PSV、トゥベンテのオランダ代表GKドロメルを完全移籍で獲得

2021.04.16 22:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVは16日、トゥベンテのオランダ代表GKヨエル・ドロメル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までとなっている。ドロメルはトゥベンテの下部組織出身で2015年9月にトップチームデビュー。2017-18シーズンの半ばから正GKに昇格し、トゥベンテではこれまで公式戦131試合に出場。今季ここまでエールディビジ全29試合に出場している。その活躍を受け、昨年11月にはオランダ代表に初めて招集されていた。

PSVでは現在、ライプツィヒから2022年6月までのレンタルで加入しているスイス代表GKイボン・ムボゴが正GKを務めており、ドロメルはムボゴとのポジション争いに挑むことになる。
関連ニュース
thumb

オランダで復調のゲッツェ、バイエルン時代に恩師クロップから打診あったと告白 「プロジェクトを紹介してくれた」

PSVに所属する元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが過去にリバプールのユルゲン・クロップ監督から誘いがあったことを明かした。 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)における活躍によって一躍ヒーローとなったゲッツェは昨夏、長年在籍したドルトムントを契約満了により退団し、昨年10月にフリーでPSVへと加入。初の海外挑戦となったものの、ここまで公式戦24試合に出場して6ゴール6アシストをマークするなど、かつての輝きを取り戻しつつある印象だ。 そんなゲッツェはドイツ『11Freunde』のインタビューを受けると、バイエルンに所属していた2016年のエピソードを回想。出場機会に恵まれない時期にドルトムント時代の恩師であるクロップ監督から獲得の打診を受けていたことを明かした。 「イングランドに行ったことがあったね。ユルゲンが僕に新しいプロジェクトを紹介してくれたんだ。彼は世界最高の監督の一人だ。仕事ぶり、姿勢、そして成功がそれを物語っているよ」 また、結局ドルトムントへと復帰したことについては「リバプールはその年、リーグで8位だった。当時の状況ではドルトムントがチャンピオンズリーグ(CL)を制覇する確率の方が僕にはずっと高く見えたんだ」とコメント。CLでの活躍を望んでいたための決断だったようだ。 2021.05.04 16:16 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、来季の主戦場もブンデスか…PSVから“完全”退団の見通し

アルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)は来季もブンデスリーガが主戦場になるかもしれない。 タレント揃いのPSVで定位置を掴めず、昨夏にブンデスリーガ昇格組のビーレフェルトに活躍の場を求めた堂安。ここまでリーグ全28試合で起用され、4得点3アシストと主力選手として活躍を続けている。 先日に3月のブンデスリーガ「ルーキー・オブ・ザ・マンス」に輝き、チーム内での地位をより確固たるものにする堂安だが、ビーレフェルトとは1年間のレンタル契約。現状、PSV帰還も選択肢としてあるが、来季の去就は不透明だ。 しかし、来季もブンデスリーガで引き続きプレーする可能性が高いようだ。オランダ『ED.nl』によると、ドイツ他クラブからの関心があるなかで、すでにいくつかの問い合わせも受けており、今夏のPSV“完全”退団が規定路線だという。 現所属先のビーレフェルトも500万ユーロ(約6億5000万円)強の買い取りオプションを有しており、今季終了後に行使の意思があるというが、現在は残留争いの真っ只中。降格した場合、財政的にも買い取りに動けるか微妙のようだ。 なお、PSVとの契約は2024年まで。獲得時に移籍金750万ユーロ(現レートで約9億7000万円)を投じたPSVだが、残り契約年数を鑑みて不利益にならず、売却に至る可能性があるとのことだ。 2021.04.16 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

PSVの逸材MFイハッターレンがクラブと関係悪化…ライオラは今夏の移籍示唆

PSVに所属するオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)がクラブとの関係悪化によって今夏の退団の可能性が浮上している。オランダ『Eindhovens Dagblad』が報じている。 PSV生え抜きの攻撃的MFは卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材。今シーズンもここまで公式戦25試合に出場し、2ゴール1アシストの数字を残している。 オランダ『Algemeen Dagblad』によると、イハッターレンは先日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦でスタメンを外れた際、ロジャー・シュミット監督やチームメイトの前で悪態を付いていたという。 同試合では指揮官を中心にベスト16進出に向けてチームの結束を高めようとしていたこともあり、ドイツ人指揮官は同選手のこの行動に憤り、直近のアヤックスとのデ・クラシケルでは懲戒処分としてメンバーから外していた。 また、シュミット監督はイハッターレンへの処分がクラブ、その他の選手たちの全面的な支持を得た末のものであると説明していた。 「我々全員が、彼を助けたいと思っているし、サポートを申し出ている」 「しかし、それは一方通行ではダメだ。それでは人を変えることはできない」 「彼自身が変わろうという意思を持って取り組めば、彼にはチャンスがある。だが、そうでなければ、彼にはチャンスがない」 なお、シュミット監督によると、自身を含めてクラブは2019年に最愛の父を亡くすなどプライベートな問題を抱えるイハッターレンに対して、何度も手を差し伸べてきたという。 しかし、同選手は完全に自身の殻に閉じこもり、練習中に周囲との衝突を起こしたり、スポンサー関連のイベントを無断で欠席したり、ウエイトオーバーなど、プロフェッショナルとして相応しくない行動が目に付いていた。 一方、この主張に異を唱えるのが、イハッターレンの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏だ。同氏はクラブの主張が誤ったものであり、自身の顧客が不当な扱いを受けていると反論している。 「(PSVの前述の主張は)正しくないものだ。それはでっち上げられた嘘だ。その理由として他のプレーヤーたちはクラブの決定を支持していない。あくまでクラブが独断で決定したことだ。他のプレーヤーたちは意見さえも聞かれていなかった」 「こういったことが起これば、プレーヤーとクラブがこれ以上対立することなく、今後もうまくやっていくことは難しい」 なお、PSVとライオラ氏の主張のいずれが正しいかは現時点で不明だが、両者の関係悪化は明白だ。現行契約は2022年までとなっており、今夏にイハッターレンが新天地を求める可能性は高いかもしれない。 2021.03.03 01:18 Wed
twitterfacebook
thumb

34歳のMFアフェライが現役引退 オランダ代表として通算53試合に出場

元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライ(34)が現役引退を発表した。オランダ『NOS』が伝えている。 PSVのアカデミーで育ったアフェライは、2004年2月にトップチームデビュー。頭角を現すと、2006-07シーズンにオランダ年間若手最優秀選手賞に当たるヨハン・クライフ賞を受賞した。 <div id="cws_ad">◆アフェライの華麗なゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHMVZLajF0UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> その後も活躍を続けると2011年12月にはバルセロナに完全移籍。加入1年目にチャンピオンズリーグ優勝を経験したが、その後はヒザのケガなどに苦しみ十分な出場機会を得ることができないでいると、シャルケ(2012-13)、オリンピアコス(2014-15)にレンタル移籍。その後、2015年7月にストーク・シティへと加入した。 加入1年目となった2015-16シーズンは、リーグ戦31試合に出場し2ゴール3アシストを記録したが、その後はヒザのケガに悩まされ、出場機会が激減。2017年12月30日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦を最後にプレーできずにいると、2019年1月にストークとの契約を解消していた。 2019年6月には古巣PSVに8年ぶりに復帰すると公式戦4試合に出場したものの、1シーズン限りで退団。以降は無所属となっており、トレーニングを続けていたものの、現役引退を決めた。 2007年3月にデビューを果たしたオランダ代表では、通算53試合に出場。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは日本代表戦にも出場していた。 アフェライはオランダ『NOS』でコメントしている。 「僕が望んでいたことは起きなかった。だけど今の僕は幸せだ。遅かれ早かれこの時が来ると分かっていた。それは美しいものだった」 2021.02.01 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーの“忘れ去られた男”マルコ・ファン・ヒンケルが983日ぶりに公式戦出場

13日に行われたエールディビジ第16節のPSVvsAZは元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケルにとってメモリアルマッチとなった。 2013年7月、フィテッセの下部組織からチェルシーに青田買いされたマルコ・ファン・ヒンケルは、ここまでミランやストーク・シティ、PSVへのレンタルを繰り返すも、チェルシーでの出場機会がほとんどないまま、先月1日に28歳の誕生日を迎えた。 その間、元オランダ代表を苦しめたのはヒザのケガだった。2018年7月、前十字じん帯断裂の大ケガを負い、その後2シーズン以上も試合に出られない日々が続いた。 リハビリに励む中で、昨年10月にPSVがマルコ・ファン・ヒンケルをレンタルで獲得。PSVに移籍するのはこれが3度目のことで、過去2度のレンタル移籍で公式戦64試合に出場し31ゴール10アシストを記録していた。 同選手にとってはチェルシーよりも思い入れのあるとも言える母国クラブで、ついに待ちわびた瞬間が訪れる。 先日のAZ戦の87分、マルコ・ファン・ヒンケルは途中出場からピッチに立った。これは、最後に出場した2018年5月6日のフローニンヘン戦から実に983日ぶりのこと。チェルシーも公式SNSを通じて「おめでとう、そしておかえりなさい、マルコ!」と祝福のメッセージを送っている。 本人もまた、試合後の『ESPN』のインタビューで復帰の喜びを嚙み締めている。 「個人的には今日が(人生の)ハイライトだ。このためにハードワークを続けたんだ。長い時間がかかってしまったけどね」 「戻って来れたことは報酬みたいなものだ。アヤックス戦で僕は再びそこにいた。スタジアムの雰囲気を再確認し、何となく感触も掴めたよ」 「約1000日なんだって? 僕も聞いたばかりだよ。いつしか指折り数えることを止めていたよ。大した問題ではなかったから」 「ただただ回復に努めていた。再びフットボールができることを願いながらね。その可能性が限りなく小さかった時期もあって、幕引きも考えなくはなかったんだ」 「でも色んな感情的な物事を経て、僕はここに立つことができた。喜んでいいよね、うん」 「炎は決して燃え続けることをやめたりはしない。それが重要なんだ。さもなければ、僕は諦めていたかもしれない」 2021.01.15 14:49 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly