3月の鳥栖戦で禁止行為の福岡サポーターに厳重処分、リーダー格1名は「今季全試合入場禁止」

2021.04.19 19:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は19日、3月21日に駅前不動産スタジアムで行われたサガン鳥栖との一戦におけるサポーターの行為について処分を発表した。事件は明治安田生命J1リーグ第6節の鳥栖戦で、福岡の一部サポーターによる「サガン鳥栖運営管理規定」、及び「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」で禁止されている行為が確認されていた。

この件に関して、川森敬史代表取締役社長も試合後に自身のツイッターで言及しており、苦言を呈すことに。クラブも処分を下すことを発表していた。

そこからおよそ1カ月が経過し、処分を決定。福岡は「弊クラブは違反したサポーターに対し、Jリーグにて定める試合運営基準に基づき下記の通り処分を科すことを決定した」と発表している

今回問題となっている行為は、「①サガン鳥栖運営管理規定違反」として、「試合開始前と試合終了後に、スタンドの複数名で手持ち横断幕を繰り返し掲出する違反行為」と、「②Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン違反」として「スタンドでチャントを唄う、大声で野次を飛ばすなど「声を出す行為」を繰り返した違反行為」の2点が挙げられている。

福岡は上記の行為に対して、「警備員や係員の再三の注意にも耳を傾けず、安心安全かつスムーズなスタジアム運営を妨げた」として処分を発表した。

処分に関しては、「①の違反行為を主導し、②の違反行為を継続させたサポーター団体リーダー格A氏」、「①②の違反行為をしたサポーター団体リーダー格A氏が所属する団体」、「①②の違反行為を行ったサポーター5名」が対象に。A氏は「2021シーズンのアビスパ福岡が出場するリーグ戦・カップ戦全試合の入場禁止」、A氏が所属する団体は「2021シーズンのアビスパ福岡が出場するリーグ戦・カップ戦全試合において、団体としての活動の一部(団体名が表記された横断幕、フラッグ類の掲出)を禁」、残りの5名は「ホームゲーム5試合の入場禁止」となった。なお、この期間のアウェイゲームも入場できないとのことだ。また、未特定の違反者は、クラブが入手した情報をもとに、違反者を特定し次第罰則を適用するという。

クラブは今回の事象に対して、経緯を説明。悪質な行為であると説明している。

「当日掲げられた横断幕の表現は、「差別的或いは侮辱的表現」と連想させうるか否かについて複数の見解が存在し、現時点で直ちに「差別的或いは侮辱的」と判断することは断定しにくいですが、少なくとも不快感を以て受け止めたスポンサー、ファン、サポーターの皆様が多数存在するという事実は、重く受け止めなければなりません。実際に「差別的または侮蔑的表現ではないか」と受け止めた皆様より、クラブに多くのご批判の声が寄せられています」

「Jリーグ公式戦はスタジアムに来場している一部の方々のやり取りに留まらず、DAZN中継やソーシャルメディアを通じて全世界に発信され、老若男女が目にすることとなりますので、両サポーター間の関係性等にとらわれず、運営管理規定第4条(禁止行為)(12)記載の通り、社会通念上不適切な発言、行為は、厳に慎むべきものであると考えます」

「また、コロナ禍における当該違反行為は、昨年7月に有観客試合が再開されて以降、スタジアムでガイドラインを遵守して観戦いただいている多くの皆様をはじめ、安心安全なスタジアム運営にご協力下さっている方々に対して、新型コロナウイルス感染症への感染リスクを高め、且つスタジアムでのクラスター発生の危険性を高める悪質な行為であると判断いたしました」

「さらに、本来サポーター団体リーダー格のA氏は、メンバーなどが違反行為をし、その現場にいる場合において、その行為をやめさせるべき立場であるにも関わらず、違反行為を継続させていたことは極めて悪質であると判断いたしました」

「なお、サポーター団体リーダー格A氏が属する団体は、過去にも禁止行為違反を繰返しているため、連続性、継続性の観点から団体活動の一部も制限することといたしました」

また、今後の対応についても公式サイトで見解を示し、厳しい対応をするとした。

「弊クラブは、今後同様の事態を繰り返さないため、アビスパ福岡を支えていただいているファン、サポーターをはじめスポンサー皆様が、社会通念上不適切と判断する応援スタイルや横断幕の表現について、各サポーター団体と協議すると共に、サポーター団体の事前登録制や横断幕の事前申請制など、Jリーグと協議して制度化する対策を講じる予定でおります」

「また、次節以降のホーム試合では、Jリーグ統一禁止事項及びJリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで禁止されている以下の行為を、スタジアムの警備員・係員が発見した場合は、運営責任者の判断にて即時ご退場いただくことを運営管理規定として運用して参ります」

「・指笛・チャントを唄う・ブーイング等の「声を出す応援」
・ハイタッチ・肩組みなど密をつくり「人と接触する応援」
・「フラッグ等を振る」「マスクを着用しない」行為
・差別的、侮辱的または公序良俗に反する、社会通念上不適切と判断される表現のフラッグ類の掲出」
関連ニュース
thumb

神戸がイニエスタPK弾で白星! 福岡は終盤の猛攻実らず3戦未勝利【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、アビスパ福岡vsヴィッセル神戸が19日にベスト電器スタジアムで行われ、アウェイの神戸が2-1で勝利した。 天皇杯こそ勝利したものの、リーグ戦直近5試合で1勝、ルヴァンカップもプレーオフステージ敗退と下降気味の神戸は、前節からフェルマーレン、山川に代えて小林、初瀬を起用。システムはダイヤモンド型の[4-4-2]を採用しており、酒井高徳が従来の左サイドバックから右サイドバックにポジションを移している。 対するは、こちらも天皇杯こそ大勝したものの、リーグ戦では2試合勝利から遠ざかっている福岡。前節からスタメンを4枚変更しており、宮、田邉、金森、渡に代わりドウグラス・グローリ、重廣、ジョルディ・クルークス、山岸が入った。システムはフラットな[4-4-2]を採用しており、ブルーノ・メンデスと山岸が2トップを組む形となっている。 立ち上がり、いきなり先制点を決めたのは神戸。2分にサンペールが中央を駆け上がると、右サイドを上がってきた酒井高徳に展開。速いクロスを放つと、ボックス内に走り込んできた古橋が冷静に胸で押し込みゴールを決めた。代表帰りの古橋は、これで今季早くも二桁ゴールに達した。 出鼻をくじかれる形となった福岡は、7分に右サイドフリーでボールを受けたクルークスがカットインからシュートを放つが、これは枠外に。その後もサロモンソン、クルークスの右サイドから打開を試みるが、神戸の高さと強さを備えるセンターバックに跳ね返される時間帯が続いた。 しかし19分、福岡は右サイドでサロモンソンとのパス交換からフリーになったクルークスがインスイングのクロスを放つ。これにボックス内で反応した山岸がわずかに右足でボールに触れると、そのままネットを揺らし同点ゴールとなった。 早い段階で追いつかれてしまった神戸は、ボールを握りこそするものの決定機は作れない展開が続く。すると29分に高い位置でボールをカットした福岡がカウンター。ブルーノ・メンデスが持ち運んだ後のこぼれ球を受けた重廣が強烈なシュートを放つも、これは枠を外した。 38分に神戸は、右サイドの古橋がクロスを放ち、そのこぼれ球を拾ったイニエスタが1人かわしてシュートを放つが、枠内に収めることはできず。その後もサンペールとイニエスタを中心に敵陣までボールを進めることはできるものの、そこからのアイデアに欠いたままハーフタイムとなった。 後半開始から、神戸が攻勢を仕掛ける。49分に古橋とのパス交換からボックス内に進入した酒井高徳がシュートを放ったが、これは奈良が身体を張ってブロック。序盤は神戸ペースも、福岡は54分にCKを得たことを皮切りに反撃を開始。55分には杉本がバイタルエリアからシュートを放つが、枠からは外れている。 膠着した状態を打破するべく、62分に福岡は3枚替えを敢行。2トップを入れ替え攻撃の活性化を狙うと66分、クルークスが右サイドからのカットインで相手をかわしながらシュートを打ったが、これも枠を捉えられなかった。 お互いなかなか枠内シュートを打てない展開のなかで、神戸は74分に田中順也を投入。停滞感からの脱却を目指す中で78分にボックス内でキープしたイニエスタからのボールに、右サイドを抜け出した酒井高徳が反応してクロスを放つ。するとブロックに入った杉本の右腕に当たり、PKの判定に。これをイニエスタが冷静に右隅に決め、神戸が勝ち越した。 リードを許した福岡はアディショナルタイムに宮を投入してパワープレーを敢行すると、93分に渡が、94分にサロモンソンとファンマがシュートを放つも決めきれず。終盤の福岡の猛攻を凌ぎ切った神戸が、2試合ぶりの白星を掴んだ。 アビスパ福岡 1-2 ヴィッセル神戸 【福岡】 山岸祐也(前19) 【神戸】 古橋亨梧(前2) アンドレス・イニエスタ(後35) 2021.06.19 15:23 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡PK失敗が響き7連勝を逃すドロー、横浜FCは相手の良さを消し勝ち点1【明治安田J1第16節】

26日、明治安田生命J1リーグ第16節の横浜FCvsアビスパ福岡の一戦がニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節は川崎フロンターレとアウェイで対戦し、3-1で敗れた最下位の横浜FCと、現在6連勝中と勢いが止まらない5位の福岡の一戦。 横浜FCは前節から3名を変更。武田英二郎、小川慶治朗、ジャーメイン良が外れ、中塩大貴、高木友也、マギーニョを起用。[4-4-2]をベースに3バックにするなど可変システムで臨む。 対する福岡は4名を変更。志知孝明、金森健志、田邉草民、渡大生が外れ、輪湖直樹、ジョルディ・クルークス、重廣卓也、山岸祐也が起用された。 立ち上がりからペースを握ったのは横浜FC。クレーべを囮にしてマギーニョが裏を狙う形で攻めて行く。また、前からのプレスとブロックを作る守備をうまく切り替え、福岡にペースを握らせない。 一方の福岡も右サイドのジョルディ・クルークス、最前線のブルーノ・メンデスがフィジカルの強さを生かしてキープを図ろうとするも、横浜FCの集中した守備でチャンスを作らせない。ロングボールを山岸が競るもセカンドボールを横浜FCが拾うなど、上手くいかない。 なかなか決定機がないまま飲水タイムを迎えると、明けた26分に横浜FCがスコアを動かす。ボックス左で高木がジョルディ・クルークスをかわすと、落ち着いて左足でクロス。これをニアに飛び込んだクレーベがヘディングで合わせゴール。横浜FCが先制に成功する。 失点後もなかなかペースを作れない福岡を尻目に、横浜FCは前からのプレスがハマり、サイドから攻撃を仕掛ける。29分にも高木のアーリークロスに対してクレーベが飛び込みヘッドで合わせる。 その横浜FCだが34分にあわやのシーン。福岡のロングボールに対して中塩がバックパス。これをGK市川がダイレクトで蹴ろうとしたが、まさかの空振り。あわやオウンゴールになるところだった。 横浜FCのリードで迎えた後半。福岡はスイッチを入れ直して臨むも、横浜FCがサイド攻撃を許さず。福岡はなかなか攻め手を見つけられない。 福岡にとっては苦しい状況が続いた中、59分にゴールが生まれる。バイタルエリアでパスを繋ぐとボックス左へ。パスを受けた輪湖が右足でクロスを送ると、ブルーノ・メンデスがヘディングで合わせ、福岡が同点に追いつく。 同点に追いついた福岡は息を吹き返すと、60分にも決定機。サロモンソンからの低い早いクロスをボックス内で山岸がトラップ。相手を背負いながら落とすと、杉本がダイレクトシュート。しかし、これはわずかに枠を越えていく。 攻め込まれた横浜FCは62分、右サイドから前嶋がカットインしながらパス。これを受けた手塚が横に流すと、松浦がボックス手前から右足でダイレクトシュート。際どいコースに飛ぶが、これはわずかに右に外れる。 一気に逆転と行きたい福岡は64分に山岸に代えてフアンマ・デルガドを投入。すると65分、杉本のスルーパスにブルーノ・メンデスが反応。中塩との競り合いとなったが、ブルーノ・メンデスがボックス内で倒され福岡がPKを獲得する。 これで得たPKを入ったばかりのフアンマ・デルガドがキッカーを務めるが、コースを狙いすぎた結果ゴールの左に外してしまう。 福岡は逆転に向けて渡大生、田邉草民、石津大介、湯澤聖人を投入。終盤にかけて圧力を持って横浜FCゴールに迫っていく。 90分にはボックス左でFKを得た福岡はサロモンソンが高速クロス。これに合わせにいくが、ジャーメインがクリアする。 このCKから福岡はゴールを狙うが、横浜FCが逆襲のカウンター。前嶋がライン際で残すと、パスを受けたジャーメインのスルーパスに反応した小川がラインブレイク。ボックス左からグラウンダーのクロスを上げるが、これはブロックされる。 最後まで福岡が勝利を目指してゴールに迫っていくが、最後までゴールを奪えず。結局1-1のドローに終わり、勝ち点を分け合った。 福岡は連勝が6でストップ。横浜FCはしっかりと守り、勝ち点1を獲得した。 横浜FC 1-1 アビスパ福岡 【横浜FC】 クレーベ(前26) 【福岡】 ブルーノ・メンデス(後14) 2021.05.26 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

セットプレー2発で湘南を粉砕した福岡、クラブ記録更新の6連勝を達成【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節の1試合が22日にベスト電器スタジアムで行われ、ホームのアビスパ福岡が2-1で湘南ベルマーレを下した。 福岡は前節、ベガルタ仙台とのアウェイゲームで劇的なアディショナルタイム弾で拮抗した試合を制し、5連勝を飾ってJ1でのクラブ記録を更新。その立役者となった渡が2試合ぶりのスタメンとなった。 対する湘南は前節の横浜FC戦を0-2で落とし、9戦ぶりの黒星を喫した。巻き返しを図りたい今節は、古巣対戦となるウェリントンを今季初めて先発で起用。得点力不足に悩むチームの起爆剤として期待が高まる。 湘南は3分に早速ウェリントンの高さを生かす。CKに頭で合わせ、枠は捉えられなかったが、開始直後から存在感を見せつけた。 以降は湘南がボールを握って福岡が守るという構図となり、福岡陣内でボールが回る時間が増える。クロスの回数は積み上がるものの、福岡の守備陣もボックス内では強さを見せて慌てることなく対応する。 17分には湘南がセットプレーからチャンス。敵陣中央でFKを得ると、中村が上げた柔らかいボールにタリクが合わせるも、強いシュートにはならず枠の左にそれた。 湘南は30分にタリクが負傷でピッチを去り、さらには福岡に立て続けのセットプレーを与える嫌な流れだったが、劣勢を跳ね返してカウンターからゲームを動かす。 CKの二次攻撃をしのいで前線へ送ると、中盤の競り合いでこぼれたボールを中村がシンプルにダイレクトで裏へ。ラインアップした福岡守備陣と入れ替わった名古が抜け出し、ボックスまで運んでGK村上との一対一を迎えると、冷静に右脇を射抜いてネットを揺らした。 さらに37分には、右サイド深い位置からの岡本のクロスに山田が飛び込むも、相手にクリアされて左からのCKとなる。そのCKからファーでウェリントンが高さを生かしてヘディングを放つも、GK村上の手中に収まった。 少ないチャンスを生かしたい福岡は、前半のアディショナルタイムに同点のチャンスが訪れる。志知のクロスを岡本がブロックした際にハンドの可能性があったとしてVARが介入。オンフィールドレビューの結果、福岡にPKが与えられた。 だが、ブルーノ・メンデスは助走で駆け引きをしつつ左を狙ったものの、GK谷にコースを読み切られてゴールを割れず。直後のCKもものにできず、ビハインドで前半を折り返した。 後半最初のチャンスは湘南が作る。53分に古林が裏を取り、戻ってきたDFを切り返しでかわしてシュートへ。GK村上に阻まれるも、こぼれを自ら拾ってマイナスのパスを送り、山田が狙いすませて狙うが、枠の左へ外れた。 追い付きたい福岡は得意のセットプレーから活路を見いだす。62分、CKのクリアボールを拾ったジョルディ・クルークスがカットインしてペナルティエリア手前の右から狙うも、大きく枠を外れてしまう。 そして、66分には敵陣の右サイドでFKを得ると、エミル・サロモンソンはニアサイドへのクロスを選択。ブルーノ・メンデスがDF2枚を相手にしながらもうまく頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。 止まらない福岡は、直後にまたしてもセットプレーからゴールを奪う。エミル・サロモンソンのCKにニアでブルーノ・メンデスが合わせると、これはGK谷に阻まれるもこぼれ球に反応したドウグラス・グローリがすべり込みながら押し込んでJ1初得点を記録。連勝中の勢いそのままに、鮮やかに逆転してみせた。 追い掛ける展開となった湘南は、88分に畑が右サイドを強引に突破してクロスを送る。流れたボールを池田が左足で狙うも、力み過ぎたか大きく外してしまう。 さらに、後半アディショナルタイムに左CKを獲得すると、GK谷も上げてパワープレーに出る。インスイングのクロスにそのGK谷がフアンマ・デルガドに競り勝ってヘディングシュートを放つも、枠を捉えられなかった。 地上戦、エアバトルを含めてタフな肉弾戦が繰り広げられた一戦を逆転勝利で制した福岡が、クラブ記録を更新するJ16連勝を達成した。 アビスパ福岡2-1湘南ベルマーレ 【福岡】 ブルーノ・メンデス(後20) ドウグラス・グローリ(後26) 【湘南】 名古新太郎(前32) 2021.05.22 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡DF三國ケネディエブス、栃木に武者修行! 「成長のために決断」

栃木SCは21日、アビスパ福岡からDF三國ケネディエブス(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日までとなる。 三國は青森山田高校から2019年に福岡入団。水戸ホーリーホックのDF三國スティビアエブスは実兄で、今季はここまで明治安田生命J1リーグ2試合、YBCルヴァンカップ2試合1得点をマークした。 栃木入りが決定した三國はクラブを通じて「自分の持ち味であるヘディングと対人の部分を活かしてチームが良い結果を得られるよう、常に全力で取り組みます! これから共に戦いましょう!」と意気込みを語った。 一方、福岡を通じては「自分の成長のために決断しました。しっかりとチームを勝たせるように、そしてみなさんにレベルアップした姿をお見せできるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。 2021.05.21 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:仙台vs福岡】王者相手に善戦の仙台、福岡は初の5連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 14:00キックオフ ベガルタ仙台(19位/7pt) vs アビスパ福岡(6位/22pt) [ユアテックスタジアム仙台] 前節は土壇場で貴重な勝ち点「1」を獲得した仙台と4連勝中の福岡の一戦。 互いに勝利が欲しい中、中盤の攻防がカギに。 ◆王者に善戦、ホーム連勝へ【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで首位の川崎フロンターレと対戦した仙台。戦前の予想では川崎Fが優勢であるとの見方が強かったなか、土壇場にマルティノスがミドルシュートを突き刺し、勝ち点1をもぎ取った。 今季わずか1勝、降格圏に沈む仙台にとっては貴重な勝ち点1となり、2度追いけたことはチームとしても自信になったと言えるだろう。 さらに、過密日程を考慮し、先発8名を変更するターンオーバーを敷いており、4名が初先発を果たした中でのドローとなっていた。 王者との手応えがある一方で、チームとしてはこの試合に出なかった選手たちの奮起にも期待したいところ。これまで試合に出ていたメンバーが、王者と引き分けた次のゲームで何を見せるのか。ホームでの連勝を目指し、チームとして浮上のキッカケとなるのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:加藤千尋、上原力也、松下佳貴、関口訓充 FW:赤崎秀平、西村拓真 監督:手倉森誠 ◆堅守を見せて新記録の5連勝へ【アビスパ福岡】 前節はホームに柏レイソルを迎えての一戦で、1-0と勝利。志知孝明の加入後初ゴールで勝利を収めた。 ここまで6勝4分け4敗の6位。クラブ新記録のJ1での4連勝と状態は良い。これまで昇格した年に即降格していたチームからすれば、これ以上ない出来といっても良いだろう。 昨シーズンから続けているコレクティブなサッカーはJ1でもしっかり通用しており、強度と守備の堅さを維持したまま、ゴールを奪えていることが勝利に繋がっている。 4連勝中の失点はわずかに「2」。堅守で勝ち点を積み上げている中で、ボールを握って試合を進める仙台をどう封じるのか。クラブ新記録のJ1での5連勝を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、奈良竜樹、ドウグラス・グローリ、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、重廣卓也、金森健志 FW:ブルーノ・メンデス、渡大生 監督:長谷部茂利 2021.05.15 09:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly