イングランドが「勝利、しかも快勝が期待された」サンマリノ戦で5発白星! 指揮官が最も満足したものとは?

2021.03.26 08:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が満足感を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

イングランド代表は25日にロンドンで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第1節でサンマリノ代表と対戦。5-0の快勝で飾り、7大会連続の本選出場に向けて好発進を切った。

28日にアウェイで行われる次節のアルバニア戦に弾みをつけたサウスゲイト監督は試合後、格下相手との試合をしっかりと勝ち切った結果とともに、選手たちの戦いぶりに手応えを語っている。

「勝利、しかも快勝が期待された試合だったが、特に90分を通してのメンタリティに満足している。ボールを失ったときのプレスをかける姿勢がそれを最も表したものだった。チーム全体がハングリーにプレーしてくれたね」

「こうした類の試合で過去に苦しんだこともあったが、このチームは少し違ったプレーができ、何人かのクリエイティブな選手がいる。今日のチャンスは素晴らしいプレッシングと高い位置でのボール奪取から生まれた」

「しかし、それだけじゃなく、選手たちのポジションチェンジやビジョンも大事だった。非常に厳しい見方をすれば、もっとゴールを決めるべきだったが、相手GKも素晴らしかったのも忘れるべきじゃない」

「今日の我々が示した振る舞いは習慣を本当に喜ばしく思う。トップのチームになるために日々、トレーニングや試合で見せていかなければならないものだからだ。正しい形で試合に臨むことができた」

関連ニュース
thumb

ゴールを決めていないサカがユニフォームを脱ぐ、その理由は?

イングランド代表FWブカヨ・サカが試合中に見せた行動が話題になった。イギリス『サン』が伝えている。 イングランドは22日に行われたグループD最終節でチェコ代表と対戦。先発に抜擢されたサカは今大会初出場を果たした。 集中した入りを見せたイングランドは開始早々に先制。12分、MFカルヴァン・フィリップスとの連携で右サイドを突破したサカがボックス内へ抜け出して柔らかなクロス。この流れからFWハリー・ケインが左サイドで浮いたMFジャック・グリーリッシュに繋ぐと、グリーリッシュの絶妙な左足の柔らかなクロスをファーに飛び込んだFWラヒーム・スターリングがヘディングシュートで流し込んだ。 先制点を挙げたスターリングを中心に喜ぶイングランドのメンバーだったが、スターリングの横でサカがおもむろにユニフォームを脱ぎだす。ゴールを決めていない選手がユニフォームを脱ぐことは中々ないため、ファンからはサカの意図について疑問の声も上がっていた。 だが、『サン』によるとその直後に理由が判明。サカはユニフォームの下に着ていた長袖のアンダーシャツを脱ぎ捨てたという。実際、以降の試合のサカは半袖でプレーしていた。 結局、サカは84分まで半袖でプレーし、初の大舞台で大活躍を見せた。序盤に先制し、着替えるきっかけができたことはサカにとってプラスに働いたかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】まるでゴールを決めた人に見えるサカ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Anyone who had Saka to be carded must be fuming after he got away with taking his shirt off <a href="https://t.co/kTzZjJZSVL">pic.twitter.com/kTzZjJZSVL</a></p>&mdash; ODDSbible (@ODDSbible) <a href="https://twitter.com/ODDSbible/status/1407615599019270147?ref_src=twsrc%5Etfw">June 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.23 21:24 Wed
twitterfacebook
thumb

GS首位通過のイングランド、サウスゲイト監督は課題に言及「もっと多くのことができるはず」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、チームの課題に触れつつユーロ2020のグループステージ首位通過を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 イングランドは22日に行われたグループD最終節でチェコ代表と対戦。既に決勝トーナメント進出は決定していたものの、チェコとは勝ち点で並んでおり首位通過を懸けた一戦は、前半のうちにMFジャック・グリーリッシュのゴールで先制に成功。後半はややトーンダウンしたこともあり両者に得点は生まれず、1-0で勝利した。 この結果、イングランドはグループステージ首位通過が決定。29日に行われるラウンド16で、フランス、ドイツ、ポルトガル、ハンガリーのいずれかと対戦する予定になっている。 試合後の会見に出席したサウスゲイト監督は、チームに課題があると認めつつも向上していることを強調。同時に、負傷の影響で今まで出場がなかったDFハリー・マグワイアとMFジョーダン・ヘンダーソンが、この試合で復帰したことも喜んでいる。 「我々はもっと多くのことができるはずだ。ただスムーズでないとはいえ、良いチームだと思える瞬間もある。我々はまだ向上していると思うし、対戦相手にとっては厄介だろう」 「グループステージを勝ち抜き、ウェンブリーに残ることを望んでいた。対戦相手が決まる明日を楽しみにしている」 「ハリー・マグワイアが90分出場できたことは重要だし、ヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)が45分出場できたことも大きな前進だ。この試合にはたくさんのポジティブな要素があった」 また、サウスゲイトはグループステージで戦った各チームを称賛。そのうえで、ラウンド16で戦う可能性のある相手として、特にドイツを警戒した。 「我々はクロアチア、チェコと対戦したが、彼らは非常に良いレベルでプレーしていた。そしてスコットランド戦は、特に若い選手にとって特別な機会、経験となる本当に重要なものだっただろう」 「世界チャンピオン(フランス)、ヨーロッパチャンピオン(ポルトガル)、そして私からすると復調しているように見えるドイツのいずれかが相手になるだろう。特にドイツは、何人かの非常に経験豊富な選手をチームに復帰させたね」 「どのチームと戦うにしても、本当に厳しい試合になる。ただ、それは18カ月前から分かっていたことだ。突破口があることはわかっている」 2021.06.23 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

3試合連続完封のイングランドが首位通過! 初黒星のチェコは3位通過に《ユーロ2020》

ユーロ2020グループD最終節、チェコ代表vsイングランド代表が22日にウェンブリー・スタジアムで行われ、イングランドが0-1で勝利した。 他グループの結果、グループリーグ最終節を前に決勝トーナメント進出を決定させた勝ち点4で並ぶチェコとイングランドによる首位通過を懸けたグループD上位対決。 前節、クロアチア代表との接戦を1-1のドローで終えたチェコはすでに決勝トーナメント行きを決めたことで、ターンオーバーの可能性も指摘されたが、クロアチア戦と全く同じスタメンで首位通過を狙った。 一方のイングランドは2戦連続クリーンシートも、ゴールレスドローに終わった直近のスコットランド代表戦では低調な攻撃が批判の的となった。さらに、対戦相手のギルモアの新型コロナウイルス感染によって濃厚接触者に認定されたマウントとチルウェルが自主隔離措置を取る思わぬアクシデントにも見舞われた。 今後の戦いに向けてキッカケを掴みたいサウスゲイト監督はスコットランド戦から先発4人を変更。ミングスとフォーデンに代わって今大会初出場のマグワイア、サカを起用したほか、リース・ジェームズとマウントに代えてウォーカーとグリーリッシュを起用した。 集中した入りを見せたイングランドは開始2分、左サイドのショーからの浮き球のフィードに反応したスターリングがボックス左に抜け出し、飛び出したGKの寸前でループシュートを狙うが、これは惜しくも右ポストを叩く。 開始早々の絶好機を逸するも相手を押し込む形に持ち込むと、2度目のチャンスを確実にゴールへ結びつけた。12分、フィリップスとの連携で右サイドを突破したサカがボックス内へ抜け出して柔らかなクロス。この流れからケインが左サイドで浮いたグリーリッシュに繋ぐと、グリーリッシュの絶妙な左足の柔らかなクロスをファーに飛び込んだスターリングがヘディングシュートで流し込んだ。 今大会初先発のグリーリッシュとサカの好プレー光る先制点によって余裕を持った試合運びが可能となったイングランドは、完全に試合の主導権を掌握する。26分にはマグワイアからの鋭いグラウンダーの縦パスに反応したケインがボックス左に持ち込んで深い切り返しでDFを外して右足のシュートを放つが、これはGKヴァツリークの左手のワンハンドセーブに阻まれた。 辛くも2失点目を免れたチェコはこれで良い意味で開き直れたか、ここから押し返していく。 29分にはFKの流れからホレシュが強烈な右足のミドルシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKピックフォードのビッグセーブに遭う。さらに、35分にはボリルの左クロスに反応したヤンクトのボレーシュート、そのこぼれに反応したソーチェクのシュートで続けてゴールに迫るが、決め切ることができない。 前半終盤にかけては一進一退の攻防が続くが、互いに集中した相手の守備をこじ開けるまでには至らず。イングランドの1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半、イングランドはライスを下げて今大会初出場となるヘンダーソンをハーフタイム明けに投入した。 互いにゴールを目指す姿勢が目立った前半とは打って変わって後半は互いにリスクを冒して攻める場面はほとんどなく、フィニッシュの数が増えていかない。 以降もクローズな状況が続く中、両チームは決勝トーナメントの戦いを睨んでか、積極的に交代カードを切っていく。その中でイングランドはベリンガムや今大会初出場のサンチョとプレータイムの少ない若手が投入され、チェコは3戦連発が期待されたエースのシックを下げてペクハルトを投入した。 試合終盤にかけても熱量が上がらない膠着状態が目立つ。86分にはセットプレーの二次攻撃からヘンダーソンがゴールネットを揺らすが、ここは戻りオフサイドの判定で追加点とはならず。 そして、ほぼ見せ場なしに終わった後半45分を経て試合はこのままタイムアップ。3試合連続のクリーンシートで首位攻防戦を制したイングランドがグループDを首位で突破した。 なお、イングランドは29日にウェンブリーで行われるラウンド16でグループFの2位通過チームと対戦。一方、クロアチアに抜かれて3位通過となったチェコはグループC首位通過のオランダ代表か、グループE首位通過チームと対戦する。 チェコ 0-1 イングランド 【イングランド】 スターリング(前12) 2021.06.23 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランドに痛手、マウントとチルウェルが28日まで隔離決定…ラウンド16まで欠場の可能性

イングランド代表のMFメイソン・マウントとDFベン・チルウェルの隔離期間が決定した。イングランドサッカー協会(FA)が発表した。 マウントとチルウェルは、18日に行われたユーロ2020 グループD第2節のスコットランド代表戦の試合後、チェルシーのチームメイトであるスコットランド代表MFビリー・ギルモアと談笑し、ハグもしていた。 しかし、21日にそのギルモアが新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定を受けており、マウントとチルウェルは濃厚接触者となってしまった。 2人とも検査の結果は陰性となっているものの、イングランド代表は2人を一時的に隔離。しかし、英国公衆衛生庁との協議の結果、28日まで隔離する事態となってしまった。 チームとは離れて個別トレーニングを行なっているマウントとチルウェルだが、22日にウェンブリースタジアムで行われる第3節のチェコ代表戦は欠場となる。 この試合の結果でグループの順位が確定するが、イングランドは2位になった場合はラウンド16の試合が28日に行われるため、2人は欠場が確定。首位通過となれば29日に試合となるため、隔離は解除されることとなる。 3位になった場合は、他のグループの結果次第となり、27日か29日に試合となる。 ガレス・サウスゲイト監督は10日間の隔離になった場合は「最悪のシナリオだ」と語っていたが、そのシナリオになってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】チェコ代表戦に向けたイングランド代表のトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUOVFtRlZhaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.22 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷でユーロ未出場のマグワイア、自身とヘンダーソンの価値に言及 「リーダーシップの発揮は重要」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが代表のチームメイトであるMFジョーダン・ヘンダーソンを擁護した。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズン、リバプールのキャプテンとしてチームを支えていたヘンダーソンだが、2月に負傷。それ以降は出場機会のないままシーズンを終えたが、ガレス・サウスゲイト監督は同選手をユーロ2020の代表メンバーに招集した。この決断について、ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏は「正しくない決断だ」と痛烈に批判している。 しかし、ヘンダーソン同様に負傷中でありながら代表に招集されたマグワイアはリーダーシップを発揮する選手の重要性を指摘。若いチームに対して、経験をもたらしていると語った。 「グループ内でリーダーシップを発揮することは重要だ。このチームにはクラブでキャプテンを務めるようなリーダーシップのある選手が多く、その経験をもたらしてくれている」 「ジョーダンはフィットネスが戻り、しばらくトレーニングを続けているよ。そして、僕も戻ってきた。他の選手たちのおかげもあり、グループ内で良い位置につけているし、これからもこれを続けていく準備はできている」 「ここにいる26人の選手は大きなチームとなっていて、その多くは主要な国際大会で初めてプレーしている。しかし、これを素晴らしい大会としなければ、良い時間を過ごせはしないだろう。僕たちは、フットボールの試合に勝つためここにいる」 また、マグワイアは自身のコンディションについても言及。既にフィットネスは戻っており、若い頃から切磋琢磨してきたマンチェスター・シティのDFジョン・ストーンズと代表でコンビを組むことを心待ちにしていると語った。 「怪我をしたのは残念だった。今はフィットネスが戻っているから、後は試合に戻るためにできる限り一生懸命働きたい。仲間と一緒にトレーニングし、ボールを扱うことができるのは素晴らしいね」 「体調は良く、体力もついてきたから自信がある。今はすべてが安定していると思うし、準備はできているよ。トレーニング中の5人制ゲームは鋭さとスピードを取り戻すために良いことだ」 「ジョンはシティで素晴らしいシーズンを過ごした。そしてその形を、この大会にも持ち込んでいるね」 「僕たちはお互いそれほど遠くないところで育ち、それぞれバーンズリーとシェフィールド・ユナイテッドに所属している時から、ユースチームのトーナメントで共にプレーしてきた。僕らは良き友人であり、一緒にプレーすることを楽しみにしている」 2021.06.22 17:39 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly