セビージャがラ・レアルに逆転勝利で3連勝! 上位3チームにプレッシャー!《ラ・リーガ》

2021.04.18 22:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第33節、レアル・ソシエダvsセビージャが18日にアノエタで行われ、アウェイのセビージャが1-2で逆転勝利した。5位のレアル・ソシエダ(勝ち点47)と、4位のセビージャ(勝ち点61)が激突した上位対決。

直近4勝1分けで優勝争いに絡む勢いを見せるセビージャは4-3で打ち勝った直近のセルタ戦からラキティッチに代えてパプ・ゴメスを起用した以外同じメンバーを継続した。


試合は開始早々に動く。5分、右サイドを攻め上がったエルストンドのクロスがDFに当たってコースが変わりボックス中央に流れると、これをカルロス・フェルナンデスがワントラップから左足のシュートでゴール左隅に流し込み、移籍後初ゴールを古巣相手に決めた。

先にリードを奪われたものの、慌てないセビージャは直後の11分にエン=ネシリがゴール前で続けて惜しいヘディングシュートを放つなど、すぐさま反撃に打って出る。

すると、22分には右サイドで高い位置を取ったヘスス・ナバスからのクロスをニアに飛び込んだファルナンドがヘディングでフリック。これがDFに当たって自身の足元に戻ってくると、冷静にゴールネットへ流し込んで早い時間帯の同点ゴールとした。

さらに、畳みかけるアウェイチームは同点から2分後にオカンポスがボックス手前から放ったシュートが左ポストを叩くと、このこぼれ球に反応したエン=ネシリが冷静に押し込んで瞬く間に逆転まで持って行った。

これで完全に流れを引き寄せたセビージャは以降も攻守両面で相手を上回り、オカンポスを起点とした鋭い攻めから幾度も相手ゴールに迫っていく。36分にはセットプレーの流れからクンデ、フェルナンドがGKレミロに好守を強いると、39分にも右CKからフェルナンドの頭でのフリックに反応したゴール左のエン=ネシリが頭で押し込みにかかるが、これは惜しくも左ポストを叩きドブレーテ達成とはならず。

それでも、フェルナンドの2試合連続ゴールと主砲エン=ネシリの今季16点目によって1点リードで試合を折り返したセビージャは、後半の立ち上がりこそ相手に押し込まれる入りとなったが、先に決定機を作り出す。

57分、最後尾のジエゴ・カルロスからのフィードに対して相手DFが完全に被ったことでエン=ネシリがフリーでボックス付近まで運んでやや遠目の位置から左足でニアを狙ったシュートを放つが、これを枠の左に外してしまい、絶好機を逸した。

その後は流れの中では攻め手がないものの、セットプレーから幾度かチャンスを作りかけるホームチームの時間帯が続くも、セビージャも持ち味の堅守で簡単にゴールを割らせない。

その後、互いに積極的に交代カードを切っていく中で球際のバトルが強調される白熱の攻防が繰り広げられていく。だが、セビージャは前半のリードを最後まで守り抜き試合をクローズ。

この結果、難敵ラ・レアルに敵地で競り勝ったセビージャが3連勝を飾り、上位3チームにプレッシャーをかけることに成功した。
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ注目プレビュー】首位浮上のチャンス得た満身創痍のレアル・マドリーが難敵セビージャと激突!

ラ・リーガ第35節、レアル・マドリーvsセビージャが、日本時間9日28:00にアルフレド・ディ・ステファノでキックオフされる。首位浮上のチャンスを得たマドリーが難敵セビージャと激突する、覇権争いを左右するビッグマッチだ。 残り4節となった今季のラ・リーガにおいて今節は、上位4チームが直接対峙する決定的な一節に。そして、8日に先に行われた首位アトレティコ・マドリーと、3位バルセロナの首位攻防戦は0-0のドローに終わり、アトレティコが勝ち点77、バルセロナが勝ち点75と1ポイントずつを積み上げることになった。 この結果、アトレティコとの当該成績で優位に立つ前節終了時点で2位のマドリー(勝ち点74)は、自力でのラ・リーガ連覇の可能性が復活。また、4位のセビージャ(勝ち点70)にもわずかながら逆転での優勝の可能性が残り、今回の上位対決は俄然注目度を増すこととなった。 前節、一部主力を温存した中、オサスナに競り勝ったマドリーだが、5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではチェルシーに0-2の完敗を喫し、ビッグイヤー奪還の夢が潰えることに。また、負傷者や主力の勤続疲労に悩まされる満身創痍の状態にあり、ロンドンでのアウェイゲームから中3日での難敵とのビッグマッチは非常にタフなものとなるはずだ。 それでも、常勝が義務付けられるエル・ブランコとしては、今季唯一獲得可能なタイトルに向け100%のパフォーマンスを見せ、CL敗退からのリバウンドメンタリティを示すことが求められる。 対するセビージャは前節のアスレティック・ビルバオ戦での敗戦によって連勝が「5」でストップ。1945-46シーズン以来、2度目のプリメーラ制覇から大きく後退した。それでも、最大の目標だった来シーズンのCL出場権をすでに確保しており、上位3チームに比べ余計な重圧なく残り試合に臨むことができる。逆転優勝には大きな運が必要となるが、まずは今回の上位対決を制して少しでも勝利の女神を振り向かせたい。 なお、昨年12月に行われた前回対戦はほぼ互角の勝負だったが、FWヴィニシウスが誘発したGKブヌのオウンゴールによってマドリーが1-0のスコアで競り勝っている。 ◆レアル・マドリー◆ 【4-3-3】 ▽レアル・マドリー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:クルトワ DF:オドリオソラ、ミリトン、ナチョ、マルセロ MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース FW:アセンシオ、ベンゼマ、アザール 負傷者:DFセルヒオ・ラモス、ヴァラン、カルバハル、メンディ、MFルーカス・バスケス 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては長期離脱組に加え、チェルシー戦に強行出場して負傷が再発したセルヒオ・ラモス、メンディが欠場となる。 チェルシー戦では3バック採用も招集メンバーの顔触れを見ると、今回の一戦では4バックへの変更が確実だ。スタメンに関しては右サイドバックと両ウイングの人選に注目が集まる。右サイドバックはオドリオソラかバルベルデ、両ウイングはチェルシー戦で低調なパフォーマンスに終始したアザールを引き続き起用するのか、アセンシオ、ヴィニシウス、ロドリゴのいずれかに変更するのか、フランス人指揮官の用兵はいかに。 ◆セビージャ◆ 【4-3-3】 ▽セビージャ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ブヌ DF:ヘスス・ナバス、クンデ、ジエゴ・カルロス、アクーニャ MF:ジョルダン、フェルナンド、ラキティッチ FW:スソ、エン=ネシリ、オカンポス 負傷者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはコンディションの問題で今週の一部トレーニングを回避していたクンデ、ジョルダン、エン=ネシリの3選手が無事遠征メンバー入りを果たしており、全選手が起用可能な状況だ。 スタメンに関しては前述のメンバーを予想したが、ジョルダンやラキティッチに代わってより攻撃的なパプ・ゴメスが起用される可能性も。また、エン=ネシリの状態次第ではルーク・デ・ヨングのスタートもあるはずだ。 ★注目選手 ◆レアル・マドリー:FWエデン・アザール <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> マドリーの注目プレーヤーは古巣対戦においてピッチ上のパフォーマンス、試合後の態度でマドリディスタの不興を買った背番号7。マドリー加入2年目も度重なる負傷やオーバーウエイトとプロとしての資質に疑問符が付くベルギー代表FW。先月下旬の戦列復帰後は久々のスタメンを飾ったオサスナ戦ではトップ下のポジションでまずまずのパフォーマンスを見せたものの、スタンフォード・ブリッジ凱旋で古巣相手にチームを勝利に導くプレーが期待されたCL準決勝2ndレグでは攻守両面で期待外れの結果に終わった。さらに、チームメートが敗退の失意に暮れる中で一人かつての同僚と談笑する姿をみせ、マドリディスタの怒りを買いSNSでの謝罪に追い込まれた。 ここ2シーズンの体たらくを受け、クラブ、マドリディスタからの信頼は地に落ちており、一部では今夏の放出の可能性も報じられている。現時点で本人が来季以降もマドリードでのキャリア続行を熱望しているかは不明だが、自ら招いた窮地から脱するためにはピッチ上でのパフォーマンスで取り返すしかない。堅守を誇る難敵相手に決定的な仕事を見せたい。 ◆セビージャ:FWユセフ・エン=ネシリ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セビージャの注目プレーヤーはキャリアハイ更新中の若き主砲だ。マラガ、レガネスで研鑽を積んだ後、2020年1月にセビージャへのステップアップを果たした23歳のモロッコ代表FWは加入2年目となった今季に本格ブレイク。高い身体能力を生かした馬力のある仕掛けに、簡単に競り負けないパワーを武器に前線の主力を担うと、今シーズンは左足、ヘディングの精度に磨きをかけてキャリアハイを大きく更新するラ・リーガ17ゴールを挙げている。そして、今夏の移籍市場に向けてはリバプールやウェストハムなどプレミアリーグの強豪クラブからの強い関心も伝えられるところだ。 ただ、今季ここまではレアル・ソシエダ戦でハットトリック、CLドルトムント戦でドブレーテを記録している一方、ラ・リーガの3強など強豪相手の試合では結果を残すことができておらず、その点は更なる高みに到達する上での課題となっている。そういった意味で今回の上位対決は自身の価値を証明する大きなチャンスとなっており、対マドリー7戦目にして初ゴールを奪いたい。ゴール前だけでなくサイドの深い位置に流れてのプレーを得意とすることもあり、守備に不安がある相手両サイドバックとのマッチアップを意図的に狙いたいところだ。 2021.05.09 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオに敗れ優勝戦線から後退のセビージャ、落胆のクンデ「これから全試合に勝たないと…」

セビージャに所属するU-20フランス代表DFジュール・クンデが敗戦を悔やんでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。 ラ・リーガ4位のセビージャは3日、第34節でアスレティック・ビルバオと対戦。試合終了間際の90分に失点を許し、0-1で敗れた。 これで首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差「6」まで開いてしまい、4試合を残してリーグタイトル獲得が遠ざかったセビージャ。クンデは試合後、「難しい結果になったね。チャンスを掴むために勝ちたかったから、とても残念だ」と悔しさを語った。 また、リーグタイトルについては「数字的には可能だけど、すでにとても難しい状況になっている」とコメント。その一方で「ここから最終節まで、全試合に勝たないといけないね」と諦めない姿勢も示した。 2021.05.04 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

タイトル争いから一歩後退のセビージャ、指揮官は審判の判定に疑問「かなり明確なPKが…」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が勝つべき試合で敗れたことを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ラ・リーガ4位のセビージャは3日に行われた第34節でアスレティック・ビルバオと対戦。現在リーグ戦5連勝中であり、タイトルも十分に狙える状況の中、この試合でも多くのチャンスを創出したが、相手GKの好セーブに阻まれ続けると、試合終了間際に失点して、0-1で敗れた。 この結果、連勝ストップとなったセビージャは3位バルセロナ、2位レアル・マドリーとの勝ち点差が4ポイント、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が6ポイントまで広がっている。 タイトル争いの中で痛恨の敗戦となってしまったことに対して、試合後のインタビューに臨んだロペテギ監督も勝つべき試合だったと落胆。同時に、試合中の判定にも不満を漏らしている。 「チャンスがあっただけに、勝ち点3に値する試合を落としてしまったことは悲しい。我々はチャンスを活かせず、最後の20分でペースを欠き、ミスから失点してしまった。相手のベスト選手はGKだったね。彼は5、6個の明確なピンチを防いだ」 「かなり明確なPKがあったと思う。我々はこれまでもっと怪しいPKを取られたこともあったが、主審もVARも見ていなかったようだ。我々にとって不運な判断であり、残念な決定だった」 また、ロペテギ監督はこの試合こそ敗れたものの、素晴らしいシーズンを送ってきたと強調。リーグ残り4試合に向け集中を続けていきたいと意気込んだ。 「チームはここまで並外れたシーズンを送ってきた。そして、ここ数試合でも成長し続けたいと思っていたんだ。残り4試合ある以上、次の試合に集中していきたい」 2021.05.04 10:58 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤被弾のセビージャ、連勝ストップで上位陣追走ならず…《ラ・リーガ》

セビージャは3日、ラ・リーガ第34節でアスレティック・ビルバオとホームで対戦し0-1で敗戦した。 リーグ戦5連勝と絶好調の4位セビージャ(勝ち点70)は、前節のグラナダ戦のスタメンから最前線のL・デ・ヨングをエン=ネシリに変更した以外は、同じスタメンで試合に臨んだ。 リーグ戦7試合負けなしの10位ビルバオ(勝ち点42)に対し、立ち上がりから攻勢をかけるセビージャは8分に最初のチャンス。ドリブルでボックス右から侵入したスソのクロスをファーサイドで飛び込んだオカンポスが右足に当てたが、バウンドしたボールは枠の上に外れた。 セビージャは20分にも、ヘスス・ナバスの右クロスをファーサイドのラキティッチが左足ボレーでゴールに迫ったが、このシュートはゴール右に逸れた。さらに24分には、アクーニャの左クロスからエン=ネシリがヘディングシュート。しかし、これはGKウナイ・シモンの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、セビージャは39分にスソの浮かせたパスをボックス左横で受けたアクーニャがグラウンダーのクロスを供給すると、中央で納めたエン=ネシリが左足を振りぬいたが、シュートは再びGKウナイ・シモンのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も両サイドから攻撃を組み立てるセビージャは、50分に右サイドから仕掛けたヘスス・ナバスのクロスがバレンシアガの右手に当たるも主審は故意でないと判断しノーハンドの判定に。 主導権を握りながらもゴールが遠いセビージャは、68分にラキティッチとスソを下げてL・デ・ヨングとジョルダンを投入。すると77分、オカンポスとのパス交換で左サイドからボックス手前に切り込んだアクーニャの強烈なミドルシュートがゴール右隅を捉えたが、三度GKウナイ・シモンの好セーブに阻まれた。 終盤に入っても圧力をかけ続けるセビージャだったが、試合終了間際にビルバオのロングカウンターか失点する。90分、左クロスのクリアを自陣中盤で拾ったサンセがドリブルで持ち上がると、DFをひきつけラストパス。これを受けたイニャキ・ウィリアムズが冷静にGKとの一対一を製紙、ゴール右にシュートを突き刺した。 先制を許したセビージャは最後まで諦めずにゴールを目指したものの、このままアスレティックに逃げ切られて痛恨の敗戦となった。この結果、セビージャは3位バルセロナ、2位レアル・マドリーとの勝ち点差が4ポイントに、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が6ポイントに広がった。 2021.05.04 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

75年ぶりの国内制覇に向け戦うセビージャ、ロペテギ監督「いつものように試合に臨む」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、アスレティック・ビルバオを深く分析し、準備を整えているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 3日にラ・リーガ第34節アスレティック戦を控えているセビージャ。第33節終了時点での勝ち点を「70」とし、チャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位に位置している。 アスレティック戦に勝利すると、首位のアトレティコ・マドリーとの勝ち点差が「3」に縮まり、優勝の可能性が広がる大切な一戦。国内リーグ75年ぶりの制覇を手繰り寄せるべく、指揮官は目前の試合に向けて準備を進めている。 「我々は次のアスレティック戦に焦点を当てているだけだ。 バルセロナやレアル・マドリー、アトレティコ・マドリーを破ってきたライバルとの一戦。優れた監督と、才能ある選手、若手もベテランもいる相手」 「難しいことは理解している。多くの熱意、集中力、モチベーション、そして難しさがある」 「いつものように試合に臨む。アスレティックは、あらゆる点で優れたチームであり、フィジカルの高い選手やクオリティの高い選手に加え、明確なゲームプラン、個性豊かな監督がいる」 「また、代表選手だけでなく将来有望な若者もいる。素晴らしいチームと戦うためには、十分な準備をしなくてはならない」 2021.05.03 15:39 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly