1stレグで手痛い敗戦も、前を向くミュラー「僕たちはまだ前進できると確信している」

2021.04.08 12:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、敗北したチャンピオンズリーグ(CL)での戦い方を悔やんでいる。クラブ公式サイトが伝えた。ミュラーは7日に行われたCL準々決勝1stレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦に先発出場。貴重な同点ゴールを決めるなど、負傷中のFWロベルト・レヴァンドフスキの不在を補う活躍を見せたが、チームは3失点を喫してしまい2-3で敗れた。

敗れただけでなく3つのアウェイゴールを奪われたバイエルンは、厳しい状況で敵地での2ndレグに向かうことに。しかし、試合後のインタビューに臨んだミュラーは、チャンスさえ決めれば準決勝進出は可能だと強調している。


「今日はたくさんのチャンスを逃してしまった。より多くのゴールを決めなければならなかったと思う。この試合が5-3や6-3で終わっていたとしても、誰も文句は言わなかっただろうね」

「僕たちは自分で自分を追い込んでしまったと思う。今度は、リードされている状況から追い上げなければならない。でも、もし僕らがいつも見せているような闘争本能を発揮できれば、すべてが違ってくるだろう」

「失点については議論するまでもない。今日の僕らはあまりにも多くのチャンスを逃してしまった。今、チームは2ndレグに向けて全力を注いでいく」

「今日のようなプレーができれば、同じように多くのチャンスを得られるはずだ。そのチャンスを生かせば、準決勝に進むことができるだろう。僕たちはまだ前進できると確信しているよ」
関連ニュース
thumb

ハビ・マルティネスが今季限りでバイエルン退団…「クラブとファンは永遠に心の中に…」

バイエルンは4日、元スペイン代表MFハビ・マルティネス(32)の今シーズン限りでの退団を発表した。 2012年夏にアスレティック・ビルバオから加入したハビ・マルティネスは、本職の守備的MFとセンターバックを主戦場に、公式戦266試合に出場し14ゴール11アシストを記録。長らくドイツの盟主を支え、今週末のボルシアMG戦を制した場合、加入時から9年連続となるブンデスリーガ達成となる。また、2度のチャンピオンズリーグ(CL)、FIFAクラブ・ワールドカップなど、通算20以上のトロフィーを獲得してきた。 しかし、近年はチーム内での序列が低下しており、今シーズンは公式戦28試合に出場も、プレータイムは800分未満と思うように出場機会を得ることができなかった。 そういった事情もあり、ハビ・マルティネスとクラブは双方合意の下で来シーズン以降の契約を更新しないことで合意に至り、今回の退団発表となった。 9年間を過ごしたクラブを去ることになった元スペイン代表MFは公式サイトを通じて感謝の思いを伝えている。 「9年間、FCバイエルン・ファミリーの一員でいられたことをとても誇りに思うと共に、幸せに思っているよ。この素晴らしいクラブ、そして特にファンの皆さんに感謝したい。皆さんのおかげでミュンヘンが僕の家になったんだ。そして、この9年間のことは決して忘れないよ」 「初日から“Mia san mia(俺たちは俺たちだ)”とFCバイエルンの特別な性質を感じた。僕はこのクラブのために生き、常にすべてを捧げ、一緒に勝ち取った数々のタイトルをとても喜んでいるよ。FCバイエルンとそのファンは永遠に私の心の中にある。Muchas gracias, dankeschön, servus - See you again!」 また、同選手の獲得に尽力したカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、高額な契約解除金を支払うという自分たちの決断が正しかったと、称賛の言葉を口にしている。 「2012年夏にハビ・マルティネスと契約したとき、4000万ユーロという移籍金は当時の我々にとって記録的な金額であり、難しい決断だった。しかし、その決断は正しかった」 「ハビはプレー面で我々のチームに素晴らしいクオリティを与えてくれ、人間的にも非常にフィットしていた。彼が獲得した数多くのタイトルの中でもハイライトは、もちろん、2013年のドルトムントとの決勝戦と、2020年のパリ・サンジェルマンとの決勝戦における、2つのチャンピオンズリーグ優勝だ」 「そして、2013年のチェルシー戦と2020年のセビージャ戦のUEFAスーパーカップでの土壇場での2つのゴールは、今でも我々全員の記憶に残っている。とてつもなく楽しく、成功した時間を過ごせたことをハビに感謝する。ハビ、元気で。君はいつでもFCバイエルン・ファミリーの大切な一員だ」 なお、元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング、オーストリア代表DFダビド・アラバに続き今シーズン限りでクラブを去るハビ・マルティネスの新天地に関しては、母国スペインやオーストラリア、アメリカ、中東などが噂されている。 2021.05.04 23:39 Tue
twitterfacebook
thumb

手術から2カ月...トリソがボールを使ったトレーニングを開始!

バイエルンに所属するフランス代表MFコランタン・トリソは復帰に向けて順調なようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 2月中旬のトレーニング中に左太ももの腱を断裂し、手術を受けたトリソ。最低でも3カ月間の長期離脱になると発表されており、このままシーズン終了ということも危ぶまれていた。 しかし、手術後、順調にリハビリを続けるトリソは、先週からランニングメニューを開始。そして、29日にはボールを使ったトレーニングも始めており、今季中の復帰を果たせる可能性も出てきたようだ。 なお、過密日程の中シーズンを戦うバイエルンでは、負傷者が続出中。トリソのほか、DFジェローム・ボアテングやDFニクラス・ジューレなども離脱しており、2月に右足中足骨骨折のケガを負ったFWドグラス・コスタに至ってはシーズン終了が濃厚となっている。 2021.04.30 16:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ドグラス・コスタの復帰は絶望的に…CWCティグレス戦を最後にユベントスへ帰還か

バイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタは、今シーズン中の復帰は不可能となったようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同選手は2月半ば、トレーニング中に右足中足骨骨折のケガを負った。通常、完治するまで2~3カ月かかるケガで、ブラジル代表FWも例に漏れず、現在まで離脱が続いている状況だ。 そんな中、ブンデスリーガも残り3試合と佳境を迎えており、バイエルンは5月8日に行われる第32節のボルシアMG戦に勝てば自力優勝が決まる。だが、ケガに悩むドグラス・コスタは、その瞬間をピッチ上で共有することは叶わない可能性が極めて高いという。 昨夏の移籍市場最終日に、ユベントスからのローンで2年ぶりに復帰したドグラス・コスタ。ブンデスリーガでは11試合、チャンピオンズリーグ6試合、さらにはクラブ・ワールドカップ決勝戦など、公式戦20試合に出場していたが、その決勝戦のティグレス戦を最後に、このままユベントスへ戻ることになりそうだ。 2021.04.29 13:32 Thu
twitterfacebook
thumb

今年中にバイエルンvsドイツ代表実現? フリック監督の補償金として収益がバイエルンへ…

今年中にバイエルンとドイツ代表によるフレンドリーマッチが実現する可能性があるようだ。両者の精通するドイツ人ジャーナリストのマキシミリアン・コッホ氏が主張している。 バイエルンでは今季限りでの退任を表明したハンジ・フリック監督の退団を受け、RBライプツィヒからユリアン・ナーゲルスマン監督を新指揮として招へいした。 ただ、33歳の青年指揮官の引き抜きに際して、バイエルンは2000万ユーロ(約26億3000万円)を超える違約金をライプツィヒに支払う必要があると言われている。 ヨーロッパ屈指のビッグクラブである同クラブの予算を考えれば、問題なく支払える金額とはいえ、クラブとしては予想外の厳しい出費と言える。 だが、比較的すんなりと違約金の支払いに応じた背景には実質的にフリック監督を引き抜く形となるドイツサッカー連盟(DFB)からの補償があるようだ。 今年7月に開催されるユーロ2020本大会限りでヨアヒム・レーブ監督が退任するドイツ代表はすでに水面下でフリック監督との交渉を開始しており、後任指揮官としての就任が確実視されている。 そうなると、バイエルンサイドとしては2022年まで契約が残っていたフリック監督の退団の引き金のひとつとなったDFB側に補償を求めるのは、ある意味当然の流れだ。 ただ、コロナ禍において財政難のDFBは現時点でバイエルンが要求する補償を支払うのは困難となっている。 そこで妥協案として掲示されたのが、バイエルンとドイツ代表によるフレンドリーマッチの収益を補償金に充てるというプランだ。 コッホ氏が伝えるところによれば、現時点で試合の開催時期は決定していないものの、観客がスタジアムに戻ることが期待される今年の下半期中となる可能性が高いという。 ただ、過密日程が続く中、チャリティーマッチとは異なり収益がバイエルンに支払われるフレンドリーマッチの出場に関して、代表選手を派遣するその他のクラブからの理解を得られるかなど、多くの障害が想定される。 2021.04.29 00:14 Thu
twitterfacebook
thumb

退任決定のフリック監督、バイエルンに感謝も悔いを残す「全ての試合で恋人がいなくて寂しかった」

今シーズン限りでバイエルンの指揮官を退任することが決定したハンジ・フリック監督が、別れの言葉を述べた。クラブ公式サイトが伝えた。 フリック監督は2006年9月から2014年8月までドイツ代表のアシスタントコーチとしてヨアヒム・レーブ監督を支え、2014年のブラジルW杯以降、2017年1月まではDFBのスポーツ・ディレクターを務めていた。 その後、2019年7月にニコ・コバチ監督の下でバイエルンのアシスタントコーチに就任すると、コバチ監督が解任された2019年11月にアシスタントコーチから暫定監督に昇格。瞬く間にチームを立て直して正式監督に就任し、2019-20シーズンは7年ぶりの3冠へと導くと、今シーズンもブンデスリーガ優勝に王手をかけている状況だ。 しかし、フリック監督はチームを去ることを表明すると、クラブと揉める展開となったが、27日に現在RBライプツィヒで指揮を執るユリアン・ナーゲルスマン監督が来シーズンからバイエルンで指揮を執ることが正式に決定。それに伴い、フリック監督はバイエルンとの契約解除が決定していた。 正式に今シーズン限りでバイエルンを去ることが決まったフリック監督。クラブを通じて、感謝の意を示し、監督就任期間にサポーターと喜びを分かち合えなかったことを悔やんだ。 「私にとって、この2年間は忘れられないものとなった。感動、勝利、タイトルだけでなく、ピッチでの日々の仕事も本当に楽しかった。素晴らしい時間だった」 「一緒に戦わなければ成功はしない。私は幸運にも、ここミュンヘンで素晴らしい選手たちや素晴らしい仕事をしてくれたスタッフ、コーチングチームに出会うことができた」 「ありがとう。みんなありがとう。キャスリーン(・クリューガー/マネージャー)、ありがとう!ヘルベルト・ハイナー社長、カール=ハインツ・ルンメニゲ、オリバー・カーン、ハサン・サリハミジッチ、そして幹部のみんな、この素晴らしいチームをトレーニングする機会をくれてありがとう」 「1つやり残したことがある。この間、ファンと一緒に最大の成功を祝うことができなかった。私は全ての試合で恋人がいなくて寂しかった。バイエルンファミリーを、これからもよろしくお願いします」 「これはただの言葉だけではない。私にとって、とても名誉なことだった」 2021.04.28 21:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly