中国スーパーリーグ残留の沧州雄狮が、上海海港からウズベキスタン代表MFを獲得

2021.04.09 02:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国スーパーリーグの沧州雄狮(元石家荘永昌)は8日、昨季限りで上海海港(元上海上港)からウズベキスタン代表MFオディル・アフメドフ(33)をフリートランスファーで獲得した。

6度のウズベキスタン最優秀選手賞に輝いているアフメドフは、母国の強豪パフタコール・タシュケントでキャリアをスタート。その後は、アンジ・マハチカラやFCクラスノダールでプレーし、2017年の冬に上海上港へ完全移籍。

上海上港では中盤の核として公式戦104試合に出場し11ゴール13アシストを記録。昨季も開幕からリーグ戦8試合に出場していたが、シーズン途中に天津泰達へレンタル移籍。天津泰達では5試合に出場していた。

また、2007年にデビューしたウズベキスタン代表では、105試合に出場し19ゴールを記録している。

昨季の中国スーパーリーグで16位で甲級リーグ(中国2部)への降格していた沧州雄狮だが、財政難により活動停止を発表していた昨季王者の江蘇FC(元江蘇蘇寧)が中国スーパーリーグからの追放されたことにより、中国スーパーリーグ残留が決定していた。

なお、沧州雄狮の指揮官はかつて清水エスパルスで監督を指揮したアフシン・ゴトビ監督が務めている。

関連ニュース
thumb

ボローニャ、オーストリア代表FWアルナウトビッチを完全移籍で獲得!

ボローニャは1日、上海海港からオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は明かしていないが、『Transfer markt』によれば2023年6月30日までとのことだ。 トゥベンテでプロデビューしたアルナウトビッチは、ブレーメンやストーク・シティ、ウェストハムでのプレーを経て、2019年7月に上海海港(元・上海上港)に加入。上海海港では在籍2 年で、公式戦39試合に出場し20ゴール4アシストを記録していた。 なお、アルナウトビッチはトゥベンテからのレンタル移籍で、2009-10シーズンの1シーズンだけインテルでプレーしており12年ぶりのセリエA復帰となる。 2021.08.02 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨も候補に挙がったボローニャの新ストライカー、希望通りのアルナウトビッチ獲得で合意

ボローニャがオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)を確保したようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャ。新シーズンに向けては新たなストライカーの獲得を目指しており、シニシャ・ミハイロビッチ監督は第一希望にアルナウトビッチを名指しで指名していた。 ミハイロビッチ監督は「クラブは一刻も早く彼を獲得するために尽力する。(交渉は)終盤に差し掛かっているよ」とコメントするなど、獲得が迫っていることを示唆していたが、どうやら交渉がまとまったようだ。 『カルチョ・メルカート』によると、上海海港との交渉がうまくいっていなかったものの、粘り強く交渉した結果、合意に至ったとのこと。300万ユーロ(約3億9000万円)+ボーナスで合意したという。 アルナウトビッチ獲得前には、今年1月にアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWジエゴ・コスタの獲得が迫っていたとも報じられたが破談。アルナウトビッチの獲得が難しいことから、シント=トロイデンのFW鈴木優磨も候補に挙がっていたが、最終的には監督の希望通りの結果となった。 アルナウトビッチはトゥベンテからのレンタル移籍で、2009-10シーズンの1シーズンだけインテルでプレー。インテルでは3試合の出場に終わったが、無事に契約できれば12年ぶりのセリエA復帰となる。 2021.07.26 09:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ミハイロビッチ監督がアルナウトビッチを熱望「一刻も早く彼を獲得するために尽力する」

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、上海海港のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(32)の獲得を熱望している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今夏の移籍市場において活発な動きを見せるボローニャ。キャプテンの元イタリア代表MFアンドレア・ポーリの退団や日本代表DF冨安健洋の退団の噂などが上がる一方、ガンビア代表FWムサ・バロウなど期限付き移籍で加入していた選手の買取オプション行使などの補強も行っている。 そんな中で新たに補強の候補となっているのがアルナウトビッチだ。かつてはインテルにも在籍したオーストリア代表FWは、2020年の中国スーパーリーグで13試合7ゴール1アシストを記録。ボローニャは年俸約300万ユーロ(約3億9042万円)を用意しているという。 以前は上海海港が移籍を固辞していると伝えられたが、ミハイロビッチ監督は32歳の加入に絶対的な自信を持っているようだ。 「アルナウトビッチが来ると信じて疑わなかった。他の理由でもう少し時間がかかったのかもしれないが、我々はマルコが来ることを確信していたし、マルコもここへ来ることを確信していただろう。それは紛れもない事実だ」 「クラブは一刻も早く彼を獲得するために尽力する。(交渉は)終盤に差し掛かっているよ」 また、ミハイロビッチ監督はアルナウトビッチがチームにもたらす効果についても語った。 「彼はゴールを決めることに慣れている。チームのためにプレーし、偽9番としてビルドアップを助けることもできる。それは相手のディフェンスライン全体に不安を与え、チームメイトには心強さを与える 「(FWロドリゴ・)パラシオとは異なる特徴を持っているため、異なる使い方ができるだろう」 2021.07.24 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

中国でプレーするオスカルが緊急手術、虫垂炎と妻が明かす

上海海港(元・上海上港)に所属する元ブラジル代表MFオスカルが、緊急手術を受けていたようだ。 かつてはチェルシーでもプレーし、ブラジル代表としても活躍していたオスカル。若くしての中国行きには驚きの声も挙がっていた。 キャリアのピークで中国へと渡っていたオスカルは、イギリス『talkSPORT』の独占インタビューに応じ、中国行きは悪くない決断だったとコメントしていた。 そのオスカルだが、実は虫垂炎にかかり、緊急手術を行っていたことがわかった。 オスカルの妻であるルドミラ・エンボアバさんが自身のインスタグラムを6日に更新。オスカルの緊急手術を報告していた。 「昨日、オスカルは虫垂炎を発症させたので、緊急手術を行わなければなりませんでした」 「彼は元気です。明日、私たちは家に戻ります」 エンボアバさんは、ストーリーズでベットに横たわるオスカルや、病室でパジャマ姿でうろつくオスカルの動画をアップしていた。 2021.03.06 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オスカル、中国行きに悔いなし 「当時は驚かせたかもしれないが…」

上海海港(元・上海上港)の元ブラジル代表MFオスカルは中国行きを悔いていないようだ。 オスカルは2017年1月にチェルシーから上海海港入り後、一貫して中国でプレー。公式戦通算145試合の出場で45得点77アシストの数字を誇るが、20台半ばにしての中国行きの決断はその当時、大きな話題を呼んだ。 しかし、中国に渡ってから5年間が経ち、今年9月に30歳の誕生日を迎えるオスカルは後悔していないという。イギリス『talkSPORT』の独占インタビューで、チェルシーからの中国行きを振り返った。 「移籍したときはみんなを驚かせたかもしれないが、当時はチェルシーであまりプレーできていなかった。他国からのオファーがいくつかあったなかで、中国に行くと決めたんだ」 「決断を振り返ってみると、僕や家族、そして自分のフットボールにとっても、良いものだったと思っている。ここに来て、ずいぶん上達した感じがあって、今までならやらなかったこともいくつかするようになった。少し歳をとって、振り返ってみると、良い決断だったと思う」 「誰もが観ているわけじゃないというのが中国フットボール界の問題だ。中国のリーグも多くの面を改善しようとしているが、もっと試合を観てもらう必要がある。クオリティに関しては良いものがある」 「ここには多くの外国籍選手がいて、最善を尽くそうとしている。すごく良い選手がいるんだ。僕も常にリーグやチームの助けになろうとしている。上海は非常に良いクラブで、目標はいくつかのタイトルを獲得することだ」 攻撃的MFとしてチェルシー時代も公式戦200試合以上に出場したオスカルはまた、2015年11月を最後にプレーから遠ざかるブラジル代表としてのキャリアにも言及。再びプレーしたい思いを明かした。 「もちろん、今でも母国のためにプレーしたい。さっきも言ったように、中国にいると、誰も試合を観ないから難しいけどね。僕は健康で、非常に良いフットボールができているんだ。彼らが求めるなら、また呼ばれるはずさ」 「すでに多くの試合に出させてもらった。ベストを尽くして、ワールドカップでもプレーした。彼らが必要としてくれるのなら、僕はもちろん、行くよ」 2021.03.06 19:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly