彼氏の介護のために引退を決めた女子選手、キャリア最後の試合でプロポーズを受け感激の涙

2021.03.27 10:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メルボルン・シティWFCに所属している元女子オーストラリア代表FWのラリ・ドブソンさん(28)が自身の引退試合でプロポーズを受けた。イギリス『サン』が伝えている。

2017年にメルボルン・シティに加入したドブソンさんはここまで公式戦44試合に出場していたものの、急遽現役引退を発表。それは、脳腫瘍の治療を受けている彼氏のマット・ストーナム氏の介護をするためだった。

ドブソンさんにとってのキャリア最後の試合となった25日のパース・グローリー戦。ドブソンさんが先制点をマークしチームも2-1で勝利すると、試合後のピッチで、感動的なシーンが待っていた。

勝利の喜びを分かち合っていた2人だが、ストーナム氏がおもむろにコートのポケットから指輪を取り出す。そして、ドブソンさんにプロポーズを申し込んだのだ。

ドブソンさんはサプライズに思わず涙を流し、チームメイトや家族も総出でプロポーズを祝っていた。

ドブソンさんは試合後、『ESPN』のインタビューに応じ、これから2人で力を合わせて病魔と戦っていくことを明かしている。

「いろいろなことが進んでいて、引退はしなくてはならない決定だった。なぜならそれはサッカーの試合よりも大きいことだから」

「マットと私はとてもオープンよ。彼がサッカー選手としてプレーしていた6年前にピッチで発作を起こし、彼は脳腫瘍と診断された」

「彼は脳の外科手術を受け、それは成功した。そして、最初にすべてがうまくいった後、彼は腫瘍学の治療を続けることを選んだ」

「彼は健康診断を受け、2月に(脳の)非常に小さなところで異変があった」

「それから、私がメルボルンに戻ってから2日後に、グレードIIIの脳腫瘍に移行したというニュースを受け取ったわ」

「彼は今、5月末までの放射線療法を開始し、それから12ヶ月間化学療法を行っていく」

2人の末永い幸せを願いたい。

1 2

関連ニュース
thumb

「“カップイン”シュートを決められるのは誰?」CL公式のゴルフ投稿でミュラーがベイルを笑撃いじり「メンションはやばい」

バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーがウェールズ代表FWガレス・ベイルをいじった。 事の発端は28日、チャンピオンズリーグ(CL)の公式ツイッターが1枚の画像を投稿。キックの名手として知られる元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が、ゴルフコースの上からカップを目掛けてボールを蹴る様子の写真をアップした。 CLのツイッターは「このシュートを決めてくれる選手を1人選んで」とコメントを添え、キックの精度が高い選手の名を挙げるように求めると、これにミュラーが悪ノリ。「ガレス・ベイル?」とベイル本人のアカウントを指定して反応した。 もちろんベイルも左足のキックには定評があるが、大のゴルフ好きとしても知られており、サッカーよりもゴルフを優先していると批判を浴びたこともある。それを揶揄した形だ。 この反応には多くのファンも意表を突かれたようで、「メンションはやばい」、「IPPON」、「バイエルンジョーク」、「面白過ぎる」、「さすがだ」といったコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】ベイルならこの位置からホールインワンできる!?ミュラーの実際の投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="qam" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/GarethBale11?ref_src=twsrc%5Etfw">@GarethBale11</a>?</p>&mdash; Thomas Müller (@esmuellert_) <a href="https://twitter.com/esmuellert_/status/1541771992327675905?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

何かがおかしい…シメオネ親子が“チェス”で真剣勝負もその盤面に騒然「これもう負けてない?」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督の戦術が話題だ。 2011年にアトレティコの指揮官に就任して以降、徹底した堅守を軸にレアル・マドリーやバルセロナと並ぶチームに鍛え上げ、近年ではさらに攻撃的なスタイルに挑戦し、2020-21シーズンにもラ・リーガ優勝を果たすなど、名将の1人に数えられるシメオネ監督。今シーズンも、チャンピオンズリーグの舞台で見せたマンチェスター・シティ戦の超守備的戦術は議論を呼んでいた。 そんなシメオネ監督が今度はチェスに挑戦した。家族とともにオフを過ごしている名将は、息子であるアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(エラス・ヴェローナ)と盤面に向き合う。自身のインスタグラムで公開した写真の表情は真剣そのものだ。 しかし、その写真を見るととんでもない秘密が隠されていた。相手のキングを追い詰めるために両者が駒を動かしていくチェスだが、シメオネ監督の盤面にキングは不在だったのだ。 撮影用に適当に駒を並べただけなのか真相は不明だが、これに気が付いたファンからはツッコミが殺到。「確かにこれなら絶対負けないね」」、「キングなしでどうやってチェスするの?」、「彼は特殊なルールでやっていたのかもしれない」、「すべての駒を取るまで続ける戦いもある」、「これもう負けてない?」といった反応が多く集まっている。 チェスで無敗の戦術を編み出した?シメオネ監督。来シーズンのアトレティコではどのような戦い方を見せてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】よくよく見てみると…そこにあるはずのキングがいない!(3枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfOusexKNw4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfOusexKNw4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfOusexKNw4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Diego Pablo Simeone(@simeone)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.28 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

関係を終えたいPSG、未だにポチェッティーノ監督と合意できず…ボーナスが問題か

ニースの指揮を執っていたクリストフ・ガルティエ監督を招へいしたいパリ・サンジェルマン(PSG)だが、なかなかことが上手く運ばない。 ガルティエ監督とニースは契約解消を発表。新たにボルシアMGやドルトムントを指揮したルシアン・ファブレ氏(64)を招へいした。 PSGもガルティエ監督の引き抜きに800万ユーロ(約11億5000万円)をニースに支払ったとされ、就任は迫っていると見られている。 PSGは新シーズンに向けたトレーニングを来週からスタートさせる予定だが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督はまだクラブを離れていないのだ。 フランス『レキップ』によれば、ポチェッティーノ監督は10日にも新たなプロジェクトに参加していないことを伝えられており、これを受け入れたとされたが、合意には未だに達していないという。 ポチェッティーノ監督の代理人とPSGの間での交渉は進んでいるものの、なかなか首を縦に振らないという。 PSGは残り期間の契約に関して違約金を支払うとし、1500万ユーロ(約21億5500万円)を提示。監督の他、4人のスタッフの分も支払うという。 ただ、ポチェッティーノ監督はスタッフがチームに残った場合に得られる業績のボーナスがないと言っている状況。その金額は200万ユーロ(約2億9000万円)になると見られており、PSGが支払わなければ合意できないような状態になっているようだ。 ガルティエ監督を招へいすることを決めているPSGとしては、先にポチェッティーノ監督の契約を解消してから就任を発表したいと考えており、合意に至らない以上はスケジュールを変えなければいけない事態に。ポチェッティーノ監督がPSGに残る可能性はほぼないが、どう決着を迎えるだろうか。 2022.06.28 21:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール、新彼女とのラブラブなお揃いコーデを披露!いちゃいちゃダンスも

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールがガールフレンドのブルーナ・ビアンカルディさんの存在を隠していない。 恋多きフットボーラーとして知られるネイマールだが、2021年夏にブラジル人インフルエンサーのブルーナ・ビアンカルディさんとイビサ島で過ごしている姿が目撃されていた。特に明言はしていなかったネイマールだが、2021年のクリスマス頃からはネイマールのインスタグラムのストーリーズに度々ビアンカルディさんが登場。その関係は周知のものとなっていた。 そして、ビアンカルディさんの誕生日にはネイマールがインスタグラムのストーリーズではなく投稿で2ショットを掲載。改めて交際を公言した。 さらに、今オフに入り度々2ショットを投稿している2人だが、ネイマールは27日にもインスタグラムを更新。「Arraiázin」というイベントに参加した際の姿をアップした。 2人は、それぞれカウボーイハットを被り、チェック柄のお揃いの上着を着用。ラブラブな様子を見せると、一緒にダンスまで披露。キスを交わすなどアツアツぶりを感じさせている。 <span class="paragraph-title">【写真】ラブラブな2人のお揃いショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfUjqNIOg4-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfUjqNIOg4-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfUjqNIOg4-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">@neymarjr)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.28 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「かなりの陽キャだ」浦和加入リンセン フェイエノールトとの“惜別動画”に注目「愛された選手なのが分かる!」

フェイエノールトがオランダ人FWブライアン・リンセンとの別れを惜しんだ。 27日、浦和レッズがリンセンの完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表。日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーでフェイエノールトに加入したリンセンは、公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。 そしてフェイエノールトも27日、クラブの公式SNSでリンセンとの惜別動画を投稿。「ブライアン、忘れられない2年になった」とゴールシーンや練習中などピッチ内外の様子を繋げた動画をアップした。 「日本での冒険を楽しんでください!」、「君がいなくなって寂しい」といったフェイエノールトファンからも声も集まる中、いったいどんな選手なんだと気になった日本のファンも反応。「かなりの陽キャだ」、「チームメイトやサポーターに愛された選手なのが分かる!」、「浦和レッズでの活躍が楽しみ!」、「勝手にクールガイだと思ってたけど、めちゃくちゃお茶目じゃん笑」とそのキャラクターに注目が集まっている。 リカルド・ロドリゲス監督体制2年目を迎えている浦和。ここまでは得点力不足に悩まされているが、リンセンの加入で挽回できるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】リンセンのキャラクターが伝わってくる惜別動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Het waren twee onvergetelijke jaren, Bryan!<a href="https://twitter.com/hashtag/BryanBedankt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BryanBedankt</a> <a href="https://t.co/OHQcpid0s3">pic.twitter.com/OHQcpid0s3</a></p>&mdash; Feyenoord Rotterdam (@Feyenoord) <a href="https://twitter.com/Feyenoord/status/1541296517067296768?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 20:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly