白熱のエル・クラシコはマドリーに軍配! 負傷者と退場者出すも逃げ切り成功で暫定首位に浮上《ラ・リーガ》

2021.04.11 06:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第30節、レアル・マドリーとバルセロナによるエル・クラシコが10日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。

アトレティコ・マドリー(勝ち点66)を追走する両雄による、首位チームへの挑戦権懸けた今季2度目の伝統の一戦。

エルチェ、セルタ、エイバルとの格下3連戦を全勝で飾り、首位アトレティコに3ポイント差に迫る3位のマドリー(勝ち点63)。直近のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ではヴィニシウスの圧巻のドブレーテ、アセンシオの公式戦4試合連続ゴールによって3-1のスコアで先勝。ベスト4進出に王手をかけている。

公式戦12戦無敗(10勝2分け)という最高のフォームでホーム開催のクラシコに臨んだジダン監督はリバプール戦からアセンシオに代えてバルベルデを右ウイングで起用した以外、同じメンバーと布陣を継続した。

一方、バジャドリーとの前節をデンベレの試合終盤のゴールで勝ち切った2位のバルセロナ(勝ち点65)は、直近のラ・リーガ6連勝によって首位アトレティコと1ポイント差に迫る。今節の結果次第で首位浮上のチャンスも出てきた中、前回対戦で1-3の敗戦を喫した宿敵相手にリベンジを狙った。バジャドリー戦からはグリーズマンに代えてアラウホを起用し、[3-4-3]から中盤を厚くした[3-5-2]に並びを変更した。

キックオフから数分は互いに相手の出方を窺う慎重な姿勢を見せたが、時間の経過と共に巧さと激しさが入り混じるクラシコらしいハイレベルの攻防が繰り広げられる。9分にはバイタルエリアでうまく浮いたメッシとジョルディ・アルバのホットラインが開通。ボックス左から中央のデンベレを狙った際どい折り返しが出るが、これはGKクルトワが見事な反応ではじき出した。

一方、前がかりなバルセロナの攻撃を粘り強く撥ね返していくマドリーは頼れるエースがファーストチャンスをゴールに結びつける。14分、自陣深くでメッシの突破を阻止したロングカウンターから右のハーフスペースで縦に持ち上がったバルベルデがDFジョルディ・アルバをドリブルでかわしてボックス付近まで運び、オーバーラップしてきたルーカス・バスケスに繋ぐ。そして、中央からニアに斜めのランニングを見せたベンゼマを狙った絶妙な折り返しが入ると、見事な右足のバックヒールでニア下を破った。

ベンゼマのラ・リーガ5戦連続ゴールによって早い時間帯に動いたクラシコだが、バルセロナも失点直後の16分にはボックス左で仕掛けたメッシの浮き球のクロスからデンベレが惜しいヘディングを放つなど、すぐさま反撃の構えを見せる。

以降はバルセロナがボールを握って押し込み、マドリーがロングカウンターで応戦する形で拮抗した時間帯が続く。だが、前半半ば過ぎの28分には絶好調のヴィニシウスの仕掛けで得たボックス手前左好位置のFKの場面でキッカーのクロースが右足を振り抜くと、壁の横に立っていたDFデストの背中にディフレクトして大きくコースが変わったボールがゴール左隅へ向かう。これはゴールカバーに入っていたDFジョルディ・アルバの守備範囲もヘディングで撥ね返すことができず、そのままゴールネットを揺らした。

やや幸運な形で追加点まで奪い切ったマドリーはより堅守速攻の色合いを強めると、その戦い方がうまく機能。中央をきっちり締めて相手の手数をかけた攻撃を最後のところできっちり撥ね返すと、34分にはモドリッチの絶妙な縦パスから高速カウンターを発動。ヴィニシウスが快足を飛ばしてボックス付近まで運び右足アウトにかけた絶妙な折り返しを並走するバルベルデに繋ぐ。だが、バルベルデの右足のシュートは左ポストを叩き、その跳ね返りに反応したバスケスのシュートもGKテア・シュテーゲンの好守に遭い、3点目とはならず。

その後、前半終盤にかけてはブスケッツとの接触プレーで左ヒザを痛めたバスケスがプレー続行不可能となった中、オドリオソラが43分にスクランブル投入されるアクシデントが発生。その動揺を突きたいバルセロナは前半終了間際にメッシのファーを狙った右CKがクロスバーを叩き、その直後にもセットプレーの流れからボックス右でデンベレのクロスを受けたメッシにシュートチャンスもGKクルトワの好守に阻まれ、前半のうちに1点を返すことができなかった。

迎えた後半、2点のビハインドを負うバルセロナはデストを下げて切り札のグリーズマンを投入。この交代に伴い、グリーズマンが2トップの一角に入り、デンベレが右のウイングバックにポジションを移した。

前半終盤から急に強くなった暴風雨の中で後半も緊迫感のある攻防が続くが、前半同様にマドリーの堅守と鋭いカウンターが光る。それでも、粘りの対応で3失点目を防ぐバルセロナは伏兵が大仕事を果たす。

60分、左サイド深くに抜け出したジョルディ・アルバが低くて速いボールを入れると、ニアのグリーズマンには合わなかったが、中央に走り込んでいたミンゲサが右足ワンタッチで流し込んだ。

残り30分余りで1点差に縮まったことで試合はここからよりオープンな展開に。バルセロナが良い形での崩しからジョルディ・アルバやミンゲサの折り返しから際どい場面を作り出せば、マドリーもヴィニシウスを起点としたカウンターからDFアラウホのあわやオウンゴールという場面を誘発するなど、互いにゴールに迫る。

さらに、バルセロナはブスケッツ、アラウホに代えてセルジ・ロベルト、イライクスを続けて投入し、[4-3-3]に変更。対するマドリーはバルベルデに代えてアセンシオ、72分にはベンゼマ、クロース、ヴィニシウスを下げてイスコ、マリアーノ、マルセロを投入する3枚替えを敢行。[5-3-2]の守備的な布陣で逃げ切り態勢に入る。

その後、バルセロナが81分にデンベレとペドリに代えてトリンコン、ブラースヴァイトと最後の交代カードを切ると、84分には物議を醸すプレーが起きる。ボックス右ライン際でルーズボールに反応したブラースヴァイトがDFメンディに押し倒される。バルセロナサイドはPKをアピールも、マンサーノ主審はノーファウルの判定。VARによるレビューも行われなかった。

その後、ダービーらしいカードが増える荒れた展開となった中で試合終了間際にはカゼミロが続けざまのファウルで2枚のカードをもらい退場に。残り時間はわずかながらも数的優位を手にしたバルセロナは後半アディショナルタイムにリスクを冒した猛攻に打って出る。

後半ラストプレーとなったハーフウェイライン付近からのFKではGKテア・シュテーゲンも攻撃参加を見せた中、大きな見せ場が訪れる。メッシのFKをボックス右で競り勝ったラングレが頭で折り返すと、これをイライクスが胸トラップから右足ボレーで合わせる。だが、劇的同点ゴールかに思われたこのシュートは惜しくもクロスバーを叩く。さらに、こぼれ球に反応したテア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバが連続シュートも枠に飛ばすことはできなかった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、負傷者、退場者を出しながらも粘り勝ちのマドリーが今季2度目のクラシコを2-1で制し、シーズンダブルを達成すると共に暫定首位に浮上した。一方、敗れたバルセロナはラ・リーガ連勝が「6」でストップし、三つ巴の優勝争いから一歩後退となった。

関連ニュース
thumb

バルセロナ、メッシとラポルタ会長が契約延長で口頭合意か

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が、バルセロナと契約延長について口頭合意したようだ。スペイン『Cadena COPE』が報じている。 今夏は積極的かつ経済的な補強が目立つバルセロナ。マンチェスター・シティからFWセルヒオ・アグエロとDFエリック・ガルシアという経験豊富なベテランと将来有望な若手をフリーで獲得すると、ラ・リーガ屈指のサイドバックであるDFエメルソンをベティスから買い取りオプションを行使して安値で引き抜き。 そして先日19日には、オランダ代表としてユーロ2020でも活躍中で、27歳と脂の乗ったFWメンフィス・デパイをリヨンからこちらもフリーで手中にするなど、この上ないコストパフォーマンスでもって着々と補強を進めている。 早くも即戦力候補が4人も加わった中、今度はエースの慰留にも迫っているようだ。『Cadena COPE』によると、現地時間22日にジョアン・ラポルタ会長とメッシが来季の契約延長について口頭合意したという。 ただ、2シーズンの延長オファーを提示したバルセロナに対し、各クラブの支出に厳しく目を光らせているリーグ機構が、次の1年間は大幅に給与を削減した契約を結ぶよう要求しているようで、2年契約締結に障害が発生している模様。 果たして"5人目"の補強は成功するのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ラ・リーガで輝き放つメッシのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1cFgyQjVMcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.23 14:13 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシのタトゥーを背中に入れた“熱狂的”ファンの願い叶う!体にサインしてもらう

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの大ファンであるブラジル人の男性イゴール・マガリャエスさんが、憧れの本人からサインを貰った。『ESPN』が伝えている。 マガリャエスさんは、ブラジル人でありながら自身の背中にメッシのタトゥーを入れている珍しい人物。2017年4月23日に行われたレアル・マドリーとのクラシコで、メッシがバルサ公式戦通算500ゴール目を決めて3-2で勝利した瞬間に、メッシが自身のユニフォームを掲げている姿のタトゥーを入れている。 コパ・アメリカ2021に臨んでいるメッシを応援しているマガリャエスさんは、現地メディアの『TycSport』の公式インスタグラムでこのタトゥーを披露。すると、これを見たメッシ本人が「ひどいタトゥーだ。でも僕は大好きだ。見てサインしたい」とコメントしていた。 そして20日、アルゼンチン代表の宿泊先のホテルを訪れたマガリャエスさんをメッシが発見。自身が描かれたタトゥーの下にサインした。 憧れのメッシにサインを貰ったマガリャエスさんは自身のインスタグラムを更新。「今ならもう死んでもいい」と喜びを表現していた。 また、その数時間後にはメッシのサインをなぞらえたタトゥーを披露。しっかりと体に刻み込んだようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】マガリャエスさんが背中に入れたメッシのタトゥー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQZH-BtHyJw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQZH-BtHyJw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQZH-BtHyJw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Igor Magalhães(@igormagalhaez)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡SE VIENE LA FIRMA MÁS ESPERADA!<br><br>Igor, el hincha brasileño que sorprendió a Messi, consiguió su firma en el cuerpo y en minutos la tendrá para toda su vida en la piel. Así lo mostró <a href="https://twitter.com/MatiPelliccioni?ref_src=twsrc%5Etfw">@MatiPelliccioni</a>. <a href="https://t.co/TP0gjwUBz0">pic.twitter.com/TP0gjwUBz0</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1406769148349321221?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.23 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、デンベレの右ヒザ手術を発表…実施日未定も数カ月の離脱へ

バルセロナは22日、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレが右ヒザを手術することを明かした。 デンベレは、19日に行われたユーロ2020グループF第2節のハンガリー代表戦に後半から途中出場。しかし、右足を痛めた同選手は87分にMFトマ・レマルと交代していた。 このケガによって、代表離脱が決定したデンベレは、今回更なる検査を受けた結果、右ヒザの大腿二頭筋腱の脱臼と診断され、外科手術が必要なことが判明した。 なお、現時点で手術の日程などに関する詳細は明かされていないが、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、これまで2017年9月と2020年2月に手術を受けたフィンランドの病院にて3度目の手術を受けることになる模様だ。 また、離脱期間に関しては最低でも4カ月以上になるとのことだ。 今シーズンのバルセロナでは公式戦44試合に出場するなど、加入後初めてフルシーズンを戦ったデンベレだったが、新シーズンに向けてはいきなりケガと向き合うことになった。 2021.06.23 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アダマ・トラオレが古巣バルセロナへの復帰願望語る 「バルセロナは僕の家」

ウォルバーハンプトンに所属するスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)が古巣バルセロナへの復帰願望を口にしている。 マリ人の両親の下、スペインで育ったトラオレはバルセロナのラ・マシアを経て、2013年にトップチームデビュー。その後、アストン・ビラやミドルズブラを渡り歩き、2018年夏からウルブスに加入した。 フィニッシュの精度や判断面で大いに改善点はあるものの、爆発的なスピードとドリブルテクニック、プレミアリーグの並みいる屈強なDFにも当たり負けしない強靭なフィジカルを武器に、リーグ屈指のドリブラーとしての評価を確立している。 そして、今シーズンのリーグ戦での成績が37試合2ゴール3アシストと振るわず、昨夏に比べて評価を落としているものの、未だにヨーロッパのビッグクラブからの関心を集めている。 今夏の去就に注目が集まるトラオレは、スペイン『RAC1』で以前から自身の呼び戻しに関心を示す古巣への復帰願望を口にしている。 「バルセロナは僕の家、それが現実だよ。僕はあそこで育ち、10年間生活していたからね」 「彼らはいつも僕に多くのことを与えてくれたしね。現状では彼らが何(オファー)を提供してくれるのか見てみないと…。だけど、今のメンタリティは代表チームと水曜日の試合に向いているよ」 アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、オランダ代表FWメンフィス・デパイの加入によって現時点で前線の選手層は厚いバルセロナにとって、トラオレの獲得は決して優先事項ではない。 ただ、スペイン代表FWアンス・ファティ、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレに長期離脱の可能性があり、一部でウルブスがポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコンの獲得を希望しているとの話もあり、トレードなどで獲得に動く可能性は十分にあるかもしれない。 2021.06.22 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

フランス代表で負傷のバルサFWデンベレが手術へ…離脱期間は4カ月以上に…

バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが右ももの手術を受けることになった。フランス『レキップ』が報じている。 デンベレは、19日に行われたユーロ2020グループF第2節のハンガリー代表戦に後半から途中出場。しかし、87分にMFトマ・レマルと交代していた。 同国代表を率いるディディエ・デシャン監督は当初、負傷箇所が右ヒザと説明していたが、実際の負傷箇所は古傷の右腿だったという。 そして、代表チームとバルセロナの話し合いの中で、代表離脱と共に手術を行うという決断が下されたようだ。 現時点では右大腿二頭筋に大きな損傷が確認されており、これまで2017年9月と2020年2月に実施したフィンランドの病院にて3度目の手術を受けることになる模様だ。 なお、手術の詳細は決まっていないものの、離脱期間は最低でも4カ月以上になるとのことだ。 今シーズンのバルセロナでは公式戦44試合に出場するなど、加入後初めてフルシーズンを戦ったデンベレだったが、新シーズンに向けてはいきなりケガと向き合うことになった。 2021.06.22 22:53 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly