財政危機のインテルオーナー、ゴールドマン・サックスから300億以上の融資で運営継続へ

2021.03.31 22:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
財政問題を抱えている蘇寧グループだが、インテルのオーナーであり続けるために多額の融資を受けることになるようだ。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が伝えた。中国の大手家電会社である蘇寧電器が持つ蘇寧グループは、2016年6月にインテルを買収。68.55%の株式を取得していた。


中国スーパーリーグでは江蘇FC(元江蘇蘇寧)を所有し、ヨーロッパでプレーする選手たちを破格の契約で獲得する“爆買い”で一時注目の的となったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて業績が悪化。その結果、江蘇FCの活動停止を突然発表し、波紋を呼んでいた。

この発表により、インテルの身売りも大きく注目を集める中、会長を務めるスティーブン・チャン氏はクラブの運営を続けたいという意向を示していた。

蘇寧グループは「クラブが決して欠かさなかった財政的支援を保証し続けます」と発表し、チャン氏もクラブの株式の過半数を売却することを望んでいないとした。

そんな中、蘇寧グループは過半数の株式維持のため、アメリカの大手金融グループのゴールドマン・サックスから、2億1300万ポンド(約325億円)の融資を受けることになるとのこと。シーズン終了まではクラブを運営し続けることになるようだ。

一方で、インテルの買収に動く企業もあり、イギリスの国際投資会社であるBCパートナーズは5億9600万ポンド(約909億4000万円)で入札。しかし、蘇寧グループは8億5190万ポンド(約1300億円)と評価しており、オファーを拒否していた。

一時的に経営破綻をしのぐことになるチャン一家だが、クラブの31.05%の株式を保有するライオン・ロック(印刷サービスを提供する投資持株会社)の問題を解決する必要もある。

『コリエレ・デッラ・セーラ』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ゴールドマン・サックスからの借入金はで、ライオン・ロックの株式を取得できるアメリカのファンドと交渉中とのことだ。

何れにしても株式を100%保有し、その後にクラブを売却すること目指しているとみられる蘇寧グループ。チームがセリエAで好調を維持しているだけに、インテリスタからすれば邪魔だけはしないでもらいたいというところだろうか。
関連ニュース
thumb

スクデット目前も…インテルDFシュクリニアル「最も重要なのは計算しないこと」

セリエA優勝に近づくインテルだが、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルは目の前の試合に集中していると語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 インテルは2月にミランをかわすと、そのまま首位をキープ。第30節終了時点で2位ミランとの勝ち点差を「9」まで広げており、11シーズンぶりのスクデット獲得は目前だ。 インテルで守備の要を担うシュクリニアルはこの現状について「残り8試合でここまでのアドバンテージを得られるなんて、以前は考えられなかったよ」とコメント。チームが良い状態であることを実感しながら目の前の試合に集中しなければならないと強調した。 「今は少しでも多くのポイントを獲得できるように努力しているよ。僕たちは大きな喜びを持ち、毎日改善することを考え、素晴らしい姿勢で練習に臨んでいる」 「コンテが何を言ってるかって? 毎日のように、自分の持っているアドバンテージを考えないで、試合や練習に取り組まなければならない、と言われているよ」 「毎回の練習と試合を最大限にこなし、待ち受けるすべての相手に最善の方法で対応しなければならない。最も重要なのは計算をしないということだ」 また、リーグ戦での成功の一方で、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループ敗退となってしまったインテル。しかし、シュクリニアルは「CLからの敗退が少しばかりの強さを与えてくれた。僕たちはさらに団結することができるようになったんだ」と語っており、CLでの敗退がチームに良い影響を与えたことを明かした。 迫るスクデットについては「さっきから言っているように、僕たちは目の前の1試合だけを考えている。だけど、早めに獲得できれば嬉しいね」と話したシュクリニアル。11シーズンぶりのリーグ制覇に向けて、油断はないようだ。 2021.04.16 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ獲得を逃した理由を元インテル指揮官が明かす「誰もが彼の才能を信じていなかった」

かつてインテルで指揮を執った経験を持つアンドレア・ストラマッチョーニ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ獲得の可能性があったと明かしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ヴェッラッティはユース時代から過ごしたペスカーラで2008年にデビュー。ズデネク・ゼーマン監督の下で頭角を現し国内外で高い評価を獲得すると、2012年にPSGへ移籍した。 PSGでは公式戦341試合出場9ゴール58アシストを記録。絶対的な主軸として、昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を果たしたチームに貢献している。 ワールドクラスの中盤として活躍を続けるヴェッラッティに対して、『1 Station Radio』に出演したストラマッチョーニ氏は、過去にインテル移籍の可能性があったとコメント。自身が指揮を執っていた2012年の夏に、獲得を望んでいたと明かしている。 「イタリアのフットボールを知るうえで、マルコ・ヴェッラッティがセリエAを経由しないままPSGに移籍したことを考えてみて欲しいね。彼はペスカーラでロレンツォ・インシーニェと共にプレーしていたが、2人ともあの時点で既に別のレベルにいたと思う」 「私はインテルで指揮を執っていた時、ヴェッラッティをインテルに迎え入れたかったんだ。(当時の会長だった)マッシモ・モラッティにもその気はあったのだが、皆がヴェッラッティに賭けるのを恐れていた。誰もが彼の才能を信じていなかったんだよ」 2021.04.13 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

“熱血漢”コンテがタッチラインを爆走し歓喜の輪に加わる!我に返った瞬間も秀逸

インテルのアントニオ・コンテ監督が、アツ過ぎる一面を見せた。 インテルは11日に行われたセリエA第30節で、カリアリと対戦。リーグ10連勝中のチームは試合を支配したものの相手GKの奮闘もあり、なかなか得点を奪えない展開に。しかし、77分にDFマッテオ・ダルミアンの先制点でようやくリードを掴むと、その後は集中した守備で守り抜き、1-0で勝利した。 セリエAでは破竹の11連勝で2位のミランに勝ち点差「11」をつけて首位を独走しているインテル。久々のスクデット獲得が現実味を帯びてきている。 そのコンテ監督は“熱血漢”としても知られ、時には喝を入れるために選手をビンタすることもあるほどだ。 勝利を常に目指し、誰に対してもアツさを忘れないコンテ監督だが、この試合では選手と一緒になってゴールを喜んだ。 77分にダルミアンがゴールを決めると、ダルミアンはそのままライン際まで疾走。アップ中の選手たちと喜び、他の選手たちも集まってきた。 そんな中、遅れて登場したのがコンテ監督。歓喜の輪に混ざり飛び乗るなど喜びを爆発させた。なお、その後ガッツポーズを見せると、ふと我に返ったのか急いでベンチへと走って戻っていった姿もまた見所である。 監督が歓喜を爆発させることは少なくなく、ジョゼ・モウリーニョ監督やルイス・エンリケ監督らも過去にはダッシュを見せたことがある。Jリーグではあまりお目にかかれないが、2016年に石井正忠監督(当時鹿島アントラーズ)が見せたものが記憶に新しい。場をわきまえる必要はあるが、時には見せても良い姿かもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】爆走コンテ、決勝ゴールに歓喜爆発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Antonio Conte ran over to celebrate with his Inter players after Darmian&#39;s crucial goal <a href="https://t.co/e8Ye3NEgAS">pic.twitter.com/e8Ye3NEgAS</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1381218766445420556?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.12 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「選手たちを抱きしめるため疾走した」リーグ11連勝のチームをコンテ監督が絶賛

インテルのアントニオ・コンテ監督が、破竹の進撃を続けるチームを絶賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは11日に行われたセリエA第30節で、カリアリと対戦。リーグ10連勝中のチームは試合を支配したものの相手GKの奮闘もあり、なかなか得点を奪えない展開に。しかし、77分にDFマッテオ・ダルミアンの先制点でようやくリードを掴むと、その後は集中した守備で守り抜き、1-0で勝利した。 この結果、リーグ11連勝を飾ったインテルは、リーグ残り8試合で2位ミランとの勝ち点差を「11」としており、スクデット獲得に前進している。 試合後のインタビューに臨んだコンテ監督は、得点シーンで選手たちを祝福するため激走したことにも言及。まだシーズンは終わっていないと強調しつつ、安定したパフォーマンスを発揮する選手たちを称えた。 「私は選手たちを抱きしめるため疾走したんだ。彼らと一緒に喜びを分かち合い、この1週間の計り知れない努力を褒めてあげたかった。このグループは戦う準備ができていると知っているから、この感情を共有するためにも愛情を示すのは正しいことだ」 「残り試合数は少なくなってきており、1勝するごとに勝ち点6が加算されるようなものだ。昨日はミランが勝利しており、リードを維持することが重要だった。常にプレッシャーをかけられるのは簡単ではないが、徐々に慣れてきているよ。多くの選手にとって初の経験だが、彼らの進歩には満足している。2年間で、すべての面が大きく成長した」 「勝利のためにプレーを続け、全力でペダルを踏み続ける必要がある。今の段階では勝ち点を計算している余裕はない。それに、私はただ勝つことが本当に好きなんだ。この哲学は、選手たちにも伝えようとしている。我々の目標は近づいているが、まだそこには到達していない」 「チームは安定しているが、それは昨シーズンも同じだった。勝ち点81で終わり、ヨーロッパリーグ(EL)の決勝にも進出したからね。しかし、改善点は残っており、選手たちもそれは承知している。とはいえ、正しいメンタリティと戦い方が見られるようになってきていて、選手たちも我々の仕事を強く信じている。これは十分な賞賛に値するだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】コンテ監督がピッチサイドを激走!待望ゴールに歓喜</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Antonio Conte ran over to celebrate with his Inter players after Darmian&#39;s crucial goal <a href="https://t.co/e8Ye3NEgAS">pic.twitter.com/e8Ye3NEgAS</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1381218766445420556?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.12 11:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ダルミアンのゴールでウノゼロ勝利のインテル、2位ミランと11ポイント差をキープ《セリエA》

インテルは11日、セリエA第30節でカリアリと対戦し、1-0で勝利した。 8日に延期されていた第28分の節サッスオーロ戦を消化し、リーグ戦10連勝としたインテル。第29節終了時点で2位のミランとは11ポイント差で、11シーズンぶりのスクデットに迫っている。 すでに前日にミランが勝利を収めた中、11連勝を狙う今節のスタメンは前節から4人変更。ハキミ、ガリアルディーニ、バレッラ、ラウタロ・マルティネスに代わって、バストーニ、センシ、ブロゾビッチ、サンチェスが起用された。 立ち上がりはリズムを作る前にカリアリに押される時間帯もあったインテルだが、時間の経過と共に相手を押し戻していく。その中で、ギアを上げるかのように、エリクセンがボックス手前から強烈なミドルシュートでカリアリゴールを強襲。だが、この試合がセリエAデビューとなる24歳のGKヴィカーリオが好セーブを見せる。 ここからほとんどワンサイドゲームを展開していくインテル。18分にサンチェスがネットを揺らしたが、ここはオフサイド。24分には、リーグ戦11試合ぶりの出場で今季2度目の先発となったセンシが、左45度の角度から右足シュートへ。こちらは惜しくも右に外れてしまったが、ホームチームがいつ得点してもおかしくない展開となる。 それでもデビュー戦とは思えない安定したパフォーマンスを見せるGKヴィカーリオを中心にカリアリが水際で失点を防ぐ。40分のダルミアンの至近距離からのシュートも防ぎ、無失点で後半を迎えると、その立ち上がりのセンシの強烈なシュートもヴィカーリオがファインセーブ。 完全に調子に乗ってしまったか、57分のエリクセンのブレ球ミドルシュート、61分のルカクの右足シュートもGKヴィカーリオがセーブ。69分の右CKの場面では、デ・フライが頭で合わせるが、これはクロスバーに直撃してしまう。 70分の時点でインテルのシュートは12本。その内7本が枠に飛んでいるものの、ここまでネットを揺らせず。そこで交代カードを切り、サンチェスとヤングを下げて、ラウタロ・マルティネスとハキミを投入した。 するとこの交代が功を奏す。77分、右ウイングバックに入ったハキミがルカクとのワンツーで深い位置まで侵入。ゴール前への折り返しをダルミアンが押し込んで、ようやく堅い扉を開いた。 その後、エリクセンやセンシ、そして殊勲のダルミアンを休ませたインテルは、終盤にパヴォレッティのヘディングシュートでゴールに迫られるが、最後まで失点を阻止し、ウノゼロ勝利。リーグ戦11連勝でスクデットにまた一歩近づいた。 2021.04.11 21:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly