ミリンコビッチ=サビッチの劇的弾でヴェローナを下したラツィオが4連勝!《セリエA》

2021.04.12 00:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは11日、セリエA第30節でヴェローナと対戦し1-0で勝利した。リーグ戦3連勝中の6位ラツィオ(勝ち点52)が、8位ヴェローナ(勝ち点41)のホームに乗り込んだ一戦。

シモーネ・インザーギ監督が新型コロナウイルスに感染し隔離中のラツィオは、前節のスペツィア戦から先発を4人変更。コレアやアンドレアス・ペレイラらに代えてカイセドやルイス・アルベルトらが先発で起用された。


ヴェローナのユリッチ監督も1試合のベンチ入り禁止処分を受けており、両チームの指揮官が不在の中始まった一戦は、開始早々にラツィオがゴールに迫る。4分、ファレスの左クロスをL・アルベルトがフリックしたボールをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチが右足ボレーで合わせたが、これは枠の右に外れた。

その後は一進一退の展開が続いたが、ラツィオは22分にチャンス。相手GKのロングキックを中盤のルーカス・レイバが弾き返すと、前線のカイセドが頭で繋ぎ、最後はインモービレがボックス右手前からシュート。しかし、このシュートは左ポストに弾かれた。

先制のチャンスを逃したラツィオは35分にピンチ。ディマルコのスルーパスでボックス左深くまで侵入したラゾビッチにシュートを許したが、これはわずかに右に逸れ、難を逃れた。

ゴールレスで迎えた後半、ラツィオは開始早々にゴールネットを揺らす。47分、敵陣でパスを受けたカイセドが強引なドリブルでボックス右から侵入すると、ニアサイドへ冷静にシュートを流し込んだ。しかし、VARのレビューの結果、ドリブルで持ち上がった際にマークについたマニャーニの顔にカイセドの腕を当たっており、ファウルの判定でゴールは取り消しとなった。

その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。ラツィオは92分、左サイドでパスを受けたラドゥがアーリークロスを上げると、ボックス中央に走り込んだミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートがゴール右に吸い込まれた。

結局、これが決勝点となりラツィオが1-0で勝利。劇的勝利のラツィオはリーグ4連勝で上位を追走している。
関連ニュース
thumb

ヴラホビッチのドッピエッタに沈んだラツィオ、CL出場権争いから一歩後退《セリエA》

ラツィオは8日、セリエA第35節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 前節スペツィアに4-3と逃げ切ってここ8戦で7勝と絶好調の6位ラツィオ(勝ち点64/1試合未消化)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ミランを5ポイント差で追う中、ベストメンバーで臨んだ。 残留争いに巻き込まれている14位フィオレンティーナ(勝ち点35)に対し、ラツィオがボールを持つ流れとなると、11分に決定機。 ラドゥの左クロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチがヘッドで折り返し、ゴール前のコレアがダイレクトで合わせたが、シュートはGKドラゴウスキの好守に阻まれた。 すると先制したのはフィオレンティーナ。33分、カストロヴィッチのスルーパスでボックス左ゴールライン際まで進入したビラギのクロスをヴラホビッチが合わせた。 失点したラツィオはハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず1点ビハインドのまま後半へ折り返した。 迎えた後半もラツィオがボールを持つ流れとなったが、チャンスを生み出すには至らない。 63分には3枚替えを行いアンドレアス・ペレイラらを投入するも、やはり決定機を作れず時間が過ぎていく。 そして75分にはDFのラドゥを削ってFWのムリキを投入したラツィオだったが終盤の89分に終戦する。CKからヴラホビッチにヘディングシュートを決められた。 ヴラホビッチのドッピエッタに沈んだラツィオは上位陣にプレッシャーをかけることができず、CL出場権争いから一歩後退している。 2021.05.09 05:46 Sun
twitterfacebook
thumb

6位ラツィオ、ジェノアに薄氷の勝利も上位陣追走《セリエA》

ラツィオは2日、セリエA第34節でジェノアとホームで対戦し、4-3で勝利した。 前々節のナポリ戦でリーグ戦5連勝が途切れるも、前節はミランに3-0で快勝したラツィオ。4位ナポリとの勝ち点差を「5」とし、来季のチャンピオンズリーグ出場権争いに望みを繋いだ。 ミラン戦のスタメンからアチェルビに代えてホードを起用したラツィオは序盤から猛攻を仕掛けていく。開始3分で枠内シュートを記録したインモービレは、6分にもドリブルで持ち上がったラッツァーリの横パスをダイレクトシュートし、好機を迎える。 その後もインモービレが次々とゴールに迫る中、30分に試合が動く。ボックス手前のミリンコビッチ=サビッチが入れた縦パスをボックス中央でL・アルベルトがワンタッチではたくと、相手のラドバノビッチがクリアしたボールがコレアに当たってゴールイン。ラッキーな形でラツィオが先制する。 さらに43分には、L・アルベルトのパスに反応したインモービレがボックス内でラドバノビッチに倒されPKを獲得。これをインモービレ自ら沈めて、リードを2点とした。 後半へ折り返し、試合は意外な展開を見せる。ラツィオはシンプルなパス回しから左サイドを突破されると、後半から出場しているジリオーネの折り返しをマルシッチがオウンゴール。 これで1点差に詰め寄られてしまったが、そのわずか1分後、敵陣右サイドでボールを奪い、素早く攻撃に転じると、ボックス中央でインモービレからボールを貰ったL・アルベルトがゴール右上に見事なコントロールショットを流し込み、すぐさま取り返した。 さらに、56分に今度は自陣でのボール奪取からカウンターへ。相手の守備が整う前にバイタルエリアに数選手が侵入し、最後はボックス左からコレアがゴールを突き刺し、4点目を決めた。 これで勝利は安泰かに思われたが、80分にボックス左に入ったバデリが途中出場のカタルディに倒されジェノアがPKを獲得。これをスカマッカが決めて再び2点差とすると、その1分後、速攻の流れからバデリの見事なスルーパスを受けたショムロドフがボックス左からシュートを突き刺し、瞬く間に1点差まで詰め寄った。 焦り始めたラツィオは、この直後に一挙に3選手交代。フレッシュな選手を入れて逃げ切りを図る。そして、4分の後半アディショナルタイムも何とか凌ぎ、4-3で薄氷の勝利を収めた。 2021.05.02 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

シャキリ、移籍か…代理人にクラブ探しを指示

リバプールのスイス代表FWジェルダン・シャキリ(29)に移籍の動きがあるようだ。 2018年夏にストーク・シティから加入したシャキリ。初年度こそ公式戦30試合に出場して、プレミアリーグでも24試合6得点3アシストの数字を残したが、なかなかレギュラーの座を掴めずにいる。 今季はここまで公式戦21試合でプレーして、リーグ戦でも13試合に出場。公式戦11試合の出場に終わった前季と比べれば、出番を増やしているが、得点なしの2アシストとインパクトを残せていない。 そんなシャキリはリバプールとの契約がまだ2023年まで残っているが、イギリス『Football Insider』によると、定期的な出場機会を求め、代理人に新たなクラブを探すよう指示を出したという。 シャキリを巡っては現在、ローマとラツィオのセリエA勢や以前にも獲得に乗り出したセビージャが関心。本人は現時点でドイツ復帰を視野に入れておらず、イタリア行きが有力な様相のようだ。 一方で、リバプールはシャキリ獲得時に移籍金として1300万ポンド(現レートで約19億5000万円)を投資。以前に希望売値として2300万ポンド(約34億5000万円)の移籍金額を設定したとみられる。 ただ、各クラブは新型コロナウイルスのパンデミックで例外なく、財政的に困窮。リバプールの希望売値通りに売却できるか微妙な模様だ。 2021.04.27 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ここ7戦6勝と好調ラツィオ、指揮官は「トップ4に入りたい」と自信

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が大一番での勝利を喜んでいる。イタリア『スカイ』が伝えた。 26日に行われたセリエA第33節で2位ミランをホームに迎え撃った6位ラツィオ。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のために何としても勝利がほしい一戦で、FWホアキン・コレアのゴールで早々に先制すると、その後も順調に追加点を重ねて、終わってみれば3-0の完勝を収めた。 直近のリーグ7試合で6勝目を掴み、順位こそ変動しなかったものの、4位まで5ポイント差に詰め寄ったS・インザーギ監督はラツィオは試合後、重要な一戦で勝利を掴んだチームを称賛。同時に、ミランのステファノ・ピオリ監督が2得点目にファウルがあったとコメントしていることに対しては意に介さなかった。 「選手たちはとてもよくやってくれた。我々にとってはトップ4争いにとどまるための最後のチャンスであり、決勝戦でもあったんだ。並外れて強いチームとの対戦であり、ジャンルイジ・ドンナルンマは驚異的なセーブを見せていたが、明らかに我々の圧勝だった」 「コレアは素晴らしい選手であり、私は彼を指導できる幸運に恵まれている。彼が健康で問題を抱えていないときは可能な限り最高の方法で素晴らしい試合を見せてくれるね」 「特に、最初の20分は素晴らしい試合ができた。トレーニングでの感触も良かったよ。(前節敗れた)ナポリ戦は物議を醸す奇妙な試合だった。しかし、今夜は組織的な強いチームを相手にラツィオが勝った。このことに疑いの余地はないと思う」 「(ミランのスポーツ・ディレクターであるパウロ・)マルディーニとは試合後、判定ではなく新型コロナウイルス(COVID-19)について話したんだ。判定はフットボールの一部であり、それをどう受け入れるか知る必要がある。なぜなら、ラツィオのこの素晴らしい試合の後で、判定について語ることなどできないからだ」 また、S・インザーギ監督は現在の調子を維持して、来シーズンの欧州カップ戦出場権を獲得したいと意気込んだ。 「我々はここから問題を起こさず最後までやり遂げる必要がある。1週間に2試合があり、その後もすべての試合感覚が短い。選手や警告について、うまく管理する必要があるだろう。我々は5年連続でヨーロッパに行きたいし、できれば4位までに入ることを考えたい。いずれにしても、それは素晴らしい目標と言えるだろう」 2021.04.27 11:39 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオがミランとの上位対決を3発完勝! CL出場権争いは混戦に《セリエA》

セリエA第33節のラツィオvsミランが26日に行われ、3-0でラツィオが勝利した。 共にミッドウィークに連勝のストップした6位ラツィオ(勝ち点58)と、3位ミラン(勝ち点66)がラツィオの本拠地スタディオ・オリンピコで激突した一戦。 チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ負けられないラツィオは、ミッドウィークに大敗を喫したナポリ戦のスタメンからファレスに変更した以外は、同じスタメンを採用。2トップにはコレアとインモービレが並んだ。 一方、ミッドウィークに行われたサッスオーロ戦で痛恨の逆転負けを喫したミランは、その試合からスタメンを3人変更。レオンやメイテ、ダロトに代えてベナセルやテオ・エルナンデスに加え、マンジュキッチが移籍後初スタメンとなった。 開始早々にチャノハノールのシュートで幕を開けた一戦は、直後にスコアが動く。2分、ベナセルのトラップミスを見逃さなかったコレアが中盤でボールを奪うと、インモービレとのパス交換からボックス内まで抜け出すと、GKまでかわして無人のゴールにシュートを流し込んだ。 先制したラツィオは、5分にもセットプレーのこぼれ球からインモービレに決定機が訪れたが、シュートはGKドンナルンマの好セーブに防がれた。さらに12分には、再びコレアがミランゴールに迫ったが、これは枠の上に外れた。 劣勢が続いたミランは31分、ケシエのパスをバイタルエリア中央で受けたサーレマーケルズが2タッチではたくと、ボックス左でパスを受けたチャルハノールがチャンスを迎えたが、シュートはGKレイナのセーブに阻まれた。 ピンチを凌いだラツィオは43分、自陣でのクリアボールからカウンターを仕掛けると、コレアのパスで抜け出したラッツァーリがゴールネットを揺らしたが、VARによりオフサイドの判定となりゴールは取り消された。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのはリードするラツィオ。51分、自陣でチャノハノールからボールを奪ったルーカス・レイバのロングパスを前線で受けたコレアがドリブルで仕掛けると、ゴールエリア右横まで切り込みニアサイドにシュートを突き刺した。 後半も早々に失点したミランは、63分にマンジュキッチとサーレマーケルズを下げてレオンとディアスを投入。さらに69分にはベナセルとカラブリアを下げてトナーリとダロトを、73分にはケアーを下げてロマニョーリをピッチに送り出し、交代カードを使い切った。 しかし、再び決定機を迎えたラツィオだった。80分、L・アルベルトの縦パスを最前線で受けたインモービレがボックス手前からGKドンナルンマの頭上を越すループシュートを狙ったが、これは左ポストを直撃した。 さらにラツィオは87分、ラッツァーリのパスをペナルティーアーク右横で受けたインモービレがボックス内まで持ち上がりゴール左隅にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま3-0でラツィオが勝利。ミランとの上位対決を制したラツィオは、CL出場圏内の4位ユベントスとの勝ち点差を5ポイントに縮めている。 2021.04.27 06:02 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly