レーティング:リバプール 0-0(AGG:1-3) レアル・マドリー《CL》

2021.04.15 06:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、リバプールvsレアル・マドリーが、14日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。この結果、2戦合計1-3としたマドリーの準決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 アリソン 6.0
難しい枠内シュートはなかったが、前がかりなチームの背後を冷静にケア。後半半ばにはヴィニシウスの抜け出しを勇敢な飛び出しで阻止

DF
6 アレクサンダー=アーノルド 6.5
前回対戦で完敗したヴィニシウスを封じつつ、正確なクロスやラストパスで再三の決定機を創出


47 フィリップス 6.5
一度ベンゼマに出し抜かれてピンチを招いたが、以降は球際の強さを生かした守備で相手の起点を潰す好守を見せた

19 オザン・カバク 6.0
あわやオウンゴールという場面もあったが、チームが押し込む戦いを見せた中でうまくリスクを管理した

(→ジョタ 5.0)
得意とするジョーカーでの起用となったが、攻撃を活性化させるようなプレーを見せられず

26 ロバートソン 5.5
攻守両面で気迫を見せたが、逆サイドに比べて決定的なチャンスを作り出せなかった

MF
5 ワイナルドゥム 6.0
相手の強力な中盤に対して堂々と渡り合った。幾度かチャンスの起点を作った

3 ファビーニョ 6.0
アンカーとセンターバックで奮闘。攻撃面での輝きは限定的も、中盤のデュエルで存在感を放った

7 ミルナー 6.0
見事なシュートもクルトワの好守に阻まれる。攻守両面で強度と献身性を備えたプレーで存在感

(→チアゴ 5.5)
幾度からしいパスを出したが、決定的な仕事はできず

FW
11 サラー 5.5
個人としては悪くないパフォーマンスだったが、エースとしては幾度かあった決定機を決め切りたかった

9 フィルミノ 5.5
サラー同様に決定的な仕事はできなかったが、要所でアクセントを付けて決定機を創出。老獪な守備も効いていた

(→シャキリ -)

10 マネ 5.0
試合の立ち上がりに続けて決定機に絡んだが、以降は相手の集中した守備を上回ることができなかった

(→オックスレイド=チェンバレン -)

監督
クロップ 5.0
1stレグに比べてプレー強度は大幅改善も、選手交代が全く機能せず、最後までゴールが遠かった

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 クルトワ 7.0
立ち上がりに2本の圧巻のセーブを見せて流れを引き寄せる守護神の働き。後半も安定したゴールキーピングでゴールにカギをかけた

DF
15 バルベルデ 6.0
不慣れな右サイドバックで前半は苦戦も後半は粘り強く対応。ヴィニシウスの決定機を創出するなど見せ場も作った

3 ミリトン 7.0
相手アタッカー陣を上回るアスリート能力で無理の利く守備を90分間継続。再三のシュートブロックやクロス対応など、守備者として圧巻の出来

6 ナチョ 7.0
セルヒオ・ラモスを彷彿とさせる抜群の存在感で最終ラインを完璧に統率。対人守備、カバーリングいずれも完璧だった

23 F・メンディ 6.5
やや軽率な対応もあったが、相手の強力な右サイドを相手に最後まで大きな穴を作らず

MF
10 モドリッチ 6.5
攻撃面でなかなか良さを出せなかったが、カゼミロと共に要所を締める見事な守備。全体を落ち着かせるプレーも秀逸

14 カゼミロ 7.0
前半に相手の決定的なラストパスに見事なフィルターをかけるなど、真骨頂の危機察知能力を遺憾なく発揮。最終ラインの前で防波堤となった

8 クロース 5.5
相手の徹底監視に遭い、試合を通して苦しい展開に。らしくないミスや入れ替わりも散見も、最低限の仕事はこなしていた

(→オドリオソラ 5.5)
スタメン抜擢はならずもうまく試合に入って逃げ切りに貢献

FW
11 アセンシオ 5.5
決定機に絡むテクニカルなプレーもあったが、球際の勝負と不得手な守備に追われて消化不良の一戦に

(→イスコ -)

9 ベンゼマ 5.5
コンディションの問題か全体的に無理が利かず、ミスも散見。それでも無難に起点役はこなせていた

20 ヴィニシウス 5.5
前回対戦に比べて相手にうまく対応されたが、背後のけん制役としては十分に存在感はあった。後半半ばの決定機は決めたかった…

(→ロドリゴ 5.5)
献身的に守備はこなしたが、見せ場はほぼなかった

監督
ジダン 6.5
バルベルデをスクランブル起用するなど、急造最終ラインでの戦いとなったが、後半に的確な修正を施すなどチームを逃げ切りに導く

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
クルトワ(レアル・マドリー)
ナチョとミリトンのセンターバックコンビ、カゼミロのプレーもスーパーだった。そこに優劣はないが、試合の流れという部分で序盤のビッグセーブで流れを引き寄せた守護神をMOMに選出。開始2分のセーブが勝ち抜けのターニングポイントだった。

リバプール 0-0(AGG:1-3) レアル・マドリー
関連ニュース
thumb

守護神アリソンのゴールを絶賛するロバートソン「彼にとって信じられないような感動的瞬間」

リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、チームメイトであるブラジル代表GKアリソン・ベッカーのゴールを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは16日に行われたプレミアリーグ第36節で、WBAと対戦。トップ4を確保するには勝利が必要な状況の中、1-1の状況で試合は後半アディショナルタイムへ。このままドローで終了するかに思われたが、ラストプレーとなったCKを攻撃参加していたアリソンが頭で合わせゴール。この劇的な得点によって、チームは勝利を飾った。 公式サイトのインタビューを受けたロバートソンは、チームを救うゴールを記録した守護神を絶賛。2月には父親が事故死するなど、困難な時期を迎えていたこともあるチームメイトが報われたと喜んでいる。 「説明はしがたいね。何度も何度も言ってきたことだけど、このチームは諦めの悪いチームなんだ。WBA戦で僕たちは戦い続け、前進し続け、探り続けた。最後の10分で何度か良いチャンスがあったが、活かすことはできなかった」 「CKを得て、アリ(アリソン・ベッカー)が横を疾走していくのを見て、僕は『理解しかねる』と思いながらハーフウェイラインまで戻った。あのヘディングシュートは、世界中のストライカーが満足していると思う。信じられないものだった」 「彼も、彼の家族も辛い経験をした。父親を亡くした後でブラジルに帰れなかったことなど、この1年間で彼が抱いた感情は計り知れないものがある。そして、男の子が生まれ新しい家族を迎えることもまた、信じられないことだね」 「僕らは1つの大きな家族だ。1人が傷つけば皆が傷つく。彼の父親が悲しくも亡くなった衝撃は、皆で感じたよ。今回のゴールは彼にとって信じられないような感動的瞬間であり、ブラジルに帰っても乾いた目で見られることはないだろう。彼のお父さんが彼を見守っているのは明らかだね」 また、ロバートソンはリーグ戦残り2試合に勝利すれば、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる可能性が非常に高まったことに言及。まずは19日に行われるプレミアリーグ第37節のバーンリー戦に全力を尽くしたいと語った。 「今、僕らの焦点はバーンリーに完全に集中している。しかし、それは信じられないほど難しいだろう。僕たちはファンの戻ったターフ・ムーアに行くんだ。バーンリーは良いシーズンを過ごしており、強くパワフルだった。ベストを尽くす必要があり、3ポイントを獲得するにはWBA戦より冷静さを持つ必要がある」 「CL出場のためには6ポイントが必要だ。それを成し遂げられれば、少し満足して腰を下ろすことができるかもしれない」 2021.05.18 12:21 Tue
twitterfacebook
thumb

「完全にクレイジー」アリソンのゴールを喜ぶクロップ、劇的勝利にも「今季はこういった瞬間があまりなかった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、劇的な勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第36節でWBAと対戦。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するトップ4フィニッシュに向けては全勝したいリバプール。33分にはモハメド・サラーのゴールで追いつき、1-1で試合を折り返すが、後半も攻め込むもののゴールが遠い。 このまま1-1で引き分けに終わるかと思われたが、ラストプレーで奇跡が。後半アディショナルタイム、左CKの場面でGKアリソン・ベッカーが攻撃参加を見せると、キッカーのトレント・アレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘッド。これがゴール右隅に決まり、1-2でリバプールが勝利を収めた。 自力でのCL出場権に望みを繋いだリバプール。クロップ監督は勢いがチームにあるかという問いには「よく分からない。それについてはあまり考える必要はないだろう」とコメント。WBA戦は苦しむと予想していたとしながらも、劇的な勝利を喜んだ。 「我々は今日、それが難しいものになるとわかっていた。たくさんのプレッシャーを経験したチームと対戦したが、結局彼らは(残留を)成し遂げられなかった」 「今日はプレッシャーもなく、本当に良い姿勢でしっかりと我々に対して戦ってくれた。1-0になると簡単ではない」 「常にボールを持っていて、ボールがないときはセットプレーになり、次のボールもセットプレーになるというような試合だった。そのような試合でWBAのようなチームを相手にどうやって1000%守ることができるのか。これは難しい。だから大変だった」 「だから勢いがあるかどうかは一時も考えなかった。とにかく欲望に満ちて、落ち着いてプレーして欲しいと思っていた。それは私が見たものでもあった」 「サッカーをしなければならなかったので、35、40ヤードからのシュートのように無理はできなかった。相手のライン間の最も難しいスペースでプレーしなければならなかった」 「チャンスを作ったが生かすこともできなかった。そして最後の1秒にCKを獲得し、GKがゴールを決めた。なんというゴールで、奇跡的なことだろうか」 「信じられないゴールであり、テクニックも完全にクレイジーだ。これ以上の瞬間はないだろう。この試合にぴったりだった」 「今シーズンはこういった瞬間があまり訪れなかった。一度経験したからといって、今はそれが当たり前だと思ってはいけない。これからも続けていく必要がある」 <span class="paragraph-title">【動画】土壇場でチームを救う守護神アリソンの豪快ヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Football eh. <br><br>Experience 5 minutes 33 seconds of unbridled joy with every angle of <a href="https://twitter.com/Alissonbecker?ref_src=twsrc%5Etfw">@Alissonbecker</a>&#39;s goal... <a href="https://t.co/QlgWJQ9QcA">pic.twitter.com/QlgWJQ9QcA</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1394034928044621825?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神アリソンの劇的ヘッドはリバプール129年の歴史で初、プレミア史上6人目のGKゴール

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーは、やはり偉大な記録を打ち立てていた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第36節でWBAと対戦。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するトップ4フィニッシュに向けては全勝したいリバプール。33分にはモハメド・サラーのゴールで追いつき、1-1で試合を折り返すが、後半も攻め込むもののゴールが遠い。 このまま1-1で引き分けに終わるかと思われたが、ラストプレーで奇跡が。後半アディショナルタイム、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのトレント・アレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘッド。これがゴール右隅に決まり、1-2でリバプールが勝利を収めた。 アリソンが決めた劇的ゴールは、129年あるリバプールの歴史上初の出来事。GKとしてゴールを決めた初の選手で、チームに貴重な1勝をもたらせたのだ。 また、プレミアリーグでは史上6人目のGKによるゴールに。実に7年半ぶりの記録となった。 初めてプレミアリーグでGKとしてゴールを決めたのは、マンチェスター・ユナイテッドなどでプレーした元デンマーク代表GKピーター・シュマイケル。アストン・ビラに所属していた2001年10月20日のエバートン戦でCKから豪快なボレーを叩き込んだ。 2人目はアメリカ代表でも活躍したブラッド・フリーデル。ブラックバーン時代の2004年2月21日にチャールトン戦でゴールを記録。CKからの流れたボールを味方がシュート。ブロックされた跳ね返りを押し込んだ。 3人目は元イングランド代表のポール・ロビンソン。トッテナム時代の2007年3月17日にワトフォード戦で自陣からFKを蹴ると、相手GKの前でバウンドしたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 4人目は元アメリカ代表GKのティム・ハワード。エバートン時代の2012年1月4日に行われたボルトン戦で記録。バックパスを思い切り蹴ると、高く跳ねたボールが風に乗りそのままゴールに吸い込まれた。 そして5人目が元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKのアスミル・ベゴビッチ。ストーク・シティ時代の2013年11月2日にサウサンプトン戦で記録。このゴールはキックオフのボールをバックパスすると、そのまま前線にフィードしたボールが決まったもの。開始早々のゴールとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】歴代のプレミアリーグGKゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpremierleague%2Fvideos%2F837059296783863%2F&show_text=0&width=476" width="476" height="476" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> <span class="paragraph-title">【動画】土壇場でチームを救う守護神アリソンの豪快ヘッド!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Football eh. <br><br>Experience 5 minutes 33 seconds of unbridled joy with every angle of <a href="https://twitter.com/Alissonbecker?ref_src=twsrc%5Etfw">@Alissonbecker</a>&#39;s goal... <a href="https://t.co/QlgWJQ9QcA">pic.twitter.com/QlgWJQ9QcA</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1394034928044621825?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「今より幸せになることはできない」劇的決勝弾のGKアリソンが喜びを語る

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーが、チームを勝利に導くゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第36節でWBAと対戦。すでに降格が決まっているWBAとの試合だったが、15分にハル・ロブソン=カヌに先制ゴールを許してします。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するトップ4フィニッシュに向けては全勝したいリバプール。33分にはモハメド・サラーのゴールで追いつき、1-1で試合を折り返す。 しかし、後半も攻め込むもののゴールが遠いリバプール。このまま1-1で引き分けに終わるかと思われたが、ラストプレーで奇跡が。後半アディショナルタイム、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのトレント・アレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘッド。これがゴール右隅に決まり、1-2でリバプールが勝利を収めた。 決勝ゴールを決めたアリソンは試合後に喜びのコメント。2月に他界した父への思い、そして家族への思いを語り、チームの勝利に貢献できたことを喜んだ。 「ここ数カ月、僕と僕の家族に対して起きた全てのことが感情的すぎるよ」 「でも、サッカーは僕の人生の一部だ。父と一緒に物心ついた時からプレーしていた。彼がここで見てくれていたら良いけど、きっと神様を味方につけて、お祝いしながら見てくれてるだろう」 「僕の家族のためでもあり、子供たちのためでもある。時々、戦っても戦っても、今日の午後ように物事がうまく進まないことだってある」 「このゴールを決められただけでも、とてもとても嬉しいんだ。よく戦っているチームを助けられたんだからね。僕たちは一緒に戦っているし、チャンピオンズリーグに出場するという強い目標があるからだ」 「僕たちはチャンピオンズリーグで優勝しているし、全ては予選から始まったことを知っているからね」 「今より幸せになることはできないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】守護神アリソンの奇跡のドンピシャヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Football eh.<br><br>Experience 5 minutes 33 seconds of unbridled joy with every angle of <a href="https://twitter.com/Alissonbecker?ref_src=twsrc%5Etfw">@Alissonbecker</a>&#39;s goal... <a href="https://t.co/QlgWJQ9QcA">pic.twitter.com/QlgWJQ9QcA</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1394034928044621825?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神アリソンがドンピシャヘッドで劇的ラストプレー弾! リバプールが驚異の粘りでトップ4に望み繋ぐ逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、WBAvsリバプールが16日にザ・ホーソンズで行われ、アウェイのリバプールが1-2で逆転勝利した。 現在、5位のリバプール(勝ち点60)は3日前に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの重要なアウェイゲームを4-2の逆転勝利で飾り、リーグ戦2連勝を達成。この重要な勝利によって1試合消化が多い4位のチェルシー(勝ち点64)とのポイント差を4位に縮めた。さらに、次節は3位のレスター・シティ(勝ち点66)とチェルシーが潰し合いとなるため、残り3試合で全勝できれば逆転でのトップ4フィニッシュが見えてきた。 前節、降格が決定した19位のWBA(勝ち点26)を相手に勝ち点3奪取必須の中2日の一戦では、ユナイテッド戦から先発2人を変更。足のケガで今季終了が明かされたジョタに代わってマネが復帰し、ベンチスタートのワイナルドゥムに代わってカーティス・ジョーンズが起用された。 ユナイテッド戦の激闘の疲労、勝ち点3必須の重圧か、ボールの主導権こそ握るものの、全体的に重さが見受けられるリバプール。すると、なかなか決定機まで持ち込めない展開の中でまさかの先制点まで奪われる。 15分、自陣でのルーズボールの競り合いをマテウス・ペレイラに回収されてリース・ウィリアムズとロバートソンの間のスペースに走り込んだロブソン=カヌにスルーパスを通されると、ボックス右からゴール左隅へ左足の丁寧なシュートを流し込まれた。 痛恨の失点を受けてすぐさま反撃に出たアウェイチームは24分、ボックス中央でチアゴの折り返しに反応したマネに絶好機も右足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。続く28分には後方からのフィードに抜け出したサラーがゴール右角度のないところからシュートを放つが、これはGKジョンストンに難なく対応された。 1-1のドローに終わった前回対戦同様に相手の堅守に手を焼くリバプールだったが、相手のミスからエースにゴールが生まれる。33分、ボックス手前の混戦からディアンガナが不用意に後ろに戻したパスをマネが引っかけると、これをサラーが見事な左足のダイレクトシュートで左隅に決め切った。 サラーのリーグ得点ランクトップタイの22点目で試合を振り出しに戻したリバプールは、直後の34分にも前からの守備で相手を嵌めてボックス中央のフィルミノに絶好機も、このシュートは惜しくも左ポストを叩いた。 その後、前半終盤にかけては36分にロブソン=カヌにあわや勝ち越しゴールを許しかけるが、ここはアレクサンダー=アーノルドの見事な絞りで応対。その後は再び攻勢を強めてマネらに決定機が訪れるが、相手の好守に阻まれて前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 迎えた後半、早い時間帯の逆転を目指して攻勢を仕掛ける。49分にはボックス右角でサラーが入れたクロスをマネがワンタッチで押し込むが、ここはオフサイドの判定となる。 以降もリスクを冒して前に出る中で相手のシンプルなロングカウンターから時折引っくり返される場面はあるものの、サラーを起点に鋭い仕掛けを見せる。57分には相手CKを撥ね返してのロングカウンターからアレクサンダー=アーノルドのスルーパスに抜け出したサラーに2点目のチャンスも、ここはシュートコースを消されてGKジョンストンの好守に遭う。 1-1のイーブンが続く中、クロップ監督は59分にC・ジョーンズを下げてシャキリを最初のカードとして投入。だが、この交代策も攻撃を活性化させるまでには至らず。 逆に71分には相手の右CKからアジャイに競り負けてゴール前のバートリーにワンタッチでゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドポジションでGKアリソンの視界を遮ったマット・フィリップスのオフサイドによって辛くも失点を免れる。続く78分にもロブソン・カヌに背後を取られてピンチを招くが、GKアリソンの好守で事なきを得た。 相手を押し込みながらも崩し切れない苦境が続くリバプールは83分にボックス右で仕掛けたアレクサンダー=アーノルドが深い切り返しでDFを外して左足を振り抜くが、これは枠を捉え切れず。直後にはリース・ウィリアムズを下げてワイナルドゥムを投入。これでファビーニョを最終ラインに下げる。 試合終盤にかけては逆転ゴールを目指して決死の猛攻を仕掛けたが、チアゴの枠を捉えたシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、ゴールが遠い。 このままゴールを割ることができず、逆転でのトップ4フィニッシュの夢が潰えるかに思われたが、最後の最後に昨季王者が驚異的な底力を見せた。後半ラストプレーとなった95分、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのアレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘディングで合わせると、これがゴール右隅に決まった。 そして、守護神アリソンによる劇的過ぎるゴールでWBAに競り勝ったリバプールが、トップ4フィニッシュを大きく引き寄せる圧巻の逆転勝利を飾った。 2021.05.17 02:37 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly