アーセナルが格下フルアムに劇的ドローも主砲ラカゼットがハムストリング負傷…《プレミアリーグ》

2021.04.18 23:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第32節、アーセナルvsフルアムが18日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。前節、シェフィールド・ユナイテッドに3-0で快勝した9位のアーセナル(勝ち点45)が降格圏の18位フルアム(勝ち点26)をホームで迎え撃ったロンドン・ダービー。

直近のヨーロッパリーグ(EL)でスラビア・プラハに4-0の快勝を収め、EL準決勝進出を果たした好調のチームは、その一戦から先発5人を変更。守護神レノに休養を与えGKライアンを加入後2度目の先発で起用したほか、ペペ、パブロ・マリ、トーマス、ペペに代えてベジェリン、ガブリエウ、エルネニー、マルティネッリを起用した。


立ち上がりにマルティネッリが2度のフィニッシュシーンを作り出すなど、ホームチームが押し込む入りを見せる。だが、時間の経過と共に守り慣れたフルアムの守備が整備されたことで、以降はボールを握りながらも攻め切れない状況が続く。

一方、逆転での残留に向けて勝ち点3がほしいフルアムはスピードとアジリティに長けた前線4枚を起点に虎視眈々とカウンターから一発を狙う。21分にはボックス中央で一瞬浮いたデコルドバ=リードが右足を振り抜くが、DFにディフレクトしたボールはわずかに枠の左に外れ、絶好のチャンスで仕留めきれない。

以降は睨み合いが続き互いにフィニッシュの数が増えていかないクローズな展開に。それでも、前半終盤にかけて攻勢を強めたアーセナルは40分にゴールネットを揺らす。

左サイドで仕掛けたマルティネッリからのクロスをラカゼットが頭でフリック。これを中央で拾ったサカの短い落としをベジェリンがワンタッチで上げると、ゴール左のセバージョスが頭で流し込んだ。しかし、VARのレビューの結果、ラカゼットからサカにボールが繋がったタイミングで非常に微妙ながらもオフサイドを取られてゴールは取り消しに。その後、前半ラストプレーでもラカゼットのクロスが相手オウンゴールを誘発も、ここも直前のスミス・ロウの抜け出しがオフサイドとなった。

微妙なVAR判定の影響もあって0-0での折り返しとなった試合は、後半も立ち上がりにラカゼットのシュート、サカの右ポスト直撃のシュートなどでゴールに迫るアーセナルペースとなる。

しかし、早い時間帯に先制点を挙げることができなかったアーセナルは再び微妙な判定に遭う。

56分、ボックス内に侵入してきたレミナの対応にあたったDFガブリエウが足を一度引っ込めるも微妙に接触してしまうと、このプレーでフルアムにPKが与えられる。その後、直前のアイナの抜け出しに関してオフサイドかどうかの確認が入るも、これもオンサイドとなって正式にPKが認められる。これをキッカーのマジャが豪快に上隅に決め、劣勢のアウェイチームが先制に成功した。

2度の微妙な判定でビハインドを背負うことになったアーセナルはすぐさま反撃を開始。67分にはマルティネッリからの正確なクロスをベジェリンが頭で合わすが、これを枠に飛ばせない。

早い時間帯に追いつき、逆転と持ち込みたい中でアルテタ監督はベジェリンとエルネニーを下げて切り札のペペとトーマスを同時投入。だが、この直後にはスプリントした際に左ハムストリングを痛めたラカゼットがプレー続行不可能となり、急遽エンケティアの投入を余儀なくされる。71分にはボックス右でのマルティネッリの粘りからゴール前のペペに絶好機も、枠を捉えたヘディングシュートはGKアレオラのビッグセーブに阻まれた。

その後、前線の攻撃的なタレントを続けて下げて中盤に守備強度をもたらす守備的な交代策で逃げ切りを図るアウェイチームに対して、アーセナルが決死の猛攻を見せる。

7分が与えられた後半アディショナルタイムではサカ、マルティネッリ、エンケティアと続けての決定機が相手の好守に阻まれて万事休すかに思われた。だが、ホームで29戦無敗(24勝5分け)と圧倒的な戦績を残すお得意様相手に最後の最後に追いつく。

97分、左CKの場面でキッカーのサカが上げたボールを攻撃参加していたGKライアンがニアで頭で合せると、ファーに流れたボールをセバージョスが右足のダイレクトシュート。これはGKアレオラに弾かれるが、詰めたエンケティアが押し込んだ。オフサイドラインにいたホールディングのプレー関与の可能性もあり、VARのレビューが入ったものの今度は判定が優位に働き劇的ゴールが認められた。

この結果、格下相手の敗戦こそ免れたアーセナルだが、逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的となると共に重要なEL準決勝のビジャレアル戦を控える中、好調のラカゼットの負傷離脱という懸念材料が新たに出てきた。
関連ニュース
thumb

「4kgも体重が減った」マラリア感染を振り返るオーバメヤン「最悪の瞬間だった」

アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、マラリア感染を振り返った。イギリス『BBC』が報じた。 アーセナルのエースでありキャプテンを務めるオーバメヤン。しかし、今シーズンはなかなか調子が上がらず、これまでのようにゴールを量産できていなかった。 チームの調子も一向に上がらない中、オーバメヤンは4月に4試合を欠場。その理由はマラリアに感染したことだった。 オーバメヤンは、3月にアフリカ・ネーションズカップの予選を戦うためにガボン代表に合流。そこからチームへと戻り2試合に出場したところで、体調不良を訴えたのだ。 オーバメヤンは当時を振り返り、急激に体調が悪くなったと告白。非常に辛かったと明かした。 「これは本当に大変だった。僕の人生で病気になって最悪の瞬間だった。とても、とても体調が悪かったんだ」 「知っての通り、ガボンに行くことはそんなに近くはない。特にリバプール戦で疲れたんだけど、移動のせいだと思ったんだ」 「3日連続で発熱した。毎日、毎晩、止まらずにだよ。鎮痛剤でも効果はなかった。そして、その後ドクターに相談した」 「アフリカに行ったことがあるので、病院に行く必要があると行った。マラリアだったかもしれない」 「僕は3日間入院した。本当に落ち込み、4kgも体重が減ったと思う。本当に悪い状況だった。僕の家族はこうなったのを見て少し怖がっていたと思う」 そのオーバメヤンだが、4月29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグのビジャレアル戦で終盤に出場し復帰。2日に行われたプレミアリーグ第34節のニューカッスル戦では、ゴールとアシストを記録し、復活して見せた。 6日にはビジャレアルとのEL準決勝2ndレグを迎える。ホームでの勝利が必要な状況だが、重要な一戦に向けて準備はできていると語った。 「90%ぐらいだと感じているけど、このような重要な試合で試合に臨む準備はできていると感じている」 「ピッチ内外で問題が発生し、今年は本当に厳しいシーズンだった。でも、僕の心の中はハングリーで、クラブのために良い形でシーズンを終えたいと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】ビジャレアル戦に向けたアーセナルのトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3VU82ZDNFTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.06 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「DNAを再注入したい」レジェンド、アンリ氏がアーセナルの買収について見解を語る

アーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリ氏が、クラブの買収についてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に参加を表明したアーセナル。しかし、猛烈な反発を受けたことで撤退を表明していた。 この一件で、ファン・サポーターとクラブのオーナーである『クロエンケ・スポーツ&エンターテインメント(KSE)』との間にはもはや埋められない溝ができてしまい、先日はマンチェスター・ユナイテッドのファンがリバプール戦前にボイコットを起こし、試合が開催できない事態に発展していた。 アーセナルのサポーターもエミレーツ・スタジアムに集まり抗議活動をしていた中、1人の男が買収に名乗りを上げた。 それは、音楽ストリーミングサービス『Spotify』の共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるスウェーデン人のダニエル・エク氏(38)。幼少の頃からアーセナルのファンであることを公言しており、今回の件を受けて本気で買収に動いていることを表明している。 そのエク氏には、アンリ氏の他、デニス・ベルカンプ氏、パトリック・ヴィエラ氏とクラブの黄金期を支えたレジェンドたちが賛同。クラブのことを考えてくれると、好意的に受け止められている。 そんな中、アンリ氏はエク氏が目指していることを改めて語り、クラブ再建に向けてファンを巻き込んで、かつての輝きを取り戻したいと主張した。 「彼は無くなってしまったアイデンティティであるアーセナルのDNAを再注入したいと思っている」 「役員会の中には、正しい方向を示すことができるアーセナルの人間がいない。それがダニエルのやりたいことだ」 「ダニエルはアーセナルのファンだ。彼は宣伝のために、長い間アーセナルのファンであるとは言っていない」 「私たちは彼の話を聞いた。彼がファンを巻き込みたいと最初に知った時、私たちは実際にアーセナルのサポーターズ・トラストに会い、やりたいことを彼らに話した。彼らを役員会に戻す」 「彼はすでに資金を集めているし、良い入札ができることを確認していると言った。今や、明らかに彼らは何ができるかを聞いてみる必要があるだろう」 「とても重要なことは、彼らがオーナーに出て行って欲しいと言って、私たちはファンをクラブのDNAとして持つという解決策を提供しようとしているということだ」 一方で、現オーナーのスタン・クロエンケ氏は売却する意思がないことを強調。これを受け、アンリ氏は「時間がかかるだろう」と買収に向けての見解を語るとともに、この先も見守るしかないと語った。 「長い時間がかかるだろう。私たちは自分たちが何をしたいのかを知っているけど、何よりもまず、彼らが聞いているのであれば、引き継ぐことができるのかどうかを確認する必要がある」 「どこまで行けるかは見てみるしかない。彼は手を差し伸べた。どこまで行っているのか、今となってはわからない」 <span class="paragraph-title">【動画】アンリがアーセナルに戻った日</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRRmw1Q0VpdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.05 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

EL決勝、最大9500人の有観客開催に! ファイナリストは6日に決定

欧州サッカー連盟(UEFA)は3日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝の有観客開催を発表した。 今季のELは現在、準決勝1stレグまでスケジュールを消化。6日に予定する準決勝2ndレグのローマvsマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルvsビジャレアルが終わると、いよいよファイナリストが出揃う。 そのなか、UEFAは開催地であるポーランドの当局から承認を経て、26日にスタディオン・エネルガ・グダニスクが会場となる決勝での観客受け入れを決断。収容率25%程度にあたる9500人の観戦を認めた。 チケットは決勝進出の2クラブにそれぞれ2000枚が割り当てられ、一般向けに2000枚が販売。購入希望者は新型コロナウイルス検査の陰性、またはワクチン接種を証明できるものを提示する必要があるという。 なお、準決勝1stレグの結果はユナイテッドがホームでローマに6-2で勝利。ビジャレアルもホームでアーセナルに2-1で先勝している。 2021.05.04 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ボイコットに賛同するアンリ氏「SNSに反対する流れができた」 自身も3月にSNSから撤退

元フランス代表のティエリ・アンリ氏がイングランドサッカー界で行われたSNSボイコットに賛同している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 SNSにおいて、とどまることのない匿名での選手に対する誹謗中傷や人種差別。これに反対する運動として、プレミアリーグ、EFLなど、イングランドの男女リーグに所属するプロチームは4月30日から5月3日までの4日間、SNSでの一切の活動を停止するというボイコットを決行した。 自身も今年3月、人種差別を受けたことを理由に全てのSNSから身を引いたアンリ氏はテレビ番組『マンデー・フットボール』に出演した際、ボイコットについて言及。SNSに反対する風潮が生まれたことを喜んだ。 「みんなが話し合ったからこそ、こういった活動がスタートできた。ちなみに私はまだSNSを止めたままだ」 「結局のところ、もし私がSNSをやめなかったら、誰も私の言葉を聞いてくれなかっただろう。しかし、私がSNSをやめてからは多くの人がそのことについて話してくれたし、SNSに反対するような流れができた 」 また、「人種差別やいじめ、ハラスメント、虐待などの様々な問題が、サッカー選手に対してのものだけではないと知ってもらえたことが何よりも嬉しい。子どもがいる人は、自分たちの子どもが被害に遭うのを見たくないと思う」ともコメント。SNSはサッカー選手のみならず、子どもにも精神的苦痛を与えると警鐘を鳴らした。 2021.05.04 14:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ELビジャレアル戦に弾みがつく勝利のアーセナル、アルテタ監督も満足「木曜日の試合の助けに」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ニューカッスル戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは2日、プレミアリーグ第34節でニューカッスルと対戦。試合は開始5分にモハメド・エルネニーがミドルシュートを叩き込み先制する。 さらに66分には、ガブリエウ・マルティネッリのクロスにピエール=エメリク・オーバメヤンが飛び込み追加点。0-2で勝利を収めた。 6日にはヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでビジャレアルと対戦するアーセナル。タイトル獲得、そして来季のチャンピオンズリーグ出場に向けては負けられない一戦を前に、しっかりと勝利を収めて弾みをつけた。 アルテタ監督は、後半早々に負傷したダビド・ルイスを心配しながらも、ニューカッスル戦でのパフォーマンスに満足感を示した。 「ダビド(・ルイス)のケガは別として、チームをフレッシュに保ち、正しい姿勢を示していた選手にこの試合でプレーする機会を与え、今日だけに集中した。望んでいたのはそれだけだ」 「最初から本当に力強いパフォーマンスだったと思う。試合を支配し、必要な3ポイントを獲得した。これは木曜日の試合も助けてくれるだろう」 また、ビジャレアルとの2ndレグを見据えて選手を入れ替えて臨んだこの試合。選手たちのパフォーマンスを評価した。 「何人かは力強いパフォーマンスを見せたけど、彼らはいつも本当に良い準備を見せてきた。彼らはチャンスに値するし、木曜日の出場も考えてみる」 「木曜日は全員がフィットしていると仮定し、正しい決定を下すことができる」 一方で、今シーズンはパフォーマンスが上がらず、直近ではマラリアに感染するなどして思うような結果が出ていないオーバメヤンがおよそ2カ月ぶりにゴールを決めたが、ここまでやるとは思っていなかったとした。 「我々は彼がそんなにはできないと思っていた。木曜日とその前日は、10分か15分しかプレーできずに苦しんでいたが、翌日から調子が上がってきた」 「今日、彼が元気で、良いパフォーマンスをして、ゴールを決めたことは良いことだ。本当にポジティブなことだと思う」 しっかりと結果を残し、パフォーマンスも上々だったアーセナル。アルテタ監督は改めて評価し、木曜日に繋げたいと語った。 「今日は強力でとても納得のいくパフォーマンスをしたと思う。我々は2つのゴールを決め、クリーンシートを保ち、ポイントを獲得し、個人のパフォーマンスもとてもよかった」 「唯一のマイナスは、ダビドのことだ。我々にとってどれほど重要かは理解している。今日、彼を失ってしまったようだ」 「我々はスペインを離れていた。今日の試合の準備をし、適切な休養を与え、そして精神的にこの試合に集中することが重要だと信じていた」 「適切な選手を選び、彼らのようにプレーし、パフォーマンスを発揮しなければならなかった。このメッセイジは本当にハッキリと伝わったと思っている」 2021.05.03 08:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly