日本代表の齊藤俊秀コーチが新型コロナ陽性、合流前の検査で見つかる

2021.03.23 22:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は23日、日本代表の齊藤俊秀コーチが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が認められたことを発表した。

JFAによると、齊藤コーチは22日に日本代表合宿の合流前に行われたSmartAmp 法検査および PCR 検査において陽性が確認されたとのこと。は無症状で発熱等の体調不良の症状はなく、保健所の指示に従って対応しているとのことだ。

また、代表活動合流前の検査であったことから、他の代表スタッフや選手について、保健所から濃厚接触者はいないことが確認されており、現時点において試合の開催に変更はないとのことだ。
さらに、23日朝に当該者以外に実施した検査にて、全員の陰性が確認できているとのことだ。

関連ニュース
thumb

FIFAが決勝ゴールの田中碧をPOTMに選出も…海外からは不満のコメント続々「あなたのゴールは正しくない」「ボールは100%出ていた」

日本代表MF田中碧(デュッセルドルフ)がスペイン代表戦のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)に輝いた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節でスペインと対戦した日本。試合は前半にアルバロ・モラタにゴールを許し先手を与えたが、堂安律と三笘薫を投入した後半に攻勢を仕掛け、堂安と田中碧のゴールで一気に逆転。初戦のドイツ代表戦に続く見事な逆転勝利でグループリーグ突破とともに望外の首位通過を達成した。 FIFAが選出したPOTMは田中。三笘らもいた中で「スペイン戦で歴史的な勝利を収め、日本のヒーローとなった田中選手」としてトロフィーを持つ田中の笑顔を公式SNSに投稿した。 だが、VARの末にラインを割ってなかったとして認められた日本の決勝点に不満を覚える海外のファンが怒りのコメント。「ボールは100%出ていた」、「不正で勝った」、「盗まれた」、「あなたのゴールは正しくない」といった声が多く届けられている。 ボールの一部でもラインに残っていればインプレーとなるため、VARでそれが認められたはずだが、試合映像ではラインを割っているようにも見えたため、どうしても納得できないファンも多いようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】笑顔でトロフィーを持つ田中碧、コメント欄には怒りの声が続出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClpCdHgvnuX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClpCdHgvnuX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClpCdHgvnuX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.02 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「狙ってたらヤバい」ラインギリギリだった三笘薫のアシスト、本田圭佑は異なる面からも注目「誰か三笘さんに聞いて」

日本代表MF三笘薫のプレーに本田圭佑も驚いている。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節で日本はスペイン代表と対戦。試合は前半にアルバロ・モラタにゴールを許し0-1で後半を迎えると、ハーフタイムに堂安律と三笘薫を投入する。 一気に攻勢をかけた日本は48分にその堂安のゴールで同点に。そしてその5分後に三笘薫がラインギリギリのところで折り返し、田中碧がゴールを決めて逆転。VARのチェックが入る中、非常に微妙な判定ながらわずかにラインを割っておらず、ゴールが認められた。 三笘のタッチがゴールラインを割っていたのかどうかが大きな注目を集めたシーンだったが、別の意味で驚いたのが「ABEMA」で解説を務めていた本田だ。 試合後に改めてこのシーンを見返したのか、「三笘さんのアシストは前田さんに当たらんように狙ってボールを上から叩いてたらヤバい。誰か三笘さんに聞いて」と自身のツイッターで投稿した。 この場面、三笘のすぐ近くにはシュートしようと詰めていた前田大然がいたが、叩きつけられた三笘のパスは前田の上を越え、最後はゴール中央の田中が詰めるという形だった。 試合後、決勝点のシーンについて「(ラインに)1ミリでもかかっていればいいなと思った。入ったあとはちょっと足が長くて良かったなと思った」と冗談めいて語った三笘だが、このアシストだけでなく守備面でも見事な働きだった。 <span class="paragraph-title">【動画】狙って叩きつけた!?三笘のアシストを改めてチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>改めて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> の折り返しから <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> の逆転ゴール <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/uTRD8oSSRy">pic.twitter.com/uTRD8oSSRy</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598430430151462915?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】ギリギリラインに残っているように見える!三笘のアシストをほぼ真上から捉えた1枚</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> El VAR dijo que no salió entera y...<br><br>Estamos contra las cuerdas.<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/wnBpujjplv">pic.twitter.com/wnBpujjplv</a></p>&mdash; MARCA (@marca) <a href="https://twitter.com/marca/status/1598416391698259970?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「加工されたであろう写真を見た」スペイン代表指揮官が日本の逆転ゴールの疑惑について言及、見解は「このプレーはVARが正しい」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、日本代表の逆転ゴールについて言及した。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペインは日本と対戦した。 勝ち点4で首位に立つスペインと、勝ち点3で2位につける日本。スペインは引き分け以上でグループステージ突破が確定。一方で、負ければ敗退の可能性も残していた。 試合は立ち上がりからスペインが支配すると、12分にアルバロ・モラタがヘディングを決めて先制する。先制後は完全に試合を支配。しかし、日本の粘り強い守りの前に、ゴールを奪えない。 すると後半立ち上がりに堂安律のミドルシュートで追いつかれると、VARの判定によりゴールラインを割っていないとして、田中碧のゴールが認められ逆転を許す。 スペインはその後も前半同様に支配。日本に何度カウンターを仕掛けられそうになった中、最後まで攻めたがゴールを奪えず2-1で敗戦。2位でグループステージを通過することとなった。 試合後、ルイス・エンリケ監督は「パニックに陥っていた」と後半早々の2失点について言及したが、記者会見では田中の逆転ゴールの前にラインを割っていたかどうかについ言及。「加工されたものを見た」とし、VARの判断が正しいと見解を述べた。 「私は間違いなく加工されたであろう写真を見た。または操作されているものをだ。見させてもらったが、そんなはずはない」 「これ以上、何も言うことはない。最大限の敬意を表し、VARに時間がかかった時点で、何か奇妙なことがことが起きていることはもうわかっていた」 「これらの画像では、ボールがミリ単位で出ていないことを確認している」 「そして、スペイン戦での日本のゴールは有効だ。このプレーはVARが正しい」 <span class="paragraph-title">【動画&写真】三笘薫が折り返したボールがラインを出ていたかどうかを比較検証</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">O los periodistas no saben o desinforman. Tiene que salir toda la circunferencia de la pelota. No la base. Desde la perspectiva parece afuera. Pero debe verse desde arriba.ests a penas tocando la linea <a href="https://t.co/KbFSY2vA19">pic.twitter.com/KbFSY2vA19</a></p>&mdash; Pablo Carballido (@pablocarballido) <a href="https://twitter.com/pablocarballido/status/1598421676349612034?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 13:08 Fri
twitterfacebook
thumb

「まさか祝福されるとは」ツイッター社買収のイーロン・マスク氏が日本代表のスペイン撃破を祝福、本田圭佑も反応「試合観に来て」

ツイッター社を買収した実業家のイーロン・マスク氏が、日本代表を祝福した。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節で日本はスペイン代表と対戦した。 グループステージ突破を懸けた戦い。日本は勝たなければ難しい状況となっており、スペインも敗れれば敗退の危機があるという中での一戦となった。 試合は前半からスペインが支配し、アルバロ・モラタのゴールで先制。その後もスペインが押し込み試合は進むが、ゴールはなかなか生まれない。 0-1でスペインが僅かにリードした中で迎えた後半、日本は堂安律、三笘薫をスタートから起用すると、48分に堂安が豪快な左足シュートを決めて同点に。53分には三笘がラインギリギリで折り返したボールを田中碧が押し込み逆転に成功する。 このゴールは非常にシビアな判定となり、VARチェックの結果で認められながらも、議論が止まない微妙な判定に。それでも日本がリードすると、再びスペインの猛攻に遭うも得点を許さず、2-1で勝利を収めた。 ドイツに続き、スペインも撃破するという世紀の1勝は全世界でも話題に。岸田文雄総理大臣も祝福した中、マスク氏もツイッターで祝福。「Congratulations Japan! (おめでとう、日本)」と試合直後に投稿していた。 世界的に見てもツイッターの利用率が高く、特別な市場と見られている日本に対する賛辞。試合直後ということもあり、試合の行方を見守っていたとも考えられる。 この投稿には「ABEMA」で解説を務めた本田圭佑も反応。「あなたは超忙しいはずだ!でも、アメリカ、そして日本の試合を観に来てください。1日だけでも」と返信していた。 これには多くの日本人ファンが反応。意外な人物からの祝福を喜ぶとともに「ありがとう」、「日本やったぞ」、「まさか祝福されるとは」と驚きの声も集まっていた。 <span class="paragraph-title">【SNS】ツイッターを買収したイーロン・マスク氏が試合直後に祝福</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">a href="https://t.co/WfqWIJMNGI">https://t.co/WfqWIJMNGI</a></p>&mdash; Elon Musk (@elonmusk) <a href="https://twitter.com/elonmusk/status/1598420481769512960?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 12:37 Fri
twitterfacebook
thumb

「勝ってこれするのほんまかっこいい」スペインに勝利の日本代表、歓喜の後もロッカールームは美しく「日本の誇りです」

日本代表のロッカールームが脚光を浴びている。 日本は1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節でスペイン代表と対戦。決勝トーナメント進出には引き分けでも難しい状況だったが、逆転でのグループステージ突破を目指した。 しかし、12分にスペインに先制を許して0-1で後半へ。それでもハーフタイムに堂安律と三笘薫を投入すると、2人の活躍もあり逆転に成功。2-1の逆転勝利でグループステージ突破を決めた。 試合後のピッチでは喜びを爆発させていたサムライブルーだが、自分たちが使用したロッカールームについてはしっかりと綺麗にしたうえで明け渡していたようだ。 ドイツ代表戦やコスタリカ代表戦同様に綺麗に片づけられたロッカールームには、折り紙の鶴と感謝の手紙が残されていた。 その様子にはファンからも「ブラボー!」、「勝ってこれするのほんまかっこいい」、「日本の誇りです」と称える声が多く集まっている。 ドイツとスペインという強豪2カ国を破り世界に驚きを与えた日本だが、試合後の紳士な姿勢も称賛を呼んでいるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】歓喜の後も美しい日本のロッカールーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/IjTQNUYPOv">pic.twitter.com/IjTQNUYPOv</a></p>&mdash; FIFAワールドカップ (@FIFAWorldCup_JP) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup_JP/status/1598479946833604608?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 12:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly