ベンゼマのドブレーテにオドリオソラが今季初弾! カディスに完勝のマドリーが暫定首位に浮上《ラ・リーガ》

2021.04.22 06:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第31節、カディスvsレアル・マドリーが21日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、アウェイのマドリーが0-3で勝利した。

前節、ヘタフェ相手に痛恨のドローとなった2位のレアル・マドリー(勝ち点67)は、13位のカディス(勝ち点36)を相手に2戦ぶりの白星を狙った。

負傷者続出のチームは新型コロナウイルスから回復したヴァラン、サスペンション明けのナチョとカゼミロがベンゼマらと共に先発に復帰。その一方で、モドリッチとクロース、バルベルデの離脱を受け、前節途中出場のブランコをカゼミロの相棒として初スタメンで起用。さらに、並びを[3-4-3]に変更した。

リスクをかけない相手の堅守速攻のスタイルに対してややスロースタートな入りを見せたマドリーはボールを握るものの、なかなか決定機まで持ち込むことができない。

それでも、前半半ば過ぎの28分にスペースで仕掛けたヴィニシウスがボックス内でDFイサと交錯する。一度プレーは流されたもののオンフィールドレビューの結果、アウェイチームにPKが与えられた。そして、これをキッカーのベンゼマがきっちり決めて今季のリーグ戦20点目とした。

良い時間帯に先制に成功したマドリーはここから畳みかける攻めを見せて一気に試合を決めてしまう。まずは33分、ボックス左で鋭い縦への仕掛けを見せたベンゼマが絶妙な浮き球のクロスを上げると、これをファーサイドに詰めたオドリオソラが頭で合わせ、今季初ゴールとした。続く40分にはボックス内で相手のクリアミスを奪ったヴィニシウスからの落としを受けたカゼミロのループパスを再びベンゼマが頭で合わせ、前半のうちにドブレーテを達成した。

3点リードで試合を折り返したマドリーは、ハーフタイム明けに一気に4枚替えを敢行したホームチームに対してゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。これにより相手にフィニッシュまで持ち込まれる場面が目立ち始めるが、守護神クルトワを中心とする守備陣が冷静に撥ね返し続ける。

さらに、60分過ぎには病み上がりのヴァランやオドリオソラ、ヴィニシウスを下げて負傷明けのカルバハル、アセンシオ、イスコの投入で主力のプレータイムをコントロール。さらに、74分には殊勲のベンゼマとマルセロに代えてマリアーノとミゲルを送り込み、試合を締めにかかった。

その後、ジダン監督にアピールしたいロドリゴやマリアーノが幾度かゴールに迫る場面を作り出したものの、後半にスコアは動くことなく試合はこのままタイムアップ。ベンゼマのドブレーテの活躍などによって敵地でカディスに完勝のマドリーが2戦ぶりの白星を飾り、暫定ながら首位に浮上した。

関連ニュース
thumb

モウリーニョもセルヒオ・ラモスを狙う? 電話で会話と報道も…

ローマの新監督に就任するジョゼ・モウリーニョ監督が、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の獲得に興味を持っているようだ。 セルヒオ・ラモスは、今シーズンまでのレアル・マドリーの契約が満了を迎えるにあたり、チームと契約延長の交渉を行ってきた。 しかし、両者の契約内容が合意せず、セルヒオ・ラモスがクラブの要求を飲もうとしたものの、交渉期限が過ぎたとのことでチームから退団することが公式に発表されていた。 古巣のセビージャへの移籍を自身が否定。一方で、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッド、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に動くとされる中、ローマも検討しているようだ。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ローマのモウリーニョ監督がセルヒオ・ラモスと会話をしたとのこと。マドリー時代の教え子であるセルヒオ・ラモスと友人関係が続いているモウリーニョ監督。この電話はあくまでも友人同士の会話だったようだが、将来について話す場にもなったと報じられている。 しかし、ネックとなるのはセルヒオ・ラモスの高額な給与。さらに、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権がないため、交渉の場では弱い立場となるとされている。 多くのクラブへの移籍の噂が止まないセルヒオ・ラモスだが、一体どのクラブを選択するのか。スペインから離れるのかにも注目が集まりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモス、16年間にわたる数々のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUUg0ZHZydyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.20 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ユーロで活躍中のラファエウ・ゲレイロに関心か

レアル・マドリーが、ドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(27)に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ジネディーヌ・ジダン監督が退任し、新たにカルロ・アンチェロッティ監督を招へいしたマドリー。イタリア人指揮官は同クラブでの二次政権発足に向けて、現在ユーロ2020で活躍中のポルトガル代表DFに注目しているという。 15日に行われたハンガリー代表戦では1ゴールを挙げて勝利に貢献したゲレイロ。2016年夏のドルトムント加入からここまで公式戦160試合に出場し、29ゴール32アシストを記録。今季もブンデスリーガで27試合5ゴール11アシストと上々の成績を残した。 左サイドバックとしては世界クラスに成長したゲレイロには、以前もバルセロナやパリ・サンジェルマンが関心。そして今回はアンチェロッティ監督が獲得を希望しているとの情報を『ビルト』が掴んだようだが、かつてその2クラブのオファーを蹴って契約延長したことから移籍の可能性は低いと推測している。 また、今年2月にはゲレイロ本人が「今後何年も黒と黄色のユニフォームを着ていたい」とコメントしたこともあり、2023年夏まで契約を残す左サイドバックが今夏に退団することは考えにくいようだ。 加えて移籍金も6000万ユーロ(約78億円)はくだらないとして、マドリーにとって難しい案件であることを同メディアは強調している。 2021.06.19 15:06 Sat
twitterfacebook
thumb

「練習も超一流の姿勢なら…」 アザールの欠点をモウリーニョが暴露

来季からローマを率いるジョゼ・モウリーニョ氏がかつて指導したレアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールの欠点を暴露した。 2人は2013年夏〜2015年12月までチェルシーで共闘。2014-15シーズンのプレミアリーグ制覇に共闘。個人としてもそのシーズンのリーグ年間最優秀選手賞に輝いたアザールは言うまでもなく攻撃陣の軸となり、2年間のモウリーニョ二次政権でも圧倒的な存在感を放った。 だが、ポルトガル人指揮官は練習も懸命に励めば、もっと良い選手になれたと話す。今オフを利用してユーロ2020の解説者を務めるなか、イギリス『talkSPORT』で元教え子であり、レアル・マドリーで燻るアザールについて、練習姿勢が「酷かった」と振り返った。 「真実は見ての通り、素晴らしい選手。だが、練習ぶりが酷い素晴らしい選手だ。練習も超一流な姿勢で取り組んでいれば、彼が今頃どうだったか想像できる。いずれにせよ、素晴らしい少年で、家族思いでもあるのだがね」 「彼は今の選手にしてみれば、とても穏やか。家族や子供、両親とも静かな生活を好む。しかし、毎朝のようにピッチに立つと、あまり頑張ろうとしない。試合に出たときは1週間の努力じゃなく、才能でプレーしている」 「だから、彼は素晴らしい選手。ただ、仮に彼がトップのプロだったら?とイメージしてみると良いだろう」 2021.06.19 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、再共演ならずのS・ラモスに「幸運を祈る、カピタン!」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が退団のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスにメッセージを送った。 2005年のレアル・マドリー入りから16年間で公式戦671試合に出場して、計22個ものチームタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約を巡る話し合いが長らく滞り、16日に退団が正式決定した。 そんなS・ラモスは17日、退団会見に登場。退団の経緯として、金銭的な部分の問題でなく、2年契約を求める自身に対してクラブから単年しか提示されなかった上、オファーを受け入れようとした段階で返答の期限切れだったことを明かしている。 レアル・マドリーのカピタンが望まぬ形で去ることになり、悲しむファンも多いだろうが、かつてラ・デシマ(10度目のチャンピオンズリーグ(CL)優勝)などをともに達成し、来季から6年ぶりに再びチームを率いるアンチェロッティ監督もその一人だ。 再共演が叶わなかったイタリア人指揮官は17日、S・ラモスが同日に会見を行った後に自身のSNSを更新。2013-14シーズンにリスボンで10度目のCL制覇を成し遂げ、ビッグイヤーを手に笑顔の2人が収まった写真などとともに、惜別と激励の言葉を送った。 「親愛なるセルヒオ、私はともに生きたことを決して忘れない。幸運を祈る、カピタン!」 2021.06.18 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

去就についてヒントを残すセルヒオ・ラモス「大事なのは家族の存在」

レアル・マドリーを退団したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが17日、メディアに対して去就に関するコメントを発した。『Get Spanish Football News』が伝えている。 16日に退団が発表され、マドリーでの輝かしい16年に終止符を打ったセルヒオ・ラモス。マドリーで全てを勝ち取ってきたカピタンの退団は一時代の終わりを感じさせるが、35歳の行き先は今夏の最注目事項となっている。 候補にはマンチェスターの両クラブにパリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣のセビージャが挙げられている状況だが、現段階では何も考えていないとセルヒオ・ラモスはコメント。鍵は家族の存在にあるようだ。 「今日は将来について話す日ではない。どのチームに行くかもわからないし、それがスペインかどうかも不明だ」 「まだ他のクラブのことは考えていない。私が市場に出された1月以降、何度か電話を受けたが、当時はマドリーを離れるなんて微塵も思っていなかった」 「大事なのは、どこにいるかではなく、誰といるかだ。電車に乗るのも飛行機に乗るのも同じだ。私の幸せは家族にかかっており、もちろん彼らに一緒に来てもらいたいと思っている。長くここにいたから辛いことだが、これがサヨナラではない。ラモスは戻ってくる」 2021.06.18 13:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly