【J1注目プレビュー|第8節:G大阪vs福岡】待ちわびたホーム開幕戦、G大阪の初勝利&初ゴールは?福岡は連敗回避へ

2021.04.07 15:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第8節】
2021年4月7日(水)
19:00キックオフ
ガンバ大阪(1pt/18位) vs アビスパ福岡(8pt/10位)
[パナソニック スタジアム 吹田]ついに活動が再開し、ホームでも元気な姿を見せられるG大阪。福岡は連敗回避なるか。

◆パナスタに帰ってきた青黒【ガンバ大阪】


チーム内でのクラスター発生により1カ月の中断を経てついに試合が再開したG大阪。前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し、0-0のゴールレスドロー。それでもシーズン初の勝ち点を手にした。

前半は集中力を保ち、1カ月ぶりとなる試合に臨んだが、やはり試合体力の部分での難が見えた後半はパフォーマンスが落ちることに。その結果、勝ちきることはできなかったが、何よりも1カ月ぶりに試合を行い、勝ち点1を掴んで一歩歩みだしたことが何よりも大きかった。

そして再開2試合目はホームでの試合。再び大阪では新型コロナウイルスの感染が拡大しているが、シーズンのホーム開幕戦がやっとやってきただけに、元気な姿を見せたいところだ。

それとともに掴みたいのが今シーズンの初ゴール。開幕2試合ではネットを揺らすことができていないだけに、ここでゴールを奪い、白星も奪いたいところだ。

まだまだ試合に向けたコンディションに不安はあるだろうが、それでも前を向いて戦いたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝
MF:小野瀬康介、井手口陽介、チュ・セジョン、倉田秋
FW:チアゴ・アウベス、パトリック
監督:宮本恒靖

◆今季初の連敗は避けたい【アビスパ福岡】

前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて1-2で敗戦。久々に失点も喫し、勝ち点を積み上げることができなかった。

昇格組として苦戦が予想された福岡だが、ここまでのスタートは上々の出来。自動降格が4チームなだけに、しっかりと得られる勝ち点を積んでいきたいところだ。

そんな中、チームでは5日に選手2名が陽性判定という情報が。選手名が公表されていないため難しいところではあるが、主力選手であれば苦しい展開となることも予想される。

札幌戦では敗れたものの、DF奈良竜樹が初出場チームとしてのバランスも徐々に良くなっており、攻撃面でもシュートチャンスは増やせている。今節は結果を伴う試合にしたいところだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:村上昌謙
DF:エミル・サロモンソン、ドウグラス・グローリ、カルロス・グティエレス、志知孝明
MF:金森健志、重廣卓也、前寛之、石津大介
FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也
監督:長谷部茂利
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:川崎Fvs札幌】リベンジor再現、新記録まで「1」の川崎Fか昨季完勝の札幌か

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月16日(日) 15:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/42pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/15pt) [等々力陸上競技場] 昨季から続くリーグ戦の無敗を「21」に伸ばした川崎F。新記録達成に挑む相手は札幌だ。 昨季12連勝中の川崎Fを止めた札幌は、無敗記録中の川崎Fを止められるか。 ◆昨季のリベンジ果たしJ1新記録へ【川崎フロンターレ】 前節はミッドウィークにベガルタ仙台を迎えた一戦。降格圏の相手に連勝を伸ばすと思われた中、後半アディショナルタイムに失点。勝ち点2を失うドローとなった。 不覚をとった川崎Fだったが、これで昨シーズンから続くリーグ戦の無敗記録を「21」とし、大宮アルディージャが持つ記録に並ぶことに。そして今節、新記録が懸かる中迎える相手は札幌だ。 昨シーズン終盤の第26節、優勝へひた走る川崎Fは12連勝中に札幌をホームへ迎えた。優勝へのカウントダウンが始まっていた中、結果は0-2で敗戦。シーズンで初めて完敗を喫した試合だった。 川崎F対策として札幌が準備したマンツーマンのディフェンスに苦しみ、パスサッカーを封じられた川崎Fは、為す術がないまま敗れることに。このリベンジを今回は連続無敗記録をかけて果たすことができるのか。 コンディション面では中3日での試合で不利な部分はあるが、ターンオーバーもしていただけに、全力で勝利を目指す。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆調子は上向き、昨季の再現なるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイで徳島ヴォルティスと対戦し、1-2で勝利。今シーズンの4焼目を記録した。 なかなか結果が伴わなかった札幌だが、直近3試合は2勝1分け。順位が近い相手からしっかりと勝ち点を奪っており、徐々に調子を上げている状況だ。 アウェイ3連戦の3試合目を迎える札幌。その相手は王者の川崎Fだが、臆することはないだろう。今の札幌のスタイルが最もハマったとも言える試合は、昨シーズンのアウェイ川崎F戦。絶対的な強さを誇る相手に、完璧な勝利を収めた唯一のチームと言っても良い内容だった。 マンツーマンのディフェンスを現在も継続する札幌だが、そのスタートとも言って良い試合。観るものの記憶はもちろん、川崎Fの関係者、そして札幌の関係者も思い出す試合だ。 あれから半年。同じく圧倒的強さを見せている川崎Fとの対戦に。リベンジに燃える相手と同じ舞台で戦う札幌は何を用意するのか。今年も首位チームを食うのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:金子拓郎、荒野拓馬、深井一希、菅大輝 MF:小柏剛、駒井善成 FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.05.16 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:大分vs鳥栖】対照的な両者が相見える“九州ダービー”、攻略の糸口は?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 16:00キックオフ 大分トリニータ(17位/8pt) vs サガン鳥栖(4位/27pt) [昭和電工ドーム大分] 置かれた状況が対照的な両チームによる九州ダービー。 攻撃に大きな課題を残す大分が、堅守鳥栖をどう攻略するのか。 ◆改善されない攻撃、フィニッシュ精度を【大分トリニータ】 前々節、7連敗中のチームはホームに清水エスパルスを迎えた一戦で1-0と勝利。しかし、前節はアウェイで湘南ベルマーレに敗れてしまった。 なかなか苦境から抜け出す術を見出せていない大分。降格圏からも抜け出せず、苦しい戦いからいち早く脱却したいところだろう。 何と言ってもチームの課題は得点力だろう。12試合でたったの8ゴール。リーグワースト2位の数字であり、これではなかなか浮上のキッカケがつかめない。 前節は戦い方を変えた結果、無得点で敗戦。幅を使った攻撃を取り戻し、相手を引きつけたカウンターを見せたいところ。ゴールを奪わなければ勝ち点3を得られないだけに、堅守の鳥栖に対してどうゴールを奪うのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:小出悠太、坂圭祐、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、下田北斗、福森健太 MF:町田也真人、渡邉新太 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 ◆術中にハマらずハメ返せるか【サガン鳥栖】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えての一戦。4連勝を目指したが、0-0のゴールレスドローに終わった。 主導権を握り続けながらも、広島の守備を崩しきることができなかった試合。攻撃陣としては悔しさを持って、この戦いに臨むことになる。 一方で、守備陣は安定感が増し、焦れずに90分間を戦い抜いた。前がかりになりすぎてカウンターを受けるなどで失点をしなかったことはプラス。大分の得意とするパターンも防げる自信はあるだろう。 互いにポゼッションをしたいチームだが、鳥栖は一発の力を持っている状況。隙を突いてスピーディにゴールを奪い切れれば、勝利は見えてくる。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 2021.05.15 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:神戸vsC大阪】前節は共に敗戦、上位を伺う上でのリスタート

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 16:00キックオフ ヴィッセル神戸(5位/23pt) vs セレッソ大阪(8位/21pt) [ノエビアスタジアム神戸] 上位を伺う両者だが互いに前節はアウェイゲームで敗戦を喫している。 注目は互いのゴール前での攻防。仕留める力を持っているのはどちらか。 ◆仕切り直しの一戦【ヴィッセル神戸】 前節はアウェイでの横浜F・マリノスとの上位対決で2-0で敗戦。精度の差を見せつけられての敗戦となり、無敗は8でストップした。 横浜FM戦では、前線からのハイプレスに苦しみビルドアップに失敗。リズムが作れないまま失点を重ねて敗れてしまった。今一度、チームとして整理する必要はありそうだ。 その神戸だが、アンドレス・イニエスタがクラブと2年間の契約延長を発表。ケガで今季は出遅れたなか、マエストロが神戸でさらに輝き続けることが約束された。その意味でも、しっかりと立ち直りを見せたいところだ。 そのイニエスタもついに先発できる可能性が浮上。新契約締結を祝う極上のプレーを見せてくれるのか。リスタートの一戦としたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール MF:井上潮音、アンドレス・イニエスタ、中坂勇哉 FW:古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆試行錯誤の第2章【セレッソ大阪】 対するC大阪も前節はアウェイでの名古屋グランパス戦で1-0と敗れていた。今節はしっかりと勝利したい一戦だろう。 そのチームだが、攻撃陣にケガ人が続出。FW大久保嘉人を始め、FW中島元彦、FW山田寛人と若手も離脱した。 一方で、ブラジル人CBコンビは一定のパフォーマンスを見せている状況。その中でチームとしてはしっかりと攻撃サッカーを取り戻し、勝利を掴んで行きたいところだ。 メンバーを固定して戦ったシーズン序盤戦では結果を残していたが、その後にケガ人が相次いでベストメンバーが揃わない状態に。成熟していないチームは不調に陥っている。 この状況をしっかりと耐え、起用できる戦力でしっかりと結果を残すかどうかが、上位を狙えるかどうかに関わるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、ダンクレー、チアゴ、丸橋祐介 MF:奥埜博亮、藤田直之 MF:坂元達裕、清武弘嗣、アダム・タガート FW:豊川雄太 監督:レヴィー・クルピ 2021.05.15 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:鹿島vs横浜FM】ともに無失点で3連勝…横浜FMが8連敗中の“鬼門”、鹿島有利か?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/21pt) vs 横浜F・マリノス(3位/27pt) [県立カシマサッカースタジアム] 現在リーグ戦3連勝中の鹿島と4連勝中の横浜FMの一戦。 カシマスタジアムでは鹿島が8連勝中だが、軍配はどちらに? ◆進撃の鹿島はどこまで【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦し、0-2と勝利した鹿島。リーグ戦の連勝を3とし、相馬直樹監督就任後の4試合で勝ち点10を稼ぐなど勢いに乗っている。 堅守の名古屋に対しアグレッシブに戦った鹿島。相馬監督就任以降貫いている姿勢は試合の流れを引き寄せることに繋がり、2ゴールを奪っての勝利。順位も昨季同様急浮上を見せて7位に浮上している。 守備面での強度をしっかりと保っている鹿島は、3試合連続クリーンシート。チームも3試合連続で複数得点と、バランスも改善。最も勢いがあるチームの1つと言えるだろう。 上位対決が続く中、無敗、そして連勝をどこまで伸ばせるのか。一気に上位浮上を掴めるか、正念場の一戦と言えるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:レオ・シルバ、三竿健斗 MF:土居聖真、荒木遼太郎、白崎凌兵 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆“鬼門”で9年ぶり白星なるか【横浜F・マリノス】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えた上位対決となったが、2-0と勝利。連勝を4に伸ばすとともに、無敗を11に伸ばした。 鹿島同様に勢いに乗っているクラブの1つ。3試合連続クリーンシートに加え、3試合で10ゴールを奪う得点力も健在。首位の川崎フロンターレを追いかける筆頭といえる存在だ。 どこまで無敗を伸ばすのか注目が集まる横浜FMだが、この鹿島戦は“鬼門”。アウェイでの鹿島戦は8連敗中と全く良いところがなく、チームとしての進化を示すには格好の舞台と言えるだろう。 コンディション面では中2日の鹿島に対して、中5日の横浜FMは有利な状況。相手の勢いをしっかりと止めていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー 2021.05.15 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:清水vs名古屋】攻撃陣が課題の両者、清水はホーム初勝利を目指す

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 14:00キックオフ 清水エスパルス(16位/12pt) vs 名古屋グランパス(2位/32pt) [IAIスタジアム日本平] 今シーズンはホームゲームで勝利がない清水と、ミッドウィークに惨敗を喫した名古屋。 互いに攻撃陣が課題を抱える中、試合を制するのは。 ◆ホームで初勝利なるか【清水エスパルス】 前節は最下位の横浜FCを相手に1-1のドロー。またしてもセットプレーからの失点を喫し、勝ち点2を失った形となった。 今シーズンはわずかに2勝。順位もギリギリ残留圏の16位に位置しており、そろそろ浮上しなければこのまま残留争いに巻き込まれてしまう状況だ。 決して内容が悪いわけではないものの、結果がついてこない今シーズンの清水。攻守がかみ合わない部分が、苦しむ要因と考えられるだろう。 まずはセットプレーからの失点を減らすこと。そして何より、得点力を上げていく必要がある。数多くのチャンスを試合を通して作れていないだけに、確実に仕留めていく必要がある。 堅守の名古屋相手にゴールを奪うことは容易ではないが、失点を我慢してしっかりと勝ち点を奪えるか。今季勝利がないホームゲームで、初白星を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:エウシーニョ、鈴木義宜、立田悠悟、奥井諒 MF:中山克広、河井陽介、宮本航汰、西澤健太 FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆攻撃陣の課題をどう解決するのか【名古屋グランパス】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎えての一戦。川崎フロンターレ相手の連敗をセレッソ大阪戦で払拭したかに思われたが、好調の鹿島に飲み込まれ惨敗となった。 堅守ばかりが注目されていた名古屋だが、長きに渡って課題である攻撃面の問題が完全に露呈した試合。シュート「0」と機能しなかった攻撃陣のクオリティが勝敗を分けた。 2位に位置している状況だが、課題の攻撃が改善されなければ上位に残ることはできないだろう。稲垣祥のミドルやマテウスの個人技で上手く隠れていた課題は、連携の低さという形で明るみとなり、今一度見つめ直す必要があるのは明白だ。 上位争いをし続けるためには、中2日という厳しい日程でも切り替えて勝利することしかない。今一度、ゴールを奪うという形を取り戻すことができるのか。今節からマッシモ・フィッカデンティ監督が復帰するが、バウンスバックが求められる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:森下龍矢、木本恭生、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 MF:マテウス、ガブリエル・シャビエル、相馬勇紀 FW:柿谷 曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.05.15 10:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly