2発の伊東純也がキャリア初の二桁到達で代表に弾み! ヘンクは2-2のドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.03.20 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクの伊東純也が日本代表活動に弾みをつけた。3位のヘンクは19日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第31節で12位のスタンダール・リエージュとホームで対戦。伊東は右ウィングで先発した。

互いにゴールネットを揺らせず、折り返した試合は53分にスタンダール・リエージュが先制。しかし、59分に敵陣中央の位置から右サイドのスペースに浮き球パスが通ると、そのサイドを駆け上がった伊東がワントラップからの右足シュートをゴール左に突き刺して、ヘンクが追いつく。


食いさがるヘンクは72分、再び伊東がゴール。左サイドからの折り返しがファーサイドに流れると、ボックス左で拾った伊東が相手DFの股下を射抜く右足シュートをゴール右に沈めて、勝ち越した。だが、81分に同点弾を浴びて、2-2のドローで終了。3連勝とはならなかった。

なお、伊東は2戦連発となり、今季初の1試合2ゴールを記録。リーグ戦での得点数をキャリア初の二桁となる10ゴールに乗せ、代表に向かうこととなった。

ヘンク 2-2 スタンダール・リエージュ
【ヘンク】
伊東純也(後14、後27)
【スタンダール・リエージュ】
クラウス(後8)
ムレカ(後36)
関連ニュース
thumb

伊東純也が首位攻防戦で豪快ゴール! ヘンクがPO2連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

ベルギーのジュピラー・プロ・リーグのプレーオフ第2節が行われ、ヘンクがクラブ・ブルージュに3-0で勝利。プレーオフ2連勝を飾った。 日本代表FW伊東純也は2列目の右サイドで先発出場し、チームの2点目を記録し勝利に貢献した。 レギュラーシーズンの1位であるクラブ・ブルージュと2位のヘンクの対戦。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けた首位攻防戦となった。 両者の勝ち点差は「8」もある中、立ち上がりからヘンクがペースを掴むが、クラブ・ブルージュも簡単にはやらせない。 ゴールレスで前半を終えるも、後半にヘンクの攻撃陣が躍動する。 まずは57分、ブライアン・ヘイネンのアシストからポール・オヌアチュが決めてヘンクが先制。オヌアチュは、リーグ戦29ゴールに続いて、プレーオフでも2試合連続ゴールを記録する事となった。 さらに74分には伊東が魅せる。右サイドで粘った味方からのパスを受けると、そのままドリブルでボックス内に侵入。そのまま右足を振り抜くと、ゴール上に豪快なシュートを決め、リードを2点とする。 その直後の75分には、テオ・ボンゴンダがボックス手前で横パス。これを受けた、クリスチャン・トルストベットが見事なルーレットで相手をかわすと、そのままネットを揺らし3点目を記録。そのまま3-0でヘンクが勝利。プレーオフ2連勝で勝ち点差を「5」に縮めた。 ヘンク 3-0 クラブ・ブルージュ 57分 1-0:ポール・オヌアチュ(ヘンク) 74分 2-0:伊東純也(ヘンク) 75分 3-0:クリスチャン・トルストベット(ヘンク) 2021.05.08 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

先制ゴールでカップ戦優勝に貢献の伊東純也、祝勝パーティー後でも「今すぐ寝たい」と冷静さ失わず

25日、クロッキーカップ(ベルギーカップ)の決勝戦が行われ、ヘンクvsスタンダール・リエージュの一戦は2-1でヘンクが勝利した。 ヘンクの日本代表FW伊東純也は先発フル出場。48分には味方のインターセプトから攻め上がると、MFテオ・ボンゴンダのスルーパスを受け、値千金の先制ゴールを決めてみせた。 ヘンクはボンゴンダが追加点を奪うと、試合終盤に1失点を喫したものの、2-1で勝利。8季ぶり5度目の優勝を果たした。 試合後には表彰式が行われたが、その後にはロッカールームで祝勝パーティーが行われた模様。伊東が自身のインスタグラムにその様子を動画で公開し、歓喜に沸くチームメイトたちをベンチに座りながら微笑ましく眺める姿があった。 盛りだくさんの一日となったが、さすがの伊東も疲れたようで、フリーランスの記者であるトゥーン・ヘイレン氏が自身のツイッターで明かしたところによると、パーティー後にインタビューした際には「今すぐ寝たいです」と答えたようだ。 ヘンクは31日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第1節でアントワープと対戦する。伊東にはしっかり休んでもらい、再びのゴールを期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也がドリンク片手にチームメイトとお祝い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/COGorcbhduH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/COGorcbhduH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/COGorcbhduH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Junya Ito(@1409junya)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%B4%94%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#伊東純也</a><br>カップ戦決勝で大仕事<br>見事な先制弾で優勝に貢献<br>\<br><br>スピードに乗った抜け出しから<br>冷静なフィニッシュ<br><br>ベルギーカップ決勝<br>リエージュ×ヘンク<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中<br><br>視聴は<a href="https://t.co/e7263ZCkpC">https://t.co/e7263ZCkpC</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#欧州サッカークライマックス</a> <a href="https://t.co/rcKAcaRw9w">pic.twitter.com/rcKAcaRw9w</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1386576063057350658?ref_src=twsrc%5Etfw">April 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.26 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【DAZN欧州組応援部】3月度のベストプレーヤーズを選出!日本代表でも活躍したFW伊東純也が1位に

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、3月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグ。今回は3/1(月)〜3/29(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同 DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」3月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:MF久保建英(ヘタフェ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発1試合) 出場時間:117分 成績:0ゴール1アシスト チーム成績:2分け1敗 </p></div> 移籍当初は先発の座を掴むも、その後はベンチスタートとなることが多かった久保。3月の3試合のうち1試合はベンチに座ったままと苦しい状況は変わらない。それでも、7試合ぶりに先発したエルチェ戦では移籍後初アシストを記録。チームの攻撃の活性化に貢献した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF植田直通(ニーム)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_ueda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:190分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝1分け1敗 </p></div> 1月にセルクル・ブルージュから移籍し、リーグ・アンでプレーする植田。移籍当初はメンバー外やベンチに座ることが多かったが、3月のニース戦で初出場すると、翌節のモンペリエ戦では初先発。その後はレギュラーポジションを掴んだ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:2試合(先発2試合) 出場時間:180分 成績:3ゴール チーム成績:1勝1分け </p></div> 3月は2試合しかなかったが、その2試合連続ゴール。右ウイングのポジションながら、インサイドに入るプレーも見せている。チームにとって重要なゴールを重ねた結果、3月の日本代表の活動でも出色の出来。今最も乗っている海外組の1人だ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:DF橋岡大樹(シント=トロイデン)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202102_hashioka.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">©STVV</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:1試合(先発1試合) 出場時間:90分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1分け </p></div> チーム内で新型コロナウイルスの感染が拡大した結果、試合は1試合のみに。しかし、2月にデビューすると3月の唯一の試合では先発フル出場。ベルギーで馴染んでいく姿は4月に期待。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が見せた3月の圧巻パフォーマンス!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a><br>3月度月間ベストプレーヤーズ<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> と10のスポーツメディアが独自の基準で評価<br><br>第6回目の1位は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%B4%94%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#伊東純也</a>(<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヘンク</a>)<br><br>みなさんのご意見は「<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a>」で投稿!<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a> が次月期待する選手は!?<a href="https://t.co/bi5UsVazou">https://t.co/bi5UsVazou</a> <a href="https://t.co/e9MQhSK5Bn">pic.twitter.com/e9MQhSK5Bn</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1382662232815718402?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

伊東純也が1アシストも負傷交代…ヘンクがシント=トロイデンに4-0圧勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

11日、ジュピラー・プロ・リーグ第33節のヘンクvsシント=トロイデンが行われ、4-0でヘンクが勝利を収めた。 この試合にはヘンクの日本代表FW伊東純也が2列目の右で先発出場。シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルが先発した他、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨が先発出場。また、MF伊藤達哉が後半途中から出場し、昨年11月以来の出場を果たした。 リーグ戦2位のヘンクと15位のシント=トロイデンの一戦。リンブルフ州に本拠地を置く両クラブのリンブルフ・ダービーは、立ち上がりからヘンクがペースを握る。 9分には右サイドでボールを持った伊東が得意のスピードを生かしたドリブルでカットイン。そのままボックス手前まで持ち込むと左足でシュートを放つが枠を外れる。 17分にはヘンクが敵陣でパスカットからカウンター。最後は伊東がクロスを上げると、テオ・ボンゴンダがボックス内でシュートを放つが枠を外れていく。 すると21分、再びシント=トロイデンのパスが繋がらないと、ヘンクがカウンター。伊東がボックス右からクロスを上げると、中央でポール・オヌアチュが触れると、最後はボンゴンダが流し込み、ヘンクが先制する。 先制したヘンクは24分にも追加点。シント=トロイデンのクロスをブライアン・ヘイネンがカットすると、ドリブルで持ち出し伊東へパス。その伊東はワンツーの形で返すと、豪快にヘイネンが蹴り込み、リードを2点とする。 さらに35分には、伊東のスルーパスに反応したオヌアチュがボックス内でヒールパス。これはシント=トロイデンのDFがカットするも、こぼれ球を後方から走り込んだクリスチャン・トルストベットがシュート。GKシュミット・ダニエルは触れるも、そのままゴールに入った。 攻め手がないシント=トロイデンだったが、40分にクリスティアン・ブルースのパスを受けたジョンべ・ムボヨが倒されPKを獲得。このPKを鈴木がキッカーを務めるが、中央を狙ったシュートはGKマールテン・ファンデフートが左足でセーブ。18点目を逃してしまう。 ヘンクが3点をリードして迎えた後半。すると53分にもヘンクが追加点。ヘイネンのフィードが通ると、ダニエル・ムニョスのグラウンダーのクロスをトルストベットがフリック、最後はオヌアチュが股抜きのシュートを決めてリードを4点とする。 内容でも圧倒していたヘンクだがここでアクシデント。58分に伊東が股関節を痛めた様子で自ら交代を申し出る事態に。その後もシント=トロイデンはチャンスを生かせずにタイムアップ。4-0でヘンクが快勝を収めた。 ヘンク 4-0 シント=トロイデン 21分 1-0:テオ・ボンゴンダ(ヘンク) 24分 2-0:ブライアン・ヘイネン(ヘンク) 35分 3-0:クリスチャン・トルストベット(ヘンク) 53分 4-0:ポール・オヌアチュ(ヘンク) <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が1アシスト、ヘンクvsシント=トロイデン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12r2vccu0inpz1jhe51crzj5q6" async></script> 2021.04.12 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「調子がいい感じというですね」内田篤人氏がシーズン二桁得点の伊東純也の思い切りの良さを称賛

元日本代表DF内田篤人氏が、ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也のプレーを解説した。『DAZN』の自身の番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』内で語っている。 現在は日本代表に招集されている伊東は、代表合流前の19日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第31節でスタンダール・リエージュと対戦し、2ゴールをマーク。今シーズン10ゴール9アシストとキャリア初となるシーズン二桁得点を達成していた。 まずは58分にMFテオ・ボンダゴンダからの浮き球のパスをボックス右で受けた伊東が、絶妙なトラップから豪快に右足を振り抜き、逆サイドのサイドネットに突き刺した場面。 内田氏は伊東の思い切りの良さを称賛しつつも、ゴールできなかった場合のことも考え、注文も忘れなかった。 「シュートまで迷いがないというか、トラップしたら逆サイドに打つよという意識がありますよね。シュートも抑えたいいシュートだし。本来ならばこの後倒れないで打ってほしいんだよね。倒れちゃってるけど。細かいこと言うけど、バランスとか含めね」 そして、72分に左サイドのDFヘラルド・アルテアガのクロスを再びボックス内で受け、相手DFの股を抜いて決めたシーンについては、次のように解説した。 「これ入る?というシュートだけど、飛ぶコースもいいし。(DFの)股か、これは難しかったね。迷いがないね、止めてから撃つのが。調子がいい感じというですね」 他にも、ゴールに繋がらなかったものの伊東がチャンスを演出したシーンについて、「2アシスト未遂だね」としっかり評価していた。 ベルギーで好調を維持する伊東。25日に行われた韓国代表戦では、攻撃以上にファーストディフェンダー、プレスのかけ方と守備で貢献していた。30日に行われるモンゴル代表戦ではヘンクで見せているようなゴールに期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">◆【動画】伊東純也が圧巻の2ゴール!2アシスト未遂も!</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=vq7kmlmsjda919ylxprur6l36" async></script> 2021.03.26 18:46 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly