C大阪、丸橋の今季初ゴールで3連勝中の浦和を下し4試合ぶり白星【明治安田生命J1第10節】

2021.04.18 19:48 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第10節、セレッソ大阪vs浦和レッズが18日にヤンマースタジアム長居で行われ、C大阪が1-0で勝利した。勝ち点3差でまみえる両チーム。しかし、直近3試合の戦績は真逆で、C大阪は6位につけているが1分け2敗と3戦勝ち無しの状況。対して浦和は、わずか1勝だった3月とは打って変わって、4月に入り3連勝と調子を上げてきている。

C大阪は前節J1の100試合目を自らのゴールで飾った進藤を4試合連続でスタメン起用し、前節までと同じ[4-4-2]の布陣で臨む。浦和レッズは、今節は柴戸をアンカーに置き、その前に小泉と伊藤敦樹を並べる[4-1-4-1]の布陣を採用した。


立ち上がり、バックラインからの慎重な組み立てで相手を引き付けていくC大阪に対し、浦和は中盤が大きく動き、縦に速いビルドアップを展開する。一方、守備の面では、C大阪はコンパクトなブロックを形成。浦和は相手のセンターバックにボールが入った段階で前線からプレスをかけていく。互いに球際での激しい争いを繰り広げ、アタッキングサードまでボールを持っていくが決定機にはつながらない。

徐々に試合は浦和のペースになり、19分にペナルティアーク付近から関根がシュートを放つと、そのこぼれ球を拾った西が関根に戻し再びシュートへ。しかし、枠を捉えることができず、ポゼッションで攻めあぐねる浦和だが、バイタルエリアで攻めあぐねる時間が続く。

そんな中45分、敵陣でボールを奪った浦和がボックス左手前の小泉にボールを渡し攻撃開始。小泉は中央へ運び、武藤とのパス交換からスペースを作ると、ボックス手前で右足のシュートフェイントから左足でシュートを放つ。強烈なシュートが枠を捉えたが、ここはGKキム・ジンヒョンがさすがの好セーブを見せた。

ゴールレスで終えた前半を受けて両チームの指揮官はハーフタイムで動きを見せる。C大阪は両サイドハーフを変更。浦和は攻撃に更なるアクセントを付けるため中盤の伊藤敦樹に代えて興梠を投入し、武藤との2トップを形成する。

49分、浦和はピッチ中央の競り合いのこぼれ球を小泉が拾ってチャンス到来。そのスルーパスを受けた明本がボックス左からシュートを放ったが、ゴールの左へ外れる。続く50分には、今度は槙野のロングフィードから右サイドの関根にボールが渡り、カットインからシュートへ。しかし、これも枠へ収めることはできなかった。

浦和の攻勢が続く中、52分に武藤のシュートがスライディングブロックに入った丸橋の腕に当たるシーンが。後にVARによる確認が入るがPKは取られず。胸を撫で下ろしたC大阪はここから徐々に盛り返していく。

59分、今度はC大阪の松田陸の放ったシュートが小泉の腕に当たるが、これもPKにならず。立て続けのVAR介入で、やや試合が荒れることになったが、その直後に均衡が崩れた。

66分、中島のシュートでCKのチャンスを得たC大阪は、右から中島がクロス。山田のヘディングシュートは相手に当たったが、そのこぼれ球を丸橋が利き足とは逆の右足で流し込み、待望の先制点を挙げた。

失点した浦和はさらに攻めの姿勢を強くする。69分、ボックス右で西のスルーパスを受けた武藤のクロスを興梠がヘディングシュート。80分には、ボックス右から西が上げたクロスに関根が飛び込み頭で合わせるが、どちらも枠を捉えることができない。

追加点の欲しいC大阪も85分、浦和のCK直後に得たFKを素早くリスタートしカウンターへ。右サイドの奥埜へ展開し、アーリークロスを供給。中島がダイビングヘッドで合わせるが、惜しくも枠の左へ外れた。

後半は2度のオンフィールドレビューの影響もあり、7分と長いアディショナルタイムが設定されたが、試合は動くことなくこのまま終了。丸橋の今季初得点を守り切ったC大阪が4試合ぶりの白星を手にした。

セレッソ大阪 1-0 浦和レッズ
【C大阪】
丸橋祐介(後21)
関連ニュース
thumb

C大阪痛手…チーム得点王の大久保嘉人が全治最大4週間の離脱、ダービーで負傷交代

セレッソ大阪は9日、元日本代表FW大久保嘉人の負傷離脱を報告した。 大久保は2日に本拠地で行われた明治安田生命J1リーグ第12節のガンバ大阪戦に先発。VAR判定でノーゴールになったものの、序盤からゴールネットを揺らしたほか、セットプレーからのワンタッチシュートでも得点の匂いを感じさせる動きを披露したが、18分に左太もも裏付近を痛め、23分にピッチを後にした。 そして、クラブが発表した診断結果によると、左ハムストリング筋損傷で全治3〜4週間の見込み。15年ぶりのC大阪復帰を果たした今季はここまでJ1リーグ12試合に出場して、チーム得点王となる5得点の活躍で攻撃陣を引っ張ってきただけに、当面の離脱は痛手となりそうだ。 なお、C大阪は現在、6勝3分け5敗の6位に位置。新戦力のオーストラリア代表FWアダム・タガートやFW豊川雄太といった残るストライカー陣の奮起が求められる。 2021.05.09 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

2発完勝の川崎Fが15戦無敗の3連勝で首位独走を維持! G大阪は4戦未勝利【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が8日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、アウェイの川崎フロンターレが2-0でガンバ大阪を下した。 消化試合数こそ少ないものの、8試合で2得点の攻撃が課題となり、18位と大きく出遅れるG大阪は公式戦4連敗中の対川崎F戦に向け、一美が今季初先発。奥野と佐藤もスタートから出場した。 一方、異例の天王山2連戦を連勝で飾り、今季開幕から14戦無敗で首位を走る川崎Fは3選手を変更。中3日の日程も考慮して谷口、登里、三笘がベンチに座り、車屋、脇坂、長谷川が先発した。 立ち上がりこそ前線からの守りをカウンターやボール保持に繋げ、執拗以上に押し込まれるのを回避したG大阪だが、川崎Fがほぼ7割のポゼッションと鋭い切り替えで徐々に押し込み始める。 その川崎Fは20分、左CKのチャンスからキッカーの田中が右足クロスを供給すると、ファーサイドのジョアン・シミッチがヘディング。ゴール右に飛ぶが、GK東口がファインセーブで阻む。 それでも、41分のカウンターから川崎Fが先取。敵陣中央の脇坂が出したスルーパスで右サイドバックに入る佐藤の背後を取り、ボックス左に抜けた長谷川が三浦も交わすと、レアンドロ・ダミアンが左足でこぼれ球を押し込んだ。 押し込まれる時間を無失点で凌ぎ、前半終盤の攻め返しに繋げたものの、カウンターから守りが崩れ、リードを許したG大阪。後半から巻き返しを図りたいところだが、川崎Fが攻勢を強める。 51分に脇坂の左足フィニッシュが左ポストを叩いた川崎Fは続く53分に家長が相手DFにディフレクトしたシュートで古巣ゴールに迫ると、58分にもL・ダミアンがヘディング。GK東口が再三、立ちはだかるが、鋭い攻撃を転じ続ける。 守護神の奮闘が光るG大阪は60分過ぎから徐々に盛り返すなか、66分にボックス左から宇佐美がフィニッシュに持ち込むが、GKチョン・ソンリョンが対応。川崎Fが守りでも集中を切らさない。 攻めの時間を増やすG大阪はその流れに乗じて追いつこうと、飲水明けの70分に矢島と倉田の交代に乗り出すが、同じタイミングに三笘と登里を送り出した川崎Fの交代策が見事に的中する。 76分、最終ラインの登里が左足で相手最終ラインの背後にフィードを蹴り出すと、左サイドの三笘が反応。佐藤を振り切り、そのままボックス左に抜け出した三笘が右足シュートをゴール右下に流し込み、G大阪の突き放しに成功した。 G大阪は81分に残る交代枠でパトリック、チュ・セジョン、チアゴ・アウベスを送り込むが、最後までこじ開けられず、これで4試合未勝利。川崎Fは15戦負けなしの3連勝を成し遂げ、2位名古屋グランパスとの勝ち点9差を維持した。 ガンバ大阪 0-2 川崎フロンターレ 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前41) 三笘薫(後31) 2021.05.08 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がショック振り払う3試合ぶりの白星! J1通算300試合出場の吉田がC大阪撃破の決勝ゴール【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、名古屋グランパスvsセレッソ大阪が8日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が1-0でC大阪を下した。 川崎フロンターレとの頂上決戦で連敗を喫し、立て直しを図りたい名古屋は今節もマッシモ・フィッカデンティ監督に代わり、コーチのブルーノ・コンカ氏が指揮を執るなか、前節からスタメンを3人変更。成瀬に代わって右サイドバックに入った森下は今季初先発となった。 一方、勝って上位を追走したいセレッソ大阪はガンバ大阪との大阪ダービーからスタメンを1人入れ替え、負傷の大久保が欠場。初先発の中島が左のサイドハーフで起用され、中盤を流動的にした[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 守備組織が整理された両者の試合は前半、危険なエリアでボールが収まる場面がほとんど生まれない展開に。8分に米本が放ったヘディングシュート以外、ボックス内での目立ったシーンは互いに作れなかった。ならばと、セオリー通りにミドルシュートでゴールに迫る両チーム。15分には中島、続く31分にマテウスが狙うも、両GKが立ちはだかる。 そうしたなか、C大阪は今季初スタメンの中島が右足を痛め、38分に無念の負傷交代。高木が同ポジションに急きょ入った。 ゴールレスで折り返した試合は後半の立ち上がりにC大阪がチャンス。47分に坂元、高木が続けざまにシュートを放つも、得点には至らない。攻撃のギアを上げたい名古屋は56分に動く。相馬に代えて斎藤を投入。すると、齋藤が直後に米本のパスに反応し、ディフェンスラインの背後に抜け出してペナルティエリア右からシュートを放つ。オフサイドの判定となるも、徐々に名古屋の流れに傾き始める。 その名古屋が59分にマテウスの鋭いFKに丸山が頭で合わせ、60分にも柿谷のミドルシュートでゴールに迫ると、66分にスコアを動かす。柿谷がペナルティエリア内でドリブルを仕掛けようとすると、チアゴが対応。しかし、ヒールパスのような形で流れると、そのこぼれ球が吉田のもとに流れる。これを吉田がすべり込みながら落ち着いて左隅に流し込み、ネットを揺らした。 副審はフラッグを上げたが、主審はDFのクリアだと見極めてゴールを認定。VARチェックでも判定は覆らず、名古屋はこの試合がJ1通算300試合出場目となる吉田の自ら華を添える貴重な今季初ゴールで待望の先制点を奪取する。 追い付きたいC大阪は直後に2枚替えを決行して、清武と豊川に代えて西川と加藤を投入。攻勢を強め、両サイドからクロスが増え始め、88分には坂元のFKにチアゴが飛び込むが、GKランゲラックにキャッチされる。 結局、柿谷、山崎に代えて長澤、木本を投入して逃げ切りを図った名古屋はアディショナルタイムでもうまくゲームをコントロールし、得意のウノゼロで3試合ぶりの勝利。C大阪は2試合で白星なしとなった。 名古屋グランパス 1-0 セレッソ大阪 【名古屋】 吉田豊(後21) 2021.05.08 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ガンバとセレッソの大阪勢、緊急事態宣言延長で数試合をリモートマッチに

ガンバ大阪とセレッソ大阪は8日、政府による緊急事態宣言の延長を受けて、期間中におけるそれぞれホーム戦のリモートマッチ(無観客)開催を発表した。 東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言は7日に対象エリアに愛知、福岡の両県も新たに追加され、31日までの延長が決定。これを受けて、G大阪とC大阪はそれぞれ大阪府による要請に基づき、期間中のホーム戦数試合をリモートマッチで開催することを決定した。 G大阪は12日に行われる第20節のサンフレッチェ広島戦と16日に予定する第14節の浦和レッズ戦がリモートマッチに。C大阪は23日に催される第15節の広島戦をリモートマッチで実施する。 なお、期間中のG大阪は第16節の徳島ヴォルティス戦(27日)と第17節の横浜FC戦(30日)もホームで予定。それらの試合に関しては決まり次第、告知するとしている。 2021.05.08 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴールレスドローで鳥栖は3連勝ストップ、広島は6戦未勝利に【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が8日に駅前不動産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 3位・鳥栖(勝ち点26)と8位・広島(勝ち点17)の対戦。鳥栖は前節、ヴォルティス徳島をホームで2-0で下して3連勝。今節は2度目の4連勝を目指す。一方の広島は5戦未勝利。前節はヴィッセル神戸に前半だけで3ゴールを許し完敗を喫した。 前節と同じ11人を起用した鳥栖に対し、2人入れ替えた広島が序盤の主導権を握る。まずは2分、CKの流れから今日がJ1通算400試合目の出場となる青山がミドルシュートで相手を牽制。11分には、相手のパスを奪った浅野がシュートまで運んだが、ここは枠を捉えられず。 なおも攻勢が続くアウェイチームは13分に決定機を迎える。前線から果敢にプレスをかける鮎川が最終ラインのエドゥアルドからボールを奪取。そのままゴール前まで侵入し、GKと一対一の局面を迎えたが、シュートは朴一圭のファインセーブに遭った。更にその直後のFKでは、敵陣左サイドのやや離れた位置から森島が狙ったシュートが左ポストを直撃するなど、先制の匂いをうかがわせる展開に。 しかし、その後も何度かゴールに迫った広島だが、今一つフィニッシュの精度が上がらない。最前線で奮闘する鮎川も空回りするうちに、徐々に鳥栖も押し返してくる。すると45分、広島陣内でボールの奪い合いになる中で、ボールはボックス左の林の下へ。林は荒木のマークをターンで振り切り左足でニアを狙ったが、ポストに嫌われゴールならず。試合はゴールレスで折り返した。 後半立ち上がりに林のシュートでゴールに迫った鳥栖は、54分にも樋口のミドルシュートで強襲。ハーフタイムにかけて勢いを持続させて点を取りにいく。その中で広島は57分、エゼキエウを下げて永井を投入し、先にテコ入れを図った。 対する鳥栖も72分に2選手を入れ替え。その直後に樋口がミドルシュートを放つも、ここはGK大迫に阻まれる。広島も75分、自陣中央でこぼれ球を拾った浅野がそのままドリブルを開始。スピードに乗って相手を次々と躱し、最後はボックス手前左から左足を一閃。決まっていればスーパーゴールだったが、GK朴一圭がそれを許さなかった。 GK朴一圭は、広島のロングボールに対しても高い位置を取りながらピンチを未然に防ぐ。時にはディフェンスラインまで上がり、組み立てに参加するプレーも。 後半は完全に主導権を奪い返して攻め込んだ鳥栖だったが、最後までゴールが遠く、連勝は「3」でストップ。一方の広島は6戦未勝利となった。 サガン鳥栖 0-0 サンフレッチェ広島 2021.05.08 15:59 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly