名古屋がついに初黒星!9戦連続無失点の相手に2得点の鳥栖が暫定3位浮上【明治安田J1第10節】

2021.04.18 17:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第10節、名古屋グランパスvsサガン鳥栖が18日に豊田スタジアムで行われ、1-2で鳥栖が勝利した。4日前に行われた第19節分のサンフレッチェ広島戦で、J1記録の連続無失点記録を9試合に伸ばした名古屋。失点は開幕戦のオウンゴールのみで、ここまでわずか1失点という脅威の堅守を誇っている。

対する鳥栖も守備が売りのチーム。失点数では名古屋に次ぐ3失点という少なさで、初失点を喫した第7節のセレッソ大阪戦まで開幕から無失点を続けていた。だが、4日前に行われた第18節分のガンバ大阪戦は0-1で敗れており、G大阪の今季初ゴールを許した試合でもあった。


そんな鉄壁を誇る両チームによる一戦は、意外にも開始早々に動いた。6分、左サイドで大畑のスルーパスに反応した酒井が深い位置からクロスを供給。これに対し、丸山の前に飛び込んだ林が頭で合わせると、シュートは右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。

あっさりとクリーンシート記録が破られた名古屋。得意のウノゼロ勝利の可能性はこれでなくなったため、ボールを握って攻勢を仕掛けていく展開に。だが、ポゼッションでは勝るものの、やはり相手は守備が自慢の鳥栖。なかなかシュートまで運べない時間が続く。

その中で相手のFKを奪ってロングカウンターに出る場面もあったが、最後のマテウスのシュートは大きく枠を外れた。

ホームチームが攻めあぐねる中、アウェイチームは強かにゴールを狙う。45分、敵陣中央でFKを獲得した鳥栖は、樋口がゴール前に送ったボールは一度返されるも、頭で繫いで再びゴール前へ。すると、長澤のクリアミスを酒井がペナルティアークからダイレクトシュート。これがゴール右に決まり、わずか1失点だった名古屋から2点目を奪った。

後半から名古屋は阿部と長澤を下げて柿谷と米本を投入。対して、本田と仙頭を入れ替えた鳥栖が先にチャンスを迎える。52分、敵陣左サイドの深い位置でボールを奪った酒井からボックス中央の林へ。林は粘り強いキープから左足でゴールを狙ったが、惜しくも枠の右へ。決定的な3点目とはならなかった。

名古屋は54分にも2枚替え。宮原と前田に代わり、森下と相馬がピッチへ。今季加入の森下は、昨季にプロデビューした古巣の鳥栖で移籍後初出場となった。

柿谷の投入で攻撃に深さが加わった名古屋。68分には森下と柿谷の交代選手がチャンスを作るが、ここはGKに阻まれる。さらにそのCKでマテウスのクロスに合わせたのは米本。ここも外してしまったものの、投入された選手がゴールに迫っていく。

すると迎えた85分、終盤にかけて攻撃のギアを上げた名古屋は、相手のゴールキックを奪い、素早く速攻に転じた森下が右サイドからクロス。これは相手に跳ね返されるが、そのセカンドボールに稲垣がダイレクトボレーでシュートを放つと、ゴール前にDFに当たってゴールイン。稲垣の今季4点目で1点差に詰め寄った。

しかし、名古屋の反撃はここまで。6分と長めに取られた後半アディショナルタイムも鳥栖がきっちりと凌ぎ切り、1-2で勝利。名古屋に初黒星を付けると共に、暫定で3位に浮上した。

名古屋グランパス 1-2 サガン鳥栖
【名古屋】
稲垣祥(後40)
【鳥栖】
林大地(前6)
酒井宣福(前45)
関連ニュース
thumb

横浜FMが好調同士の一戦を制し、11戦無敗の4連勝! 神戸は9試合ぶり黒星【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が9日に日産スタジアムで行われ、2-0で横浜F・マリノスが勝利した。 4位・横浜FM(勝ち点24)と5位・神戸(勝ち点23)による上位対決。前節はFC東京にオナイウ阿道のハットトリックで快勝した横浜FMは、第2節以降の無敗を継続するとともに、直近3連勝を収めた。2試合連続でのクリーンシートと守備陣も安定し始めた中、攻撃もしっかりとハマり3試合連続の3ゴール以上と好調を維持している。 対する神戸も、前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、こちらも3-0と完勝。苦手としていた相手からの勝利で、チームの好調さを感じさせる結果となった。横浜FMは10試合無敗、方や神戸は8戦無敗と、今最も勢いのある2チームによる今節屈指の好カードだ。 互いに前節と同じスタメンを起用した中、ホームチームがボールを保持する形でスタートする。だが、先に決定機を迎えたのはアウェイチームだった。15分、センターサークル付近のサンペールのロングボールに反応した古橋が一気にゴール前へ。相手に囲まれながら何とかシュートに繋げたが、GK高丘のビッグセーブに遭った。 仕切り直したい横浜FMだったが、20分にマルコス・ジュニオールが負傷し、天野をスクランブル投入する事態に。しかし、そんなアクシデントにも揺るがず、31分に前線からプレスをかけてボールを奪うと前田にビッグチャンス。GKも躱してゴールへ流し込みにかかったが、懸命に戻ったDFに寸前でブロックされてしまった。 それでも攻勢続く横浜FMは41分、途中出場の天野のロングボールでティーラトンが左サイドの深い位置まで切り込みマイナス方向へクロス。すると、GK前川が弾き切れなかったボールがフェルマーレンに当たってオウンゴールに。ラッキーな形でトリコロールが先手を取った。 1点ビハインドで残りの45分に臨む神戸は、サンペールと井上を郷家とリンコンに変更。さらに60分には、佐々木と中坂を下げてイニエスタとマシカを投入し、控えていた外国籍選手をすべて送り込む。 直後にそのマシカのクロスから郷家がシュートシーンを迎えるが、ここは横浜FMもしっかり対応し、失点を許さない。そんなホームチームは73分に2度目の交代として、オナイウと前田に代えてレオ・セアラと水沼を入れて、前線をリフレッシュさせる。 後半は両チームともなかなか決定機が迎えられないでいたが、神戸は77分、イニエスタの針の穴を通すような見事なスルーパスを古橋に供給。ボックス左へ侵入したが、シュートは角度が小さくサイドネットを叩いた。 このプレーを機に攻勢に転じたい神戸だったが、80分に痛恨のミスを冒してしまう。相手に攻め込まれる中で、GK前川がアグレッシブな守備から高い位置でボールを奪取。素早く味方にパスを繋げようとしたが、これが水沼に渡ってしまい、一転して大ピンチに。 対して、思わぬ形でチャンスを迎えた横浜FMはショートカウンターを発動し、ボックス手前のレオ・セアラを経由して、エウベルがボックス左からシュート。ここは慌てて戻ってきたGK前川に止められてしまったものの、こぼれ球を天野が押し込んで、決定的な2点目を決めた。 そして、試合はこのままタイムアップ。好調同士の一戦は、横浜FMが11戦無敗の4連勝を収めた一方、神戸は9試合ぶりの黒星となった。 横浜F・マリノス 2-0 ヴィッセル神戸 【横浜FM】 OG(前41) 天野純(後35) 2021.05.09 14:56 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪痛手…チーム得点王の大久保嘉人が全治最大4週間の離脱、ダービーで負傷交代

セレッソ大阪は9日、元日本代表FW大久保嘉人の負傷離脱を報告した。 大久保は2日に本拠地で行われた明治安田生命J1リーグ第12節のガンバ大阪戦に先発。VAR判定でノーゴールになったものの、序盤からゴールネットを揺らしたほか、セットプレーからのワンタッチシュートでも得点の匂いを感じさせる動きを披露したが、18分に左太もも裏付近を痛め、23分にピッチを後にした。 そして、クラブが発表した診断結果によると、左ハムストリング筋損傷で全治3〜4週間の見込み。15年ぶりのC大阪復帰を果たした今季はここまでJ1リーグ12試合に出場して、チーム得点王となる5得点の活躍で攻撃陣を引っ張ってきただけに、当面の離脱は痛手となりそうだ。 なお、C大阪は現在、6勝3分け5敗の6位に位置。新戦力のオーストラリア代表FWアダム・タガートやFW豊川雄太といった残るストライカー陣の奮起が求められる。 2021.05.09 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

2発完勝の川崎Fが15戦無敗の3連勝で首位独走を維持! G大阪は4戦未勝利【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が8日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、アウェイの川崎フロンターレが2-0でガンバ大阪を下した。 消化試合数こそ少ないものの、8試合で2得点の攻撃が課題となり、18位と大きく出遅れるG大阪は公式戦4連敗中の対川崎F戦に向け、一美が今季初先発。奥野と佐藤もスタートから出場した。 一方、異例の天王山2連戦を連勝で飾り、今季開幕から14戦無敗で首位を走る川崎Fは3選手を変更。中3日の日程も考慮して谷口、登里、三笘がベンチに座り、車屋、脇坂、長谷川が先発した。 立ち上がりこそ前線からの守りをカウンターやボール保持に繋げ、執拗以上に押し込まれるのを回避したG大阪だが、川崎Fがほぼ7割のポゼッションと鋭い切り替えで徐々に押し込み始める。 その川崎Fは20分、左CKのチャンスからキッカーの田中が右足クロスを供給すると、ファーサイドのジョアン・シミッチがヘディング。ゴール右に飛ぶが、GK東口がファインセーブで阻む。 それでも、41分のカウンターから川崎Fが先取。敵陣中央の脇坂が出したスルーパスで右サイドバックに入る佐藤の背後を取り、ボックス左に抜けた長谷川が三浦も交わすと、レアンドロ・ダミアンが左足でこぼれ球を押し込んだ。 押し込まれる時間を無失点で凌ぎ、前半終盤の攻め返しに繋げたものの、カウンターから守りが崩れ、リードを許したG大阪。後半から巻き返しを図りたいところだが、川崎Fが攻勢を強める。 51分に脇坂の左足フィニッシュが左ポストを叩いた川崎Fは続く53分に家長が相手DFにディフレクトしたシュートで古巣ゴールに迫ると、58分にもL・ダミアンがヘディング。GK東口が再三、立ちはだかるが、鋭い攻撃を転じ続ける。 守護神の奮闘が光るG大阪は60分過ぎから徐々に盛り返すなか、66分にボックス左から宇佐美がフィニッシュに持ち込むが、GKチョン・ソンリョンが対応。川崎Fが守りでも集中を切らさない。 攻めの時間を増やすG大阪はその流れに乗じて追いつこうと、飲水明けの70分に矢島と倉田の交代に乗り出すが、同じタイミングに三笘と登里を送り出した川崎Fの交代策が見事に的中する。 76分、最終ラインの登里が左足で相手最終ラインの背後にフィードを蹴り出すと、左サイドの三笘が反応。佐藤を振り切り、そのままボックス左に抜け出した三笘が右足シュートをゴール右下に流し込み、G大阪の突き放しに成功した。 G大阪は81分に残る交代枠でパトリック、チュ・セジョン、チアゴ・アウベスを送り込むが、最後までこじ開けられず、これで4試合未勝利。川崎Fは15戦負けなしの3連勝を成し遂げ、2位名古屋グランパスとの勝ち点9差を維持した。 ガンバ大阪 0-2 川崎フロンターレ 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前41) 三笘薫(後31) 2021.05.08 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がショック振り払う3試合ぶりの白星! J1通算300試合出場の吉田がC大阪撃破の決勝ゴール【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、名古屋グランパスvsセレッソ大阪が8日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が1-0でC大阪を下した。 川崎フロンターレとの頂上決戦で連敗を喫し、立て直しを図りたい名古屋は今節もマッシモ・フィッカデンティ監督に代わり、コーチのブルーノ・コンカ氏が指揮を執るなか、前節からスタメンを3人変更。成瀬に代わって右サイドバックに入った森下は今季初先発となった。 一方、勝って上位を追走したいセレッソ大阪はガンバ大阪との大阪ダービーからスタメンを1人入れ替え、負傷の大久保が欠場。初先発の中島が左のサイドハーフで起用され、中盤を流動的にした[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 守備組織が整理された両者の試合は前半、危険なエリアでボールが収まる場面がほとんど生まれない展開に。8分に米本が放ったヘディングシュート以外、ボックス内での目立ったシーンは互いに作れなかった。ならばと、セオリー通りにミドルシュートでゴールに迫る両チーム。15分には中島、続く31分にマテウスが狙うも、両GKが立ちはだかる。 そうしたなか、C大阪は今季初スタメンの中島が右足を痛め、38分に無念の負傷交代。高木が同ポジションに急きょ入った。 ゴールレスで折り返した試合は後半の立ち上がりにC大阪がチャンス。47分に坂元、高木が続けざまにシュートを放つも、得点には至らない。攻撃のギアを上げたい名古屋は56分に動く。相馬に代えて斎藤を投入。すると、齋藤が直後に米本のパスに反応し、ディフェンスラインの背後に抜け出してペナルティエリア右からシュートを放つ。オフサイドの判定となるも、徐々に名古屋の流れに傾き始める。 その名古屋が59分にマテウスの鋭いFKに丸山が頭で合わせ、60分にも柿谷のミドルシュートでゴールに迫ると、66分にスコアを動かす。柿谷がペナルティエリア内でドリブルを仕掛けようとすると、チアゴが対応。しかし、ヒールパスのような形で流れると、そのこぼれ球が吉田のもとに流れる。これを吉田がすべり込みながら落ち着いて左隅に流し込み、ネットを揺らした。 副審はフラッグを上げたが、主審はDFのクリアだと見極めてゴールを認定。VARチェックでも判定は覆らず、名古屋はこの試合がJ1通算300試合出場目となる吉田の自ら華を添える貴重な今季初ゴールで待望の先制点を奪取する。 追い付きたいC大阪は直後に2枚替えを決行して、清武と豊川に代えて西川と加藤を投入。攻勢を強め、両サイドからクロスが増え始め、88分には坂元のFKにチアゴが飛び込むが、GKランゲラックにキャッチされる。 結局、柿谷、山崎に代えて長澤、木本を投入して逃げ切りを図った名古屋はアディショナルタイムでもうまくゲームをコントロールし、得意のウノゼロで3試合ぶりの勝利。C大阪は2試合で白星なしとなった。 名古屋グランパス 1-0 セレッソ大阪 【名古屋】 吉田豊(後21) 2021.05.08 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ガンバとセレッソの大阪勢、緊急事態宣言延長で数試合をリモートマッチに

ガンバ大阪とセレッソ大阪は8日、政府による緊急事態宣言の延長を受けて、期間中におけるそれぞれホーム戦のリモートマッチ(無観客)開催を発表した。 東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言は7日に対象エリアに愛知、福岡の両県も新たに追加され、31日までの延長が決定。これを受けて、G大阪とC大阪はそれぞれ大阪府による要請に基づき、期間中のホーム戦数試合をリモートマッチで開催することを決定した。 G大阪は12日に行われる第20節のサンフレッチェ広島戦と16日に予定する第14節の浦和レッズ戦がリモートマッチに。C大阪は23日に催される第15節の広島戦をリモートマッチで実施する。 なお、期間中のG大阪は第16節の徳島ヴォルティス戦(27日)と第17節の横浜FC戦(30日)もホームで予定。それらの試合に関しては決まり次第、告知するとしている。 2021.05.08 16:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly