逆転のシティがリーグ制覇に向けまた一歩前進! 開始20秒被弾にストーンズ退場も白星取り戻す《プレミアリーグ》

2021.04.22 06:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第32節、アストン・ビラvsマンチェスター・シティが21日にビラ・パークで行われ、アウェイのシティが1-2で逆転勝利した。

前節、リーズ相手に不覚を取って公式戦連勝が「6」でストップした首位のシティ(勝ち点74)。直後のチャンピオンズリーグ(CL)ではドルトムントを破ってCL準決勝進出を果たすも、直近のFAカップではチェルシーに敗れてクアドラプル(シーズン4冠)の夢が潰えることになった。

今週末にトッテナムとのEFLカップ決勝を控えた中、11位のアストン・ビラ(勝ち点44)のホームに乗り込んだ一戦では、チェルシー戦からルベン・ジアス、ロドリ、ガブリエウ・ジェズスを除く先発8人を変更。ウォーカーやストーンズ、ギュンドアンといった主力が復帰。前線は右からフォーデン、ジェズス、マフレズという構成となった。

試合は予想外の入りを見せる。開始20秒、ミングスのフィードをDFストーンズがクリアし切れずにこぼれ球をボックス左のワトキンスが回収。すかさず中央に折り返すと、ゴール前に走り込んだマッギンが左足ダイレクトで流し込んだ。

ホームチームの電光石火の先制弾によってバタつくシティは以降も数分間相手の攻勢にさらされる。それでも、時間の経過とともにベルナルド・シウバやマフレズを起点に良い形でサイドを攻略し始めると、絶好調の若武者が見事なフィニッシュで試合を振り出しに戻す。

22分、フォーデンから鋭いサイドチェンジをボックス手前右で受けたマフレズが自身を追い越すベルナルド・シウバに絶妙なショートスルーパスを繋ぐ。そして、完全にポケットを取ったベルナルド・シウバからの完璧な折り返しをゴール前にポジションを取ったフォーデンが右足ダイレクトで流し込んだ。

完全に主導権を掴んだアウェイチームはフォーデンがボックス内での見事なルーレットから際どいシュートを放つなど、畳みかける攻めを見せる。すると、40分にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でベルナルド・シウバが上げた浮き球のクロスを中央のロドリが頭で合わせ、一気に逆転まで持って行った。

これで一気に余裕の展開かと思われたシティだったが、ゴール直後の42分に裏抜けを図ったラムジーに対して後手を踏んだストーンズの足裏がふくらはぎ付近に入ってしまう。すると、オンフィールドレビューの結果、このプレーに対してレッドカードが掲示された。

ストーンズのプレミアリーグ初の退場によって10人で後半を戦うことになった中、グアルディオラ監督はジェズスを下げてラポルテをハーフタイム明けに投入。

ここからホームチームによる猛反撃を受けるかに思われたが、今度はビラサイドにアクシデント発生。後半立ち上がりに続けて2枚のカードをもらったキャッシュが57分に退場となり、10対10の数的同数で残り30分あまりを戦うことになった。

こうなると地力で勝るシティが完全にボールの主導権を握る展開となり、質の高いボール回しで相手のプレスをかいくぐって深い位置まで難なく侵攻し、そこから幾度も精度の高いクロスがゴール前に入るが、ビラの粘りの守備もあってなかなか3点目を奪い切れない。76分にはボックス手前好位置で得たFKをギュンドアンが直接狙うが、これは惜しくも枠を外れた。

その後も危なげなく時計を進めたシティは試合終盤にマフレズを下げてフェルナンジーニョを投入し、完全に試合をクローズ。開始20秒の失点に加えて、ストーンズ退場というアクシデントに見舞われた中でもきっちり勝ち切った首位チームは、2年ぶりのリーグ制覇に向けてまた一歩前進するとともに、週末のEFLカップ決勝に弾みを付けた。

関連ニュース
thumb

マフレズが美人モデルと婚約!お相手は元プレミアリーガーの娘

マンチェスター・シティに所属するアルジェリア代表FWリヤド・マフレズ(30)が交際していたテイラー・ウォードさん(23)と婚約した。イギリス『サン』が伝えている。 マフレズはレスター・シティでプレミアリーグ優勝に貢献するとともに、自身もサイドアタッカーとして評判を高め、2018年夏にマンチェスター・シティへ移籍。3年間で公式戦179試合48得点38アシストの数字を収め、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でも貴重な攻撃オプションとして重宝される。 一方のテイラーさんは有名インテリアデザイナーのドーンさんと元プロサッカー選手のアシュリー・ウォード氏のもとに生まれた4人娘の1人で、職業はモデルだ。 『サン』によると、2人は2020年12月にチェシャー州に200万ポンド(約3億円)の邸宅を購入し、愛をはぐくんでいたようだ。 交際16カ月を迎えた2人は、マフレズのオフシーズンを利用してギリシャのミコノス島に休暇に出かけていたが、その場でマフレズがプロポーズしたという。 テイラーさんは21日、自身のインスタグラムを更新。左手の薬指に婚約指輪をはめた写真とともに喜びを露わにした。 「私が人生をともにしたいと思うのは他に誰もいません。これが私たちの人生です。一緒に年をとっていくのが待ちきれません。あなたを愛しています」 マフレズは2015年にリタ・ヨハルさんと結婚したものの、2019年に離婚。前妻との間には2人の子供がいる。 <span class="paragraph-title">【写真】マフレズとウォードさんの愛に溢れる2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQZE3sthS4J/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQZE3sthS4J/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQZE3sthS4J/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TAYLOR WARD(@taylorwardx)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.23 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがケイン獲得へ1stオファー! 1億ポンド保証のオファーもスパーズは拒絶へ

マンチェスター・シティがトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)獲得に向けて最初の公式オファーを掲示した模様だ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が主張している。 シティは今シーズン、プレミアリーグとEFLカップの国内2冠達成も、チャンピオンズリーグ(CL)ではチェルシーに敗れて悲願のビッグイヤー獲得を逃した。 そのため、新シーズンのリーグ連覇、CL制覇に向けては、今夏の積極補強が見込まれている。そういった中、アルゼンチンFWセルヒオ・アグエロがバルセロナへ旅立ったセンターフォワードは重要な補強ポイントとなっており、クラブはトップターゲットとして今夏のトッテナム退団希望を明言しているイングランド代表FWをリストアップしている。 ロマーノ氏が今回伝えるところによれば、シティはトッテナムに対して1億ポンド(約153億円)の価値を保証するファーストオファーを掲示したという。 このオファーに関しては1億ポンドを金銭として支払うか、イングランド代表FWラヒーム・スターリング(26)、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(24)、スペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(27)らを移籍金の一部として譲渡することを盛り込んだものだという。 ただ、ロマーノ氏はトッテナムが今回のオファーに応じる可能性はなく、少なくともユーロ2020開催期間中にケインに関する去就が決定する可能性はないとも伝えている。 2021.06.22 00:11 Tue
twitterfacebook
thumb

クラブで出場時間減少のスターリング「サッカーをしていなければ楽しくない」

マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング(26)は、クラブでの出場時間に満足していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 2015年にリバプールからシティへ移籍したスターリング。ウイングを主戦場とし、ここまで公式戦292試合114得点88アシストを記録。3度のプレミアリーグ優勝を含む、11の主要タイトル獲得に大きく貢献してきた。 だが、今シーズンはイングランド代表MFフィル・フォーデンなど若手選手の台頭もあり、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、準決勝での出場時間はわずか10分のみ。プレミアリーグでの出場機会も減っていることから、かねてより退団が噂されている。 スターリングは、このように出場時間が減っていることに対し、自身が「満足していない」ことを認めた。 「楽しく幸せに自分のサッカーを楽しむこと。今、僕が代表でやっていることだよ」 「サッカーをしていなければ楽しくない。それが僕であって、子供のころから変わらないよ。サッカーをしていれば幸せだし、そうでなければ幸せではない」 2021.06.21 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

復帰戦で躍動もデ・ブライネの負傷完治には半年を要す 「歯医者に行った後の感覚」

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがチャンピオンズリーグ(CL)決勝で負った自身のケガについて言及した。『ESPN』が伝えている。 デ・ブライネは17日に行われたユーロ2020グループB第2節のデンマーク代表戦に後半頭から途中出場。54分に絶妙な折り返しでMFトルガン・アザールの同点ゴールを演出すると、70分には見事な左足のダイレクトシュートを突き刺し、2-1の逆転勝利の立役者となった。 そして、先月末に行われたチェルシーとのCL決勝で負った鼻骨および左眼窩底骨折からの復帰戦を見事に飾った千両役者は、自身のパフォーマンスに満足感を示した。 「幸運にも最速で復帰することができた。(デンマーク戦では)30分ほどはとても良い緊張感があり、その後に少し痛みを感じたよ。でも、プレーできたことを嬉しく思うよ」 「自分のパフォーマンスはオーケーだったと思っているよ。デュエルの場面では少し怖さを感じるところはあったけど、それは普通のことだと思う」 復帰戦で即健在ぶりを発揮したデ・ブライネだが、前述のケガが完治するには半年程度を要することも明かしている。 「歯医者に行った後のように、(顔の)左側に何も感じないんだ」 「神経の部分に大きな影響があるみたいで、(完治には)半年はかかるかもしれない。それは心地いい感覚ではないけど、最も重要なのはプレーできることさ」 2021.06.18 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

S・ラモスの行き先候補、現状4つ! シティが現段階の最有力

スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の行き先は現状、4つの候補が考え得るようだ。 2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに加わって以降、最終ラインの軸として公式戦通算671試合の出場数を誇り、数々のタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約は依然として延長されず、16日に退団が正式決定した。 そうなれば、気になるのが新天地。17日の会見で明かされるであろう経緯や背景も注目されるが、スペイン『アス』によると、現時点でマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣セビージャが行き先候補に挙がるという。 そのなかで、最有力だというのが今季限りでスペイン代表DFエリック・ガルシアがバルセロナに旅立ち、スペイン代表DFアイメリック・ラポルテにも移籍の噂があるシティだ。S・ラモスの代理人は前々からレアル・マドリー退団時の合意を目指して、シティと接触を図っている模様だ。 次に移籍先と目されるのがシティの宿敵であり、イングランド代表DFハリー・マグワイアの相方を務めるトップレベルのセンターバックを探すユナイテッド。その次はフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長が最優先事項のPSGだが、DFラインの強化も目標であり、候補だという。 そして、最後はほかの3クラブと比較して、可能性こそ低いものの、古巣セビージャ。連れ戻しに多額の資金が必要だけに、実現性の低い話だが、キャリア終盤の移籍であるのを鑑みると、下部組織時代から過ごした地元クラブに戻る選択肢もなくないものとみられているようだ。 なお、S・ラモスはレアル・マドリーから届いた約10%給与カットの単年契約による延長オファーを拒否。獲得を望むクラブは年俸として最低でも1200万ユーロ(約15億9000万円)を支払う必要があるといわれる。 2021.06.17 16:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly