ロコモティフ・モスクワ退団のファルファンが古巣アリアンサ・リマに17年ぶりの復帰!

2021.03.24 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ペルーリーグに所属するアリアンサ・リマは23日、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファン(36)の復帰を発表した。フリートランスファーでの加入となり、背番号は「10」に決定した。2001年にアリアンサ・リマでプロデビューしたファルファンは、これまでPSVやシャルケ、アルジャジーラでプレー。


その後、2017年冬にフリートランスファーでロコモティフ・モスクワに加入したファルファンは、3年半で公式戦69試合に出場し25ゴール12アシストを記録。移籍後2シーズンは主力としてプレーしていたものの、その後はケガの影響もあって出場機会が激減。

昨季はシーズン前の2019年6月に行われたコパ・アメリカ2019で左ヒザを負傷すると、シーズンの大半を棒に振り公式戦3試合の出場にとどまった。そして、契約の満了に伴い、クラブを退団しフリーの状況となっていた。

なお、2001年から2004年まで過ごしたアリアンサ・リマでは、公式戦93試合に出場し33ゴールを記録していた。
関連ニュース
thumb

大連所属のハムシクに欧州復帰の可能性? ロコモティフ・モスクワが関心

中国の大連人職業足球倶楽部に所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)にロシア行きの可能性が浮上している。 ハムシクは2007年夏から通算11シーズン半在籍したナポリで、公式戦通算520試合に出場し、121ゴール111アシストを記録したレジェンド中のレジェンド。しかし、当時の指揮官カルロ・アンチェロッティ監督の下で出場機会を失い、クラブ内での序列が下がった影響などもあり、2019年2月に大連人職業足球倶楽部(当時は大連一方)に完全移籍した。 同クラブでは公式戦45試合5ゴール4アシストの数字を残しているが、以前から中国での生活面やプレー環境などへの不満を示していた。 そういった中、ロシア『Match TV』はロコモティフ・モスクワがハムシクのフリートランスファーでの獲得を熱望していると報道している。 ハムシクと大連の現行契約は2021年末と9カ月残っており、その契約満了のタイミングで獲得に動くのか、あるいは上海申花からローマに加入したイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィのように契約解除条項があり、より早いタイミングでの獲得が可能かどうかは不明だが、マルコ・ニコリッチ監督とゼネラル・ディレクターのウラディミール・レオンチェンコ氏が同選手の獲得に強い関心を示しているようだ。 現時点で移籍の実現性は低いように思われるが、ナポリのレジェンドのヨーロッパ復帰は実現するのか…。 2021.02.17 23:35 Wed
twitterfacebook
thumb

足首のじん帯一部断裂で戦列を離れていたA・デイビスが復帰へ!

バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが復帰するようだ。ハンジ・フリック監督が8日に明かしている。 A・デイビスは10月24日に行われたブンデスリーガ第5節フランクフルト戦で先発するも、芝に足を取られて右足首を強く捻り、じん帯の一部を断裂していた。全治6~8週間の離脱と見られていた中、7週間で戦列に戻る格好となった。 9日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節ロコモティフ・モスクワ戦を控える中、フリック監督はA・デイビスについて以下のように話している。 「デイビスがチームに戻ってきた。プレーできる状態に見えたよ。ロコモティフ戦では先発させるか、途中出場になるかは決めかねているがね」 バイエルンは今季のCLでは既に首位での決勝トーナメント進出を決めており、ロコモティフ戦は消化試合となるが、頼れる戦力が戻ってくる格好だ。 2020.12.09 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地でロコモティフ・モスクワを下したザルツブルクがGS初勝利!ケガ明けの奥川は出場せず《CL》

奥川雅也の所属するザルツブルクは1日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節でロコモティフ・モスクワと対戦し、3-1で勝利した。奥川はベンチ入りも出場機会はなかった。 3分け1敗でグループ3位のロコモティフ・モスクワ(勝ち点5)の本拠地に4位ザルツブルク(勝ち点1)が乗り込んだ一戦。負傷欠場の続いていたザルツブルクの奥川はベンチスタートとなった。 グループステージ突破へ負けられない戦いが続く両者の一戦は、ポゼッションで上回るザルツブルクが押し込む入りとなった中、18分に決定機。敵陣での細かなパスワークで相手DFを翻弄するとコイタのパスをボックス右のクリステンセンがダイレクトで折り返すと、ファーサイドから走り込んだメルギム・ベリシャが流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 それでも28分、カマラのループパスで生まれたゴール前の混戦からエムウェプがシュート。これは相手DFに当たるもこぼれ球をゴール左手前のメルギム・ベリシャが押し込み、ザルツブルクが先制した。 さらにザルツブルクは41分、中盤でハイプレスをかけるとS・ライコビッチのクリアミスを拾ったコイタがゴール前へダイレクトスルーパス。これをボックス左から侵入したメルギム・ベリシャが冷静に流し込み、追加点を奪った。 後半も攻勢を続けるザルツブルクだったが、78分に右クロスをボックス内で受けたゼ・ルイスをラマーリョが倒してしまいPKを献上。これをアントン・ミランチュクに決められた。 1点を返されたザルツブルクは、すぐに反撃。81分、センターライン付近でムリロからボールを奪ったアデイェミがカウンターを仕掛けると、ドリブルでボックス内まで持ち上がりゴール左にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま3-1でザルツブルクが勝利。今季CL初勝利を飾ったザルツブルクは、ロコモティフ・モスクワをかわし3位に浮上している。 2020.12.02 04:49 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地でドローのアトレティコ、シメオネ監督はチームを称賛も「ゴールへの力強さに欠いていた」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、圧倒しつつも勝ち点3を得られなかったチャンピオンズリーグ(CL)での一戦に、一定の満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 アトレティコは3日、CLグループA第3節でロコモティフ・モスクワと対戦。第1節バイエルン戦で大敗を喫したものの、第2節ザルツブルク戦では3-2で勝利を収めており、連勝を狙ってアウェイの地に乗り込んだ。 序盤から圧力をかけることで主導権を握ったアトレティコは、18分にDFホセ・ヒメネスがCKの流れから上がったクロスに頭で合わせ先制。このままアトレティコペースで進むかと思われた21分、MFエクトル・エレーラがボックス内で厳しいハンドの判定を受けると、PKを確実に決められ、わずか3分で追いつかれてしまった。 同点に追いつかれてからもアトレティコは猛攻を見せいくつものチャンスを作るが、ロコモティフ・モスクワのGKギリョルメ・マリナトに好セーブを連発され、追加点を奪えず。結局試合は1-1のスコアのままドローで終了し、アトレティコは勝ち点3を逃した。 試合後の会見で、シメオネ監督は2点目が奪えなかったことを悔やみつつ、チームのパフォーマンス自体には満足感を示した。 「チームは非常に良い印象を私に与えてくれた。さまざまなエリアで、自分たちのやりたいプレーができた。ただ、ロコモティフ・モスクワのGKは素晴らしいパフォーマンスを見せていた」 「守備力が高く、素早いカウンターを仕掛けてくる相手を、我々はしっかり抑えることができた。残念なのは、ゴールへの力強さに欠いていたことだ。ゲームに勝つためには、それが必要だった」 また、シメオネ監督は会見の中で、同日に獲得が発表された中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビアについても触れており、「彼の加入は多くの内部競争を生み、シーズンを通して中盤により硬く強いエネルギーを生み出すだろう」と期待を語っている。 2020.11.04 11:03 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ圧倒もロコモティフ守護神の躍動と厳しいPK判定によりドロー《CL》

アトレティコ・マドリーは3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でロコモティフ・モスクワとアウェイで対戦し、1-1で引き分けた。 前節ザルツブルク戦をフェリックスの2ゴールで3-2と競り勝って1勝1敗としたアトレティコは、3日前に行われ3-1と勝利したオサスナ戦のスタメンから3選手を変更。コケ、ビトロ、エルモソに代えてスアレス、ロージ、負傷明けのサウールを起用した。 昨季もグループステージで対戦した1分け1敗スタートのロコモティフに対し、2トップにスアレスとフェリックス、右にコレア、左にサウールを配す[4-4-2]で臨んだアトレティコが圧力をかける入りとすると、18分に先制した。 CKの流れから、左サイドのH・エレーラのクロスにヒメネスがヘディングで合わせたシュートが決まった。 しかし21分、クロスボールをクリアにかかったボックス内のH・エレーラが不可抗力で手にボールを当てると、これがVARの末にPK判定となってしまう。このPKをアントン・ミランチュクに決められて同点とされた。 厳しい判定で試合を振り出しに戻されたアトレティコは、31分にコレアのミドルシュートがバーに直撃。ハーフタイムにかけても押し込む展開で試合を進めたが、1-1で前半を終えた。 後半からサウールに代えてコケをそのまま左サイドに投入したアトレティコは、53分に決定機。左サイドからのフェリックスのクロスをファーサイドのスアレスがヘッド。だが、GKのセーブに阻まれた。 さらに58分、ボックス手前左からのフェリックスのミドルシュートがゴール右上を捉えるも、GKギリョルメのファインセーブに阻まれた。続く65分には右クロスにフェリックスが頭で合わせるもシュートはやはりGKギリョルメの好守に阻止される。 猛攻のアトレティコは1分後にはコケのヘディングシュートがバーに直撃し、ルーズボールをスアレスが詰めたが、スアレスのポジションがオフサイドでノーゴールに。 しかし、69分にレマルとビトロを投入する2枚替えを敢行すると、攻撃がトーンダウン。終盤にかけては決定機を生み出せず、1-1で終了。アトレティコは勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2020.11.04 04:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly