イングランド戦控えるポーランド代表でさらなるコロナ感染者…スタッフ合わせて5人に

2021.03.30 18:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポーランドサッカー協会(PZPN)は30日、MFグジェゴシュ・クリホヴィアクとDFカミル・ピョンツコフスキが新型コロナウイルスに感染したことを報告した。

ポーランド代表では、すでにMFマテウシュ・クリッヒとGKウカシュ・スコルプスキも先のPCR検査で陽性反応に。イギリス『デイリー・メール』によると、今回の代表関係者の中ではスタッフ含めて5名の感染が確認された。

PZPNはこれを受けて、31日に予定されているイングランド代表とのワールドカップ欧州予選の可否に関してUEFAと協議をスタート。会場はウェンブリー・スタジアムだが、最新の検査を行なったのは、ポーランド代表一行がイギリス入りする前だったようだ。

ポーランドでは、FWロベルト・レヴァンドフスキがヒザのケガですでに離脱しており、これで5選手を欠くことになった。

関連ニュース
thumb

相手エースを封じ込めて白星発進のスロバキア指揮官「とてもハッピー」

スロバキア代表のシュテファン・タルコビッチ監督がポーランド代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えている。 14日にポーランドとのユーロ2020グループE第1節を迎えたスロバキア。相手に主導権を握られながらも、守備では集中を切らさず、好機をうかがい、18分に先制に成功する。MFロベルト・マクのシュートはポストに嫌われたが、跳ね返りが相手GKに当たってゴールに吸い込まれた。 後半開始早々に同点とされるも、62分には相手の退場によって数的優位に。動揺するポーランドを尻目に、スロバキアは69分にセットプレーからDFミラン・シュクリニアルが勝ち越しゴールをゲット。これが決勝点となり、スロバキアが白星スタートを切った。 タルコビッチ監督は試合を振り返り、「ポーランドの攻撃とレヴァンドフスキを無力化できた」と胸を張った。具体的に選手の名前を挙げて称賛し、チームとしても狙い通りの戦い方ができたとご満悦の様子だ。 「(リュボミール・)シャトカと(ペテル・)ペカリークがキーだった。チーム全体として非常にいいプレーをしたし、レヴァンドフスキのような試合を決定づける重要な選手に対しても、我々は彼らの攻撃を止める準備ができていた」 指揮官はスロバキアのような小国がポーランドのように注目されているチームを倒したことを「とてもハッピー」だとし、続けて総括と次戦以降に向けての意気込みを語った。 「前半はとても良かった。後半はポーランドに素晴らしい選手がいることを知らされた。不意を突かれたのは残念だが、その後はゲームに戻ることができ、セットプレーで決勝点を決めた」 「すべてを変えることができるゲームが2つ残っている。我々は今、(決勝トーナメント進出への)岐路に向け、多少のプレッシャーを感じるだろう。勝利は大きな意味がある。しかし、初戦に勝ったからといって、すでに突破が決まったというわけではない」 「さあ、お楽しみの時間だ。まずはスウェーデン、次にスペインについて考えるとしよう」 2021.06.15 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

初戦落として傷心…ポーランド指揮官「がっかり、がっかりだよ」

ポーランド代表のパウロ・ソウザ監督がスロバキア代表戦を振り返った。ポーランド『TVP SPORT』が伝えている。 14日にスロバキアとのユーロ2020グループE第1節を迎えたポーランド。主導権を握りながらも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いて効果的にフィニッシュまで持ち込めずにいると、18分に先制点を献上してしまう。 後半開始早々にMFカロル・リネティが同点としてなおも責め立てたが、62分にMFグジェゴシュ・クリホヴィアクが2枚目の警告を受けて退場処分に。10人となったポーランドは69分に勝ち越しを許し、重要な初戦を落とすことになった。 エースを封じ込められて初戦を落とした指揮官は相当残念がっている様子。攻守においてより積極的な姿勢を見せないといけないと、改善点を口にした。とはいえ、以降の対戦相手も踏まえてか、今後にはやや悲観的な様子ものぞかせた。 「この結果には傷心だ。我々はもっとうまくプレーすることができるし、ある時点ではできていた。そのような状況では、確実に勝利する必要があった。前半はロベルト・レヴァンドフスキがゲームに関わらせてもらえなかったので、ハーフタイムに戦術を変更した。我々は1週間、この日のために取り組んできたが、うまくいかなかった」 「相手にもっとプレッシャーをかけ、もっとシュートを打たなければならない。ペナルティエリアに入れさせないよう、より良い守備をすべきだ。2失点目は非常に残念。相手をよく分析したが効果がなかった。がっかり、がっかりだよ。(グループステージ)突破のチャンスは少なくなったが、我々の未来を見るのは難しいね」 2021.06.15 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

不発レヴァンドフスキ、数的不利での戦い方を悔やむ 「最低限の引き分けも…」

ポーランド代表のFWロベルト・レヴァンドフスキがスロバキア代表戦を振り返った。ポーランド『TVP SPORT』が伝えている。 14日にスロバキアとのユーロ2020グループE第1節を迎えたポーランド。主導権を握りながらも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いて効果的にフィニッシュまで持ち込めずにいると、18分に先制点を献上してしまう。 後半開始早々にMFカロル・リネティが同点としてなおも責め立てたが、62分にMFグジェゴシュ・クリホヴィアクが2枚目の警告を受けて退場処分に。10人となったポーランドは69分に勝ち越しを許し、初戦を落とすことになった。 決定的な仕事をさせてもらえなかったポーランドのエースは試合を振り返り、相手ゴール前での精度が欠けていたと述べた。また、1人少なくなってからの戦い方も、やりようがあったと考えているようだ。 「試合はもっとうまくやれたはず。最初の1分から僕らはボールを握る機会が多く、ゲームをコントロールできていた。残念ながら失点してしまって、追いかける展開になったけれど、後半すぐに点を取って追いつき、すべてが順調に進んでいるようだった」 「ラストパスやゴールへは近づいたけれど、何度もそれを逃してしまい、それからレッドカードをもらって、想定外の戦いをしなければならなくなった。2失点目は自分たちのミスからだった。あのような状況で僕らは十分な対応ができなかったが、もっと何かができたはず。最低限の引き分けもあった中で、ゲームを落としてしまったのは残念だ」 また、故障など影響でベストな布陣が組めなかったことについては「それもサッカー」と言い訳にはせず。これからの試合に向けての巻き返しを誓った。 「最近トレーニングマッチでもケガが多かった。僕らや監督が望んだような万全なチーム状態ではなかったけれど、それもサッカーだ。多くの代表チームは同じような問題を抱えているから、間違いなくそれを理由にはできない。僕らは責任を持ち、何をしたか、何を逃したかを見るべきだと思う」 「もちろん、あと2試合ある。理論的に最も弱い相手に最初の試合で負けたので、簡単ではなく難しい立場であるけれど、次の試合では見違えるように、あらゆる努力をするつもりだ。スペインやスウェーデンのレベルがとても高いことはわかっているけれど、改善して良いものを見せられたらと思っている」 2021.06.15 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアルの決勝弾で10人のポーランドを下したスロバキアが白星発進!《ユーロ2020》

ユーロ2020グループE第1節のポーランド代表vsスロバキア代表が14日にロシアのサンクトペテルブルク・スタジアムで行われ、1-2でスロバキアが勝利した。 4大会連続4度目の出場となるポーランドは、最前線にエースFWレヴァンドフスキを配置した[4-1-4-1]の布陣を採用。アンカーにクリホヴィアクを据え、2列目は右からジエリンスキ、クリッヒ、リネティ、ジョジアクが並んだ。 一方、2大会連続2度目の出場となるスロバキアは、ハムシクやドゥダ、クツカ、シュクリニアルら主力がスタメン。2トップにドゥダとハムシクを据えた[4-4-2]の布陣で試合に臨んだ。 積極的な入りを見せたスロバキアに対し、ポーランドが徐々にボールの主導権を握る。しかし、集中して守るスロバキア守備陣を前にアタッキングサードでのプレー精度を欠き、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。 するとスロバキアは18分、左サイドでパスを受けたマクがドリブルで仕掛けると、ジョジアクとベレシュインスキをかわしボックス左から侵入。マクの放ったシュートは左ポストに当たったが、これがGKシュチェスニーに当たりゴールネットを揺らした。 スロバキアは27分にも、CKの二次攻撃からクツカがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の上。さらに33分には、右サイドをオーバーラップしたペカリークのクロスからクツカがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKの正面をついた。 1点を追うポーランドは、ハーフタイムにかけて何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、最後まで決定的な場面を作り出すことができず。前半は枠内シュート0本で終了した。 迎えた後半は開始早々にスコアが動く。ポーランドは46分、クリッヒのパスでボックス左深くまで侵入したリブスがマイナスの折り返しを入れると、リネティのシュートがゴール右隅に決まった。 開始早々の同点弾で主導権を握るポーランドだったが、62分にクリホヴィアクがホロマダに対するファウルで2枚目のイエローカードを受けた退場処分となった。 数的優位を得たスロバキアは69分に勝ち越しに成功する。マクの右CKをニアでハムシクがフリックすると、ボックス中央でボールを収めたシュクリニアルのシュートがゴール左に突き刺さった。 再び1点のビハインドを背負ったポーランドは、74分にリブスとリネティを下げてフランコフスキとプチャクを投入。さらに85分にジリエンスキとクリッヒを下げてスウィデルスキとモダーをピッチに送り出した。 するとポーランドは90分、左FKの二次攻撃からベレシュインスキのヒールパスで右サイドを抜け出したフランコフスキが折り返しを供給。これをボックス内で受けたベドナレクが左足で狙ったが、シュートはわずかに枠の右に外れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。シュクリニアル弾で10人のポーランドを下したスロバキアが白星スタートを切った。 2021.06.15 03:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ポーランドはアイスランド相手に辛くもドロー…ユーロ初戦に弾み付けられず《国際親善試合》

国際親善試合、ポーランド代表vsアイスランド代表が8日に行われ、2-2のドローに終わった。 14日にスロバキア代表とのユーロ2020初戦を控えるポーランドは、大会前最後のテストマッチでアイスランドと対戦した。 GKシュチェスニー、グリク、ジエリンスキ、クリホヴィアク、レヴァンドフスキとほぼ主力を起用したパウロ・ソウザ率いるチームは、立ち上がりからボールの主導権を握って相手を押し込んでいく。12分にはボックス内でのレヴァンドフスキの落としからモダーがフィニッシュまで持ち込むが、右足のシュートはGK正面を突いた。 20分を過ぎた辺りから相手に押し返され始めたポーランドは一瞬の隙から先にゴールを奪われる。26分、アイスランドの左CKの場面でボックス右のグンナルソンに巧みなフリックでゴール前にボールを流されると、A・グズムンドソンに押し込まれた。当初の判定はオフサイドとなったが、VARのレビューの結果、オンサイドと共にゴールが確認された。 ユーロ不参加のアイスランドに先制を許したポーランドだが、エースの粘りから早い時間帯の同点ゴールが生まれる。34分、中盤に落ちてクサビを受けたレヴァンドフスキが相手DFに潰されながらも味方に繋ぐ。主審のアドバンテージの好判断もあり、ボックス左に侵攻したプチャクからマイナスの折り返しが入ると、DFにディフレクトして中央にこぼれたボールをジエリンスキが冷静に左足で蹴り込んだ。 この同点ゴールで息を吹き返したポーランドはここから惜し気味に試合を運ぶが、モダーがこの試合2度目の決定機をフイにするなど、前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 迎えた後半、同点ゴールを挙げたジエリンスキを下げて17歳の新鋭MFコズウォフスキをハーフタイム明けに投入したホームチームだったが、開始早々に出ばなを挫かれる。47分、ハーフウェイライン付近で与えたリスタートから左サイドのソラリンソンにフリーでクロスを上げられると、ボックス中央のブリニャル・ビャルナソンにワントラップから強烈な右足のボレーシュートを叩き込まれた。 このゴールによって後ろに重心を置くアウェイチームに対して、後半はなかなか攻め手を見いだせないポーランド。積極的に交代カードを切って攻撃に変化を付けるが、最後のところで呼吸が合わず。 その後、80分過ぎにはレヴァンドフスキを下げて万事休すかに思われたが、若手コンビの活躍で試合を振り出しに戻す。88分、直前に決定機を演出していたコズウォフスキが右サイド深くで柔らかなクロスを上げると、ボックス中央で胸トラップしたスウィデルスキがすかさず右足を振る。このシュートがDFに当たってコースが変わり、ゴール左隅に決まった。 この同点ゴールで沸くホームサポーターの後押しを受けて最後まで3点目を目指したポーランドだったが、試合はこのまま2-2でタイムアップ。2度のビハインドを追いつく粘りこそ見せたが、ユーロ本大会に弾みを付けることはできなかった。 ポーランド 2-2 アイスランド 【ポーランド】 ジエリンスキ(前34) スウィデルスキ(後43) 【アイスランド】 A・グズムンドソン(前26) BR・ビャルナソン(後2) 2021.06.09 03:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly