決勝点はアーセナル守護神レノの信じがたいOG…競り勝ったエバートンが6戦ぶりの白星《プレミアリーグ》

2021.04.24 06:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第33節、アーセナルvsエバートンが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのエバートンが0-1で勝利した。

現在9位のアーセナル(勝ち点46)は前節、下位のフルアム相手に痛恨のドロー。逆転でのトップ4フィニッシュが風前の灯となった。来週ミッドウィークにビジャレアルとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグを控える中、難敵をホームで迎え撃った一戦では先発6人を変更。チャンバースやパブロ・マリ、トーマスが復帰した一方、負傷のラカゼットに代わってエンケティアが1トップで起用された。

一方、前節のトッテナム戦を2-2のドローで終え、リーグ5戦未勝利と苦境が続く8位のエバートン(勝ち点49)は、1試合未消化ながら4位のチェルシーと6ポイント差を付けられており、これ以上の取りこぼしが許されない状況。6戦ぶりの白星を狙うこの一戦では先発3人を変更。キーンとイウォビ、トム・デイビスに代わってコールマン、アンドレ・ゴメス、負傷明けのキャルバート=ルーウィンが起用された。

共に[4-2-3-1]の布陣臨んだ両チームだが、エバートンが相手左サイドバックのジャカを意識してか、リシャルリソンを右ウイングに配置するなど戦術的な駆け引きを窺わせる。

立ち上がりからホームチームがボールを保持して押し込む形を作り出すが、なかなかフィニッシュまで持ち込めず。これに対してエバートンはシグルドソンとの好連携から幾度も高い位置に侵攻するディーニュの正確なクロスにキャルバート=ルーウィンを飛び込ませる得意の形から際どい場面を創出する。

以降はサカとペペの両ウイングの仕掛けを起点にアーセナルの時間が続くが、中央をしっかり固めて集中した守備を見せるアウェイチームのゴールをこじ開けるまでには至らず。

その後、30分付近から攻守の切り替えで上回り始めたエバートンは29分にボックス右でアランからパスを受けたリシャルリソンがGKレノを脅かすシュートを放つと、39分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのシグルドソンが直接狙うが、このシュートはクロスバーの上部を掠めた。

結局、0-0のイーブンでの折り返しとなった試合は後半の早い時間帯に動きを見せる。51分、ボックス右で仕掛けたセバージョスがリシャルリソンに足を蹴られてPKを獲得。だが、VARのレビューが入ると、攻撃の起点となったペペの抜け出しがわずかながらオフサイドラインを越えていたとの判定で取り消しとなった。

前節に続く微妙なオフサイド判定によって絶好の先制機を逸したアーセナルだが、後半は完全に主導権を掌握。64分にサカのFKからチャンバースが惜しい右足のボレーシュートを放てば、66分にはセバージョスが強烈なミドルシュートを枠の右隅に飛ばすが、これはGKピックフォードのビッグセーブに阻まれた。

良い流れが続くもゴールが遠いホームチームは74分、ペペとエンケティアを下げてマルティネッリと負傷明けのウーデゴールを同時投入。マルティネッリを最前線に置き2列目を右からスミス・ロウ、ウーデゴール、サカと並びを変えた。

しかし、この交代直後に思わぬ形から試合が動いた。76分、後方からのフィードに反応した右サイドのリシャルリソンがジャカを出し抜いてスペースに飛び出すと、一度はジャカに追いつかれるも鮮やか仕掛けで抜き去ってボックス右ゴールライン際からグラウンダーの折り返しを入れる。これはGKレノの守備範囲もキャッチし損ねて股間を抜けたボールが自らの足に当たって大きくコースが変わってゴールネットに吸い込まれた。

アーセナル守護神レノの信じがたいイージーミスで均衡が破れた中、ホームで負けられないアーセナルは失点直後にチャンバースを下げてウィリアンを最後のカードとして投入。ウィリアンとサカを両ウイングバックに配した[3-4-3]の攻撃的布陣でゴールをこじ開けにかかる。

対するエバートンはハメス・ロドリゲス、リシャルリソンを下げてトム・デイビス、ミナをピッチに送り込み、試合最終盤には5バックの形で逃げ切りを図った。

4分が与えられた後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛けたアーセナルは93分にボックス左でトーマスのパスを受けたマルティネッリが体勢を崩しながらもニア下にシュートを飛ばすが、これはGKピックフォードの好守に阻まれる。さらに、このプレーで得た左CKでは汚名返上に燃えるGKレノも攻撃参加を見せたが、エバートンの堅守をこじ開けることはできなかった。

この結果、苦手とするアーセナル相手のアウェイゲームで25戦ぶりの白星を挙げたエバートンがリーグ6戦ぶりの勝利。一方、敗れたアーセナルは嫌な流れでビジャレアルとの一戦に臨むことになった。

関連ニュース
thumb

パルティがヒザ負傷でガーナ代表を離脱…ロンドンへ帰還

アーセナルのMFトーマス・パルティがケガのためガーナ代表を離脱した。ガーナサッカー協会(GFA)が発表している。 GFAによると、パルティは24日に行われたブラジル代表戦に先発予定だったが、試合前のアップ中にヒザに違和感を覚え、急遽欠場の判断が下されていた。 その後の各メディアの報告では、ケガは大したものではなく、27日に控えるニカラグア代表戦には出場可能と言われていたが、この度、「さらなる検査のため」として、アーセナルに戻ることになった。 今季のパルティは、太もものケガですでに公式戦5試合を欠場。チームではほとんど替えの利かない存在なだけに。これ以上の離脱は避けたいところだが…。 2022.09.25 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーやアーセナルのオファーを認めたリシャルリソン、トッテナム入りの理由は「単純な話」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、今夏のトッテナム移籍の裏側を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 昨シーズンまでエバートンに所属していたリシャルリソン。エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。勝負強さと得点力を高く評価されていた。 今夏の人気銘柄となり、チェルシーやアーセナルが獲得に動いていた中、最終的にトッテナムへと移籍が決定。残念ながらプレミアリーグではまだゴールは決められていないものの、チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴールを記録している。 ビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた中、トッテナムへの移籍を決めた理由を明かしたリシャルリソン。チェルシーやアーセナルからの関心を知っていたとしながら、移籍に至った理由は実にシンプルなものだった。 「チェルシーがオファーを出してきたことは知っているし、アーセナルもエバートンに連絡して僕の状況を尋ねて来たと思う。でも、スパーズがそこに入ってきて、移籍金を支払った。単純な話だよ」 「エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を回避するため、何人かの選手を売却する必要があった。正直に言うと、交渉はとても短かったよ」 「トッテナムがエバートンにオファーを出したと聞いた時、僕はブラジルで休暇を過ごしていた。彼らはビッグクラブだったし、僕は嬉しかったよ」 「その後、クラブが契約を交渉することが全てだったけど、幸いなことに全てが上手くいった」 「交渉中にアントニオ・コンテから電話があり、どれだけ僕を獲得したいかを話してくれたんだ」 2022.09.24 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

本気でタイトル目指すアーセナル、“ネクスト“モドリッチに興味? 移籍金は69億円

チームの強化に余念がないアーセナルは、“ネクスト“モドリッチの獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。 今夏の移籍市場でも、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、ウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコとマンチェスター・シティから希望の選手を獲得するなど、チーム力のアップを図っているアーセナル。タイトル獲得に向けて、さらにチームを強化したいところだ。 ミケル・アルテタ監督とエドゥ氏がタッグを組んでチームを強化している中、今夏も話題になった中盤の選手の補強を考慮。スタッド・レンヌのクロアチア代表MFロヴロ・マイェル(24)の獲得に興味を示しているようだ。 ディナモ・ザグレブから、昨夏レンヌに完全移籍したマイェルは、同郷のレジェンドであるレアル・マドリーのMFルカ・モドリッチの後継者として期待を寄せられている。 レンヌでは公式戦44試合で7ゴール11アシスト。今シーズンも公式戦8試合で1ゴール2アシストを記録している。 クロアチア代表としてもプレーし、9試合で3ゴールを記録。22日に行われたデンマーク代表とのUEFAネーションズリーグでは、チームを勝利に導く1ゴールを記録していた。 すでに様々なクラブが目をつけており、バルセロナやマドリーも関心を寄せている様子。その中で、移籍金は4400万ポンド(約69億円)程度になるようだ。 今シーズンのアーセナルは、プレミアリーグの開幕から5連勝。マンチェスター・ユナイテッドには敗れたが、その後の試合も勝利し、7試合を終えて首位に立っている。リーグ内での競争力を保つためには層の厚さが必要と考えられており、早ければ冬にも獲得に動くようだが、どうなるだろうか。 2022.09.24 21:22 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ遠征中の日本代表、冨安健洋がクラブ事情で離脱…アメリカ戦ではCB&右SBをこなす

日本サッカー協会(JFA)は24日、アーセナルDF冨安健洋の日本代表離脱を発表した。 離脱理由は「クラブ事情のため」。ドイツ遠征中の日本はテストマッチ第2戦として27日にキリンチャレンジカップ2022のエクアドル代表戦を予定しているが、守備の要である冨安なしでの戦いが決まった。 冨安は23日に行われたアメリカ代表とのキリンチャレンジカップ2022にフル出場。4バックのセンターバックでスタートして、右サイドバックと3バックのセンターバックもこなし、2-0の勝利に貢献した。 今季でアーセナル在籍2年目の冨安だが、ケガでの出遅れもあり、ここまでプレミアリーグで先発なし。日本としても今年11月のカタール・ワールドカップに向けて追い込み段階だが、アーセナルに戻ってアピールを期すこととなった。 2022.09.24 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ブカヨ・サカがイングランド男子年間最優秀選手賞を初受賞! アーセナル勢としても初の快挙に

アーセナルのイングランド代表FWブカヨ・サカが、2021-22シーズンのイングランド男子年間最優秀選手賞を受賞した。 2003年に創設された同賞は、イングランドサッカー協会(FA)がイングランド代表チームの最も優れた選手を称える年間表彰。イングランド代表ファンによるオンライン投票で選出される。 現在、スリーライオンズで通算18キャップを刻むサカは、当該期間に9試合に出場し、3ゴールを記録。昨年9月に行われたアンドラ代表戦ではバースデーゴールを挙げる活躍で4-0の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチにも選出されていた。 そして、2位のMFデクラン・ライス(ウェストハム)、3位のFWハリー・ケインを抑えて21歳での初受賞に。また、アーセナルの選手として同賞を受賞した初の選手にもなっている。 2022.09.23 22:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly