イタリア代表の新アウェイユニが発表!シンプルな無地に「従来のデザインを一新」

2021.04.23 05:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)は22日、6月に行われるユーロ2020で使用する新しいアウェイユニフォームを発表した。白を基調としたデザインで、袖口と肩に紺色のラインが入っている。特徴的なのは前面で、デザインを手がけたプーマのロゴとFIGCのエンブレムが胸元中央に寄せられている。また、その下にはイタリア国旗と同じように緑と赤のラインが入れられている。

柄はなく、シンプルがゆえに、やや普段着のようにも見えるが、プーマのグローバルディレクターであるヘイコ・デセンス氏は、今回のデザインついて次のように説明している。


「新しいイタリアのキットは、従来のキットのデザインを一新しました。私たちの目的は、新しさとエネルギーをもたらす画期的なデザインを作成することでした」

「このキットはイタリア国民の誇りを称え、この夏の大きな大会で成し遂げられるように彼らを鼓舞します」

「私たちは限界を押し上げ続けたいと思っています。これはプーマのエキサイティングな新しいやり方の始まりにすぎません」

※記事写真はこれまでのアウェイユニフォーム

1 2
関連ニュース
thumb

ローマ主将ペッレグリーニが約2週間の離脱…ユーロには問題なし

ローマに所属するイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが約2週間の戦線離脱となる見込みだ。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。 ペッレグリーニは、15日に行われたセリエA第37節のラツィオ戦に先発出場。後半半ばの72分までプレーし、チームの2-0の勝利に貢献していた。 しかし、同試合で左腿を負傷しており、精密検査を受けた結果、同箇所にグレード1の筋損傷が確認されたという。 なお、15日間の戦線離脱が見込まれるペッレグリーニはセリエA最終節のスペツィア戦を欠場することになるが、イタリア代表として招集されているユーロ2020本大会に向けては問題なく間に合うようだ。 2021.05.18 22:47 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表が33名を発表! サンマリノ戦後にユーロ本大会メンバーを発表へ《国際親善試合》

イタリアサッカー連盟(FIGC)は17日、サンマリノ代表との国際親善試合に向けたイタリア代表メンバー33名を発表した。 今夏開催のユーロ2020に向け、事前に合宿を行うイタリア代表。6月1日までに登録選手を決定する前に、最終選考を行う形となった。 2026年までの契約延長を果たしたロベルト・マンチーニ監督は、FWジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ)を初招集。今季のセリエAで6ゴールを記録している21歳の若きストライカーだ。 その他、FWロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)やFWチーロ・インモービレ(ラツィオ)、MFマルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)、DFレオナルド・ボヌッチ(ユベントス)、GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)ら主力も順当に選出された他、中国からイタリアに復帰したFWステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)は選外となった。 なお、イタリア代表は28日にサンマリノ戦を行い、その後の30日に正式なメンバーを発表。6月にチェコ代表との国際親善試合を行い、ユーロ本大会に臨む。 今回発表されたイタリア代表メンバー33名は以下の通り。 ◆イタリア代表メンバー33名 GK アレッシオ・クラーニョ(カリアリ) ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) アレックス・メレト(ナポリ) サルバトーレ・シリグ(トリノ) DF フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ) アレッサンドロ・バストーニ(インテル) クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ) アレッサンドロ・フロレンツィ(パリ・サンジェルマン/フランス) マヌエル・ラッツァーリ(ラツィオ) ジャンルカ・マンチーニ(ローマ) レオナルド・スピナッツォーラ(ローマ) ラファエウ・トロイ(アタランタ) MF ニコーロ・バレッラ(インテル) ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ) ブライアン・クリスタンテ(ローマ) マヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ) ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ) マッテオ・ペッシーナ(アタランタ) ステファノ・センシ(インテル) マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW アンドレア・ベロッティ(トリノ) ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) フェデリコ・キエーザ(ユベントス) ヴィチェンツォ・グリフォ(フライブルク/ドイツ) チーロ・インモービレ(ラツィオ) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) モイゼ・ケアン(パリ・サンジェルマン/フランス) マッテオ・ポリターノ(ナポリ) ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ) 2021.05.18 09:32 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、マンチーニ監督と2026年まで契約延長! W杯予選敗退の失態から立て直した手腕を評価

イタリアサッカー連盟は17日、同国代表を率いるロベルト・マンチーニ監督(56)との契約を2026年まで延長したことを発表した。 マンチーニ監督の現行契約は2022年6月末となっていたが、今回結んだ長期契約により、来夏に1年延期されたユーロ2020、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)に加え、ドイツで開催されるユーロ2024、アメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共同開催の2026年W杯までイタリア代表を指揮することになった。 これまでフィオレンティーナやラツィオ、インテルなどのイタリア国内クラブに加え、マンチェスター・シティ、ガラタサライ、ゼニトなど国外トップクラブの指揮官を歴任したマンチーニ監督は、2018年5月にジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の解任を受けてイタリア代表監督に就任。 2018年ロシア・ワールドカップ出場を逃す失態を犯したイタリアを立て直し、ユーロ2020の予選では10戦全勝で本戦への出場権を獲得。また、UEFAネーションズリーグ2020-21ではオランダ代表やポーランド代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表が同居した中、無敗で決勝ラウンド進出まで導く見事な手腕を発揮。ここまでの通算戦績は19勝2敗7分けとなっている。 2021.05.18 01:20 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがバレッラの手術を実施を報告…

インテルは17日、イタリア代表MFニコロ・バレッラが鼻の手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によれば、バレッラは17日の午前中に鼻中隔矯正術を受け無事に成功したとのこと。今後、数日間の休養を取りトレーニングに復帰するとのことだ。 2019年にインテルへ加入したバレッラは、今季ここまで公式戦46試合に出場し3ゴール13アシストを記録するなど、11年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献。また、2018年10月にデビューしたイタリア代表では21キャップを数えており、マンチーニ監督のもとで主力に定着している。 2021.05.18 01:06 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチーニ監督、ユーロ欠場の可能性が報じられたヴェッラッティの招集に自信

イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティのユーロ2020出場に自信を見せている。 ヴェッラッティは、今月4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのマンチェスター・シティ戦にフル出場。しかし、同試合後に右ヒザの内側側副じん帯を損傷し、4~6週間の離脱となることがPSGより発表されていた。 そのヴェッラッティについてマンチーニ監督はイタリア『スカイ』のインタビューで次のように答えている。 「ヴェッラッティのケガは決して軽いものではないが、自信を持っている。彼にも伝えているが、まだ大会まで1カ月あるしね」 イタリアのユーロ2020開幕戦は来月11日に行われるトルコ代表戦となっている。 2021.05.14 00:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly