東京五輪の組み合わせポット分けが決定! 男子はドイツとスペインを回避、女子はカナダと同組が確定

2021.04.16 22:02 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は16日、東京オリンピックの組み合わせ抽選会に向けたポット分けを発表した。男女合わせて28チームが出場するオリンピックのサッカー競技。男子は16チームが4つのグループに分けられ、女子は12チームが4つのグループに分けられることとなる。

組み合わせ抽選会は、スイスのチューリヒにあるFIFAの本部で21日に実施される。


男子は開催国の日本のほか、ブラジル、アルゼンチン、韓国がポット1に入り、ポット2にメキシコ、ドイツ、ホンジュラス、スペイン、ポット3にエジプト、ニュージーランド、コートジボワール、南アフリカ、ポット4にオーストラリア、サウジアラビア、フランス、ルーマニアが入る。

一方の女子は、ポット1に日本、アメリカ、オランダが入り、ポット2にスウェーデン、イギリス、ブラジル、ポット3にカナダ、オーストラリア、中国、ポット4にニュージーランド、チリ、ザンビアが入った。

グループステージの組み合わせルールは、原則として同じポットと同じ大陸連盟のチームが同じグループに入ることはない。そのため、ポット4にアジアのオーストラリアとサウジアラビアがいるため、日本はフランスかルーマニアと同じグループになる一方で、ポット2はドイツ、スペインを避けることに。しかし、メキシコを引く可能性が非常に高くなった。

また、女子もポット3はオーストラリアと中国が入っているため、必然的にカナダと同組になることとなる。

なお、日本の男子はグループA、女子はグループEに入ることが決定している。

◆男子ポット分け

【ポット1】
日本(グループA)
ブラジル
アルゼンチン
韓国

【ポット2】
メキシコ
ドイツ
ホンジュラス
スペイン

【ポット3】
エジプト
ニュージーランド
コートジボワール
南アフリカ

【ポット4】
オーストラリア
サウジアラビア
フランス
ルーマニア

◆女子ポット分け
【ポット1】
日本(グループE)
アメリカ
オランダ

【ポット2】
スウェーデン
イギリス
ブラジル

【ポット3】
カナダ
オーストラリア
中国

【ポット4】
ニュージーランド
チリ
ザンビア

1 2
関連ニュース
thumb

遠藤航の東京五輪参加をクラブも後押し「彼から奪いたくはない」

シュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航だが、クラブは東京オリンピックの派遣に前向きなようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 遠藤は昨シーズンのブンデスリーガ2(ドイツ2部)でチームを昇格に導くと、今シーズンは自身初の1部でプレー。今シーズンは開幕から33試合連続で先発出場を果たすと、3ゴール4アシストを記録していた。 15日に行われた第33節のボルシアMG戦では、キャプテンマークを巻いてプレー。すると1-0で迎えた72分にMFフィリップ・フェルスターのパスをペナルティーアーク手前で受けた遠藤が反転から右足一閃。強烈なミドルシュートがゴールネットに突き刺さった。 強烈なシュートが大きな話題となった中、遠藤のシーズンは最終節を前に終了。5枚目のイエローカードをもらい、最終節のアルミニア・ビーレフェルト戦が出場停止というおまけがついてしまったのだ。 その遠藤だが、7月に開幕する東京オリンピックに向けたオーバーエイジに招集される可能性があるとのこと。しかし、仮に参加した場合は新シーズンに向けた準備が遅れ、DFBポカール1回戦も欠場する可能性がある。 しかし、クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏がこの問題に言及。クラブとしては快く送り出したいと語った。 「少なくとも、彼は3人のオーバーエイジのリストに載っている。彼が招集される事は想像に難くない」 「彼が招集された場合、間違いなくそこにいるだろう。母国でのオリンピックでプレーする事は、特別な名誉になる。我々は彼からそれを奪いたくはない」 クラブの後押しが約束された遠藤。森保一監督はA代表でも存在感を発揮している遠藤をオーバーエイジ枠で招集するのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の“日本人離れした”豪快ミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">シュトゥットガルト<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a><br>72分に豪快ミドル!!!<br><br>現在1️⃣-2️⃣ で <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シュトゥットガルト</a> がリード!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスライブ</a> <a href="https://t.co/FtUxeR2ZuX">pic.twitter.com/FtUxeR2ZuX</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1393586690426507269?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ロドリゴやアーセナル2選手選出! U-24ブラジル代表が来月の準備期間に向け招集メンバー発表

ブラジルサッカー連盟(CBF)は14日、東京オリンピックの最後の準備期間となる来月の代表ウィークに向けてU-24ブラジル代表23名を発表した。 アンドレ・ジャーディン監督は、5月31日から6月8日までのインターナショナルマッチウィークに向けて23名の候補メンバーを選出。現時点でフレンドリーマッチなどの詳細は明かされていないが、この期間が選手たちにとって最後のアピールの場となる。 今回のメンバーにはレアル・マドリーFWロドリゴ・ゴエスやアーセナルのDFガブリエウ・マガリャンイスとFWガブリエウ・マルティネッリ、ドルトムントMFヘイニエル、ローマDFロジェール・イバニェス、アヤックスFWアントニーなど、ヨーロッパの名門クラブで活躍する選手が招集。 また、国内組ではフラメンゴのMFジェルソン、FWペドロ、レッドブル・ブラガンチーノMFクラウジーニョといった注目の選手が招集されている。 なお、フラメンゴのMFエヴェルトン・リベイロとFWガブリエウ・バルボサはフル代表に招集されている。 大会連覇を目指すブラジルは、今大会でドイツ、コートジボワール、サウジアラビアと同じグループDに組み込まれている。 ◆U-24ブラジル代表メンバー23名 GK ガブリエウ・ブラゾン(オビエド/スペイン) ブレンノ(グレミオ) クレイトン(レッドブル・ブラガンチーノ) DF エメルソン(ベティス/スペイン) ガブリエウ・メニーノ(パウメイラス) ギリェルメ・アラーナ(アトレチコ・ミネイロ) アブネル(アトレチコ・パラナエンセ) ガブリエウ・マガリャンイス(アーセナル/イングランド) ロジェール・イバニェス(ローマ/イタリア) ルイス・フェリペ(ラツィオ/イタリア) ニノ(フルミネンセ) MF ジェルソン(フラメンゴ) クラウジーニョ(レッドブル・ブラガンチーノ) ブルーノ・ギマランイス(リヨン/フランス) ヘイニエル(ドルトムント/ドイツ) マテウス・エンリケ(グレミオ) リジエロ(サンパウロ) FW アントニー(アヤックス/オランダ) エヴァニウソン(ポルト/ポルトガル) マウコム(ゼニト/ロシア) ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル/イングランド) ペドロ(フラメンゴ) ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリー/スペイン) 2021.05.15 01:50 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯2次予選は日本でセントラル開催の裏側/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は13日、カタールW杯アジア2次予選の残り6試合が日本でのセントラル開催になることと、その対戦スケジュールを発表した。 まずは5月28日、フクダ電子アリーナでのミャンマー戦(19時30分キックオフ。無観客試合)でスタートする。軍事クーデターにより政情が不安なミャンマーだが、13日の理事会後、須原専務理事は次のように見通しを語った。 「ミャンマー協会とは密に連絡を取っています。協会から『行ける』と連絡が来ていますし、日本で練習もしたいと言っている。我々としては受け入れ態勢を整えるだけで、まだ来日のフライトまでは決定していません」 ミャンマーに対しては市民への発砲など人権問題で国際的に批判が集中しているものの、「いまのところ、その議論は出ていません。(日本政府への)入国許可はこれから取ります」(須原専務理事)ということだった。 サムライブルーはその後、札幌に移動してキリンチャレンジカップのジャマイカ戦(19時30分)、7日はパナソニックスタジアム吹田でのタジキスタン戦(19時30分)があり、同日はヤンマースタジアム長居でキルギス対モンゴル戦(16時)もある。 11日は再びキリンチャレンジカップのセルビア戦(19時25分)がノエビアスタジアム神戸で開催され、ミャンマー対キルギス戦がヤンマースタジアム長居で行われる(16時)。そして15日にサムライブルー対キルギス戦(19時25分)がパナソニックスタジアム吹田で、タジキスタン対ミャンマー戦(19時25分)がヤンマースタジアム長居で開催される予定だ。 新型コロナウイルスの感染が拡大するなかでサムライブルーの活動が決定した背景について、須原専務理事は「基本ポリシーは2つです。まず関係者の安全の確保、次いで政府・自治体の考えと一致させること。中止や延期は想定していませんが、その時の状況を考慮し、タイムリーに動いていきたい。3月の経験と知見があり、安全な準備態勢を取りたい」と、3月の韓国戦やモンゴル戦、U―24アルゼンチンとの2試合などが評価されたことを強調した。 当初W杯予選はオーケーでも、セルビア戦は中止になることが危惧された。この点についても「強化試合は公式戦のパフォーマンスを上げるためと話して理解してもらった」と須原専務理事。さらに今回の特例について「W杯予選と五輪の準備は大切なポイント」とも話した。 今週初めのNPBとJリーグの対策連絡会議でも、政府は緊急事態宣言を継続しながら、プロ野球とJリーグの有観客試合を自ら認可した。それと同じように、5月31日で緊急事態宣言が解除されるかどうか分からない状況で政府・自治体がサムライブルーの活動を認可したのは、3月の実績があるとはいえ、東京五輪開催のためのプロパガンダと思えてならない。 3月と同様に、海外から訪れる選手はバブル方式で対処し、公共交通機関を使わず、札幌への移動はチャーター機を用意し、ホテルに隔離し、定期検査を欠かさず実施。さらに必要な措置を政府と自治体と議論する予定だ。 サムライブルーだけでも来日するチームはジャマイカ、セルビア、ミャンマー、モンゴル、キルギス、タジキスタンの6チーム。これに日本の海外組を加えたら、バブル方式での対処はかなりのコストがかかるはず。 さらに6月上旬はU-24日本代表の強化試合が博多と豊田であり、なでしこジャパンは広島、栃木での試合が予定されている。対戦相手が各1試合なら4チームが来日する計算になり、サムライブルーと合わせれば10チーム×23人で230人の選手に加え、監督やコーチなどのスタッフを含めれば300人近くの大所帯になるだろう。そんな彼らが日本列島を大移動する。 だからこそ、「五輪のシミュレーションになる」とも言える。他の競技ではここまで来日チームを招聘できないだろうし、バブル方式やPCR検査などのノウハウもサッカー界はここ1年で蓄積してきた。JFAとしてはW杯予選を実施したいし、五輪でメダルを獲得したい。一方の日本政府は、国内外からの逆風に対して感染者を出さず、無事に国際大会を開催できれば安全のアピールになる(それも身銭を切らず)。 そうした日本政府の思惑(だったとして)を癪に感じているのは僕だけではないだろう。 最後に改めてアジア予選の現状を確認した。グループFの日本は現在5連勝で勝点15の首位で、あと1勝すればグループリーグ突破が決まる。残り1試合で勝点3の最下位モンゴルは予選敗退が決定。残る1枠を勝点10のタジキスタン(残り2試合)、同7のキルギス(残り3試合)、同6のミャンマー(残り3試合)が争っている状況だ。 日本がミャンマー戦に勝利して予選突破を決めたら、2位争いに注目してみるのも面白いのではないだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.05.14 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

POで出場機会を取り戻したMF三好康児、自身の去就、東京五輪を語る「自分自身を証明したい」

アントワープに所属するU-24日本代表MF三好康児(24)だが、今後の去就についてコメントした。 2019年8月に川崎フロンターレからアントワープへとレンタル移籍で加入した三好。2020年7月には完全移籍に切り替えられていた。 加入1年目はジュピラー・プロ・リーグで14試合に出場し1ゴールを記録。2年目を迎えた今シーズンはリーグ戦で18試合に出場し2ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグでも8試合に出場し1アシストを記録していた。 シーズン途中に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したこともあり、今年に入ってからは出場機会がほとんどなかった三好。しかし、来シーズンから元イスラエル代表MFリオル・ラファエロフ(35)がアンデルレヒトへと移籍することが決定。その影響もあり、三次はプレーオフの2試合でトップ下のポジションを掴むこととなった。 三好はベルギー『Gazet van Antwerpen』のインタビューに応じ、現在の状況についてコメントした。 三好はプレーオフ初戦のヘンク戦で久々に先発出場を果たすと、1ゴールを記録。この試合の先発については「試合当日に聞きました。ラファエロフがアンデルレヒトへ移籍する事で、ここ数日は僕のプレー機会についての憶測が飛び交っています」とコメント。「僕がより多くの出場機会を得るという本当のチャンスがあり、僕もそのつもりで準備していました」とし、出番が来ることを考えてしっかりと準備できた結果だと語った。 一方で、ラファエロフの退団については「最終的には、僕を含めてグループの誰も彼の退団には満足はしていません。恋しいです」と語り、「フィールドの内外を問わず、彼から多くのことを学びました」とし、出番が巡って来たものの、チームメイトの退団は悲しいことだと語った。 その三好は自身の去就についても言及。「僕はわかりません」とし、「僕はアントワープをヨーロッパでの冒険の最初に立ち寄る場所だと考えていました」と、最初の挑戦の場だったとコメント。「次のステップは、夏が時期として正しいかどうかを確認しなければなりません。今、僕はここで、自分自身を証明したいと思います」と語り、ステップアップのためにも、プレーオフでしっかりと結果を残したいと語った。 また、東京オリンピックについても「僕がプレーしていない3カ月のことはわからない。そんな中、能力のある選手がたくさん出て来ているので、オリンピック代表には自信はないです」とコメント。「プレーオフで、その辺りの疑念を取り除きたいと思います」とし、残り試合で結果を出し、東京オリンピックに出場したいと語った。 2021.05.11 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

女性レフェリー3名が東京五輪に選出、男性は木村博之氏がサポートに

日本サッカー協会(JFA)は26日、東京オリンピックに山下良美 主審[写真左2]、手代木直美 副審[写真左端]、坊薗真琴 副審[写真右端]が派遣されることを発表。また、サポートレフェリーとして、木村博之審判員が選ばれたことを発表した。 これは国際サッカー連盟(FIFA)が23日に発表した、審判員の中に含まれていたもの。女性審判員3名が選出された。 山下主審は、2015年から国際審判員となり、2016年と2018年のU-17女子ワールドカップや2017年のアルガルベカップ、2018年の女子アジアカップ、2019年の女子ワールドカップで主審を務めた経歴がある。 手代木副審は、2013年から国際審判員となり2013年のAFC U-16女子選手権、AFC U-19女子sん主権や2013年のアルガルベカップ、2014年と2018年の女子アジアカップ、2015年と2019年の女子ワールドカップなどを経験。さらに、2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックも経験している。 坊薗副審は、2015年から国際審判員となり、2017年のアルガルベカップや2018年のU-17女子ワールドカップ、2019年の女子ワールドカップを経験している。 また、Jリーグでも主審を務める木村主審は、ACLやアジアカップで主審を務めた他、U-17ワールドカップでVARなどを務めていた。 4名はJFAを通じてコメントしている。 ◆山下良美主審 「東京オリンピックに参加できることとなり、大変光栄に思います。また、このような機会をとても幸せに思います。サッカーと出会い、審判と出会い、今まで様々な場所でたくさんの方々の支えと応援の中で活動してきました。皆様のおかげで、東京オリンピックというかけがえのない場所でサッカーの審判員を務めることができます。今まで出会った全ての方々に心から感謝いたします。感謝の想いを胸に、自覚と責任を持ってフィールドに立ちたいと思います」 ◆手代木直美副審 「オリンピック開催国の審判員として参加できることをとても光栄に思っています。日頃、審判活動を応援してくださる皆様に心より感謝します。新型コロナウイルスの影響が心配される中ではありますが、開催できることを楽しみに、そして開催にご尽力されている皆様への感謝と共に、今自分にできる最大限の準備をして大会に備えたいと思います。いつも通り、選手のために、主審のために、全力で試合に挑みたいと思います」 ◆坊薗真琴副審 「世界が未だ厳しい状況の中ではありますが、この度オリンピック東京大会へのアポイントを頂き、大変光栄に思います。日頃から私の夢を後押しして頂いている職場の方々、どんな時も応援してくれる家族、日本中にいる最高の審判仲間とその活動を支える審判関係者の方々、そして、お世話になった東京都のサッカー関係者すべての方々への感謝の気持ちでいっぱいです。心身共に万全の準備をし、大会の成功に向けて全力を尽くします」 ◆木村博之審判員 「今回選出されたことに対しての責任をしっかりと持ち、大会で求められる役割を全うできるよう万全の準備をしていきたいと思います」 2021.04.26 17:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly