと移籍しヨーロッパの舞台に挑戦。ロシアのCSKAモスクワでプレーした後、イタリアのミランでプレー。「10」番を背負い大きな注目を集めた。 そのミラン退団後は、メキシコのパチューカへと移籍。その後、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに移籍すると、オランダのフィテッセを経て、ブラジルのボタフォゴへと移籍。5大陸でプレーし、全てでゴールを決める初めての選手となっていた。 今冬の移籍市場でポルティモネンセへの移籍が決定。入団会見まで行った中、なんと選手登録期限に間に合わず契約解除に。その後模索した中で、今年3月からネフチ・バクーに加入していた。本田は日本を含めて8カ国目にアゼルバイジャンを選択していた。 アゼルバイジャン・リーグで8度の優勝を誇るクラブに加入した本田は、リーグ戦7試合に出場し2ゴールを記録。最終節で首位のカラバフを相手に1-0で勝利し、奇跡の逆転優勝をチームにもたらせていた。 ネフチ・バクーは本田の退団を発表し「世界的に有名な日本人の活躍に感謝し、彼の将来のキャリアの成功を祈っています」としている。 <span class="paragraph-title">【動画】本田圭佑、CSKAモスクワ時代の無回転FKにGKもお手上げ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3Mm9iZ1hOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.16 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司と元同僚のバリオスが南米レコパ王者のデフェンサ・イ・フスティシアに加入! 通算17クラブ目に

アルゼンチン1部のデフェンサ・イ・フスティシアが15日、元パラグアイ代表FWルーカス・バリオス(36)の加入を発表した。契約は来夏までの1年間となる。 元日本代表MF香川真司とともに、ドルトムントでブンデスリーガ2連覇を果たしたバリオス。2012年夏に広州恒大への移籍でドルトムントを退団すると、その後はスパルタク・モスクワやモンペリエを経て、パルメイラスへ移籍した2015年夏以降は、ブラジルやアルゼンチン、チリなど南米のクラブを転々としている。 直近では昨年1月にアルゼンチンのヒムナシア・ラ・プラタに加入。今年5月まで1年半在籍したが、公式戦出場は16試合にとどまった。 バリオスにとって17クラブ目となるデフェンサ・イ・フスティシアは、コパ・スダメリカーナ2020で大会初優勝。コパ・リベルタドーレス2020を制覇したパルメイラスとのレコパ・スダメリカーナ2021でも、2試合合計3-3の末のPK戦を制し優勝している。 バリオスは加入に際し、「首脳陣とコーチングスタッフ、新たなチームメイトの歓迎にとても満足しているよ。このクラブは南アメリカのチャンピオンだ。ファンのみんなにさらなる喜びをもたらすために努力したい」と、意気込みを語っている。 2021.06.15 19:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレがロシアのクラブでコーチに就任

コートジボワール代表のヤヤ・トゥーレ氏(38)が、ロシア・プレミアリーグ所属のアフマト・グロズヌイのコーチングスタッフに加わることがわかった。クラブが14日に発表している。 バルセロナやマンチェスター・シティでの活躍後、キャリアの晩年はギリシャや中国でプレーし、青島黄海を最後に2020年1月で現役を引退していたヤヤ・トゥーレ氏。しばらく表舞台からは遠ざかっていたが、今年2月にウクライナのオリンピク・ドネツクでアシスタントコーチに就任し、指導者として次なるキャリアをスタートさせていた。 そのオリンピク・ドネツクは4カ月で退任したものの、今度はロシアを新天地にさらなるステップを踏むことになった。細かい役職は今後決定するとのこと。契約は2021-22シーズンの1年間となっている。 アフマト・グロズヌイは、ディナモという1946年創設されたクラブを母体とし、数回の名称変更を経て現在の名前となった。1958年から2017年まではテレク・グロズヌイというクラブ名で活動していた。 これまで獲得したトロフィーは2003-04シーズンのロシアカップが唯一のもの。2011年にはオランダのレジェンド。ルート・フリット氏も指揮をとったものの、成績不振で半年で解任されていた。2020年夏からはロシア人のアンドレイ・タララエフ氏(48)が監督を務めている。 2021.06.14 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

シャフタールがU-23ブラジル代表FWペドリーニョの獲得を正式発表!

シャフタール・ドネツクは13日、ベンフィカからU-23ブラジル代表FWペドリーニョ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 過去にバルセロナやレアル・マドリーが関心を示したペドリーニョは、2017年3月にコリンチャンスでプロデビューしたブラジルの逸材アタッカー。左利きのウイングで、ブラジル人らしい足元の技術やドリブルを最大の特長としている。 しかし、昨夏加入したベンフィカでは公式戦31試合に出場したものの、リーグ戦とヨーロッパリーグでは思うようなプレータイムを得られず、23試合で0ゴール0アシストに終わっていた。 なおベンフィカの発表によれば、ペドリーニョの移籍金は1800万ユーロ(約24億円)になるとのことだ。 2021.06.14 01:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly