ユーロ初優勝時の主将ザゴラキスがギリシャサッカー連盟会長に選出

2021.03.28 01:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ギリシャ代表のレジェンドであるテオドロス・ザゴラキス氏(49)がギリシャサッカー連盟(EPO)の新会長に選出された。現役時代にPAOKテッサロニキやAEKアテネ、レスター・シティ、ボローニャなどで活躍したザゴラキス氏。歴代2位の代表通算120キャップを刻む名MFは、ユーロ2004で奇跡の初優勝を果たしたギリシャ代表のキャプテンとしても広く知られている。


現役引退後は古巣PAOKの会長や欧州議会議員を歴任したギリシャ英雄は、27日に行われたEPOの新会長選において68票中66票を獲得し、エバンジェルソ・グランメノス前会長の後任として新会長に選出された。
関連ニュース
thumb

スペインがギリシャ相手にドロースタート…イブラヒモビッチ復帰のスウェーデンは白星発進!《カタールW杯欧州予選》

スペイン代表は25日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第1節でギリシャ代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。 3大会ぶりの王座奪還を目指すスペインのカタールW杯欧州予選初戦。ロス・カルメネスでギリシャを迎え撃ったルイス・エンリケ監督率いるチームは、GKにウナイ・シモン、DFラインは右からマルコス・ジョレンテ、エリック・ガルシア、セルヒオ・ラモス、ガヤを起用。 中盤はアンカーにロドリを置き、インサイドにはコケとカナレス、3トップは右からフェラン・トーレス、モラタ、ダニ・オルモと並べた。 立ち上がりからボールを支配するスペインは、何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、集中した守りを見せるギリシャ守備陣を攻略することができず、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。 それでもスペインは、相手の一瞬の隙を見逃さず、ワンチャンスを生かして先制する。33分、バイタルエリア中央でボールを受けたコケがゴール前へ絶妙なロングパスを送ると、これに反応したモラタが胸トラップから左足ボレーでゴールネットを揺らした。 迎えた後半、スペインはセルヒオ・ラモスを下げてイニゴ・マルティネスを投入。対するギリシャは、リムニオスとマンタロスを下げてツォリスとシオピスを投入する2枚替えを敢行した。 後半も主導権を握るスペインだったが、55分にピンチを招く。自陣ボックス内のこぼれ球をスライディングでクリアしたイニゴ・マルティネスの左足がシュートを狙ったマスラスの足に直撃すると、主審がPKを宣告。このPKをバカセタスに決められ、試合は振り出しに戻った。 追いつかれたスペインは、64分にダニ・オルモとカナレスを下げてブライアン・ヒルとペドリ、72分にフェラン・トーレスとコケを下げてチアゴとオヤルサバルを投入し攻撃の活性化を図る。 勝負をかけたスペインだったが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず。試合はそのまま1-1で終了した。 また、グループBもう一試合のスウェーデンvsジョージアは1-0でスウェーデンが勝利した。4年9カ月に代表復帰したイブラヒモビッチが先発出場したスウェーデンは、立ち上がりから一進一退の展開が続く。 そんな中、スウェーデンは35分にルスティグのクロスをボックス右で受けたイブラヒモビッチが胸トラップからダイレクトで折り返すと、最後は中央のクラーソンがゴールに流し込んだ。 結局、これが決勝点となり、スウェーデンが白星スタートを飾った。 ◆欧州予選グループB第1節結果 ▽3/25(木) スペイン - ギリシャ 【スペイン】 モラタ(前33) 【ギリシャ】 バカセタス(後11[PK]) スウェーデン 1-0 ジョージア 【スウェーデン】 クラーソン(前35) 2021.03.26 06:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ギリシャ代表を率いるファント・シップ監督が新型コロナウイルスに感染

ギリシャサッカー連盟(EPO)は24日、ギリシャ代表を率いるヨン・ファント・シップ監督が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを公式ツイッターで発表した。 EPOによれば、ファント・シップ監督は同日に行われた定期検査で陽性と診断されたとのこと。なお、同監督はすでに隔離されているという。 2019年7月にギリシャ代表監督に就任したファント・シップ監督は、これまで14試合を指揮し7勝4分け3敗と上々の成績を収めている。 2020.11.24 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキのミドル弾などでギリシャを退けた7連勝のイタリアが本選出場!《ユーロ2020予選》

イタリア代表は12日、ユーロ2020予選グループJ第7節でギリシャ代表をホームに迎え、2-0で勝利した。 6連勝のイタリア(勝ち点18)が、5位のギリシャ(勝ち点5)をホームに迎えた一戦。3位アルメニアの結果次第で今節にも本選出場が決まるイタリアは、ボヌッチやヴェッラッティ、インシーニェらを先発で起用した。 ここまで1勝のギリシャに対し、[3-5-2]で臨んだイタリアは2トップにインモービレとインシーニェ、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにヴェッラッティとバレッラ、右にキエーザ、左にスピナッツォーラ、3バックの中央にボヌッチ、右にダンブロージオ、左にアチェルビを据え、GKにドンナルンマを起用した。 そのイタリアがアグレッシブな入りを見せたが、11分にピンチ。ボックス右に抜け出されたリムニオスに枠内シュートを打たれるも、GKドンナルンマがセーブした。 その後も敵陣で試合を進めたイタリアだったが、ゴール前でタイトな守備を見せるギリシャを崩しきることができない。結局、39分にハムストリングを負傷したキエーザに代えてベルナルデスキを投入したイタリアは、前半にチャンスを作れずゴールレスで後半へ折り返した。 迎えた後半も押し込んだイタリアは55分にようやく決定機。インモービレのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれた。すると60分には大ピンチ。ヴェッラッティのボールロストから崩され、ボックス左のクルリスに決定的なシュートを許すも、枠を外れて助かった。 それでも62分、イタリアがPKを獲得する。インシーニェのシュートをブロックにかかったブハラキスのハンドを誘った。このPKをジョルジーニョが決め、イタリアが何とか先制した。 その後、71分にインシーニェのミドルシュートで追加点に迫ったイタリアは、78分に勝負を決定付けた。ボックス手前右からベルナルデスキが左足を振り抜くと、ミドルシュートがゴール左に決まった。 終盤にかけてもインシーニェのボレーシュートなど3点目に迫ったイタリアが2-0で勝利。7連勝とし、3位アルメニアがリヒテンシュタインに引き分けたため、3試合を残して本選出場を決めている。 ■グループJ順位表■ [試合数/勝ち点/得失点] 1.イタリア[7/21/17] 2.フィンランド[7/12/1] 3.アルメニア[7/10/1] 4.ボスニア・ヘルツェゴビナ[7/10/1] 5.ギリシャ[7/5/-4] 6.リヒテンシュタイン[7/4/-18] 2019.10.13 05:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ギリシャ代表監督交代! 新監督は元オランダ代表のジョン・ファント・スヒップに

ギリシャサッカー連盟(EPO)は31日、オランダ系カナダ人のジョン・ファント・スヒップ氏(55)を新監督に任命したことを発表した。契約は2年半となる。 現役時代はアヤックスで10年以上に渡って活躍し、4度のリーグ優勝や91-92シーズンのUEFAカップ制覇に貢献した同氏。生まれはカナダだが、オランダ代表として88年と92年のユーロや、90年のワールドカップに出場。通算41試合の出場で2ゴールを記録した。 1996年の引退後、2001年にトゥウェンテで監督業をスタート。古巣アヤックスでは、リザーブチームの指揮やトップチームのアシスタントマネージャーを務めた経歴を持つ。最近では2013年から2017年にかけてメルボルン・シティを指揮。同クラブでは2度目の就任となったが、2017年1月に末期の父親の看病のためにオランダに戻った。それでもオランダで監督を続けたスヒップ氏は2017年7月から2018年12月までズウォレを率いて、初年度は9位という成績を収めた。 一方、ギリシャ代表では、昨年10月からアンゲロス・アナスタシアディス氏が監督を務めていたが、ユーロ2020の予選での成績から解任を決断。就任から8カ月でのスピード解任となった。 現在、イタリアやフィンランドなどが同居するユーロ予選グループJで1勝1分け2敗で4位のギリシャ。9月5日のフィンランド代表戦がジョン・ファント・スヒップ新監督の初陣となる。 2019.08.01 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表MFバレッラがギリシャのボールボーイをノックアウト?

カリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラが8日のギリシャ戦で相手のボールボーイをノックアウトしていたことが判明した。イギリス『Caught offside』が伝えている。 イタリア代表は8日、ユーロ2020予選グループJ第3節でギリシャ代表とのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。同試合でギリシャ粉砕の足掛かりとなる先制点を記録したバレッラだが、同試合中にギリシャのボールボーイまでノックアウトしていた。 相手ボックス内のゴールライン際で仕掛けたバレッラだったが、中央への折り返しを相手DFソクラティス・パパスタソプーロスにブロックされると、その跳ね返りが自身の足に当たった後にラインを割ってしまい、ゴールキックの判定に。 そして、自身へのいら立ちを募らせたバレッラはラインを割ったボールをゴール裏の方向に大きく蹴り出そうとすると、このボールが広告看板の後ろでスタンバっていたギリシャのボールボーイの顔面に直撃。至近距離から強烈なシュートを浴びたこのボールボーイはそのまま尻もちを付くことに。すると、慌てたバレッラはすぐさま広告看板を飛び越えて少年の元に駆け寄り、ハグを行い謝罪と安否を気遣った。 ◆めっちゃ痛そう… https://twitter.com/rowstock09/status/1137437277213343746 2019.06.09 17:01 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly