レーティング:リバプール 0-0(AGG:1-3) レアル・マドリー《CL》

2021.04.15 06:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、リバプールvsレアル・マドリーが、14日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。この結果、2戦合計1-3としたマドリーの準決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 アリソン 6.0
難しい枠内シュートはなかったが、前がかりなチームの背後を冷静にケア。後半半ばにはヴィニシウスの抜け出しを勇敢な飛び出しで阻止

DF
6 アレクサンダー=アーノルド 6.5
前回対戦で完敗したヴィニシウスを封じつつ、正確なクロスやラストパスで再三の決定機を創出

47 フィリップス 6.5
一度ベンゼマに出し抜かれてピンチを招いたが、以降は球際の強さを生かした守備で相手の起点を潰す好守を見せた

19 オザン・カバク 6.0
あわやオウンゴールという場面もあったが、チームが押し込む戦いを見せた中でうまくリスクを管理した

(→ジョタ 5.0)
得意とするジョーカーでの起用となったが、攻撃を活性化させるようなプレーを見せられず

26 ロバートソン 5.5
攻守両面で気迫を見せたが、逆サイドに比べて決定的なチャンスを作り出せなかった

MF
5 ワイナルドゥム 6.0
相手の強力な中盤に対して堂々と渡り合った。幾度かチャンスの起点を作った

3 ファビーニョ 6.0
アンカーとセンターバックで奮闘。攻撃面での輝きは限定的も、中盤のデュエルで存在感を放った

7 ミルナー 6.0
見事なシュートもクルトワの好守に阻まれる。攻守両面で強度と献身性を備えたプレーで存在感

(→チアゴ 5.5)
幾度からしいパスを出したが、決定的な仕事はできず

FW
11 サラー 5.5
個人としては悪くないパフォーマンスだったが、エースとしては幾度かあった決定機を決め切りたかった

9 フィルミノ 5.5
サラー同様に決定的な仕事はできなかったが、要所でアクセントを付けて決定機を創出。老獪な守備も効いていた

(→シャキリ -)

10 マネ 5.0
試合の立ち上がりに続けて決定機に絡んだが、以降は相手の集中した守備を上回ることができなかった

(→オックスレイド=チェンバレン -)

監督
クロップ 5.0
1stレグに比べてプレー強度は大幅改善も、選手交代が全く機能せず、最後までゴールが遠かった

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 クルトワ 7.0
立ち上がりに2本の圧巻のセーブを見せて流れを引き寄せる守護神の働き。後半も安定したゴールキーピングでゴールにカギをかけた

DF
15 バルベルデ 6.0
不慣れな右サイドバックで前半は苦戦も後半は粘り強く対応。ヴィニシウスの決定機を創出するなど見せ場も作った

3 ミリトン 7.0
相手アタッカー陣を上回るアスリート能力で無理の利く守備を90分間継続。再三のシュートブロックやクロス対応など、守備者として圧巻の出来

6 ナチョ 7.0
セルヒオ・ラモスを彷彿とさせる抜群の存在感で最終ラインを完璧に統率。対人守備、カバーリングいずれも完璧だった

23 F・メンディ 6.5
やや軽率な対応もあったが、相手の強力な右サイドを相手に最後まで大きな穴を作らず

MF
10 モドリッチ 6.5
攻撃面でなかなか良さを出せなかったが、カゼミロと共に要所を締める見事な守備。全体を落ち着かせるプレーも秀逸

14 カゼミロ 7.0
前半に相手の決定的なラストパスに見事なフィルターをかけるなど、真骨頂の危機察知能力を遺憾なく発揮。最終ラインの前で防波堤となった

8 クロース 5.5
相手の徹底監視に遭い、試合を通して苦しい展開に。らしくないミスや入れ替わりも散見も、最低限の仕事はこなしていた

(→オドリオソラ 5.5)
スタメン抜擢はならずもうまく試合に入って逃げ切りに貢献

FW
11 アセンシオ 5.5
決定機に絡むテクニカルなプレーもあったが、球際の勝負と不得手な守備に追われて消化不良の一戦に

(→イスコ -)

9 ベンゼマ 5.5
コンディションの問題か全体的に無理が利かず、ミスも散見。それでも無難に起点役はこなせていた

20 ヴィニシウス 5.5
前回対戦に比べて相手にうまく対応されたが、背後のけん制役としては十分に存在感はあった。後半半ばの決定機は決めたかった…

(→ロドリゴ 5.5)
献身的に守備はこなしたが、見せ場はほぼなかった

監督
ジダン 6.5
バルベルデをスクランブル起用するなど、急造最終ラインでの戦いとなったが、後半に的確な修正を施すなどチームを逃げ切りに導く

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
クルトワ(レアル・マドリー)
ナチョとミリトンのセンターバックコンビ、カゼミロのプレーもスーパーだった。そこに優劣はないが、試合の流れという部分で序盤のビッグセーブで流れを引き寄せた守護神をMOMに選出。開始2分のセーブが勝ち抜けのターニングポイントだった。

リバプール 0-0(AGG:1-3) レアル・マドリー

関連ニュース
thumb

リバプール加入3年目も存在感なきケイタ…OBは痛烈に批判 「23億円以上で売却できれば幸運」

リバプールのレジェンドであるディトマール・ハマン氏が古巣に所属するギニア代表MFナビ・ケイタを批判した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ケイタは2018年7月にRBライプツィヒからリバプールに加入。リバプールが支払った5275万ポンド(現レートで約81億円)はクラブ歴代3位となる移籍金であり、クラブレジェンドであるスティーブン・ジェラード氏の後継者として8番を与えられるなど、高い期待がかけられていた。 しかし、ここまで公式戦通算76試合7ゴール4アシストの成績を残しているものの、度重なる負傷もあり、加入から3年が経過した現在も主軸としての立ち位置を築けていない。 今シーズンもプレミアリーグでの出場は10試合にとどまっており、ゴールアシストともになし。4月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝レアル・マドリー戦では先発出場を飾るも、低調なパフォーマンスに終始して前半のうちにベンチに退くなど、期待を裏切り続けている。 こうした状況を受け、イギリス『The Athletic』でハマン氏はギニア代表MFへの失望を表明。チームへの貢献が少なすぎることを批判した。 「加入から3年が経つが、彼はいまだアピールに苦労していると言わざるを得ない。彼が加入したときの期待レベルと、彼が実際に提供したものとの間にはギャップがある。結局、この移籍はうまくいかなかった」 「彼は多くの怪我をしている。そしてプレーしたときも十分ではない。彼は(今の扱いに)不満を言うことはできないだろう。頻繁にチャンスを与えられたが、それを活かすことはできなかったのだから」 「彼はボールを持って走るのを好む。自分のプレーをするのが好きなんだ。だから、リバプールで彼がどこにフィットするのか、私はいまだによく分からない」 また、ハマン氏はたとえリバプールがケイタの売却を考えていたとしても、望むような金額は得られないだろうとコメント。それでも、獲得の失敗を認めて放出を進めるべきだと語っている。 「イギリスで彼の需要はあまりないようだ。だがドイツでは、ライプツィヒ時代の実績もあり依然として評価は高い」 「彼の売却で1500万ポンド(約23億円)以上を手に入れることができれば、それは幸運だろう。それでも、リバプールはうまくいかなかったことを受け入れて、先に進む必要がある」 2021.06.22 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

安定した出場機会を希望? N・ウィリアムズがユーロ後にリバプール退団を志願か

リバプールのウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズ(20)が移籍を希望しているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールのアカデミー出身であるN・ウィリアムズは2019-20シーズンにトップチームデビューを果たすと、これまで公式戦25試合の出場で3アシストを記録。今シーズンは公式戦14試合に出場して、ユーロ2020のウェールズ代表としてもここまで2試合でプレーしている。 クラブでは絶対的な地位を築くDFトレント・アレクサンダー=アーノルドのバックアッパーという立ち位置になっているN・ウィリアムズだが、『リバプール・エコー』によれば、安定して試合出場ができる環境を望んでいる模様。今年1月にサウサンプトンからレンタルでのオファーがあったほか、リーズ・ユナイテッド、アストン・ビラ、バーンリーも獲得に関心を示しているという。 N・ウィリアムズはユーロ2020終了後にクラブへ移籍希望を伝えるとされており、リバプールやユルゲン・クロップ監督もその意向を受け入れるつもりのようだ。なお、クラブはN・ウィリアムズの移籍金として1000万ポンド(約15億3000万円)を求めるとされており、争奪戦も予想されている。 2021.06.22 12:03 Tue
twitterfacebook
thumb

アンフィールドのスタンド拡張計画が承認、収容人数は6万人超えに

リバプールは、本拠地アンフィールドのスタンド拡張の再開発案がリバプール市議会の計画委員会に承認されたことを発表した。 この再開発案により、アンフィールドの収容人数は現在の約5万4000人から7000人増加し、約6万1000人が収容可能となる。 また、同時に今後5年間で最大6回のコンサート及びイベントをスタジアムで実施できる許可が下りたという。 この計画は地元住民、企業、ファン、および利害関係者と協議を2度にわたって実施。2014年に最初の計画が承認され、2016年に現在の収容人数まで拡張を行った。 2020年2月に2度目の協議を行っていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて計画はストップしていた。 リバプールのアンディ・ヒュージス取締役社長は次のようにコメントしている。 「これは、より多くのサポーターをアンフィールドに連れてくるための私たちの計画の大きなマイルストーンだ。本事業の企画過程において、厳しい2段階のパブリックコンサルテーションを実施したので、ご協力いただいた皆様に感謝したい」 「この拡張は、複雑な計画環境を管理する能力に基づいていることは当初から明らかだった。地域住民や地域社会の協力を得ることができるかどうか、そしてプロジェクトが経済的に実行可能であることを保証できるかどうかだった」 「非常に予測不可能な年だったが、我々はこのプロジェクトを進めるために確実性を求めており、そこに到達するために取らなければならないいくつかのステップがまだある」 <span class="paragraph-title">【画像】アンフィールドの完成予想図</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Liverpool have been granted planning permission for their proposed £60million Anfield Road stand expansion.<br><br>Here’s what the new stand will look like once completed <a href="https://twitter.com/hashtag/awlive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#awlive</a> [<a href="https://twitter.com/virtual_planit?ref_src=twsrc%5Etfw">@virtual_planit</a>] <a href="https://t.co/OJg732M03i">pic.twitter.com/OJg732M03i</a></p>&mdash; Anfield Watch (@AnfieldWatch) <a href="https://twitter.com/AnfieldWatch/status/1404748506749980676?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.19 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールのコナテ獲得を評価するOB「クラブにとって最高の契約になるだろう」

かつてリバプールで活躍した経歴を持つ元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏が、古巣の補強を評価した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 今シーズン、センターバックが相次いで長期離脱したリバプールは来シーズンの王座奪還に向けRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(22)を3500万ポンド(約54億5000万円)の契約解除金を支払うことで獲得。193cmの高さとスピードを兼ね備えたコナテには即戦力として高い期待がかけられている。 かつてリバプールで公式戦135試合出場で42ゴール18アシストの成績を残したクラウチ氏もこの補強を称賛。コナテはリバプールにとって必要な選手だと語った。 「イブラヒマ・コナテは、リバプールにとって最高の契約だろう。私はディフェンダーとしての彼が好きだよ。それにリバプールは正直言って、センターバックに誰かを必要としていた」 「ジョー・ゴメスとジョエル・マティプの負傷の記録を見ると、全く安心できない。それに、ヴィルヒル・ファン・ダイクは長期間負傷欠場をしていたから、戻ってきた彼がどんな選手になっているかは分からない状況だ」 「ヴィルヒルがベストな状態に戻るには、時間がかかるかもしれない。だからリバプールには今、準備できている選手が必要だ。彼らはバックラインにより多くの経験を必要としていた。コナテは決してベテランではないが、既に多くのビッグゲームでプレーしている」 また、クラウチ氏はリバプールが今夏さらなる補強に動くだろうと推測。層の薄い前線を補強ポイントに挙げている。 「リバプールは適切な選手が現れれば、新たなフォワードの獲得に乗り出すかもしれないね。今シーズン、モハメド・サラーは依然として多くのゴールを決めたが、サディオ・マネとロベルト・フィルミノは大きく調子が落ち込んだ」 「もし、クラブにもう1人トップフォワードが所属していたら、マネやフィルミノは何試合か欠場していただろう」 2021.06.18 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アレクサンダー=アーノルドがイメチェン!プレミアで流行中の“編み込み”ヘアーに

リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが大胆なイメージチェンジを敢行した。 アレクサンダー=アーノルドは2日に行われた国際親善試合のオーストリア代表戦で太ももを負傷。大腿四頭筋断裂のケガを負い、ユーロ2020に臨むイングランド代表から離脱していた。 リバプールからはすぐにリハビリプログラムを開始することが発表されたが、アレクサンダー=アーノルドはこの機会に髪型をチェンジ。髪を編み込み、その編み込んだ髪の束を何本か垂らしたヘアーのスタイルを取り入れた。 この髪型は、ブレイズと呼ばれるスタイルで、今シーズンのプレミアリーグでもアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンやマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリなどが一時期取り入れたことで流行っていた。 大舞台に立つ可能性をケガで断たれたアレクサンダー=アーノルドだが、良い気晴らしになっただろうか。 <span class="paragraph-title">アレクサンダー=アーノルドの“編み込み”ヘアー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CQMsPiNnV4S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CQMsPiNnV4S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CQMsPiNnV4S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TAKING APPOINTMENTS(@heir_designs)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.18 06:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly