日本サッカー界にホペイロ広めたベゼーハ氏が逝去…古巣東京Vが訃報伝える

2021.04.13 22:23 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎TOKYO VERDY
東京ヴェルディは13日、かつてクラブでホペイロ(用具管理担当スタッフ)を務めていたブラジル人のルイス・ベゼーハ・ダ・シルバ氏(享年65)の逝去を明かした。東京Vはベゼーハ氏の逝去に際して、クラブ公式サイトを通じて哀悼の意を表している。

「ご逝去の報に接し、前身の読売クラブ時代に来日されて用具を専門に取り扱うホペイロという職業の概念を日本に定着させた同氏の功績を偲び、クラブの選手及びスタッフ一同、謹んで哀悼の意を表するとともに心よりご冥福をお祈りいたします」

ベゼーハ氏は1991年に前身の読売クラブで監督を務めていたペペ氏に招聘されて来日。選手が使用する用具の管理を専門で行うホペイロという職業の存在を日本に広めた。

Jリーグ開幕後は、数々のタイトルを獲得したヴェルディ川崎を裏方としてサポートし、1998年まで在籍。2001年には浦和レッドダイヤモンズでもホペイロを担当した。
関連ニュース
thumb

東京Vのサポーターになりすまし差別的投稿、クラブが注意喚起

東京ヴェルディは23日、『なりすましアカウント』による差別的な投稿を報告した。 クラブの発表によると、『なりすましアカウント』はSNS上で実在する東京Vのサポーターのアカウントになりすまし、他クラブや他クラブの選手に対して差別的な表現や誹謗中傷で相手を貶めるような投稿をしていたとのことだ。 さらに、プロフィール写真やプロフィール内容もまったく同じで巧妙になりすましており、投稿で攻撃した相手のみならず、真似たアカウントの保有者も傷つけることとなった。 東京Vは声明を発表し「こうした行為に反対し、『なりすましアカウント』による被害を拡大させないようにSNSを運用する事業者にも『なりすましアカウント』の投稿削除やアカウントの凍結を求めていきます」としている。 またサポーターに対しては「皆様も『なりすましアカウント』を見つけた際には、SNSを運用する事業者へ投稿削除やアカウントの凍結を依頼するご連絡をお願いします」と注意喚起している。 今年に入ってはFC岐阜の選手や、FC東京、横浜F・マリノス、鹿島アントラーズのサポーターになりすまして差別投稿、誹謗中傷する件が報告されるなど、Jリーグで多発している。 2021.07.23 13:21 Fri
twitterfacebook
thumb

東京V、横浜FCからMF杉本竜士を完全移籍で獲得! 5年ぶりの古巣帰還に

東京ヴェルディは20日、横浜FCからMF杉本竜士(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「30」に決定している。 東京Vの下部組織出身の杉本は2011年にトップチームに昇格。FC町田ゼルビアへの半年間の期限付き移籍を経験した後、2014年から徐々に出場機会を増やすと、2017年に名古屋グランパスに完全移籍した。 その翌年に完全移籍した徳島ヴォルティスで主力として活躍すると、2020年には横浜F・マリノスは完全移籍。ただ、思うように出場機会を得られず、同年途中に横浜FCへ活躍の場を移していた。なお、今シーズンの横浜FCでは公式戦11試合に出場していた。 2016年以来、5年ぶりの古巣帰還を果たした杉本は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 ◆横浜FC 「この度、東京ヴェルディに移籍することになりました。横浜FCの力になれず、申し訳なかったです。新たな環境でまた頑張ってきます。一年間ありがとうございました」 ◆東京ヴェルディ 「この度、東京ヴェルディに移籍することになりました。ヴェルディのサポーターの前でプレーできることをとても幸せに感じていますし、すごく楽しみにしています。ヴェルディの力になれるよう精進していきます。よろしくお願いします!」 2021.07.20 14:34 Tue
twitterfacebook
thumb

東京V、明治大のMF稲見哲行の来季加入内定! 「勝利のため、誰よりも走り、戦いたい」

東京ヴェルディは9日、明治大学に所属するMF稲見哲行(22)の来シーズン加入内定を発表した。また、2021年JFA・Jリーグ特別指定選手として認定されており、今シーズンに関しては背番号32を着用することになる。 栃木県出身の稲見は矢板中央高校時代、川崎フロンターレに来季加入が内定したMF松井蓮之(法政大学)らと共に全国高校サッカー選手権大会で活躍した球際の強さ、ボール奪取を特長とするボランチ。その後、進学した明治大ではU-20全日本大学選抜、関東大学選抜Bなどにも選出されている。 今シーズンから加入したFW佐藤凌我、MF持井響太の2選手に続き、明治大からの新戦力となる稲見は、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「来季から東京ヴェルディに加入することになりました、明治大学の稲見哲行です」 「幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを東京ヴェルディという歴史と伝統のある素晴らしいチームでスタートできることを大変嬉しく思います」 「これまで支えて下さった方々への感謝をピッチで表現し、熱いプレーで観ている人に勇気や感動、喜びを与え続けられるように日々精進していきます」 「チームの勝利のため、誰よりも走り、誰よりも戦いたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 2021.07.09 13:33 Fri
twitterfacebook
thumb

東京V、藤本寛也のジル・ヴィセンテ期限付き移籍延長を発表 「結果を残して皆さんに良いニュースを」

東京ヴェルディは27日、ポルトガル1部のジル・ヴィセンテに期限付き移籍中のMF藤本寛也(21)の期限付き移籍期間延長を発表した。期限付き移籍期間は2021年7月1日から2022年6月30日までとなる。 山梨県出身の藤本は東京ヴェルディジュニアに加入後、ジュニアユース、ユースを経て2018年にトップチームに昇格。すぐさまスペイン屈指の智将、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(現清水エスパルス)の信頼を集めると、デビューシーズンに印象的な活躍を披露した。 その後、2020年8月に1年間の期限付き移籍でジル・ヴィセンテに加入すると、自身初の海外挑戦1年目は公式戦31試合に出場し、1ゴール3アシストの数字を残していた。 来シーズンもポルトガルでのプレーを継続することになった藤本は、東京Vの公式サイトを通じ、改めて意気込みを口にしている。 「今シーズンもポルトガルでプレーすることになりました。引き続き自分の夢を尊重して送り出してくれたクラブには感謝しています。自分で決断したことなので、結果を残して皆さんに良いニュースを届け続けられるように責任をもって頑張ります」 2021.06.27 22:16 Sun
twitterfacebook
thumb

東京Vが下部組織で育った国士舘大学の主将DF谷口栄斗の来季加入内定を発表「結果で恩返しができるよう」

東京ヴェルディは25日、国士舘大学のDF谷口栄斗(21)の加入内定を発表した。 なお、今シーズンは特別指定選手として登録される。今季の背番号は「29」となる。 谷口は東京Vの下部組織出身で、ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格。その後、国士舘大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では全8試合に出場。キャプテンとしてチームを牽引していた。 U-18、U-19と日本代表も経験している谷口はクラブを通じて、加入内定のコメントをしている。 「この度、2022年から東京ヴェルディに加入することになりました、国士舘大学の谷口栄斗です。大学を経てヴェルディにプロサッカー選手として帰ってくることができ、大変嬉しく思います」 「家族をはじめ今まで支えてくださった方々への感謝を忘れず、結果で恩返しができるよう頑張ります。また1日でも早くヴェルディに貢献できるよう努力していきます。応援よろしくお願いします!」 2021.06.25 12:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly