リバプールの一部サポーターが愚行、レアルのチームバスを破壊…3年前にも同様の事件

2021.04.15 15:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールの一部サポーターによる愚行が発覚していた。イギリス『BBC』によると、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのリバプールvsレアル・マドリーの試合前に事件が起こっていた。

報道によると、試合に先駆けてアンフィールドにマドリーのバスが到着。しかし、この際にリバプールのサポーターが集まっており、マドリーのバスが通過する際にブーイングを浴びせたとのこと。さらに、ここでモノがバスに向かって投げられたとのことだ。


この投擲により、マドリーのバスの窓ガラス1枚が破損。リバプールのスタッフが片付けをしていたようだが、二重になった窓の1つが割れてしまったとのことだ。

リバプールの広報は「レアル・マドリーのチームバスが今夜アンフィールドに到着した際、損傷受けた原因となった行動をはっきりと非難します」とコメント。「それは数人による完全に容認することができない恥ずべき行為です。ご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と非難するとともにマドリーに謝罪した。

また「我々はマージーサイド警察と協力し、事実を立証し、責任者を特定します」とし、破損させた犯人を探すとしている。

なお、リバプールのサポーターは以前にも全く同じ行為を行なっている。2018年のチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグで、マンチェスター・シティをホームに迎えた際、シティのチームバスに対して缶やビン、発炎筒などが投げられた。

当時もリバプールは「完全に容認できない」とその行為を強く非難。選手やスタッフらにケガ人はなかったが、警官2名が負傷していた。なお、その際の犯人には損害賠償として1万7000ポンド(約255万円)の罰金と、物を投げたことなどに対して5200ポンド(約78万円)の罰金が科されていた。

3年前に続いて再び愚行を働いてしまった一部のリバプールサポーター。結局チームはマドリーの前に敗戦しており、何の後押しにもならない愚行に終わってしまった。

1 2
関連ニュース
thumb

マネ&チアゴ初弾にアリソン躍動のリバプールが公式戦4試合ぶりの白星! 南野欠場のセインツはリーグ4戦未勝利…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、リバプールvsサウサンプトンが8日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は契約上の問題で招集メンバー外となった。   前々節にニューカッスル相手に痛恨のドローとなった7位のリバプール(勝ち点54)は、2日に開催予定だったマンチェスター・ユナイテッド戦が対戦相手のサポーターによるスタジアムでの過激な抗議活動の影響で試合当日に延期となるアクシデントに見舞われた。   その影響により2週間ぶりの試合となった今節は15位のサウサンプトン(勝ち点37)を相手に公式戦4試合ぶりの白星を狙った。ニューカッスル戦からは先発2人を変更。負傷のオザン・カバクに代えてリース・ウィリアムズ、フィルミノに代えてフィリップスを起用。ファビーニョをアンカーに戻し、前線は右からサラー、ジョタ、マネの3トップとなった。   休養十分のホームチームは勝ち切れない直近数試合の反省を生かして立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。ボール支配に加え、守備時も高い位置からプレッシャーをかけて攻守の主導権を掴むと、アレクサンダー=アーノルドのロングフィードに反応した10分のマネの決定機を皮切りに、サラー、ジョタがGKフォースターにファインセーブを強いる。さらに、28分にはアレクサンダー=アーノルドの右CKをワイナルドゥムが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。   ゴール前あと一押しという状況が続くリバプールだが、30分には一転して大ピンチを迎える。DFフィリップスがテラに背後を取られて決定的なカウンターシーンに持ち込まれると、テラの折り返しに反応したボックス中央フリーのチェ・アダムスにシュートを許すが、ここはGKアリソンが見事な飛び出しでシュートコースを消してブロック。さらに、こぼれ球を回収したレドモンドのシュートも素早くポジションを取り直した守護神がきっちり防いだ。   すると、守護神の連続ビッグセーブに触発された攻撃陣が直後にゴールをこじ開ける。31分、相手ボックス手前でルーズボールを回収したファビーニョがボックス右角のサラーに繋ぐと、サラーからファーに走り込んだマネに絶妙な浮き球のクロスが供給される。そして、セネガル代表FWが古巣のゴールへヘディングで流し込んだ。   先制に成功したリバプールは以降も攻撃の手を緩めずに積極的に追加点を狙うが、サラーの決定的なシュートが相手DFのブロックに遭うなど前半の内に2点目を奪うまでには至らず。それでも、レドモンドやテラの決定機を危なげなく凌ぎ切り、1点リードで試合を折り返した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半も先にゴールに迫ったのはリバプール。49分、ロバートソンからパスを受けたボックス左のジョタが角度のないところから左足のシュートを放つが、これはニアを消していたGKフォースターの好守に遭う。   以降はなかなか決定機まで持ち込めないものの、集中した守備でリードを維持するリバプール。だが、66分にサウサンプトンのオバフェミ、ディアロの同時投入という交代策によって徐々に劣勢を強いられる。   盛んに背後を狙うオバフェミにスピード不足のセンターバックコンビが幾度か入れ替わられる場面を作られる中、GKアリソンが見事な飛び出しや決定的なシュートストップでピンチを救った。   その後も2点目が遠い中で逃げ切りを意識し始めたクロップ監督は79分にジョタを下げてフィルミノ、87分にサラーを下げてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り出す。すると、この逃げ切り策が結果的に試合を決める追加点をもたらした。90分、相手陣内左サイドでマネとの連携でボールを奪い切ったフィルミノからボックス手前でパスを受けたチアゴがペナルティアーク付近まで切り込んで丁寧な右足のコントロールシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   そして、途中投入フィルミノのお膳立てからチアゴに待望の加入後初ゴールが生まれたリバプールはこのまま試合をクローズ。守護神アリソンに救われる場面は多かったものの、きっちり格下相手に勝ち切って公式戦4戦ぶりの白星を挙げてトップ4争いに何とか踏みとどまった。 2021.05.09 06:13 Sun
twitterfacebook
thumb

南野拓実の将来は…? サウサンプトン指揮官「まだわからない」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が日本代表MF南野拓実(26)の去就について、不透明さを口にした。イギリス『デイリー・エコー』が報じている。 リバプール在籍2年目の今季もポジション奪取に至らず、今冬の移籍市場最終日にシーズンローンでサウサンプトンに活躍の場を移した南野。デビュー戦で即ゴールを挙げると、翌々節のチェルシー戦でも得点をマークして、インパクトを残した。 しかし、徐々に出場機会が減り、ここまでプレミアリーグ7試合の出番のみ。今季終了後の去就が注目されるなか、第34節のレスター・シティ戦で4試合ぶりの先発復帰を果たしたが、退場者の影響もあり、守備に追われ、76分にピッチを退いた。 そうしたなか、ハッセンヒュッテル監督が南野の将来について口を開き、8日に行われる第35節でリバプールとのアウェイ戦に向けた会見で南野との交渉の有無を問われると、「いや、まだだ」と返答。さらに、「まだわからない」と濁した。 「我々は彼にできるだけ出場時間を与えようとしているだけ。彼は我々の下で居心地の良さを感じていると思う。先のレスター戦でも守備のクオリティを示しつつ、チームのために懸命に頑張ってくれた。非常に強いメンタリティを持った選手だ。我々のために良い仕事をしてくれている。この夏に何が起こるのかまだわからない」 2021.05.08 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「彼と一緒だと頭が混乱した」かつての同僚バロテッリをリバプールOBが批判

かつてリバプールでプレーした元イングランド代表FWリッキー・ランバート氏が、元同僚のFWマリオ・バロテッリを批判した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ランバート氏とバロテッリは、共に2014年夏にリバプールに加入。バルセロナに移籍した大エースのFWルイス・スアレスの穴を埋める存在として期待がかけられていたが、ランバート氏は公式戦36試合3ゴール、バロテッリは公式戦28試合4ゴールと活躍することはできなかった。 ランバート氏は1年でリバプールを退団後、WBAやカーディフでプレー。2017年に現役引退を発表している。ポッドキャスト『Straight From the Off』に出演した同氏は、リバプールでバロテッリと過ごした当時を振り返り、辛辣なコメントを残した。 「彼は良い奴で、子供っぽいけど人に好かれるやつだった。しかし、練習場に足を踏み入れた途端、別人のようになっていたね。正直なところ、あんな選手は見たことがない」 「最初は、彼もプレーにすべてを捧げていた。しかし、トレーニングではすべてを出し切っていなかったね。彼が私より優先されていても、最初は気にならなかったよ。『いつか自分の出番がやってくる』と思っていた。でも、トレーニングでの彼の様子や、プレーしている姿を見て、少し影響を受けたのは事実だ」 「トレーニング中に彼と一緒だと頭が混乱して、ブレンダン(・ロジャーズ)に『2度と彼のチームに入れないでくれ』と言う必要があった。恐らくスティービー(スティーブン・ジェラード)も同じことを言っていたと思うよ」 また、ランバート氏は残念な結果に終わったリバプールでの挑戦についても言及。プレシーズンでの判断を誤ったと悔やんでいる。 「最初のプレシーズンが私にとって過ちだった。ブレンダンは僕やスティービー、イングランド代表の選手たちに5週間の休暇を与えたんだ。でも、僕は妻や子供たちと一緒に休暇を取った後、リバプールのため最高の状態でプレーしたいからとすぐ戻った」 「文字通り、最低限の2週間の休暇をとった後でリバプールに復帰した。それが大きな間違いだったよ。かなり早い段階で『地獄だ』と思ったね。脚の感覚で、もっと休息が必要だったと分かったんだ。愚かなミスだった」 「32歳になっていた。前シーズンから、わずかな違いは感じ始めていたと思う。自分のペースが少しずつ変わってきているとね。リバプールではもう脚が弱っていて、エネルギーがなくなっていた」 「それでも、私の心はやる気満々で、シーズンが始まるのが待ち遠しかった。スタートダッシュを決めて得点を取り、いつも通りのプレーをして成功しようと思っていたんだけどね」 2021.05.07 16:31 Fri
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥム代理人がバイエルン移籍を歓迎「興味があれば遠慮なく相談して欲しい」

退団が噂されるリバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)だが、代理人のハンフリー・ナイマン氏はバイエルン移籍を歓迎しているようだ。 現行契約が今季限りとなっているワイナルドゥムに関しては、しばらく移籍の噂が付き纏っている。リバプールも契約延長に動いているようだが、経済的に苦しいクラブと選手側との交渉は平行線を辿り、ここまで進展は見られていない。 その中で移籍先として有力候補に上がっているのがバルセロナだ。オランダ代表でワイナルドゥムと師弟関係にあったロナルド・クーマン監督が獲得を熱望しているようで、3月にはイギリス『タイムズ』が個人間合意に達したと報じていた。 しかし、最近ドイツ『Sport1』のポッドキャスト『Meine Bayern Woche』に出演したハンフリー・ナイマン氏が「バイエルンは素晴らしいクラブだ。彼に興味があれば、遠慮なく相談して欲しい」と、ヒントとなるコメントを残した。 そのバイエルンでは、今夏にMFハビ・マルティネスの退団が決定しているうえ、MFコランタン・トリソの移籍も噂されている。一度にセントラルMFの選手を2人も失う可能性がある中で、フリーで獲得できるワイナルドゥムは条件の良い選択肢と言えるが、果たして。 2021.05.07 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

デモにより延期となったユナイテッドvsリバプールは13日開催に、ユナイテッドは超過密日程に…

2日に行われる予定だったプレミアリーグ第34節マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが、日本時間13日の28時15分にキックオフされることが発表された。 同試合は数千人のユナイテッドファンによる、欧州スーパーリーグ構想に賛同したオーナーのグレイザー家に対するデモ活動によって延期に追い込まれていた。 この延期によってユナイテッドは8日間で4試合をこなさなければならない過密日程を強いられることになった。 今後、ヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのローマ戦を6日にこなしたユナイテッドは、9日にプレミアリーグ第35節アストン・ビラ戦を、11日に同第36節レスター・シティ戦を戦い、さらに中1日でリバプール戦を迎えることになる。 2021.05.06 07:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly