U-21ユーロGS敗退のU-21イングランド代表指揮官が退任 「最高の名誉だった」

2021.04.16 19:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドサッカー協会(FA)は16日、U-21イングランド代表を率いるエイディ・ブースロイド監督(50)の退任決定を発表した。

ブースロイド監督は2014年2月から世代別代表の指導にあたり、ガレス・サウスゲイト監督のトップチーム行きを受けて、2016年9月からU-21カテゴリーを暫定的に指揮。2017年2月に正式就任した。

だが、先の代表ウィークでU-21欧州選手権のグループステージに臨み、1勝2敗でまさかのグループステージ敗退。契約切れの今夏に退任する可能性が高まり、後任候補の名も挙がっている状況だった。

ここ数年にわたり、数々の有望株をシニアチームに送り込む役割で成果を出すなかで、ユーロの決勝トーナメント行きを逃す失態を冒してしまったブースロイド監督。退任を受け、コメントを残した。

「FAを代表して、イングランドを注目度の高い大会で率いることができたのは最高の名誉だった。思うような結果にならなかったが、将来的に国際舞台で素晴らしいキャリアを歩むであろう選手たちと親しく仕事ができ、特別な時間を過ごせたのを誇りに思う」

「また、他のエリート国との競争を維持しようと尽力してくれたスタッフや素晴らしいサポートチームにも感謝したい。彼らはあらゆる話し合いの場で、シニアチームのニーズを優先しつつ、全力を尽くして好成績を残すという我々の挑戦を承諾してくれた」

なお、サウスゲイト監督は「彼は我々との仕事に誇りを持ち、シニアチームに対するサポートも非常に高いものがあった。彼のキャリアにおけるネクストステップでの成功を祈る」とエールを送っている。

関連ニュース
thumb

ファーディナンド氏、サンチョを起用しないサウスゲイト監督に苦言「本当に理解できない」

リオ・ファーディナンド氏が、ドルトムントのFWジェイドン・サンチョなどの才能を持った若手を起用しないイングランド代表のサウスゲイト監督に対して疑問を持っていることをYouTubeチャンネル『Five』で明かした。 イングランド代表は18日、ユーロ2020のグループD第2節でスコットランド代表と対戦して0-0の引き分けに終わっている。1-0で勝利した第1節のクロアチア戦と同様に、ベンチメンバーをフル活用しなかったことをファーディナンド氏は非難している。 「ベンチワークが悪いと思う。今大会は5人を交代させられるのにもかかわらず、2人しか交代させなかった。ベンチは何のためにあるんだ」 また、2試合連続でサンチョをピッチに送り出さなかったことに対しても、同代表のレジェンドは理解ができないと苦言を呈している。 「サンチョは一体どうしたんだ? 彼は裏で何かしたに違いない」 「彼はここ3シーズン、イングランド代表の中で(ラヒーム・)スターリングとハリー・ケインに次いで3番目に多くゴールに関与している」 「本当に理解できないんだ。第1節ではベンチにも入れず、第2節では(ベンチ入りしたのに)スパイクを濡らすこともなかった。ベンチでは才能を持った選手が座っているのに、チームは敗退するのを待っている」 「この子たちをピッチに解き放てば、昔のように強固なイングランド代表が見れるよ」 22日には、グループステージ突破をかけてチェコ代表と戦う。サンチョをはじめとする出場機会がなかった選手たちは、果たしてピッチで躍動する姿を見せることになるのだろうか。 2021.06.19 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

低調イングランド、主将ケインは対戦相手称賛 「スコットランドは本当によく守っていた」

イングランド代表のキャプテンを務めるFWハリー・ケインがユーロ2020の対戦相手を称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ケインは18日に行われたユーロ2020グループD第2節のスコットランド代表戦で先発出場。勝てば決勝トーナメント進出が決まる試合だったが、相手の堅守を前に攻撃陣は沈黙。ケインもほとんど見せ場を作れないまま74分に交代となり、試合はそのままゴールレスドローで終わった。 この結果、イングランドの決勝トーナメント進出は最終節の結果次第に。また、ケイン自身もいまだ大会で得点がなく、批判の声も上がってきている。 試合後のインタビューに応じたケインは、スコットランドを称賛しつつこの試合からの切り替えを強調。22日に行われるグループD第3節のチェコ代表戦に向け、準備していきたいと語った。 「引き分けは妥当な結果だと思う。スコットランドは本当によく守っていたし、自分たちもいくつかのチャンスを作っていた。最高の結果ではなかったが、決勝トーナメント進出の資格取得に向け、また1つポイントが増えたね」 「数日後に行われる次の試合に向け、気持ちを切り替えなければならない。これもゲームの一部さ。スタメンの選考については、監督が決定することだ。監督は決断を下すだろうし、それが正しいと思えばそうするべきだろう。数日後にまた大きな試合があるから、しっかりと回復して準備しなければならない」 「タフな試合だったと思う。スコットランドの守備は本当によく、適切なタイミングで素晴らしいブロックを作っていた。これがフットボールだ。今日の彼らは、自分たちの人生のためにプレーをしていた」 2021.06.19 12:37 Sat
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト監督、低調さに批判も収穫強調 「必要なレベルには達していなかったが…」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督がゴールレスドローに終わった試合を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 イングランドは18日に行われたユーロ2020グループD第2節でスコットランド代表と対戦。初戦のクロアチア代表戦に続いて、この試合も勝てばグループステージ突破が決まったが、堅守速攻の相手に苦戦して、そのまま0-0のドローに終わった。 この結果、イングランドは勝ち点1を得るにとどまり、決勝トーナメント進出決定はお預けに。試合を通して枠内シュート1本のみに終わったチームに対しては、ウェンブリー・スタジアムに集ったファンから試合後にブーイングが浴びせられる場面もあった。 試合後のインタビューに応じたサウスゲイト監督は、難しい試合だったとコメント。また、低調なチームへの批判は理解できるとしつつ、決勝トーナメント進出に向けてサポートが必要だと強調した。 「今夜のような試合で迎えるラスト15分間の戦い方は難しい。ファンは我々に対して、形を捨て前に出ることを切望していた。相手がスコットランドであり、特別な機会でもあったが、それでもポイント獲得は決勝トーナメント進出に向けた重要な一歩だ。そしてそれこそが、我々の最初の目標でもある」 「我々が勝つしかない状況であった場合、今回とは違ったアプローチをしたかもしれない。しかし今日は、大きくコントロールできる試合ではなかった。そして、我々のように既に勝ち点3を獲得した状態であれば、試合だけでなく大会全体を見通す必要がある」 「終盤にギャンブルをして形を失い、最後の5分間でゲームに負けるのは簡単だ。そうすると、トーナメント全体を考えたときにいら立ちが募っていただろう。もちろん、我々はウェンブリーにいることを理解しており、勝ちたかった。だが、トーナメントであることを考えたとき、決勝トーナメント進出の資格を得ることは最も重要なんだ」 「今日は望んでいた、必要としていたレベルに達していなかった。だからどんな意見でも受け入れなければならないだろう。とはいえ、我々がすべきことは、選手たちをしっかりとサポートすることだ」 「多くの若い選手が皆のサポートを必要としている。ほとんどの選手はこうした試合に参加したことがない。ここから多くのことを学び、立ち直っていくと思うが、それにはファンのサポートが必要だ」 2021.06.19 10:22 Sat
twitterfacebook
thumb

英国勢対決はゴールレス! 奮闘スコットランドが攻撃低調イングランド相手に価値ある1pt《ユーロ2020》

ユーロ2020グループD第2節、イングランド代表vsスコットランド代表が18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 難敵クロアチア代表との初戦をスターリングのゴールで1-0と競り勝ち、ユーロ本大会初の白星スタートを飾ったイングランド。連勝を目指す今節は初戦からウォーカーとトリッピアーの両サイドバックをリース・ジェームズ、ショーに入れ替えた以外、同じメンバーを起用した。 一方、6大会ぶりの出場となったスコットランドはチェコ代表に0-2で完敗し、厳しい船出に。難敵相手に初勝利を目指す一戦では先発4人を変更。クーパーとヘンドリー、アームストロング、クリスティに代えて負傷明けのティアニーとギルモア、カラム・マクレガー、チェ・アダムスを起用。初戦アンカーのマクトミネイをティアニーと共に3バックの両サイドに配し、2トップにはアダムスとダイクスが並んだ。 聖地ウェンブリーで幕を開けた英国勢対決は、守勢が見込まれたスコットランドが先に決定機を作り出す。右サイド深くに抜け出したオドネルからのグラウンダーの折り返しを、中央のアダムスが右足ダイレクトで合わすが、これはDFストーンズのブロックに阻まれた。 一方、時間の経過と共に攻勢を強めるイングランドは10分過ぎに続けて決定機を創出。まずは11分、マウントの右足アウトスウィングの右CKを中央にフリーで飛び込んだストーンズがヘディングで合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。続く13分にはスターリングが左サイド高い位置でのボール奪取から相手DFの股間を抜く折り返しを通すが、ニアに飛び込んだマウントのシュートはわずかに枠の左に外れた。 互いに決定機を作り合った中、試合はボールを握るイングランド、カウンターで応戦するスコットランドという構図の下で拮抗した展開となる。ボールを持たされている感が強いイングランドは中央を固める相手の守備を前に中を使えず、サイドからの仕掛けもうまく5バックに封じ込められる。29分にはリース・ジェームズのアーリークロスにケインが反応も、ヘディングシュートは枠の左に外れる。 対して堅守速攻の形が機能するスコットランドは30分に前半最大の決定機。ティアニーからクロスを受けたオドネルがボックス右からファーポストを狙ったシュートを放つが、これはGKピックフォードの好守に阻まれた。 結局、スコットランドペースで進んだ前半は膠着状態が続いたまま0-0のスコアで折り返した。 互いに選手交代なしで臨んだ後半はイングランドがよりアグレッシブに入る。48分、ボックス手前左でショーからパスを受けたマウントが右足を一閃。強烈なシュートが枠の左下隅を捉えるが、これはGKマーシャルがビッグセーブで阻止。さらに、55分にはボックス左でキープしたケインから丁寧な横パスを受けたリース・ジェームズがペナルティアーク付近で右足を振るが、これを枠に飛ばせない。 後半はやや押し込まれるも、冷静に相手の攻撃を受け止めてカウンターを繰り出していくスコットランド。62分には左CKの二次攻撃からボックス右のダイクスが左足のシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはDFリース・ジェームズのゴールカバーに阻まれた。 流れを変えたいイングランドは63分、フォーデンを下げてグリーリッシュ、74分には精彩を欠いたケインを諦めてラッシュフォードを投入。一連の交代で前線は右にスターリング、中央にラッシュフォード、左にグリーリッシュという形に変わった。 一方、0-0のスコアを維持して後半終盤を迎えたスコットランドは奮闘を見せたギルモアとアダムスを下げてアームストロング、ニスベットを続けてピッチに送り込んだ。 その後はイングランドがやや押し込む状況を作り出したものの、アタッキングサードでアイデア、正確さを欠く攻撃はスコットランドの堅守を最後まで崩し切ることはできなかった。 この結果、スコットランドの奮闘、イングランドの攻撃面の課題が浮き彫りとなった英国勢対決は0-0のドロー決着となった。 勝ち点を4ポイントに積み上げたイングランドは22日に首位チェコとの上位対決、格上相手に貴重な勝ち点1を手にしたスコットランドは同勝ち点で並ぶ3位のクロアチアを相手に逆転突破を目指す最終節に挑む。 イングランド 0-0 スコットランド 2021.06.19 06:02 Sat
twitterfacebook
thumb

セスクがユーロ初戦未出場のグリーリッシュに助言「30分でも先発より重要な役割を果たすことができる」

モナコに所属している元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、ユーロ2020に参加しているアストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに向けてイギリス『テレグラフ』のコラムにてメッセージを書いた。 アストン・ビラのキャプテンであるグリーリッシュは、今季のプレミアリーグで26試合に出場して6ゴール12アシストを記録し、その活躍が認められてユーロ2020に参加しているイングランド代表に招集されている。しかし、グループD第1節のクロアチア戦ではベンチ入りも出場機会はなかった。 スペイン代表としてユーロ2008、2012、2016に背番号「10」を背負って出場したセスクは、自身の経験を例に挙げつつ、グリーリッシュが今大会で途中出場からでも大きなインパクトを与えることができると考えていることを語った。 「2008年のユーロでは、僕はスタメンに入れずに12番目の選手として大会をスタートさせた。いつもベンチから最初に出てくる交代要員だったよ」 「僕の仕事はインパクトを与えることだったし、実際、55分や60分に出場して自分の力を発揮することを楽しんでいた。この大会では、グリーリッシュやジェイドン・サンチョがイングランド代表として活躍できると信じている」 「シーズン中でも短期決戦でも、ベンチメンバーはとても重要だ。このような大会では、30分プレーするだけで、最初からプレーする人よりもはるかに重要な役割を果たすことができる」 「これは僕自身が経験したことだから間違いない。30分で試合を決定づけることができるし、スターティングメンバーよりも15分間プレーした選手たちの方が話題になることだってある。そして、僕は2008年のユーロ決勝では先発出場して優勝したんだ」 また、セスクは、たとえ先発出場しなくても試合に出る準備ができていなければならないと言及した。 「グリーリッシュにとって今季は、アストン・ビラの外部の誰もが彼のことを話題にするような、初めての壮大なシーズンだった」 「彼の将来がどうなるかはわからないけれど、ビッグクラブへの移籍があるかもしれないから、どんな状況にも対応できることを示す必要がある」 「もしマンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドに移籍したとしても、彼が全試合に先発出場するとは誰も保証してくれない。ビッグクラブは彼が試合に出る準備ができているかどうかを見極めるだろう」 「(クロアチア戦は)メンバー外だったとはいえ、サンチョも似たようなものだ。彼やグリーリッシュのような選手は、たとえベンチスタートだったとしても、イングランドにとって非常に重要な大会に参加していることに変わりはない」 イングランド代表は18日、グループD第2節でスコットランド代表と対戦する。グリーリッシュやサンチョはベンチスタートとなったとしても、途中出場からインパクトを残すことはできるだろうか。 2021.06.18 21:12 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly