アーセナルが格下フルアムに劇的ドローも主砲ラカゼットがハムストリング負傷…《プレミアリーグ》

2021.04.18 23:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第32節、アーセナルvsフルアムが18日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。前節、シェフィールド・ユナイテッドに3-0で快勝した9位のアーセナル(勝ち点45)が降格圏の18位フルアム(勝ち点26)をホームで迎え撃ったロンドン・ダービー。

直近のヨーロッパリーグ(EL)でスラビア・プラハに4-0の快勝を収め、EL準決勝進出を果たした好調のチームは、その一戦から先発5人を変更。守護神レノに休養を与えGKライアンを加入後2度目の先発で起用したほか、ペペ、パブロ・マリ、トーマス、ペペに代えてベジェリン、ガブリエウ、エルネニー、マルティネッリを起用した。


立ち上がりにマルティネッリが2度のフィニッシュシーンを作り出すなど、ホームチームが押し込む入りを見せる。だが、時間の経過と共に守り慣れたフルアムの守備が整備されたことで、以降はボールを握りながらも攻め切れない状況が続く。

一方、逆転での残留に向けて勝ち点3がほしいフルアムはスピードとアジリティに長けた前線4枚を起点に虎視眈々とカウンターから一発を狙う。21分にはボックス中央で一瞬浮いたデコルドバ=リードが右足を振り抜くが、DFにディフレクトしたボールはわずかに枠の左に外れ、絶好のチャンスで仕留めきれない。

以降は睨み合いが続き互いにフィニッシュの数が増えていかないクローズな展開に。それでも、前半終盤にかけて攻勢を強めたアーセナルは40分にゴールネットを揺らす。

左サイドで仕掛けたマルティネッリからのクロスをラカゼットが頭でフリック。これを中央で拾ったサカの短い落としをベジェリンがワンタッチで上げると、ゴール左のセバージョスが頭で流し込んだ。しかし、VARのレビューの結果、ラカゼットからサカにボールが繋がったタイミングで非常に微妙ながらもオフサイドを取られてゴールは取り消しに。その後、前半ラストプレーでもラカゼットのクロスが相手オウンゴールを誘発も、ここも直前のスミス・ロウの抜け出しがオフサイドとなった。

微妙なVAR判定の影響もあって0-0での折り返しとなった試合は、後半も立ち上がりにラカゼットのシュート、サカの右ポスト直撃のシュートなどでゴールに迫るアーセナルペースとなる。

しかし、早い時間帯に先制点を挙げることができなかったアーセナルは再び微妙な判定に遭う。

56分、ボックス内に侵入してきたレミナの対応にあたったDFガブリエウが足を一度引っ込めるも微妙に接触してしまうと、このプレーでフルアムにPKが与えられる。その後、直前のアイナの抜け出しに関してオフサイドかどうかの確認が入るも、これもオンサイドとなって正式にPKが認められる。これをキッカーのマジャが豪快に上隅に決め、劣勢のアウェイチームが先制に成功した。

2度の微妙な判定でビハインドを背負うことになったアーセナルはすぐさま反撃を開始。67分にはマルティネッリからの正確なクロスをベジェリンが頭で合わすが、これを枠に飛ばせない。

早い時間帯に追いつき、逆転と持ち込みたい中でアルテタ監督はベジェリンとエルネニーを下げて切り札のペペとトーマスを同時投入。だが、この直後にはスプリントした際に左ハムストリングを痛めたラカゼットがプレー続行不可能となり、急遽エンケティアの投入を余儀なくされる。71分にはボックス右でのマルティネッリの粘りからゴール前のペペに絶好機も、枠を捉えたヘディングシュートはGKアレオラのビッグセーブに阻まれた。

その後、前線の攻撃的なタレントを続けて下げて中盤に守備強度をもたらす守備的な交代策で逃げ切りを図るアウェイチームに対して、アーセナルが決死の猛攻を見せる。

7分が与えられた後半アディショナルタイムではサカ、マルティネッリ、エンケティアと続けての決定機が相手の好守に阻まれて万事休すかに思われた。だが、ホームで29戦無敗(24勝5分け)と圧倒的な戦績を残すお得意様相手に最後の最後に追いつく。

97分、左CKの場面でキッカーのサカが上げたボールを攻撃参加していたGKライアンがニアで頭で合せると、ファーに流れたボールをセバージョスが右足のダイレクトシュート。これはGKアレオラに弾かれるが、詰めたエンケティアが押し込んだ。オフサイドラインにいたホールディングのプレー関与の可能性もあり、VARのレビューが入ったものの今度は判定が優位に働き劇的ゴールが認められた。

この結果、格下相手の敗戦こそ免れたアーセナルだが、逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的となると共に重要なEL準決勝のビジャレアル戦を控える中、好調のラカゼットの負傷離脱という懸念材料が新たに出てきた。
関連ニュース
thumb

アーセナルとエバートンがノルウェー代表MFに興味? 降格で移籍金が15億円減額に

シェフイールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(23)に対して、アーセナルとエバートンが興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ベルゲは、2020年1月にヘンクからシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍で加入。ノルウェー期待の若手として注目も集めており、すでにノルウェー代表で24試合に出場し1ゴールを記録している。 今シーズンもシェフィールド・ユナイテッドで中心選手としてプレー。プレミアリーグで14試合に出場し1ゴール1アシストを記録していたが、昨年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦で負傷。以降はハムストリングのケガから復帰できず、その間にチームはチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定してしまった。 注目を集めていたベルゲだが、シェフィールド・ユナイテッドとの契約は3年間残っており、契約解除条項として4500万ポンド(約68億3300万円)がかかるため、どのクラブも二の足を踏んでいた。 しかし、チームが2部に降格したことを受け、その条項が3500万ポンド(約53億1500万円)に減額。そのため、興味を持つクラブが増えたとのことだ。 特にアーセナルは強い関心を示している上、ヘンクで監督を務めていたアルベルト・スタイフェンベルフ氏がアシスタントマネージャーとして在籍。ベルゲとも1年間仕事をしており、高く評価している。 スタイフェンベルフ氏は「彼はすでに非常に成熟している。頭が良く、ゲームをよく読み、主導権を握レル。彼は将来のリーダーになる可能性がある」とコメントしており、元指揮官に引っ張られてアーセナルにやってくるだろうか。 2021.05.07 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタのゲンドゥージが中足骨骨折で今季終了…フライブルク戦最後にアーセナル復帰へ

ヘルタ・ベルリンは7日、U-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージが中足骨を骨折したことを発表した。 アーセナルからシーズンローンでヘルタへと加入しているゲンドゥージ。先発出場した6日のブンデスリーガ第30節のフライブルク戦で負傷し、39分に交代を余儀なくされていた。 そして、ドイツ『キッカー』などの報道通り中足骨骨折で、今シーズン中の復帰は不可能となった。ここまでブンデスリーガ24試合に出場し2ゴール3アシストを記録と、主力として活躍していただけに、残留を争うヘルタにとって大きな痛手に。 去就に関してはアーセナルに復帰する可能性が高く、フライブルク戦がヘルタでの最後の試合となるようだ。 2021.05.07 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「ここがどん底」OBのユングベリ氏がアーセナルに言及「悪化しているパターンを変えるべき」

現役時代はアーセナルで黄金期を支え、指導者としてもクラブに在籍したフレドリック・ユングベリ氏が、古巣について語った。イギリス『BBC』が伝えた。 アーセナルは6日、EL準決勝2ndレグでビジャレアルと対戦。アウェイでの1stレグで1-2と敗れていたアーセナルは、ホームで1-0で勝利すれば決勝へ進めるという状況だった。 そのアーセナルは序盤から攻め込むシーンが見られたものの、ビジャレアルの牙城を崩せず。後半にはエミール・スミス・ロウやピエール=エメリク・オーバメヤンがあわやゴールというシーンを作るが、ポストに嫌われゴールならず。最終的にネットを揺らせないまま試合は終了。2戦合計1-2で敗退となった。 この試合を受け、アーセナルは25年ぶりにヨーロッパの大会に出場しないことが限りなく高まることとなり、多くの批判も寄せられている。 そんな中、ミケル・アルテタ監督の下でアシスタントコーチを務め、ウナイ・エメリ監督解任後に暫定指揮も執ったユングベリ氏は、アルテタ監督がチームに残るべきだとイギリス『BT Sport』に語った。 「監督は留まるべきか、出ていくべきかと言われる。彼は若い監督であり、彼が留まることを願いたい」 「ここがどん底であり、ここから変わっていくことを願っている」 「でも、本当に痛いことだが、クラブへの投資方法を変えて、毎年悪化していくパターンを変える必要があると思う」 2021.05.07 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

悲願のEL決勝進出となったDFパウ・トーレスが歓喜「失望ではなく、感動の涙を流している」

ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスが、クラブ史上初となる欧州カップ戦決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 ビジャレアルは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦。アウェイでの2ndレグを1-2でリードして迎えたビジャレアルだが、試合はアーセナルの猛攻を受ける。 なんども決定機を作られるが、ポストに助けられるシーンも多く、得点を許さなかったビジャレアル。結局0-0のゴールレスドローに終わり、2戦合計1-2で勝利。クラブ史上初となるEL決勝に駒を進めた。 下部組織時代からビジャレアルに所属するパウ・トレースは、悲願の決勝進出についてコメント。喜びをあらわにした。 「今夜は失望ではなく、感動の涙を流している。ビジャレアルは、決勝に到達するための準決勝で多くのチャンスを逃したけど、今、ついに僕たちはやり遂げた」 「これは感動的な瞬間だ。クラブ全体、ファン、会長、去年のチーム…僕たち全員が値する。今は楽しむ時間だけど、それは歴史的なチャンスでもある。決勝に向けてうまく準備することが重要だ」 「僕たちはここで苦しんだ。アーセナルにはチャンスがあった。僕たちはちょっとだけだった。でもこのチームのキャラクターが際立ったと感じている」 また、マンチェスター・ユナイテッドとの決勝についてもコメント。スペインを代表して戦うと意気込んだ。 「今回の相手は素晴らしいチームで、僕たちにとってとても難しい状況になることは間違いない。両方のヨーロッパの大会の決勝が全てイングランドのチームで行われることは望んでいなかったし、それはあり得ないことだ」 「ビジャレアルがスペインのサッカーを代表してUEFAの決勝に出場することは、素晴らしいことだ」 2021.05.07 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

来季の欧州カップ戦出場が絶望的なアーセナル、OBはアルテタ監督を批判「未熟さが仇となった」

アーセナルのレジェンドであるマーティン・キーオン氏が、古巣やミケル・アルテタ監督への不満を爆発させている。イギリス『ミラー』が伝えた。 アーセナルは6日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグで、ビジャレアル相手にゴールレスドロー。1stレグを落としていたチームは、EL敗退が決定した。 プレミアリーグでも34試合を消化した時点で9位と低迷しており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得はもちろん、EL出場権の確保すら極めて難しい状況となっている。 こうした古巣の体たらくについて、イギリス『BTスポーツ』に出演したキーオン氏が不満を爆発。特にアルテタ監督の戦術を辛辣に批判している。 「ビジャレアルとの2試合合計で、(枠内)シュート数は4本だったと思う。ビジャレアルは戦術をコントロールしていた。アルテタにとって(ウナイ・)エメリは賢すぎる相手だと思ったよ」 「プレミアリーグの順位を見れば、順位は9位だ。そしてホーム17試合で19失点している。今シーズンはジェットコースターのようなシーズンだが、グループ全体で一貫性のなさが蔓延しているように感じる」 「監督は大きなプレッシャーを感じているだろう。今回は彼の未熟さが仇となったかもしれない。ただ、アルテタがまだ監督としてここにいる以上、その結果は見守らなければならない」 「私は今夜の試合がチームの救済策になると思っていたが、結局やる気も戦術もなかった。2試合とも、偽の9番や中盤を完全に変えるなどの試みをしていたが、それに適応して変化するための経験があるようには見えなかったね」 「迷っているように見えた。相手は高い位置からプレッシャーをかけてきたが、そこへの対応もできず少し神経質だったと思う。我々は相手に何もできず、戦いもしていない。もし、このスタジアムが満員だったら、あんなプレーは許されないだろう」 「アルテタは経験不足の状態でクラブにやってきた。今夜、彼はチームが若くて経験不足だと話していたが、彼自身もそうだろう」 また、キーオン氏はクラブのオーナーであるスタン・クロエンケ氏も批判。クラブへの愛がないのであれば、一刻も早く手放して欲しいと語った。 「クロエンケはフットボールを愛しているのだろうか。我々には、このクラブを本当に欲しがり、所有したいと思い、愛し、かつてのような状態に戻してくれる人が必要だ」 「アルテタはより大きな投資を必要としている。そして、もしクロエンケがそれを望まないのであれば身を引き、それを望む人に任せるべきだろう」 2021.05.07 11:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly