1年半ぶりにホームで敗れたスラビア・プラハ、指揮官はアーセナルを称賛「全ての面で優れていた」

2021.04.16 10:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スラビア・プラハのインドリッチ・トルピショフスキー監督が、アーセナル戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。スラビア・プラハは15日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでアーセナルをホームに迎えた。1stレグを1-1で終え、アウェイゴールで上回っていた状況でホームゲームを迎えた。

ホームで最後に負けたのは2019年11月27日に行われたチャンピオンズリーググループステージのインテル戦が最後。実に1年半もの間、ホームで負けていない中でのアーセナル戦となった。


試合はこのままでは敗退するアーセナルペースで進むと14分にはエミール・スミス・ロウがネットを揺らし先制。しかし、VARが介入し、わずかにオフサイドとなり、こと無きを得る。

しかし、この判定に奮起したアーセナルがギアを上げると、18分にニコラ・ぺぺのゴールでアーセナルが先制。さらに、21分、24分と立て続けにゴールを奪われ6分間で3失点を喫し、試合の大勢が決してしまった。

後半に反撃に出たいスラビア・プラハだったが、アーセナルの優勢は変わらず。さらに1点を奪われ、0-4で終了。2戦合計1-5でベスト8で敗退となってしまった。

久々のホームゲームでの敗戦となったトルピショフスキー監督は、アーセナルのパフォーマンスを称賛。一矢報いようとしたものの、守備に力を注がなければいけなく、叶わなかったとした。

「アーセナルは試合の全ての面で優れており、2試合を通じてより良く、ダイナミックで速かった。だから資格を得るに値する」

「スタートは順調に進み、連携も良かったが、危険な場所でボールを失って失点した。(取り消されて)ゴールは決まらなかったが、ボックスからのボールをクリアできずに再び失点した」

「アーセナルはウイングでビルドアップを見せ、さらに2点を追加した。それは我々をノックダウンさせた」

「3-0で戻った後、ファンのために少なくとも1つのゴールを決めようと思った。ただ、アーセナルが素晴らしいクオリティを示した。我々は危険なカウンターを全てカバーしなければならず、ディフェンス面でも頑張らなければいけなかった」
関連ニュース
thumb

底力見せたアーセナルが敵地で4発圧勝! 元指揮官エメリ率いるビジャレアル待つ準決勝進出《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、スラビア・プラハvsアーセナルが15日にシノー・ティップ・アレナで行われ、アウェイのアーセナルが0-4で勝利した。この結果、2戦合計1-5としたアーセナルの準決勝進出が決定した。 優勝候補に挙がるアーセナルと、レスター・シティ、レンジャーズのイギリス勢を連破してきたスラビア・プラハの初戦は互いに後半終盤に1ゴールずつを奪い合う白熱の1-1のドローに終わった。 再三の決定機逸と後半ラストプレーの失点によって逃げ切り失敗のアーセナルは公式戦4戦未勝利に。それでも、週末のリーグ戦では最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手にラカゼットの2ゴール、マルティネッリの今季初ゴールによって3-0の完勝。公式戦15試合ぶりのクリーンシートまで達成し、良い流れで敵地での2ndレグを迎えた。 アルテタ監督は1stレグから先発4人を変更。ホールディングを除く最終ライン3人を入れ替え、ベジェリン、ガブリエウ、セドリックに代わってチャンバース、パブロ・マリ、ジャカを起用。また、セバージョス、ペペをスタートから起用し、前線はラカゼットの1トップに2列目は右からサカ、スミス・ロウ、ペペという並びに。なお、オーバメヤンとウーデゴールは引き続きメンバー外となった。 一方、持ち味の粘り強い戦いぶりでアウェイゴールを持ち帰ることに成功したスラビア・プラハは、スパルタ・プラハとのダービーとなった週末のリーグ戦も2-0で快勝。ホームでの大一番に向けて大きな弾みを付けた。 直近のブレイズ戦と同様にジャカを左サイドバックに置く変則的な布陣で臨んだアーセナルだが、攻守両面で強度の高いプレーを見せるホームチームを前に主導権を奪うことができない。 それでも、14分には右サイドからドリブルで切り込んだサカがボックス手前で鋭いシュートを枠の左に飛ばすと、これはGKコラージュに触られてポストを叩く。これをスミス・ロウが冷静にゴールネットへ流し込んだ。最高の時間帯の先制点かに思われたが、長いVARのリプレーの結果、非常に微妙ながらスミス・ロウのオフサイドと判定されてゴールは取り消しとなった。 この厳しい判定によって流れを失うかに思われたアーセナルだが、逆に開き直ってここから圧巻の連続ゴールを見せる。 まずは18分、ボックス手前で味方から足元に縦パスを受けたラカゼットから短い落としを受けたスミス・ロウがDF3枚を相手に粘りのボールキープから正確なラストパスをゴール左でフリーのペペに通す。ペペはDFとGKの寄せで窮屈な体勢となるも左足のシュートを蹴り込んで2試合連続ゴールを挙げた。 これで2戦合計スコアでも優位に立ったアーセナルは直後の20分にはサカがボックス内でホロマダに倒されてPKを獲得。これをキッカーのラカゼットが冷静に右隅へ流し込み、瞬く間にリードを広げる。さらに、24分にはチャンバースから縦パスを受けたサカがスミス・ロウの幻の先制点の起点となったフィニッシュと似たような形で放った左足のシュートがゴール右下隅に決まり、わずか6分間で3点目を奪った。 厳しい連続失点で逆転には4点が必要となったスラビア・プラハはここからリスクを冒して前に出て相手を押し込む。前半終了間際には続けてフィニッシュの場面を作り出したが、前半の内にゴールを奪うことはできなかった。 迎えた後半、スラビア・プラハはスタンチュや両サイドバックを下げて4枚替えを敢行。奇跡の逆転に向けて大胆な動きを見せた。 一方、後半は前がかりな相手の攻撃を受け止めながら要所でカウンターを仕掛けてけん制していくアーセナル。前半のようになかなか決定機まで持ち込めないが、危なげなく試合を進めていく。 その後、67分にスミス・ロウを下げてエルネニーをピッチを送り込み試合を締めにかかる中で、77分には左サイド深くまでボールを運んだペペからの折り返しをボックス中央で収めたラカゼットが見事な左足のシュートでニア下を射抜き試合を決定づける4点目を奪った。 その後、アーセナルは殊勲のサカ、ラカゼット、トーマスを下げてエンケティア、マルティネッリ、セドリックとフレッシュな3選手を同時投入。週末のリーグ戦を睨んだ余裕の采配を見せた中、相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切った。 そして、敵地でスラビア・プラハを圧倒する見事な戦いぶりを見せたアーセナルが2戦合計5-1のスコアで、元指揮官エメリが率いるビジャレアルが待つ準決勝進出を決めた。 2021.04.16 05:58 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA、レンジャーズ戦で人種差別発言のスラビア・プラハDFクデラに10試合の出場停止処分

欧州サッカー連盟(UEFA)は14日、先月のレンジャーズ戦において人種差別発言を行ったスラビア・プラハに所属するチェコ代表DFオンドレイ・クデラに対して、10試合の出場停止処分を科した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今回の騒動は先月18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのレンジャーズとスラビア・プラハの一戦で発生。 クデラはシエラレオネにルーツを持つレンジャーズのフィンランド代表MFグレン・カマラに対して、試合終盤に口元を隠しながら耳打ちすると、カマラが激昂。他の選手たちも同調し、一触即発状態となっていた。 その後、レンジャーズサイドの通報によってUEFAとスコットランドの地元警察が人種的虐待の疑いで調査を開始していた。 これに対して、スラビア・プラハとクデラは疑惑を完全に否定。さらに、クデラがカマラを含むレンジャーズの選手たちから暴力行為を受けたとして、スコットランドにあるチェコ大使館を通じて告発を行っていた。 UEFAは今月6日に両者の主張が真っ向からぶつかり合う今回の問題に関して、クデラの人種差別疑惑、カマラの暴力行為に対する調査の手続きを開始したことを報告。クデラに対しては暫定的に1試合の出場停止処分を科し、同選手は8日のEL準々決勝1stレグのアーセナル戦を欠場していた。 そして、今回の調査の結果、UEFAはクデラのカマラに対する人種差別行為を確認し、UEFA主催試合における10試合の出場停止を科した。これにより、クデラは今季のEL残り試合に加え、チェコ代表として参戦予定だったユーロ2020本大会をサスペンションによって欠場することに。 一方、人種差別被害が認められたカマラだが、クデラに対する暴力行為によって3試合の出場停止を科されることに。 さらに、同試合で相手GKオンドレイ・コラージュに対して、危険なハイキックで顔面にケガを負わせて一発退場となったレンジャーズFWケマル・ルーフェには、「相手プレーヤーに危険な暴行を加えた」との判断から4試合の出場停止処分が科された。 また、乱闘騒ぎを起こしたレンジャーズに対しても9000ユーロ(約117万円)の罰金が科されている。 2021.04.14 23:57 Wed
twitterfacebook
thumb

「2ndレグに向けて非常に期待が持てる結果」 S・プラハ指揮官が敵地アーセナル戦ドローに満足

スラビア・プラハのインドリッチ・トルピショフスキー監督がヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に向けての好結果に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 EL準々決勝でアーセナルと激突のスラビア・プラハは8日に行われた1stレグでアウェイに乗り込み、1-1のドロー。86分に失点を喫したが、後半アディショナルタイム4分に追いつき、貴重なアウェイゴールを手にしての引き分けに持ち込んだ。 アドバンテージを手にしてホームでの2ndレグに臨むトルピショフスキー監督は試合後、「2ndレグに向けて、非常に期待が持てる結果を手にした。ホームで仕事をやってのけるチャンスだ」と述べ、ベスト4入りに意気込みを語った。 「アーセナルはゴールを決めなければならず、我々は今夜のように自分たちのセットプレーから失点しないようにする必要がある。我々はディフェンス面でミスをしないようにしなければならない」 「ゴールを許してからの我々は素晴らしいリアクションと強いメンタリティを示した。『必要なアウェイゴールを奪う時間はまだある』と言って、実際にそれを目指したのさ。チームスピリットが再び表すことができたね」 「アーセナルは今夜、彼らが持つクオリティを示してきた。彼らは素晴らしい選手を擁しており、素早く、技術的にも秀でている」 「(アレクサンドル・)ラカゼットは危険な存在であり、我々の問題だった。我々はハーフタイム明けから良くなったが、アーセナルもかなりのチャンスを作った」 2021.04.09 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

再三の決定機逸響いたアーセナルが逃げ切り失敗…スラビア・プラハが劇的後半AT弾でドローに持ち込む《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、アーセナルvsスラビア・プラハが8日にアーセナル・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 アーセナルはラウンド16で昨季敗退に追い込まれたオリンピアコスを相手に2ndレグで今大会初黒星を喫するも、敵地での1stレグでの3-1のアドバンテージを生かして逃げ切り、2戦合計3-2のスコアで突破を決めた。ただ、トップ4圏内と10ポイント差の10位に低迷するプレミアリーグでは直近のリバプール戦に0-3で完敗するなど、2戦未勝利と調子は下降気味だ。 その敗戦からのバウンスバックを図る今回の一戦ではレスター・シティ、レンジャーズと格上と思われたイギリス勢2チームを続けて撃破したチェコ王者のスラビア・プラハと対戦。アルテタ監督はリバプール戦から先発6人を変更。負傷のティアニー、ウーデゴールに代えてセドリック、ウィリアンを起用した他、チャンバース、セバージョス、オーバメヤン、ペペに代わってベジェリンと負傷明けのサカ、スミス・ロウ、ジャカの3選手を復帰させた。 立ち上がりからボールを保持するアーセナルが押し込む展開となるが、最前線のシマを残して[4-5-1]の堅固なブロックで迎え撃つアウェイチームの組織的な守備を前になかなか決定機まで持ち込めない。 一方、堅守速攻の形から反撃を試みるスラビア・プラハは14分、右サイドを崩した攻めから最後はボックス手前でクリアボールに反応したプロヴォドが際どいミドルシュートを放つ。さらに、幾度か相手の守備を引っくり返してオラインカやシマがカウンターからフィニッシュまで持ち込んでいく。 右サイドのサカを起点に良い仕掛けを見せながらも決定機まであと一歩という歯がゆい状況が続くアーセナル。29分にはホールディングのスルーパスに反応したサカがボックス右に抜け出してGKと一対一の絶好機を迎えるが、左足でファーポストを狙ったシュートは枠の左に外れる。 さらに、39分にはセットプレーの二次攻撃からボックス左ライン際でセドリックが折り返したボールをホールディングが打点の高いヘディングで合わせるが、枠を捉えたシュートはGKコラージュの好守に阻まれた。 主導権を握るも前半を0-0で終えたアーセナルは後半立ち上がりに早速決定機を創出。サカの縦への仕掛けで得たボックス手前右好位置のFKをウィリアンが右足で直接狙う。枠の外側から巻いていった鋭いシュートは惜しくも右ポストを叩いた。 その後、58分にはスラビア・プラハのカウンターに晒されてボリルにボックス左から際どいシュートを打たれるもGKレノのビッグセーブで事なきを得たアーセナル。すると、直後の62分には相手セットプレーのロングカウンターから完全に相手最終ラインの背後に抜け出したラカゼットが相手ボックス付近まで独走。GKを先に倒して右足のミドルループシュートを放ったが、これはまさかの枠の上角を叩き、またしても絶好機を逃した。 ショックが残る決定機逸によって気落ちするアーセナルに対してアウェイチームは前半同様にカウンターからアウェイゴールを狙う。76分には波状攻撃からボックス左でフリーのセフチクに決定機も、ここはシュートを枠の左に外してしまい、アーセナルにお付き合いしてしまう。 ホームで勝ち切りたいアーセナルはウィリアンに代えてマルティネッリを最初の交代カードとして切り、78分にはラカゼット、サカ、トーマスを下げてオーバメヤン、ペペ、エルネニーを一気に投入。 この3枚替えで攻勢を強めると、オーバメヤン、マルティネッリが立て続けに決定的なシュートを放つなど、ゴールを予感させる良い形の仕掛けを続ける。すると、86分には待望の先制点が生まれる。 自陣からにロングカウンター転じると、相手DFジマのクリアミスを回収したオーバメヤンから右サイドのスペースに走り込むペペにスルーパスが通る。ペペは快足を飛ばして相手DFを振り切って飛び出したGKの脇を抜く絶妙なチップキックをゴール左隅へ流し込んだ。 アルテタ采配的中でようやくリードを手にしたアーセナルはスミス・ロウに代えてダニ・セバージョスをピッチに送り込み、ここから試合を締めにかかる。 だが、今大会で台風の目となっているチェコ王者が最後の最後に追いつく。94分、右CKの場面で中央でペペに当たったクロスがファーに流れると、これに反応したホレシュのダイビングヘッドがGKレノの手を弾いてゴールネットを揺らした。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、再三の決定機逸が響いたアーセナルは土壇場で逃げ切りに失敗し、公式戦4戦未勝利と共にアウェイゴールを献上するビハインドを負って来週の2ndレグに臨むことになった。 2021.04.09 06:08 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミアで苦しむアーセナル、難敵スラビア・プラハ戦に向けてアルテタ監督「オール・オア・ナッシング」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のスラビア・プラハ戦について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 8日、EL準々決勝1stレグでアーセナルはホームにスラビア・プラハを迎える。 アーセナルはラウンド16でオリンピアコスと対戦。1stレグではアウェイで1-3と勝利すると、2ndレグはホームで0-1で敗れたものの、2戦合計3-2で勝ち進んでいた。 今シーズンはプレミアリーグでここまで10位と中位に位置しており、なかなか調子を上げられない状況。さらに国内カップ戦も全て敗退したことで、来シーズンのヨーロッパの大会へ出場できる可能性が限りなく低くなっている。 数字上はまだまだ可能性は残っているが、ELで優勝すれば自動的に来シーズンのチャンピオンズリーグに出場できるが、この準々決勝は厳しい戦いになると語った。 「この大会はオール・オア・ナッシングだ。残るか、去るかだ。我々は準決勝に進みたいと思っているし、この試合が我々にとってどれほど重要かは分かっている」 「数学的に不可能になるまで、戦わなければならない。他の方法はない。我々はリーグのどこに位置しているかを現実に感じる必要があり、それはとても難しい。ただ、数学的には可能であるうちは、固執する必要がある」 また、対戦相手のスラビア・プラハは、ラウンド32でレスター・シティに勝利すると、ラウンド16ではレンジャーズを下してベスト8に進出した。 アルテタ監督はスラビア・プラハを警戒し、チャレンジになると語った。 「我々には本当に難しい相手がいる。彼らがどうしてここまで来たかを見ると、彼らは完全に値する」 「本当に特定のやり方で、本当に効率的な戦い方で達成してきた。そしてチャレンジになるだろう」 2021.04.08 18:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly