川崎Fが伏兵・遠野のゴールで鳥栖を撃破!2試合連続退場者を出した鳥栖は2連敗【明治安田J1第8節】

2021.04.07 21:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第8節、川崎フロンターレvsサガン鳥栖が7日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で川崎Fが勝利した。ここまで7勝1分け無敗で首位を快走する川崎F。前節は代表帰りの三笘が2ゴールを挙げる活躍で、大分トリニータに快勝した。鳥栖は川崎Fが昨季のリーグ戦で一度も勝てなかった相手(2分け)。そんな難敵相手に前節からスタメンを3名入れ替え、田中や小林、長谷川が先発入り。三笘はベンチスタートとなった。


対する鳥栖も、ここまで4勝2分け1敗で暫定4位と好調。第6節まで無失点を続けていたが、前節のセレッソ大阪戦で奥埜のゴールを許し、今季初失点及び初黒星を喫した。ここまでのパフォーマンスの試金石となる王者との対戦に、前節からのスタメン変更は4人。出場停止のファン・ソッコの代わりに田代が起用された。

先にチャンスを作ったのは川崎F。7分、相手のビルドアップを阻止して高い位置でボールを奪うと、ボックス手前左の脇坂がボックス右の小林へラストパス。しかし、小林のシュートはパク・イルギュに止められた。

パスを繋いで攻撃を組み立てる両チームだが、個の質で上回る川崎Fがより多くゴール前に侵入していく展開に。それでも堅守の鳥栖も連動したプレッシングで相手のミスを誘いつつ、隙を見て樋口や仙頭がシュートを狙っていく。

その中で鳥栖は25分、島川が足を痛めて中野嘉大と交代するアクシデントに。その直後、樋口がボックスの外から張ったミドルシュートはクロスバーを越えた。

鳥栖同様に高い位置からプレッシャーをかけていく川崎Fは28分、敵陣左サイドでボールを奪い、レアンドロ・ダミアンがボックス右の小林へ。その折り返しをボックス中央に飛び込んできた田中が蹴り込むも、懸命に戻った松岡に寸前のところでブロックに入られてしまった。

41分には、速攻から長谷川が左サイドを持ち上がり、ボックス中央のレアンドロ・ダミアンにラストパス。右足でダイレクトで流し込みにかかったが、残念ながら、わずかに右に外してゴールならず。ゴールレスで試合を折り返した。

互いに交代なしで後半に臨んだ中、57分に決定的なシーンが訪れる。川崎Fは相手の攻撃を跳ね返し、田中が前線へクリア。高く上がったボールに対し、田代との競り合いを制したレアンドロ・ダミアンが前を向いた瞬間、入れ替わられた田代がホールディングする形で倒し、このプレーで一発退場。鳥栖は前節のファン・ソッコに続き、2試合連続で退場者を出してしまった。

その直後、鳥栖は一挙に3枚替え。小屋松、本田、酒井を下げて、飯野、林、松本が投入。川崎Fも脇坂と長谷川を下げて、遠野と三笘を送り出す。この交代が功を奏したのは川崎Fだった。

65分、敵陣中央でジョアン・シミッチが縦パスを入れると、ボックス手前のレアンドロ・ダミアンがスルー。その背後で構えていた遠野は、相手DFに寄せられ一瞬ボールを失ったものの、倒れ込みながら泥臭く押し込んで、川崎Fが先制に成功した。

ようやく鳥栖の堅守を崩した川崎Fは、田中が二度決定的なシーンを迎えるなど、数的有利もあって相手を押し込んでいく。80分に投入された家長は、86分に登里のクロスをダイレクトで叩いてGKパク・イルギュを強襲。90分には速攻で持ち上がった田中の横パスを、ボックス手前からループシュート。これもパク・イルギュの好セーブに遭ったが、ホームチームが追加点に迫っていく。

結局、川崎Fに2点目は生まれなかったが、危険な場面も作らせることなく試合をクローズ。1-0の勝利をものにし、リーグ戦3連勝とした。一方の鳥栖は、これで2連敗となった。

川崎フロンターレ 1-0 サガン鳥栖
【川崎F】
遠野大弥(後20)
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:札幌vs横浜FM】札幌で金J開催! ハイプレスとパスサッカー、昨年の再現かリベンジか

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月16日(金) 19:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(8pt/14位) vs 横浜F・マリノス(15pt/7位) [札幌ドーム] 前節は鹿島をホームに迎えて2点差を追いついた札幌と、アウェイの仙台戦でゴールを決めきれずに引き分けた横浜FMのフライデーナイトJリーグ。 ◆昨年の再現を目指して【北海道コンサドーレ札幌】 前節は鹿島アントラーズをホームに迎えての一戦。前半に2点を先行される形となったが、田中駿汰のゴールで追いつくと、後半にはアンデルソン・ロペスがPKを決めて2-2のドロー。勝ち点1を拾った形となった。 開幕から決して調子が良いというわけではないが、上位チームとはしっかりと戦えている状況。内容を結果に繋げられていないパターンが多く、14位というポジションにいる状況だ。 2試合連続でホームでできることで、移動がない分コンディション面は問題なさそうだ。今シーズンも実施している、パイプレスのマンツーマンディフェンスを見せたいところだが、横浜FMは選手が立ち位置を変えるパスサッカーを展開。ハマれば勝機はある。 昨シーズンもホームでの試合は3-1で快勝。横浜FMのパスサッカーを封じ込めて勝利を収めたが、今節も再現なるか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:金子拓郎、宮澤裕樹、高嶺朋樹、ルーカス・フェルナンデス MF:駒井善成、チャナティップ FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆昨年のリベンジを目指して【横浜F・マリノス】 前節は下位に沈むベガルタ仙台とアウェイで対戦。ポゼッションも高く、長い時間ボールを持って攻撃を仕掛けていたが、仙台の堅い守備の前にゴールを奪うことができなかった。 攻め疲れもあったのか、なかなか良い形で決定機を迎えることができずに終わったが、この形は第7節の湘南ベルマーレ戦(1-1)も含め、今シーズン散見される展開といえるだろう。 Jリーグ屈指の攻撃力がある一方で、パスを繋いでいくサッカーを体現しているだけに、個の力でどうにかゴールを奪えるパターンは少ない。また、スピードある選手が揃う中でカウンターも大きな武器だが、相手も当然そこは織り込み済み。ラインを低く設定されてしまえばなかなか崩すことはできない。 横浜FMが一歩前に進めるかどうかは、その相手をどう崩すかにかかってくるだろう。とはいえ、開幕戦の川崎フロンターレ戦(2-0●)以外は負けなし。チーム状態が悪いわけではない。 今節の相手は引いて守る相手ではないが、マンツーマンでハイプレスをかけてくる札幌。パスの出所を寸断されてしまえば、攻撃陣は生きない。昨年もその形で敗れているだけに、今節はどういった準備をするのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:水沼宏太、前田大然、エウベル 監督:アンジェ・ポステコグルー <span class="paragraph-title">【動画】前節はホームで鹿島と引き分けた札幌</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e8ugm2g3w7xb1rog7ctoq7trg" async></script> 2021.04.16 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCに来季加入内定の法政大MF田部井涼が特別指定選手に、背番号は「25」

横浜FCは16日、来シーズンからの加入が内定している法政大学のMF田部井涼(21)が特別指定選手に承認されたことを発表した。なお、背番号は「25」となる。 田部は法政大学でキャプテンを務めるボランチ。前橋育英高校時代に全国高校サッカー選手権大会制覇を経験したほか、今年3月のデンソーカップチャレンジ2021で関東A選抜の選手として優勝に貢献していた。 大学屈指のボランチとして評される田部井は、来シーズンから加入が内定。開幕から苦しむチームの中で、今季中にピッチに立つか注目だ。 2021.04.16 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

清水、来季加入内定の筑波大DF山原怜音が特別指定選手に

清水エスパルスは16日、来シーズンから加入が内定している筑波大学のDF山原怜音(21)が特別指定選手に承認されたことを発表した。 山原は京都府京都市出身で、JFAアカデミー福島でプレー。その後、筑波大学へと進学した。 U-16日本代表や全日本大学選抜などを経験。2019年のユニバーシアードでは優勝を経験し、2021年のデンソーカップでは優勝とMVPを受賞していた。 2021.04.16 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグジャッジリプレイで原副チェアマンはレッドに理解を示す/六川亨の日本サッカー見聞録

今週の「Jリーグジャッジリプレイ#6」で最初に取り上げられたプレーが、4月7日に開催されたJ1リーグ第8節のFC東京対札幌戦の後半10分のプレーだった。スコアは0-0。しかしFC東京は前半29分にFW小柏の独走を体当たりで阻止したCB渡辺剛が1発レッドで退場となっていた。 FC東京はCB岡崎がカバーに入れたかもしれないが、渡辺剛のアプローチはボールではなく明らかに体をぶつけに行っただけに、VARを採用するまでもなく主審は退場処分とした。 当の渡辺剛は15日のズーム会見で、「失点につながるプレーだったので、自分としては食い止めたい、ピンチになるのを止めたかったので体をぶつけに行った」と先週のプレーを冷静に振り返りつつ、「もったいないことをしたが、恥じてはいません。結果として(札幌に)勝てたが、次の試合(川崎F)が出場停止でチームに迷惑をかけてしまった」と揺れ動く心境を素直に話した。 問題のプレーは後半10分、自陣バイタルエリア付近でルーズボールを拾ったディエゴ・オリベイラがドリブル突破を試み、札幌のペナルティエリアに迫ろうとしたところでCBキム・ミンテに倒された。 主審は最初、キム・ミンテにイエローカードを出したが、VARが採用され、オンフィールドレビューの結果、レッドカードに変更。守備の要を失った札幌は、このFKからディエゴ・オリベイラに先制点を許した。 このイエローからレッドに変わったカードについて、「Jリーグジャッジリプレイ」でJリーグウォッチャーの平畠啓史氏は、VARの介入条件である「明白な」シーンだったかどうかに疑問を呈しつつ、「僕の印象ではイエローでいいのかなという気がする」と主審の最初の判断を支持した。 面白かったのはJリーグ副チェアマンの原博実氏の見解だった。 原氏は「難しいけど、この試合のシチュエーション(前半にFC東京の渡辺剛が退場していた)で言うと、やはりドグソ(決定的な得点機会の阻止)になってしまうんだろうなという気がした」とコメント。これは、選手・監督経験者ならではの発想である。 VARを始めとする様々なテクノロジーが導入される以前は、主審のジャッジが最終判断だった。そこで、Aというチームに退場者が出たら、試合の公平性を保つために主審は数的優位にあるBチームから退場者を出すケースが往々にしてあった。 これはルールブックに明記されているわけではないし、試合後の主審もコメントを出すことはない。いわば万国共通の「暗黙のルール」のようなものだった。 だから数的優位にあるBチームの選手は、経験や肌感覚から主審が退場者を出すのではないかと察し、「余計なファウルはするな!」とお互いに声がけして気をつけ合ったものである。それは記者席から見ていても「それをやったらダメでしょ。イエロー2枚で退場だよ」というシーンを何度か目撃した。 だからこそ原氏も「この試合のシチュエーションで言うと、やはり」と、自身の経験からレッドになっても仕方がないと思ったのではないだろうか。 最終的な結論としては、深野悦子審判インストラクターの、メインスタンドからのカメラではイエローカードと思ったものの、ゴール裏に近いカメラからの映像を見てレッドカードと思ったということに落ち着いた。 深野インストラクターいわく「ポイントとなるのがペナルティエリアの角です。割と幅に近いところ、いわゆる45度ぐらいでした。そうすると、シュートに持っていけると思える。最初の印象では、もうちょっとタッチラインに寄っているので、角度がないのではないかと思ったんですけど、十分にいい角度だった。そういう意味では違う映像を見てドグソに変わりました」と、VARの介入と主審の判断を妥当だったと認めた。 このシーンについては、主審もオンフィールドレビューを3分近く繰り返し見ていた。それだけジャッジが難しいプレーだったということだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> <span class="paragraph-title">【動画】2選手が退場となったFC東京vs札幌ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=bptf6kfoayk21f13nas15x2bb" async></script> 2021.04.15 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ついに合流!徳島、開幕から10試合を消化しダニエル・ポヤトス監督がチームを指揮

徳島ヴォルティスは15日、ダニエル・ポヤトス監督、マルセルコーチ、FWクリスティアン・バトッキオのチーム合流を発表した。 浦和レッズの監督に就任したリカルド・ロドリゲス監督の後任として、今シーズンから徳島の監督に就任したポヤトス監督。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で新規入国が禁止されていたこともあり、これまでチームの指揮を執れずにいた。 甲本偉嗣ヘッドコーチがキャンプ中から指揮を執り、7年ぶりとなったJ1の舞台でも指揮を執り続けていた中、チームは開幕から5試合勝利がない苦しい事態に。それでも第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから3連勝。さらに、14日に行われたセレッソ大阪戦でも0-1で勝利し、前回のJ1在籍時の3勝をすでに上回る成績を残していた。 チームを支えた甲本ヘッドコーチが指揮するラストマッチでも勝利した徳島。ついに監督が合流し、初めてチームを直接指揮することとなった。 また、マルセルコーチ、そしてU-21イタリア代表歴のあるFWバトッキオも合流。結果が出ているチームにどう入っていくかに注目だ。 なお、17日(土)の初陣となる鹿島アントラーズ戦は、就任間もない相馬直樹監督率いるチームと対戦。初陣同士の注目カードとなる。 <span class="paragraph-title">【写真】ついに直接選手を指導することとなった徳島のポヤトス監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%A4%E3%83%88%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダニエルポヤトス</a> 監督、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#クリスティアンバトッキオ</a> 選手、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マルセル</a> コーチが今日からチームに合流<br><br>その他の写真は公式Instagramをご覧ください<a href="https://t.co/Sj6fPyq0SF">https://t.co/Sj6fPyq0SF</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#徳島ヴォルティス</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vortis?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vortis</a> <a href="https://t.co/crbsUZae7U">pic.twitter.com/crbsUZae7U</a></p>&mdash; 徳島ヴォルティス 公式 (@vortis_pr) <a href="https://twitter.com/vortis_pr/status/1382512055094177793?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 17:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly