活動停止の江蘇FCが中国スーパーリーグから追放…昨季初優勝も負債引き受ける救世主現れず…

2021.03.29 22:59 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国サッカー協会(CFA)は29日、財政難で活動停止を発表していた江蘇FC(元江蘇蘇寧)を中国スーパーリーグの出場クラブリストから除外した。江蘇は2020シーズンの中国スーパーリーグで待望の初優勝を遂げ、今シーズンはディフェンディングチャンピオンとして連覇を目指す予定だった。

しかし、セリエAのインテルのオーナーも務めている親会社の蘇寧電器が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて業績が悪化。インテルも身売りしようと画策していることが何度も報じられて来た中、先月末に財政難を理由に江蘇への資金投下を打ち切り、クラブの活動停止が発表された。


その後、江蘇にはクラブの負債を引き受ける新たなオーナーへの売却によって生き残る道が残されていたが、CFAが定めた期日までに救世主は現れず。今回のタイミングで中国スーパーリーグからの追放が決定した。

なお、同クラブは今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する予定だったが、すでに大会参加を辞退していた。

また、江蘇の追放を受け、昨シーズンに降格となった石家荘永昌(現在は沧州雄狮に名称変更)が新シーズンも中国スーパーリーグでプレーすることになった。

元チェルシーのMFラミレスや元シャフタール・ドネツクのMFアレックス・テイシェイラ、元名古屋グランパスのFWジョーを始め、一時はヨーロッパのトップクラブでプレーした選手たちを高額な移籍金で獲得する“爆買い”で大きな話題を呼んだ江蘇。

爆買いをスタートさせた2015年に国内カップで優勝。昨季には中国スーパーリーグで初優勝を遂げたが、その輝かしい歴史は脆くも崩れ去ることになった。
関連ニュース
thumb

【足球日記】2021シーズン、リーグ開幕!

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。あのシティ・フットボール・グループ(CFG)が保有する四川九牛に所属し、中国の地で奮闘する、日本と中国の血を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第6回は、中国2部リーグの2021シーズンについてご紹介します。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ みなさんこんにちは!夏です。無事シーズンが開幕しましたが、まだまだコロナの影響で通常とは異なる形式でリーグが行われます。 今回は中国プロサッカー2部リーグがどのように行われるかと今シーズンの目標を書いていきます!最後に今の中国サッカーにおける個人的な思いを書いてみました。 ◆2021年4月24日リーグ開幕 コロナ禍でギリギリまで開幕日程が決まりませんでしたが、4月初旬ついに中国サッカー協会の公式発表で開幕が決定しました。*ちなみに去年は9月に開幕しました。 中国全土での徹底したコロナ対策により今年は通常と同じくらいの時期にリーグを開幕することができました。そして中国2部リーグは今年計18クラブで34節行われます。 ◆徹底したコロナ対策 ①3つの都市に各6チーム振り分けられる ②4段階に分けて行われる(10節+8節+8節+8節) ③各段階中は指定された宿泊施設に全6チームが滞在し、練習or試合以外外出禁止。 第一段階は約45日間残りの3段階は約35日間の隔離下の中リーグが行われる ④各段階の成績によって次段階の振り分けが決まる 大まかですがこのような条件下で中国サッカー2部リーグの今シーズンは行われます。 *中国スーパーリーグ(中国1部リーグ)はまた少し異なります。 ◆過密日程 今シーズンは約4〜5日に1試合の間隔で試合があります。 去シーズンは3∼4日に1試合でしたので少し間隔は延びましたが、通常時よりは過密な日程になります。 ただ、今シーズンは34節(昨シーズンは15節)あるのでより長期戦になります。 <span class="paragraph-title">◆昨シーズンの経験</span> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/natsu_006_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 今シーズンと昨シーズンは、試合数以外は大きな違いはないので、隔離される状況での過ごし方や過密日程による選手としての影響はかなり軽減できると思っています。 逆に昨シーズンを経験していなかったら、今シーズンかなり厳しい戦いになっていたと思います。今冬のキャンプでも3カ月以上の準備期間があったので、チームとしても個人としてもより一層レベ ルアップできました! ◆今シーズンの目標 FWとしてまず1ゴール! そして積み重ねていきます! 昨シーズンどん底まで落ちた悔しさをバネに今シーズン戦い抜きます! ◆ここ数年の中国サッカー 僕は2019年シーズンから中国でプロ選手として活動しています。ちょうど僕が選手になった頃あたりから中国サッカー全体の雲行きが少しずつ怪しくなっていきました。 毎年のように何チームも解散し、今年は昨シーズン1部リーグのチャンピオンクラブ(江蘇FC)でさえ解散を発表しました。チームの解散により多くの選手が次なるクラブを探し求めますが年々難しくなっていきます。 実際に僕も2019年シーズン終了とともにクラブが解散し、チームを探し、運よく今のクラブに加入することができましたが、選手として先の見えない辛い時期でした。このような事態を抑えるために選手のサラリー制限などあらゆる政策が実施され始めましたので ここから中国サッカーが再起することを願っています。 ◆最後に 日本から見た中国サッカーはまだまだ情報も少なく、さまざまな意見があると思いますが 少しでも中国サッカーの今を日本のサッカーファンの方々に届けられるように頑張ります。そして何より選手として活躍できるよう頑張ります。 【2021シーズン成績】 第1節 4/25 vs陝西長安競技 0-1 ● (87分途中出場) <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) <div id="cws_ad">Twitterアカウント:<a href="https://twitter.com/TatsuryuX" target="_blank">@TatsuryuX</a></div> 2021.04.29 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元イタリア代表FWが、給与未払いでチーム解散の江蘇FCのオーナーに皮肉「彼らがバスを売れば…」

元イタリア代表FWのエデルが、古巣である江蘇FCのオーナーに向けてジョークを言い放った。 ブラジル出身のエデルは母国のクリシューマでキャリアをスタートさせた後、イタリアに渡ってエンポリやフロジノーネでプレー。そしてサンプドリアで飛躍後、インテルへと移籍していた。 その後、2018年7月から江蘇蘇寧(江蘇FC)でプレーし、2020シーズンにはクラブ史上初となる中国スーパーリーグ優勝を果たしていたが、クラブは2月28日に経営難により突如活動停止を発表。エデルはフリーとなっていた。 エデルはサンパウロに移籍を果たしていたが、改めて古巣のオーナーを揶揄している。 インテルのオーナーでもあり江蘇FCのオーナーでもあった蘇寧グループは、コロナ禍において業績が悪化。そのため、中国スーパーリーグで王者になりながらもチームを解散していた。 かつては“爆買い”として一世を風靡し、その筆頭にも立っていた中で、現在は財政面で苦しむ蘇寧グループ。エデルを始め、選手たちは給料も支払われていないという事態が起こっていた。 そんな中、エデルが自身のツイッターを更新。そこでは、給与を払えていない蘇寧グループに向けた皮肉を込めたジョークが書かれていた。 「少なくとも、彼らがバスを売れば、おそらく彼らが払うべきものを支払うことができるだろうね。そうなることを願おう」 選手たちへのアフターケアもなく、突然のチーム解散を発表した蘇寧グループ。中国のサッカーバブルは本当に終焉を迎えたようだ。 <span class="paragraph-title">【SNS】給与未払いの古巣に皮肉ツイート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Al meno se riescono a vendere il pullman, forse pagano quello che devano pagare!! Speriamo ... <a href="https://twitter.com/hashtag/incredibile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#incredibile</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jiangsusuning?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jiangsusuning</a></p>&mdash; Eder citadin martins (@Edercitadin7) <a href="https://twitter.com/Edercitadin7/status/1385429309918171136?ref_src=twsrc%5Etfw">April 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.23 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

今治のFW陳祥煜が中国スーパーリーグの深センに完全移籍

FC今治は10日、中国人FW陳祥煜(チェン・シャンユ/19)が中国スーパーリーグの深セン市足球倶楽部へ完全移籍することを発表した。 陳祥煜は中国江蘇省出身。江蘇省江陰体育学校附属高校から2020年に今治に加入。そのままJFLの高知ユナイテッドSCへと期限付き移籍していた。 深センは昨シーズンの中国スーパーリーグで15位。今シーズンも中国スーパーリーグで戦う。 2021.03.10 11:36 Wed
twitterfacebook
thumb

中国でプレーするオスカルが緊急手術、虫垂炎と妻が明かす

上海海港(元・上海上港)に所属する元ブラジル代表MFオスカルが、緊急手術を受けていたようだ。 かつてはチェルシーでもプレーし、ブラジル代表としても活躍していたオスカル。若くしての中国行きには驚きの声も挙がっていた。 キャリアのピークで中国へと渡っていたオスカルは、イギリス『talkSPORT』の独占インタビューに応じ、中国行きは悪くない決断だったとコメントしていた。 そのオスカルだが、実は虫垂炎にかかり、緊急手術を行っていたことがわかった。 オスカルの妻であるルドミラ・エンボアバさんが自身のインスタグラムを6日に更新。オスカルの緊急手術を報告していた。 「昨日、オスカルは虫垂炎を発症させたので、緊急手術を行わなければなりませんでした」 「彼は元気です。明日、私たちは家に戻ります」 エンボアバさんは、ストーリーズでベットに横たわるオスカルや、病室でパジャマ姿でうろつくオスカルの動画をアップしていた。 2021.03.06 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

中国クラブ退団が報じられたハムシク、母国ではなくスウェーデンに電撃移籍へ

かつてナポリでプレーしていたスロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)がクラブを退団したようだ。 ハムシクは、2019年2月に長年所属したナポリを離れ、中国スーパーリーグの大連人職業へと完全移籍していた。 ナポリでは公式戦通算520試合に出場し121ゴール100アシストを記録していたハムシクは、大連人職業では公式戦45試合で5ゴール4アシストを記録していた。 そのハムシクだが、スウェーデン『エクスプレッセン』によると、大連人職業を退団し現在はフリーとなっているとのこと。さらに、スウェーデンのヨーテボリへと移籍することで口頭合意したと報じられている。 ユーロ2020の出場を目指しているハムシクは、一部報道で母国スロバキアのスロバン・リベレツへ移籍すると報じられていたが、移籍に障害が生じたとのこと。その後、ヨーテボリに連絡があったようだ。なお、正式契約は今後数日で行われるとのことだ。 2021.03.06 18:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly