FWジュニオール・サントスの広島への移籍で古巣が3250万円をゲット

2021.04.13 16:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
フォルタレザが、サンフレッチェ広島FWジュニオール・サントス(26)の移籍により170万レアル(約3250万円)を受け取ることになったようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。ジュニオール・サントスは、イトゥアーノやポンチ・プレッタ、そしてフォルタレザでプレー。2019年7月にイトゥアーノから柏レイソルへと完全移籍で加入した。

2020年8月に横浜F・マリノスへと期限付き移籍すると、途中加入ながら明治安田生命J1リーグで22試合に出場し13ゴールを記録。チーム内得点王となっていた。


そのジュニオール・サントスは、横浜FMへの期限付き移籍を終えて今シーズンからはサンフレッチェ広島に完全移籍。ここまで明治安田J1で8試合に出場し2ゴール、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。

柏に移籍した際に所属していたのはイトゥアーノだったが、フォルタレザはジュニオール・サントスの保有権の25%を持っていたとのこと。そのため、広島へ移籍したことで170万レアルを受け取ることとなった。

フォルタレザは2019年にジュニオール・サントスの保有権の50%を100万レアル(約1910万円)で取得。そのうちの半分を売却したため、合計で270万レアル(約5160万円)をチームにもたらせたこととなる。
関連ニュース
thumb

徳島がダニエル・ポヤトス監督に初白星を献上! 広島は終盤の2度の決定機生かせず【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、サンフレッチェ広島vs徳島ヴォルティスが15日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-1で徳島が勝利した。 前節まで6戦未勝利が続いていた広島だったが、ガンバ大阪とのアウェイ戦で1-2で勝利し、7試合ぶりの白星を挙げた広島。今度は2カ月ぶりのホーム戦勝利を目指し、前節からスタメンを5人変更。永井が今季リーグ戦では初先発を果たした。 対する徳島は4連敗中。前節は北海道コンサドーレ札幌相手に宮代のゴールで先制しながらも、後半にアンデルソン・ロペスの2発を浴び逆転負け。ダニエル・ポヤトス監督が指揮を執り始めてから勝利できておらず、今節は前節から2人の先発メンバーを入れ替え、5試合ぶりの勝利に挑む。 試合はいきなり広島がアクシデントに見舞われる展開に。リーグ戦3試合目の永井が開始7分に足を痛めて続行不可能に。急遽、ジュニオール・サントスが投入された。 それでも広島は14分、敵陣中央の空いたスペースでパスを受けた森島が見事なターンからチャンスメイク。スルーパスに反応した浅野がボックス左に侵入し、左足で流し込みにかかったが、惜しくも右に逸れてしまった。 30分には、右サイドのゴールライン沿いでボールを持ったエゼキエウがクライフターンで相手をかわしてクロス。これにジュニオール・サントスが頭で合わせるも、手前のDFに当たって枠に飛ばせず。 対して、39分に岸本のロングシュートがGK大迫を強襲した徳島。44分には、巧みなドリブルで左サイドを突破した垣田のクロスにバトッキオが詰めるが、シュートは右外のサイドネットを叩いた。 試合が動いたのは63分。右サイドからカウンターを仕掛けた徳島は、垣田がボールを運んでオーバーラップする岸本にパス。ボックス右まで攻め込み、最後はGK大迫をあざ笑うループシュートを沈めて、先制点をもたらした。 押し込みながらも失点を許した広島。87分に森島の右サイドから上げたクロスにボレーで合わせた東のシュートは左ポストを直撃。90分には、茶島がボックス手前から上げたクロスを森島が頭で合わせるも、今度はクロスバーに嫌われ万事休す。 結局、敵地で0-1で逃げ切りに成功した徳島が、ダニエル・ポヤトス監督に初白星を献上した。 サンフレッチェ広島 0-1 徳島ヴォルティス 【徳島】 岸本武流(後18) 2021.05.15 19:39 Sat
twitterfacebook
thumb

カウンター炸裂の広島が7試合ぶり勝利! G大阪は10試合でわずか1勝【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が12日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、1-2で広島が勝利した。 AFCチャンピオンズリーグの日程との兼ね合いから前倒し開催となる一戦。前節は川崎フロンターレに完敗したG大阪は、ここまでわずか1勝に加え総得点も「1」と、開幕から続く長い不調から抜け出せずにいる。 対する広島も、前節はサガン鳥栖とゴールレスドローに終わり6戦未勝利。直近5試合ではG大阪よりも勝ち点が少ない状況だ。 互いに前節からスタメンを4人変更。6試合ぶりに宇佐美をベンチスタートとしたG大阪がポゼッションを高めていく入りに。広島は速攻から何度か浅野がゴール前に抜け出すが、オフサイドが続いてしまう。両チームとも思うようにシュートシーンまで運べない中、先にアウェイチームがチャンスを作る。 18分、自陣左サイドでボールを持ったハイネルが逆サイドへロングボールを供給。これで高い位置をとった森島が味方の攻め上がりを待って右サイドをオーバーラップしてきた野上へ。野上はこれをダイレクトで上げると、飛び込んだジュニオール・サントスが頭で合わせたが、惜しくも枠の上に外れた。 35分には、左サイドを突破した藤井のクロスを再びジュニオール・サントスが頭で合わせるも、今日が35歳の誕生日というGK東口が足で反応。咄嗟に右足を動かし、相手の決定機を阻止した。 それでも徐々にゴールに近づく広島は、その直後の36分に均衡を破る。敵陣左サイドで得たFKの場面。森島が右足でクロスを上げると、フリーとなっていた佐々木が頭で合わせて先制点を奪った。 しかしG大阪も44分、左CKのシーンでチュ・セジョンが右足で入れたクロスをファーサイドの一美がヘディングシュート。地面に叩きつけたシュートにGK大迫も弾き切れず、ボールはゴールラインを割って、試合は振り出しに戻った。 互いに交代なしで迎えた後半。まず広島は51分、森島のパスからジュニオール・サントスがボックス右に侵入。クロスはGKに阻まれてしまったものの、こぼれ球を拾った浅野がボックス中央からシュート。決定機だったが、ゴール寸前で奥野にブロックされてしまった。 ここからG大阪に流れが傾いたが、迎えた65分、G大阪のCKを跳ね返した広島は、柏、ジュニオール・サントスと繋いでカウンターを発動。左サイドのハーフウェイラインまで運んだジュニオール・サントスは右足アウトサイドを使って右サイドに展開すると、駆け上がってきた川辺が勢いを持ってボックス右へ侵入。そのまま右足を振り抜き、強烈なシュートをネットに突き刺した。 このゴールを機に、広島は浅野と柏を下げて鮎川とエゼキエウを投入。G大阪も一美、パトリック、チュ・セジョンに代わり、宇佐美、レアンドロ・ペレイラ、山本と、一挙に3選手を入れ替えた。ホームチームはさらに、78分に井手口を下げてデビュー戦となるウェリントン・シウバを送り込んだ。 その後もボールを持つG大阪と、カウンターで応戦する広島という構図のまま、一進一退の攻防が続く。終盤に入っても広島は攻めの姿勢を崩さず追加点を狙いにいく。 そして、残り時間を上手く進めた広島が1-2で逃げ切り。7試合ぶりの勝利を挙げた。一方のG大阪は5試合未勝利となった。 ガンバ大阪 1-2 サンフレッチェ広島 【G大阪】 一美和成(前44) 【広島】 佐々木翔(前36) 川辺駿(後20) 2021.05.12 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第20節:G大阪vs広島】攻撃陣が奮起するのはどっち? 低調な両者に求められるフィニッシュの精度

【明治安田生命J1リーグ第20節】 2021年5月12日(水) 18:00キックオフ ガンバ大阪(18位/7pt) vs サンフレッチェ広島(10位/18pt) [パナソニック スタジアム 吹田] 前節は川崎フロンターレ相手に0-2で敗れたG大阪と、アウェイでサガン鳥栖と0-0のドローに終わった広島の一戦。 上位対決で結果が出なかった低調の両チーム、浮上のキッカケを掴むにはゴールが必要だ。 ◆攻撃陣の奮起無くして浮上無し【ガンバ大阪】 前節は王者の川崎フロンターレを迎えての一戦。しかし、ホームゲームながら0-2で敗れてしまった。 消化試合が少ない状況ではありながらも、降格圏から抜け出すことができていないG大阪。何よりも内容が乏しいことが一番の懸念材料と言えるだろう。 川崎Fに対して押し込まれる想定はあっただろうが、攻撃がちぐはぐで、相手の脅威となることはできなかった。 今季も9試合で2得点はらしさがない。1点は“大阪ダービー”のパトリックのPKであり、流れの中からはサガン鳥栖戦の宇佐美貴史の1ゴールのみ。結果が出ない以上に、ゴールが生まれないこの状況をどうにか打破しなくては、4チーム自動降格という厳しい残留争いに身を置くことになってしまう。 さらに最終ラインではケガ人が続出。満足にメンバーを揃えられない一方で、前線は離脱者がいない状況。そういった意味でも、ゴールはしっかりと奪っていかなければいけないだろう。 今節の相手は同じく苦しんでいる広島。ホーム3連戦となるだけに、ここで1つ流れを変えていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:佐藤瑶大、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:井手口陽介、山本悠樹、矢島慎也 FW:一美和成、レアンドロ・ペレイラ、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆6戦未勝利を止められるか【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイでのサガン鳥栖戦でゴールレスドロー。連敗を「2」で止めることとなった。しかし、これで6戦未勝利。チームとして決して状態が良いとは言えない。 開幕から8戦無敗を続けていた広島だが、第9節で湘南ベルマーレに初黒星。そこから6試合で記録したゴールは「2」と攻撃陣の低調ぶりが結果に如実に表れてしまっている。 良い形で攻撃が完結しなければ、守備が後手に回ることも多く、前々節のヴィッセル神戸戦は3失点を喫していた。そういった意味ではクリーンシートで鳥栖戦を終えられたことは1つのプラス材料と言える。 今節の相手は同じく低調なパフォーマンスが続くG大阪。互いにゴールが遠い状態が続いており、攻撃のクオリティを発揮できれば、勝機は訪れるだろう。 順位こそ中位にいるが、下からの突き上げにあえば一気に残留争いに巻き込まれる可能性もある。下の順位にいるチームにはしっかり勝利を収めたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔、藤井智也 MF:森島司、川辺駿、ハイネル、柏好文 FW:浅野雄也、ジュニオール・サントス 監督:城福浩 2021.05.12 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

広島が永井龍の第二子誕生を報告

サンフレッチェ広島は10日、FW永井龍(29)の第二子誕生を報告した。 第二子となる次男は9日に広島県内の病院にて、体重2.896gで誕生したという。 永井は今季で広島在籍2年目。ここまで明治安田生命J1リーグ1試合に出場している。 2021.05.10 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ゴールレスドローで鳥栖は3連勝ストップ、広島は6戦未勝利に【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、サガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が8日に駅前不動産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 3位・鳥栖(勝ち点26)と8位・広島(勝ち点17)の対戦。鳥栖は前節、ヴォルティス徳島をホームで2-0で下して3連勝。今節は2度目の4連勝を目指す。一方の広島は5戦未勝利。前節はヴィッセル神戸に前半だけで3ゴールを許し完敗を喫した。 前節と同じ11人を起用した鳥栖に対し、2人入れ替えた広島が序盤の主導権を握る。まずは2分、CKの流れから今日がJ1通算400試合目の出場となる青山がミドルシュートで相手を牽制。11分には、相手のパスを奪った浅野がシュートまで運んだが、ここは枠を捉えられず。 なおも攻勢が続くアウェイチームは13分に決定機を迎える。前線から果敢にプレスをかける鮎川が最終ラインのエドゥアルドからボールを奪取。そのままゴール前まで侵入し、GKと一対一の局面を迎えたが、シュートは朴一圭のファインセーブに遭った。更にその直後のFKでは、敵陣左サイドのやや離れた位置から森島が狙ったシュートが左ポストを直撃するなど、先制の匂いをうかがわせる展開に。 しかし、その後も何度かゴールに迫った広島だが、今一つフィニッシュの精度が上がらない。最前線で奮闘する鮎川も空回りするうちに、徐々に鳥栖も押し返してくる。すると45分、広島陣内でボールの奪い合いになる中で、ボールはボックス左の林の下へ。林は荒木のマークをターンで振り切り左足でニアを狙ったが、ポストに嫌われゴールならず。試合はゴールレスで折り返した。 後半立ち上がりに林のシュートでゴールに迫った鳥栖は、54分にも樋口のミドルシュートで強襲。ハーフタイムにかけて勢いを持続させて点を取りにいく。その中で広島は57分、エゼキエウを下げて永井を投入し、先にテコ入れを図った。 対する鳥栖も72分に2選手を入れ替え。その直後に樋口がミドルシュートを放つも、ここはGK大迫に阻まれる。広島も75分、自陣中央でこぼれ球を拾った浅野がそのままドリブルを開始。スピードに乗って相手を次々と躱し、最後はボックス手前左から左足を一閃。決まっていればスーパーゴールだったが、GK朴一圭がそれを許さなかった。 GK朴一圭は、広島のロングボールに対しても高い位置を取りながらピンチを未然に防ぐ。時にはディフェンスラインまで上がり、組み立てに参加するプレーも。 後半は完全に主導権を奪い返して攻め込んだ鳥栖だったが、最後までゴールが遠く、連勝は「3」でストップ。一方の広島は6戦未勝利となった。 サガン鳥栖 0-0 サンフレッチェ広島 2021.05.08 15:59 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly